今週のメインエベント ~宝塚記念~

テーマ:

さあ、いよいよ上半期の総決算!宝塚記念です!

今年は久しぶりに生観戦と行きたいと思います!というわけで早めのブログUP!

もちろん渾身の一本勝負です!


宝塚記念の本命馬はエイシンフラッシュです!

京都開催だった06年を除く、過去9回のこのレースのデータから。
まず連対馬のべ18頭には以下のいずれかの実績がありました。

①前走オープンクラスで3番人気以内で連対。ただしGⅡ以下の場合は1着が条件。
②その年の天皇賞・春3着以内
③前年の5月以降に重賞勝ちとGⅠ連対を別の別のレースで経験しかつ前走GⅡ以上の重賞5着以内


該当馬は項目別に
①ブエナビスタ、ルーラーシップ
②エイシンフラッシュ、ナムラクレセント
③該当馬なし

この4頭。


ここからは1頭ずつ見ていきます。

ブエナビスタは前走マイル戦からの出走。前走マイル戦からこのレースで複勝圏内に入着した馬はすべて4歳馬。5歳以上馬は(0,0,0,10)。
年齢を重ねた馬は600mの一気の距離延長に戸惑う傾向があるようで、この馬は割引。


ルーラーシップは前走不良馬場の金鯱賞を快勝。ただ、過去10年で前走重以上の道悪馬場に出走していた馬は(0,0,0,9)。
重・不良馬場での消耗度が大きいのか、馬場の違いが不利と働くのか、いずれにせよ好走例がなく割引。


残ったのは前走天皇賞・春からのステップとなるエイシンフラッシュとナムラクレセント。
4歳馬のエイシンフラッシュと6歳馬のナムラクレセント。
そこで前走天皇賞・春からのステップとなる年齢別成績を比べると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳  8%-25%-33% / 135円-115円
6歳  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


好走馬は若い方に集中。狙いはもちろん4歳馬。

ということで本命はエイシンフラッシュとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はドリ-ムジャーニーです。

この過去3年の阪神芝2200m戦での産駒成績で4勝と最も勝ち星をあげているのがステイゴールド産駒でその成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  19%-33%-33% / 242円- 80円

これは最小出走頭数10頭とした場合、連対率もナンバーワンの成績。



予想評価(本命エシンフラッシュ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ドリームジャーニー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はブエナビスタです。
先のデータでも書いたように、前走1600m以下のレースに出走していた5歳以上馬は(0,0,0,10)。また前走海外GⅠ以外のレースで敗れて、今回斤量増となる馬は(0,0,0,34)。前走牝馬限定マイル戦で負けていることが気がかかりなこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~マーメイドS~

テーマ:
先週もブログ以外の予想を当てて、相変わらずブログでは当たってない感が満載のらんふらんこです(苦笑)。

まあ、個人の調子が良ければブログもそろそろ当たるでしょうとポジティブに考えて行きましょう!今週も一本勝負です!


マーメイドSの本命馬はアスカトップレディです!


過去10年のこのレースのデータから。
6月阪神開催かつハンデ戦となった過去4年のこのレースのデータから。
まずは今回の斤量別成績
   (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
53.5kg以上 (4,3,3,21) / 481円-223円
53kg以下  (0,1,1,23) /   0円- 19円


斤量に敏感な牝馬戦のせいなのか、暑い時期の酷量が不利となるのか、いずれにせよここで好成績となっているのは軽ハンデ組。狙いは53kg以下の組。


さらに斤量53kg以下の馬に限った前走人気別成績を見てみると
    (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
一桁人気 (4,1,2,12)/ 785円-255円
二桁人気  (0,2,1,9)/   0円-171円


斤量に恵まれたとはいえ、前走時である程度力の評価はされていないと厳しいようで、ここは前走一桁人気馬が有利。


また斤量53kg以下の馬に限った東西所属別成績を見てみると
  (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
関東  (0,2,0,8)/   0円-104円
関西 (4,1,3,13)/ 710円-280円


サンプル数の少なさもありますが、関東馬からは勝ち馬が出ていません。連対率・複勝率ベースでも好成績なのは関西馬の方。

この時点で該当馬はアスカトップレディ、ロイヤルネックレス。


父ヘイロー系のアスカトップレディ、父ロベルト系のロイヤルネックレス。
それぞれの父系統別のこのレースでの成績は
  (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー系   (4,1,4,23)/ 466円-189円

ロベルト系   (0,1,0,2)/   0円- 83円


サンプル数の問題はありますが、回収値も高く好成績と言えるのは父ヘイロー系。

ということで本命はアスカトップレディとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はロイヤルネックレスです。

生き残りのもう一頭を穴で狙います。


予想評価(本命アスカトップレディ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ロイヤルネックレス
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はブロードストリートです。
先のデータで相性が悪かった斤量53.5kg以上の馬。中でも前走と同じ騎手が騎乗となる馬は(0,0,0,11)。また父ヘイロー系の馬(0,0,1,13)。一気の変わり身は難しそうなこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~エプソムC~

テーマ:

最近の馬券の調子は悪くないのに、ブログでは当たってない感が満載のらんふらんこです(苦笑)。

というより、絞り込みではずしてる感がありますね。いいところまでは詰めてると思うのですが・・・。

ともあれ、2週間のGⅠ中休みの間にブログ予想の調子も上げておきましょう!今週も渾身の一本勝負!


エプソムCの本命馬はアニメイトバイオです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着順別成績
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
一桁着順  7%-16%-22% /  63円- 72円
二桁着順  1%- 1%- 5% /  20円-117円


二桁着順馬からはたまに出る穴馬で回収値は上がっているものの、複勝率で5%ではとても狙えません。ここでの狙いは前走一桁着順の馬。


さらに前走一桁着順の馬に限った前走距離別成績。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離短縮  8%-13%-18% /  56円- 57円
同距離   5%-10%-25% /  46円- 94円
距離延長   7%-23%-28% /  82円- 85円


全体的に数字は僅差ながらも、連対率・複勝率ベースで見れば突出しているのが距離延長組。回収率も悪くないこの組を狙います。


さらに前走一桁着順・距離延長組の中で年齢別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳   15%-38%-38% / 180円-113円
5歳    6%-26%-33% /  58円-110円
6歳     0%- 0%-16% /   0円- 35円
7歳以上 0%- 0%- 0% /   0円-  0円


わかりやすいくらいにここでは若い馬が有利。

この時点で該当馬はアニメイトバイオ一頭のみ。

ということで本命はアニメイトバイオとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はレインフォーレストです。

このレースで相性が良いのが母父サンデーサイレンスの血統で
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  27%-36%-45% / 185円-101円


中でも前走6着以内に好走した母父サンデーサイレンスの馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  60%-80%-100% / 408円-224円


該当馬5頭すべてが複勝圏内入着と好相性。
今回の出走馬の中でも人気の中さそうなこの馬を穴馬として狙います。




予想評価(本命アニメイトバイオ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=レインフォーレスト
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はダンツホウテイです。
過去10年のこのレースで前走OP特別以下のクラスに出走していた6歳以上の関西馬は(0,0,2,10)。また前走6番人気以下で前走騎手が継続騎乗となる馬は(0,0,1,28)。この馬自身の成績からも重賞では壁があるような感があり消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~安田記念~

テーマ:

オークス・ダービーと現地で玉砕!

ってことで今週はおとなしく予想したいと思います(苦笑)

とは言っても予想は渾身の一本勝負!


安田記念の本命馬はエーシンフォワードです!


過去10年のこのレースのデータから。

まずは今年も外国馬に関するデータから見ていきます。外国馬全体の成績は(1,1,2,20)。

複勝圏内入着馬4頭の共通項を見てみると
①前走香港の芝のレースで連対
②全馬ゼン馬の6歳~7歳


今年はこれに該当する馬がおらず外国馬は全て消しとします。


次に日本馬に限ったデータ。
まずは前走着差に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝ち      7%- 9%-14% /  68円- 43円
0.0~0.5秒  6%-15%-25% /  71円-143円
0.6~0.9秒  2%- 5%- 5% /  46円- 28円
1.0秒以上   0%- 6%- 6% /   0円- 47円


0.6秒以上負けとなると複勝率で一桁とかなり狙いは厳しくなります。
その中で好成績となっているのは前走0.0~0.5秒差負けの惜敗組。前走高いパフォーマンスをみせた前走勝ち組を惜敗組が逆転するといった数字になっています。


さらに前走0.0~0.5秒差負けの組に限った前走からの斤量増減別成績
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
今回増  4%-11%-21% /  36円-144円
同斤量  0%-14%-28% /   0円-137円
今回減 28%-42%-42% / 421円-151円


別定戦となるGⅠの舞台でやはり有利となるのは斤量減となる馬。

この時点で該当馬はエーシンフォワード、リアルインパクト。


6歳馬のエーシンフォワード、3歳馬のリアルインパクト。
ここで過去10年のこのレースの日本馬に限ったそれぞれの年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
6歳 16%-16%-24% / 181円-113円


過去10年で6頭の勝ち馬を出し最も好成績と言えるのが6歳馬。

ということで本命はエーシンフォワードとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はコスモセンサーです。

前走惜敗組の中でも前走着差0.1秒以内組に限ると
       (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.0~0.1秒 11%-23%-35% / 142円-147円

さらに4歳馬の前走着差0.1秒以内組に限ると
       (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.0~0.1秒 16%-33%-50% /  68円-156円


前走着差のわりに人気のないこの馬を穴で。



予想評価(本命エーシンフォワード

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=コスモセンサー
「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はストロングリターンです。
過去10年のこのレースで父ロベルト系の関東馬は(0,0,1,9)。前走4番人気以下で、今回斤量増となった関東所属騎手騎乗の馬は(0,0,0,27)。2つのデータに該当するこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓