今週のメインエベント ~日本ダービー~

テーマ:

先週はようやく当てることができました!そして今週は現地でダービー観戦です!

・・・すいません。先週と同じ出だしです。しかも先週は当たっていません(苦笑)。でも、今週も行くんです!東京競馬場に行くんです!ダービーは現地で当てるんです!というわけで、とっとと予想に入りましょう!もちろん一本勝負です!


日本ダービーの本命馬はクレスコグランドです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走コース別成績。過去10年のこのレースで連対馬を出している前走出走コースは
①中山芝2000(6,4,5,54)
②東京芝1600(3,1,1,21)
③東京芝2400(0,3,1,26)
④京都芝2200(0,2,0,17)

⑤阪神芝1600外(1,0,0,0)※桜花賞からのステップとなった07年ウオッカの例のため例外。


以上の前走コース出走馬を相性の良い前走コースとして狙います。
もちろん、今年の皐月賞コース東京芝2000mは消しとなります。もちろん例年の皐月賞組の相性の良さは捨てきれない部分はありますが、1周遅れの東京芝2000mとなった今年の場合、どこまで直結するかは不確定の部分が多く、それならば別路線から軸とできる馬を本命としたいと思います。


今回の出走馬には①⑤からの出走馬はいませんので、過去10年の②「東京芝1600」③「東京芝2400」④「京都芝2200」からのステップとなった馬のデータに限って見ていきたいと思います。

これらのパターンで複勝圏内入着した11頭の共通項を見てみると
①前走3番人気以内
②11頭中10頭が前走3着以内
③「芝1800m以上の重賞勝ち」または「芝2000m以上の重賞連対」の経験あり


この時点で該当馬はクレスグコランド、ユニバーサルバンク。


ここまで6戦消化のクレスコグランド、9戦消化のユニバーサルバンク。

そこで過去10年のこのレース全体のレースキャリア別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
6戦以内  7%-15%-20% /  64円- 83円
9戦以上  4%- 7%- 9% /  18円- 22円


とくにキャリア6戦の馬に限れば4勝7連対と好成績。

ということで本命はクレスコグランドとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はデボネアです。

デットーリの日本でのGⅠ成績

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  36%-36%-63% / 540円-218円


これだけでも騎手買いで十分なデータ。
オルフェーブル一本かぶりならこれも穴馬ってことで。


予想評価(本命クレスコグランド

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=デボネア
「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はトーセンレーヴです。
過去10年のこのレースで前走プリンシパルS組の中でも重賞連対経験の無かった馬は(0,0,0,14)
。前走OP特別以下クラスに出走していたキャリア5戦以下の馬は(0,0,1,9)。とにかく相性の悪いプリンシパルS組。今回はこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~オークス~

テーマ:

先週はようやく当てることができました!そして今週は現地でオークス観戦です!

というわけで、とっとと予想に入りましょう!もちろん一本勝負です!


オークスの本命馬はホエールキャプチャです!


過去過去10年のこのレースのデータから。
まず過去10年の複勝圏内入着馬30頭の前走は以下の4レースからしか出ていません。
     (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
桜花賞     (8,7,5,55) / 85円-121円
フローラS   (2,2,3,30) / 57円-76円
スイートピーS (1,0,1,33) / 19円-22円
忘れな草賞   (0,0,1,10) /  0円-21円


これ以外レースからのステップはバッサリ消し。ここからは前走桜花賞組と、その他の3レースを別路線組として、それぞれの好走馬の傾向を見ていきます。


■前走桜花賞組
基本的に好走馬はこの組から。20頭の複勝圏内入着馬の共通項は
○全ての馬が前3走以内に「重賞連対」または「OP特別勝ち」を経験
○「重賞3番人気以内」または「OP特別2番人気以内」を経験
○前走0.8秒以上負けていた馬は「1600m以上のの重賞勝ち」または「1800m以上のオープンクラスで連対」を経験
○前走二桁着順の馬は「前2走以内に1600m以上の重賞連対経験あり」かつ「今回騎手乗り替わり」が条件
○前走二桁人気で連対をはずしていた馬は2000m以上のオープンクラスで連対経験あり
○関東馬の複勝圏内入着馬の6頭中5頭は「1600m以上のの重賞勝ち」または「1800m以上の重賞で連対」を経験
○キャリア4戦以内の馬は「GⅠ連対」または「府中コースで重賞勝ち」を経験


該当馬はホエールキャプチャ、マルセリーナ


■前走別路線組
07年の2,3着馬、01年の1,2着馬など波乱となるときは2頭以上の複勝圏内入着もあるこの組。
10頭の複勝圏内入着馬の共通項は
○前走3着内かつ着差0.3秒以内
○前走負けていた馬は2走前も着差0.3秒以内で「1着」または「OP特別連対」が条件
○前3走以内に「上がり3Fタイム上位2位以内」を経験
○前走オープン特別出走馬は「前2走連勝」または「前2走ともオープン特別以上で連対」が条件


該当馬はエリンコート、バウンシーンチューン


改めてこの時点で残ったのはホエールキャプチャ(池添)、マルセリーナ(安藤勝)、エリンコート(後藤)、バウンシーンチューン(三浦)


最後は騎手データです。
「4月~6月」「3歳限定」「芝のオープンクラス」(過去5年)の成績。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添  17%-26%-29% / 138円- 82円
安藤勝 14%-17%-26% /  71円- 47円
後藤   7%-15%-20% / 151円- 89円
三浦  5%-11%-11% / 149円- 56円


勝率・連対率・複勝率の高い安藤勝は回収値が低く、回収値が低い後藤・三浦は勝率・連対率・複勝率が低い。唯一すべての成績が高いのが池添。08年のこのレースでは桜花賞1番人気で敗退から巻き返して優勝の例もあります。

ということで本命はホエールキャプチャとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はマイネイサベルです。

父グレイソブリン系の馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  27%-27%-45% / 354円-158円

超がつくほどの好成績・高回収値。出走馬中唯一の該当馬のこの馬を狙います。




予想評価(本命ホエールキャプチャ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=マイネイサベル
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はグルヴェイグです。
過去5年のこのレースで前走条件戦出走馬は(0,0,0,16)また、レース間隔が中1週となる馬は(0,0,0,11)。今週も単純なわかりやすいデータが2項目該当。この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメイエンエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

先週はWメインエベントで勝負してみたものの、下手な鉄砲は数打っても当たらず。絶不調まっしぐらです。

それでも、開けない夜は無いと信じて・・・改めて今週は1本勝負です!


ヴィクトリアマイルの本命馬はアパパネです!


過去5年のこのレースのデータから。

過去5年の連対馬のべ10頭の前走レースを大まかにわけると
○海外GⅠ(2,1,0,1)
○牡馬混合重賞(2,0,2,9)
○牝馬限定重賞(1,4,2,55)

オープン特別、条件戦からは3着馬1頭が精一杯。というわけでこの3パータンに狙いを定めて
さらにそれぞれの好走パターンを複勝圏内入着馬まで広げて見ていきます。


■海外GⅠ(2,1,0,1)

すでにここをステップにしていることで連対が堅いものようにも思えるこの組ですが、のべ3頭の複勝圏内入着馬の共通項は。
①過去1年以内に東京コースのGⅠ勝ち
②前走7着以内


該当馬なし


■牡馬混合重賞(2,0,2,9)
述べ4頭の複勝圏内入着馬の共通項は
①前走6着以内
②前走一桁人気
③東京コースで「重賞勝ち」または「GⅠ連対」の経験あり
④前3走以内に重賞連対経験あり


該当馬はアパパネ


■牝馬限定重賞(1,4,2,55)
最も複勝圏内入着馬が多いが、その分着外となった馬も多いこの組。
のべ7頭の複勝圏内入着馬の共通項は
①前走着差1.0秒以内
②前走敗れていた馬は3番人気以内。
③7頭中6頭が前年10月以降にGⅠ連対または重賞勝ち経験あり
④前走から中8週以内


該当馬はレディアルバローザ


改めてここまで残ったのはアパパネ、レディアルバローザ。


ともに前走騎手が継続騎乗となりますが関東騎手が騎乗となるアパパネ、対して関西騎手が騎乗となるレディアルバローザ。
それぞれの継続騎乗の場合の成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東騎手 4%-13%-21% / 262円-183円
関西騎手 2%-11%-17% /   4円- 69円


勝率・連対率・複勝率では僅差ですが、回収地目で含めれば明らかに数字が上なのは関東騎手で狙いはこちら。

ということで本命はアパパネとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はレディアルパローザです。

生き残りもう一頭を穴で



予想評価(本命アパパネ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=レディアルパローザ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はアニメイトバイオです。
過去5年のこのレースで中9週以上の休養明け初戦となる馬は(0,0,0,4)。また前走1.1秒以上負けていた馬は(0,0,0,12)。大敗と休養明け単純な不安要素が2つ該当するこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメインエベント ~NHKマイルC~

テーマ:
今週のWメインエベント2本目はもちろんGⅠ!

堅く収まる時はとことん堅く、荒れるときは半端なく荒れるこのレース。今年は荒れる方に期待しつつ・・・。


NHKマイルCの本命馬はエーシンジャッカルです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走距離別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離短縮  11%-21%-28% / 100円- 74円
同距離     4%-10%-13% / 152円-138円
距離延長    0%- 0%- 9% /   0円-109円


距離短縮の組からはたまにでる複穴で回収値は高いものの複勝率でさえ低く連対例はなし。
好成績の距離短縮組、高回収値の同距離組は一旦残し、距離延長組はこの時点で脱落とします。


また別データとして前走レース間隔別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
連闘     0%- 0%- 0% /   0円-  0円
中1週    0%- 0%- 9% /   0円-188円
中2週   0%- 8%-19% /   0円- 46円
中3週    5%-11%-14% / 166円-151円
中4~8週 16%-21%-27% / 140円- 82円
中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


わかりやすくと言うべきか、中9週以上の休養明け初戦では複勝圏内入着例はなく消し、逆にレース間隔つまった組も好走例はありません。例年中2週となる前走皐月賞組からも勝ち馬は出ておらず、この中2週より間隔の短い組も消しとします。


さらにもう一つ前走クラス別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 6% /   0円- 73円
OP特別  0%- 0%-12% /   0円-128円
重賞     7%-15%-19% / 137円-114円


こちらもわかりやすく、前走レベルの高い重賞組に好走馬が集中。前走OP特別以下クラスの馬からは連対馬は出ていません。


ここまでの3条件「前走同距離または前走から距離短縮」「中3~8週のローテーション」「前走重賞」以上の条件に限った前走着順別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内  21%-36%-36% / 206円-132円
4~9着    0%- 0%- 0% /   0円-  0円
6~9着    4%- 4%- 9% / 123円- 71円
10着以下  5%-11%-16% / 422円-406円


前走6着以下の馬からも複穴はでていますが勝率・連対率・複勝率は低く、それならば十分すぎる高回収値となっている3着以内の馬が狙い目。

この時点で該当馬はエーシンジャッカル(岩田康)、グランプリボス(ウィリアムズ)、コティリオン(小牧太)。


最後は騎手データ。
「東京」「オープン(重賞含む)クラス」(過去5年)
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
岩田康    8%-17%-34% /  55円- 84円
小牧太    4%- 8%-13% /  15円- 64円
ウィリアムズ 0%-16%-33% /   0円- 44円


あきらかに頭一つ抜けた好成績と言えるのが岩田康。本命は岩田康で間違いなし。

ということで本命はエーシンジャッカルとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はマイネルラクリマです。

このレースで穴馬を多く出しているのが父ノーザンダンサー系の馬。
中でもキャリア4戦~8戦の関東馬に限ると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  12%-25%-50% / 950円-1052円

好成績且つ超がつくほどの高回収値。
該当馬の中でも人気のなさそうなこの馬を穴で。



予想評価(本命エーシンジャッカル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=マイネルラクリマ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はリアルインパクトです。
過去10年のこのレースでキャリア5戦以内の馬で前走着差0.5秒以上負けていた馬は(0,0,1,18)。さらに前走10着以下に敗れた父ヘイロー系の馬は(0,0,0,6)。キャリアの浅さと前走大敗が気になるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメインエベント ~新潟大賞典~

テーマ:

えー、この1週間で重賞を2つ当てたらんふらんこです。地方交流のかきつばた記念とかしわ記念ですが・・・。まあ、波に乗っているのは間違いないってことで、今週は2本勝負で参りましょう!一本目はローカルハンデ重賞から!


新潟大賞典の本命馬はマイネルゴルトです!


過去01年は福島開催ということで、02年以降の過去9年のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで斤量別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
55kg以上  9%-17%-23% /  51円- 83円
54kg以下  1%- 5%-10% /  26円- 94円


回収値はどちらも高いとはいえませんが、好成績と言えるのは55kg以上の組。やはりハンデ戦は重い方から。


さらに別データとして前走距離別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離短縮   4%- 9%-14% /  18円-120円
同距離    8%-14%-24% /  66円- 91円
距離延長    5%-13%-17% /  37円- 58円


距離短縮組は複穴で回収値が上がるものの成績が伴わず、その点からも前走同距離組が全体的な数字が比較的高いと言える数字で狙い目。


さらに前走同距離組に限った前走着順別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3着  14%-23%-33% /  86円-137円
4~9着   5%-11%-16% /  79円- 52円
10着以下  0%- 0%-20% /   0円- 64円


ハンデ戦とはいえ、前走大敗からの巻き返しは難しく、やはり狙い目は前走3着以内の好走組。

この時点で該当馬はアンノルーチェ(上村)、シャドウゲイト(田中勝)、マイネルゴルト(幸)。
最後は騎手データ。
「4~6月」「重賞」(過去5年)
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
幸     4%- 6%-14% / 132円- 62円
田中勝  3%- 5%- 7% /  49円- 41円
上村    5%- 5%-10% /  40円- 42円


3人ともあまり好成績とは言えませんが回収値が一番高い幸を狙います。ということで本命はマイネルゴルトとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はアンノルーチェです。

生き残り3頭のうち一番人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。



予想評価(本命マイネルゴルト

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=アンノルーチェ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアロマカフェです。
先のデータで相性の悪かった前走からの距離延長組。中でもこのレースで前走着差1.0秒以上負けていた馬で今回距離延長でとなる馬は(0,0,0,11)。さらに中9週以上の休養明け初戦で、今回距離延長となる馬は(0,0,0,5)。距離延長組のなかでも2つの条件に当てはまるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓