今週のメインエベント ~天皇賞・春~

テーマ:

ここ数年は続けて現地観戦だった天皇賞・春ですが、今年は仕事で現地生観戦は出来なくなりました。が、その分大きく当てたいと思います!渾身の一本勝負でお送りします!

天皇賞・春の本命馬はナムラクレセントです!


過去10年のこのレースと相性の良い前走コースとして、勝ち馬を出している前走コースは以下の5コース。
 レース名/着度数
①阪神芝2000m(3,1,2,21)
②阪神芝3000m(2,2,5,44)
③京都芝2200m外(1,0,1,3)


④中山芝2500m(2,6,1,31)
⑤船橋ダ2400m(1,0,0,0)
⑥(旧)阪神芝2500m(1,1,0,9)


船橋ダート2400mと旧阪神コースの芝2500m戦は今回(当たり前ですが)ステップ例はなく、また日経賞が阪神開催となったことから中山芝2500m戦からのステップもありません。
というわけで今回は他の3コースの前走コースをステップとしてきた馬に絞り込んで、それぞれの前走コース別の過去の好走馬の共通項からさらに絞り込みます。


①阪神芝2000m(3,1,2,21)
のべ6頭の複勝圏内入着馬の共通項は
○前走着差0.5秒以内
○前走8番人気以内
○3000m以上のGⅠで5着以内入着の経験あり
○4歳~5歳馬


該当馬なし


②阪神芝3000m(2,2,5,44)
のべ9頭の複勝圏内入着馬の共通項は
○前走着差0.9秒以内
○前走4番人気以内
○前走連対圏をはずしていた馬は、過去3走以内に芝2500m以上の重賞で勝ち経験あり
○過去1年以内に芝2400m以上の重賞勝ちまたは3000m以上のOP特別勝ち


該当馬はナムラクレセント、コスモメドウ


③京都芝2200m外(1,0,1,3)
○前走連対
○前走3番人気以内
○過去5走とも掲示板圏内
○過去1年以内に2200m以上の重賞で2回以上連対


該当馬はなし


この時点で生き残りはナムラクレセント、コスモメドウ。


前走阪神大賞典組の2頭が残りました。
そこで、前走阪神大賞典出走組に限った東西厩舎別成績を比べてみると
  (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
関西 (2,2,5,41) /  13円- 34円
関東  (0,0,0,3) /   0円-  0円

回収値は低いながら、好走馬はすべて関西馬から。狙いはこちら。

ということで本命はナムラクレセントとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はマイネルキッツです!

過去10年のこのレース父サッカーボーイまたは母父サッカーボーイの成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  18%-27%-54% / 569円-187円


好成績で超がつく高回収値。2年前この馬自身が前走7着大敗から巻き返して大穴あけた例もあり侮れません。



予想評価(本命=ナムラクレセント

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=マイネルキッツ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はトゥザグローリーです。
過去10年のこのレースで、今回騎手乗り替わりとなって、前走距離2400m以下のレースに出走していた関西馬は(0,0,0,14)また、前2走以内に距離3000m以上のレースで連対経験のない父ミスタープロスペクター系の馬は(0,0,0,7)。勢いのあるこの馬ですが、大一番に来ての乗り替わりと血統面の不安から消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

最近はめっきり大きい馬券も当たらないかわりに小さい馬券がコツコツ当たってるらんふらんこです。そろそろ大きいの当てたい!というわけではないえですが、今年は穴予想になりそうな皐月賞をメインエベントで勝負!ちなみに馬券は5年連続的中中!


皐月賞の本命馬はノーザンリバーです。


今年は東京開催となったこのレースですが、ひとまずはコース変更は無視して過去10年のこのレースのデータから。
まずはこのレースまでのレースキャリアについて見てみます。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5戦以内  9%-12%-20% / 204円- 95円
6戦以上  2%- 9%-13% /  34円- 72円


実数にしてのべ30頭の複勝圏内入着馬中18頭までがキャリア5戦以内。回収値の高さも魅力的で狙いは断然こちら。


次にキャリア5戦以内の馬に限った前走コース別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
東京   0%- 0%-33% /   0円- 51円
中山  11%-13%-20% /  88円- 66円
京都   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
阪神   9%-18%-22% / 605円-207円


キャリア5戦以内組に他の場からの出走例はなし。
同コースの前走中山組とかなり競り合っているのが阪神組。回収値面では阪神組が明らかに上。ならば狙いは前走阪神コース組。
今回は東京コースとなりますが、直線が長い阪神コースからのステップもむしろ向くのではないかと考えます。


さらにキャリア5戦以内の馬に限った前走着順別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内 10%-14%-23% /  94円- 81円
4着以下  5%- 5%-10% / 579円-142円


ダービーまでの牡馬クラシックは比較的前走も好走していた馬が好走しやすく、大敗していた馬の巻き返しは難しい傾向にあります。このレースも例外ではなく、前走3着内馬が好成績。4着以下の馬の高回収値は02年15番人気ノーリーズンの優勝のみで数字をひっぱている感もあり、あまり信用できません。


この時点で、該当馬はスタラロッサ、ノーザンリバー、ダノンミル、ロッカベラーノ、ベルシャザール。


ここでコースデータを見てみたいと思います。開幕始めの4月の東京開催芝2000m戦(過去5年)の枠番別成績
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1枠   8%-16%-29% /  94円-107円
2枠   8%-20%-32% / 162円- 88円
3枠   0%- 8%-16% /   0円- 62円
4枠  10%-14%-17% /  41円- 32円
5枠   3%- 9%-16% /   8円- 29円
6枠  12%-21%-21% /  40円- 35円
7枠   2%-11%-20% /  14円- 64円
8枠   8%- 8%-13% /  44円- 29円


人気馬が集中したことで好成績となっている枠もありますが、複勝率・回収値まで見るとやはりこのコースは内枠有利。好成績・高回収値と言えるのは1~2枠。


この時点で該当馬はステラロッサ(川田)、ノーザンリバー(四位)。


最後は騎手データです。
「東京芝コース」「4月~6月開催」「3歳馬限定戦」(過去5年)の成績。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
四位 13%-21%-25% /  74円- 61円
川田  6%- 6%- 6% /  28円- 12円


全体的に四位の方が好成績・高回収値。距離は違えどダービー2勝ジョッキー。GⅠの大舞台での勝負強さも光ります。

ということで本命はノーザンリバーとしました



また★馬(=推奨穴馬)はプレイです。

の「東京芝コース」「4月~6月開催」「3歳馬限定戦」(過去5年)のデータで芝2000m戦(騎乗回数20回以上)に限った場合複勝率が一番高く好成績なのが松岡で、その成績は
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
松岡  8%-21%-47% /  31円- 95円
しかも不利と思われる8枠での成績が
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
松岡 14%-42%-57% /  75円-112円


枠順で人気が落ちるここはむしろ買いどころ。穴はこの馬で勝負です。




予想評価本命ノーザンリバー

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=プレイ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」


また消し馬(=キルクル)はトーセンラーです。
先の過去5年の4月の東京開催芝2000m戦の枠番別成績で成績の悪かった8枠。とくに騎手乗り替わりとなる8枠の馬は(0,0,1,18)。また過去10年の皐月賞のデータからも、前走2番人気以下で今回中9週以上の休養明け初戦となる馬は(0,0,0,7)。コースデータ、レースデータ二つのデータから不利と思われる、この馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~マイラーズC~

テーマ:

今週は皐月賞は一週繰り下がりましたが、その分この後怒涛のGⅠ7連戦を迎えます!気を抜かずに勝負したいと思います!今週も一本勝負です!


マイラーズカップの本命馬はリーチザクラウンです。


今回は外回りコースとなった2007年以降の過去4年のレースのデータから。
まずは前走距離別データに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長   0%- 0%-12% /   0円- 30円
同距離    8%-13%-17% /  39円- 51円
距離短縮   7%-18%-25% / 105円- 81円


見事なまでに前走距離は延長より同距離、同距離より短縮が好成績。


さらに前走から距離短縮組に限った前走人気別成績。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内   0%- 0%-12% /   0円- 30円
6人気以下   8%-13%-17% /  39円- 51円


着順はともかく前走人気は上位であった方が好成績。ボーダーラインは5番人気以内。


また前走から距離短縮組に限った前走からの間隔別成績。
      (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
中4~8週 13%-26%-33% / 189円-109円
中9週以上  0%-14%-28% /   0円- 80円


休養明けからの勝ち馬はなく、中3週以内複勝圏内入着馬もなし。
狙いは中4~8週の組。


この時点で該当馬はシルポート、リーチザクラウン。


さらにもう一絞り距離短縮組に限った前走クラスに注目成績。
      (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
重賞     10%-25%-35% / 142円-110円


前走OP特別以下からは複勝圏内入着例なし。狙いは前走重賞組。
この時点で該当馬はリーチザクラウンのみ。

ということで本命はリーチザクラウンとしました




また★馬(=推奨穴馬)はシルポートです。

生き残りのもう一頭を穴で狙います



予想評価本命リーチザクラウン

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=シルポート
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はガルボです。
先のデータにもあったように前走から距離延長組みに連対例はなく着度数にして(0,0,1,7)。また騎手乗り替わりとなる関東馬の成績は(0,0,0,6)。好走が続くこの馬ですが、今回は消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~桜花賞~

テーマ:

今年は正直現地回避しようと思っていた桜花賞ですが、結局現地観戦することにしました!なので予想も早めに!今週も一本勝負です!


桜花賞の本命馬はライステラスです。


今年はステップレースがやや例年通りに消化されませんでしたが、その点は関係なく予想したいと思います。
今回は外回りコースとなった2007年以降の過去4年のこのレースのデータから。


まずは前走からのローテーション別成績から
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内  2%- 4%- 7% / 103円- 44円
中4~8週 11%-23%-34% /  38円-209円
中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


断然好成績と言えるのは中4週~8週の組。中3週以内の組からはレジネッタの一発で単勝回収値は上がっているものの、成績自体はパッとしません。残念ながらレース開催がずれこむ形となったフィリーズレビュー・その他の組は、例年のデータからすれば不利と見ます。


さらに前走から中4週~8週組に限った前走着順別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~2着  20%-33%-40% /  66円- 84円
3~5着   0%- 0%-28% /   0円-125円
6着以下  0%-25%-25% /   0円-827円


3~5着組は昨年3着のエーシンリターンズ、6着以下の組は08年2着のエフティマイアの人気薄激走が効いて回収値が上がっていますが、どちらもその一発のみの感がありまた勝ち馬も出ていません。
その中にあって中4週~8週組の勝ち馬が出ている前走1~2着組は一番の狙い目と言えるでしょう。


この時点で残ったのはホエールキャプチャ、マルセリーナ、ライステラス。


前走レースはそれぞれクイーンSのホエールキャプチャ、エルフィンSのマルセリーナ、チューリップ賞のライステラス。

そこで前走から中4週~8週組に限った前走出走レース別成績を見てみると
  (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
チューリップ賞(3,1,2,10) /  61円- 85円
クイーンS   (0,1,1,6) /   0円-477円
エルフィンS  (0,1,0,0) /   0円-270円
すみれS    (0,0,0,0) /   0円-  0円

率換算にすればクイーンS、エルフィンSも好成績と言えますが、やはり勝ち馬が出ていない点では不安。
その意味でも最も安定した成績と言えるのが前走チューリップ賞組。

ということで本命はライステラスとしました



また★馬(=推奨穴馬)はラテアートです。

開催日程が大きく変更された今年3月19日以降で阪神開催で行われた重賞での東西厩舎別成績は
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東 6%-13%-20% / 121円- 97円
関西 6%-12%-18% /  58円- 60円


回収値面で断然リードした関東馬が成績面でもややリード。


また前走と同じ騎手が継続騎乗した関東馬に限ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東 18%-25%-37% / 333円-230円


かなりの好成績・高回収値。該当馬の中でも人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。



予想評価本命ライステラス

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ラテアート
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」


また消し馬(=キルクル)はダンスファンタジアです。
過去4年のこのレースで、前走5着以下に敗れて今回騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,0,9)。また今回騎手乗り替わりとなる関東馬も(0,0,1,8)。データ的に騎手乗り替わりでも変わり身は難しそうなこの馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

今週メインエベント ~産経大阪杯~

テーマ:

さあ、4月です!桜のつぼみも一気に花開いて見ごろになりそうな予感!らんふらんこの予想も花開くか!?今週も一本勝負です


産経大阪杯の本命馬はヒルノダムールです。


過去10年のこのレースのデータから
まずは前走クラス別データに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別 4%- 4%-12% /  12円- 41円
重賞  10%-20%-28% / 139円- 81円


例年レースレベルの高いこのレース、好走馬は前走重賞組に集中。

さらに前走からのレース間隔に注目。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内    5%- 5%-10% /  24円- 27円
中4~8週以内 13%-24%-34% / 377円-130円
中9週以上    8%-27%-37% /  15円- 97円


間隔が開きすぎて休養明け初戦もダメ、間隔が狭すぎるのもダメ。ここの狙いは中4~8週と狙いを定めてきた組。

さらに前走重賞かつ中4~8週のステップの組に限った馬について、前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内 19%-28%-38% / 521円-132円
6着以下  0%-14%-28% /   0円-141円


この時点で該当馬はキャプテントゥーレ(小牧)、ダノンシャンティ(安藤勝)、ヒルノダムール(藤田)。

最後は騎手データです。

「阪神芝コース」「古馬混合オープンクラス」に限った過去5年の成績について調べました。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
安藤勝 13%-25%-33% /  67円- 73円
藤田  13%-31%-34% / 241円-112円
小牧太  7%-13%-26% /  39円- 77円


安藤勝と藤田がかなり高い数字で競っていますが、回収値面で断然藤田が狙い目。

ということで本命はヒルノダムールとしました



また★馬(=推奨穴馬)はダノンシャンティです。

生き残りのうち、あまり人気しなさそうな、こちらを穴で(とは言え単勝一桁台ですが)



予想評価本命ヒルノダムール

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ダノンシャンティ
「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はリディルです。
レースレベルの高いこのレース。前走OP特別で負けていた馬は(0,0,2,18)。また前走芝1600m以下のレースで0.7秒以上負けていた馬は(0,0,0,4)。前走低いレベルのレースで負けすぎの感のあるこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓