今週のメインエベント ~高松宮記念~

テーマ:

まだまだ世間は暗い話題も多いですが、今週もガッツリ馬券を買って経済を回す一役を買いたいと思います・・・かなり微力ですが(笑)。

そして、いつの間にか暖かくなってきた今日この頃。いよいよ春のGⅠシリーズ開幕です!

開幕第一週は高松宮記念!阪神開催になりますが、まずはここを当ててスタートダッシュを決めたい!今週も渾身の一本勝負です


高松宮記念の本命馬はスプリングソングです!


中京の地元ファンが1年で最も熱くなると言っても過言ではないこのレース。
ですが、今年は阪神芝1200mで行われるこのレース。
そこでコース替わりにも適応できそうな例年通りのデータに加えて、阪神コースに適応したデータも加えた合わせ技で検討したいと思います。


まずは過去10年のこのレースのデータから、ローテーションに関する消しデータとして
①前年に芝のGⅠ勝ち経験馬を除く、中9週以上の休養明け初戦の馬(0,0,0,16)
②中2週以内のローテーションで、前走5着以下に敗れていた馬(0,0,1,35)

またGⅠという格の面から見たデータとして
③前走OP特別以下クラスのレースで負けていた馬(0,0,0,24)
④前走GⅢ以下クラスのレースで9番人気以下だった馬(0,0,0,37)


ここまでの残ったのはエーシンフォワード、キンシャサノキセキ、△サンカルロ、ジョーカプチーノ、スプリングソング、ダッシャーゴーゴー、ビービーガルダン、レッドスパーダ、ワッカラット


次に阪神芝1200mコースについてのデータ。
データは過去5年の新馬・未勝利戦を除く阪神芝1200m戦について調べました。
まず、先ほどの生き残り馬の父馬に限って、産駒がこのコースで1勝以上且つ2連対以上の成績をあげている種牡馬は
      (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
サクラバクシンオー 13%-22%-29% / 205円-153円
フジキセキ      7%-10%-17% /  59円- 53円
ファルブラヴ     9%-18%-45% /  53円-110円
タイキシャトル    3%-12%-21% /  24円-115円

クロフネ      18%-36%-36% / 128円- 93円


この中でも抜けた数字で好成績となっているのがサクラバクシンオー産駒。「1200mで強い」というイメージがありながら、その割に回収値も高いというのも魅力があります。

この時点で残ったのはスプリングソング、ダッシャーゴーゴー。


前走阪神芝1400m戦出走のスプリングソング、前走中山芝1200m戦出走のダッシャーゴーゴー。
そこで先のサクラバクシンオー産駒について、前走コース別成績を見てみると
        (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
阪神芝1400 33%-66%-66% / 240円-130円
中山芝1200  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


前走中山芝1200m戦出走馬からの複勝圏内入着例はなく、逆に前走阪神芝1400m出走馬は好成績で狙いは文句なしでこちら。

ということで本命はスプリングソングとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はヘッドライナーです。
サクラバクシンオー産駒の好成績は先のデータ通り。昨年のCBC勝ちから1年も経たないうちにこの人気の落ち方は“美味しい”とも思えます。




予想評価(本命スプリングソング

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ヘッドライナー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はキンシャサノキセキです。

先の過去5年の新馬・未勝利戦を除く阪神芝1200m戦において、前走同じ1200m戦で敗れていたフジキセキ産駒は(0,0,0,17)。また、過去10年のこのレースで8歳以上馬の成績は(0,0,1,16)。高齢と血統面からこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~阪神大賞典~

テーマ:

まず、東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。また被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。

競馬開催について賛否両論、むしろ否の意見が多くあるように思えますが、我々(馬券が買える)競馬ファン、は今こそ馬券を買うべきと思います。それが、経済活動を潤滑にしていく源にもなるし、また競馬の売り上げは国庫納付金となり、その一部は社会福祉事業に充てられるます。そういう意味でも、開催されること馬券を買うことには意義があると思います。

もちろん僕も買います!

さて、一週休んでの開催。まずは初めの一歩が肝心。今週は一本勝負。


阪神大賞典の本命馬はキタサンアミーゴです。


過去10年のこのレースの連対馬のべ20頭は以下の条件のいずれかに該当していました。
①前年の菊花賞または有馬記念で3着以内
②芝2200m以上の古馬混合重賞勝ちあり
③前走準OP以上のクラスの芝2500m以上のレースで1着、またはオープンクラスの芝3000m以上のレースで着差0.5秒以内
④前走芝2200m以上の重賞で1番人気かつ7着以内


また、過去10年のこのレースの消しデータとしては

①近三走以内に「重賞連対経験」あるいは「OP特別勝ち」の無い7歳以上馬(0,0,0,16) 
②前走3番人気以下の関東馬(0,0,0,13) 
③前走斤量53kg以下(0,0,0,16)  
④前走二桁人気(0,0,0,22) 
⑤前年のこのレースの勝ち馬を除く、前走6着以下に敗れていた5歳以上馬(0,0,1,30)


この時点での生き残りはキタサンアミーゴのみ。

ということで本命はキタサンアミーゴとしました



また★馬(=推奨穴馬)はエクセルサスです。

前走芝2200m以上のレースで4着以内だった父グレイソブリン系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 18%-36%-36% / 394円- 62円


穴ですがデータ的に頭まで期待します。




予想評価本命キタサンアミーゴ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=エクセルサス
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はオウケンブルースリです。
先の消しデータで⑤に該当して消しとなったこの馬。他にも前走2200m以下のレースに出走していた6歳以上馬で、今回騎手乗り替わりとなる馬は(0,0,0,12)といったデータもあり、年齢面と近走の不振が気になります。実績は評価できても、ここは消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~弥生賞~

テーマ:
まあ、しばらく当たっていませんがGⅠシーズンに調子が上がっていけばいいと思うので、まだまだ予想はオープン戦レベルでいいでしょう。
とはいえ、やっぱりシングルヒットくらいは打っておきたい。そんな今週は堅いことで有名な3歳GⅡでがっちり当てにいきます!


弥生賞の本命馬はオールアズワンです。


過去10年ののこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件クラス 0%- 6%-11% /   0円- 37円
OP特別 10%-10%-20% /  12円- 47円
重賞   16%-29%-42% /  62円-108円


堅い傾向にあるこのレース、前走クラスも実力のある高い方が好走。


また前走着順に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内 13%-24%-33% /  31円- 66円
3~5着  4%- 8%-12% /  53円- 60円
6着以下  0%- 5%-21% /   0円-100円


これまたベタな結果で前走好走馬=連対馬がここでも好走。狙いは2着以内。

この時点で該当馬はオールアズワン、デボネア。


同じ前走2000m戦出走してきた2頭、前走阪神2000m出走のオールアズワンと前走中山2000m出走のデボネア。
前走それぞれのコースをステップにしてきた馬のこのレースでの成績を比べると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
阪神2000 50%-50%-50% / 101円- 61円
中山2000  6%-20%-33% /  31円- 86円


前走阪神2000m戦からは4頭の勝ち馬が出ており好相性。またこの組はほとんどが前走ラジオNIKKEI2歳S組で、このレースの例年のレースレベルの高さもあって好走馬が多く出ているようです。

ということで本命はオールアズワンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はデボネアです。

生き残りのもう一頭を穴で狙います



予想評価本命オールアズワン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=デボネア
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はギュスターヴクライです。
過先のデータにもあったように前走条件クラスの馬はかなりの不振傾向。とくに前走条件クラス出走馬でここまでキャリア4戦以上していた馬は(0,0,0,21)。また前走条件クラスで2馬人気以下だった馬で前走と同じ騎手が騎乗となった馬は(0,0,0,13)。勢いで人気しそうなこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓


AD