今週のメインエベント ~阪急杯~

テーマ:
先週は気合もろとも当たって砕けた感じ。今週から春のGⅠシーズンに向けて立て直しです。

今週は西の短距離重賞で一本勝負!


阪急杯の本命馬はスプリングソングです

芝1400m戦となった過去5年のこのレースのデータから
まずは前走クラス別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%-12%-25% /   93円- 56円
OP特別  0%- 0%- 0% /    0円-  0円
重賞   10%-16%-23% /  118円- 72円


オープン特別以下のクラスからは勝ち馬が出ておらず、ここでの狙いは前走重賞組。


さらに前走重賞組に限った前走人気別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2人気以内  18%-36%-54% / 141円-107円
3~9人気  13%-17%-17% /  50円- 42円
10人気以下  4%- 4%-14% / 180円- 86円


前走10番人気以下組の単勝回収値の高さは目立ちますが、これは06年ブルーショットガンの1勝のみで引っ張られているもの。
となると成績含め一番の好成績と言えるのが前走2番人気以内の組。


この時点で残ったのはスプリングソング(池添)、ワンカラット(藤岡佑)。

最後は騎手データです。
「オープンクラス」の「芝1400m以下」(過去3年)の成績を比べてみると。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添   14%-23%-24% / 314円-122円
藤岡佑  8%-11%-24% /  80円-112円


成績・回収値ともに池添が上。この馬とも昨年の京阪杯勝ちを含むオープンクラスで3勝をあげています。

ということで本命はスプリングソングとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はケイアイデイジーです。

過去5回のこのレースで半数以上ののべ6頭の連対馬を出している相性の良い血統が父ノーザンダンサー系の馬。
中でも前走重賞に出走し、今回距離短縮となる父ノーザンダンサー系の馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  20%-40%-40% /  90円-99円


前走大敗馬でも09年2着のローレルゲレイロのように巻き返している例もあります。この馬を穴で狙います。



予想評価(本命スプリングソング

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ケイアイデイジー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はガルボです。
過去5回のこのレースで相性が良くないのが父ヘイロー系の馬で全体の成績が(0,1,3,22)。中でも前走負けていた父ヘイロー系の馬は(0,0,1,20)。また前走から騎手乗り替わりとなる父ヘイロー系の馬は(0,0,1,16)。本命馬の騎手がこちらを選ばなかったとも取れる、この馬を消します。





クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~フェブラリーS~

テーマ:

先週はブログ予想が◎本命-☆穴馬で的中!しかも個人的には3場メイン全て的中とかなりの上げ潮ムードとなって迎える今年初GⅠとなりました!

今週ももちろん一本勝負!そして本命ももちろんあの馬です!


フェブラリーSの本命馬はセイクリムズンです!


過去10年のうち、中山開催だった03年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは消しデータとして
①前走海外GⅠ勝ち馬を除く、前走芝コースに出走していた馬(0,0,1,15)
②前走10着以下(0,0,1,19)


これらに該当する馬は消し。

該当馬を消した上で、前走着順に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1着~2着 13%-23%-34% /  52円- 72円
4着~5着  3%-12%-15% /  62円- 60円
6着以下   0%- 3%- 3% /    0円-  7円


断トツの好成績と言えるのが前走1~2着=前走連対組。複勝70円台の回収値も元々レース全体の複勝回収値が53円。その点からすると、この回収値でもそこそこ高い数字とも取れます。


さらに前走連対組に限った前走出走場別データ。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東  20%-30%-45% /   82円- 99円
関西  15%-15%-23% /   58円- 52円
地方   0%-16%-27% /     0円- 52円


全体的に頭一つ抜けた数字となっているのが、前走関東場出走組。回収値も100円に近づき、なかなかの狙い目。

この時点で該当馬はセイクリムズン、ダノンカモン。


父ヘイロー系のセイクリムズン、父ロベルト系のダノンカモン。
先の前走連対組に限った父系統別データを比べてみると。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー 37%-37%-50% /   80円- 62円
ロベルト  0%- 0%-22% /    0円- 35円


のべ数で3頭の勝ち馬が出ている父ヘイロー系が断然の狙い目。

ということで本命はセイクリムズンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はコスモファントムです。
前年に1600m以上のダートGⅠ連対を経験していた4歳馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 18%-45%-45% / 211円-120円


唯一の該当馬で、ダート戦でも好走が多いことを忘れられてる感のあるこの馬を穴で。




予想評価(本命セイクリムズン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=コスモファントム
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はフリオーソです。
過去10年のこのレースで4歳馬以外の地方所属馬は(0,0,0,9)また7歳以上馬で今回騎手乗り替わりとなる馬は(0,0,1,26)。地方にはない芝スタートも不安なこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓


AD

今週のメインエベント ~共同通信杯~

テーマ:

2週連続的中というわけにはいかず一気に上げ潮急上昇とはいきません。

が、今週はついにGⅠ一週前!今週は当てて、来週のGⅠ的中に弾みをつけたいものです!

そんな今週も渾身の一本勝負です!


共同通信杯の本命馬はナカヤマナイトです!


過去過去10年のうち、中山開催だった03年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   4%- 6%-11% /  62円- 59円
オープン 11%-25%-36% /  33円- 69円


この時期の3歳戦にしては珍しく前走下位クラスからの挑戦では歯が立ちにくいといったデータ。


さらに前走オープンクラス出走馬に限る前走着順別成績。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1着   12%-31%-43% /  55円- 70円
2~4着 20%-37%-58% /  47円-116円
5着以下  0%- 5%- 5% /   0円- 12円


前走5着以下はかなり厳しい成績。また前走1着組よりも2~4着の惜敗組の方が期待が持てる数字。


この時点で該当馬はナカヤマナイト、ユニバーサルバンク。

騎手データではベリーのデータが少ないだろうと考えて、今回は種牡馬別データで。
ステイゴールド産駒のナカヤマナイト、ネオユニヴァース産駒のユニバーサルバンク。

今回は2歳・3歳限定戦に限った東京芝1800m戦でのそれぞれの産駒別成績(過去3年)を調べました。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ステイゴールド  9%-16%-31% / 283円-161円
ネオユニヴァース 4%-24%-28% /  42円- 79円


連対率では劣っていますが、ステイゴールド産駒の方が勝率・複勝率そしてなにより回収値はそれ自体がかなり魅力的筋数字となっていて上。狙いはこちら。

ということで本命はナカヤマナイトとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はユニバーサルバンクです。

該当馬のもう一頭を穴で。先の産駒別データでも述べたようにネオユニヴァース産駒の連対率の高いという点では狙い目として魅力があります。




予想評価(本命ナカヤマナイト

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ユニバーサルバンク
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はサトノオーです。
過去10年のこのレースでキャリア2戦以下で今回距離延長となる馬は(0,0,1,7)。前走条件戦に出走して騎手乗り替わりとなる関東馬は(0,0,1,17)。キャリアの浅さが気になるこの馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓





AD

今週のメインエベント ~きさらぎ賞~

テーマ:

先週のセイクリムズンの一着で一気に上げ潮ムード!

今週も渾身の一本勝負でさらに勢いに拍車をかけます!


きさらぎ賞の本命馬はメイショウナルトです!


過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラスに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   8%-13%-22% /  72円- 77円
同クラス  7%-20%-29% /  30円- 61円


回収値は前走条件戦組が上回っているものの、特別に高回収値というわけでもありません。であれば、ここはむしろ連対率・複勝率の高い前走同クラスを狙いたいと思います。


さらに前走同クラス組の中で前走人気に注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2人気以内 20%-53%-60% /  50円- 76円
3~5人気  5%-16%-27% /  50円- 94円
6人気以下  0%- 0%- 9% /   0円- 24円


連対率が50%を越えた前走2番人気以内の組が群を抜いて好成績。
前走の着順はともかく、前走時点でこのクラスで高い支持を受けていたことがこのレースでは非常に重要といったデータ。

この時点で該当馬はメイショウナルトのみ。

ということで本命はメイショウナルトとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はギリギリヒーローです。

このレースで相性が良いのが父か母父がグレイソブリン系の馬で、その全体の成績が(3,2,3,15)で複勝率34%。
中でも前走2着以内の馬に限れば
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   20%-33%-53% / 165円-120円


と好成績・高回収値。
該当するこの馬を穴で



予想評価(本命メイショウナルト

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ギリギリヒーロー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はカーマインです。
過去10年のこのレースで、前走条件クラスで4着以下に敗れていた馬は(0,0,1,14)。また前走条件クラスで2番人気以下の馬で、今回騎手乗替わりとなった馬は(0,0,1,21)。前走条件線組の中からこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓