今週のメインエベント ~根岸S~

テーマ:
先週のぎっくり腰の具合は回復しつつあります。馬券の調子も回復するか!?

今週も渾身の一本勝負です!


根岸Sの本命馬はセイクリムズンです!


過去10年のうち、中山開催だった03年を除く過去9回のこのレースのデータから。


まずは前走クラスに注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   7%-15%-23% / 192円- 72円
OP特別  2%-10%-20% / 117円- 65円
重賞   11%-17%-22% / 166円- 94円


単勝回収値は元々のこのレース全体の単勝回収値が高いので無視するとして、それ以外の数字を比べると頭一つといった感じで前走重賞組がリード。


また別データとして前走距離別成績に注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 10%-18%-24% / 128円- 97円
同距離   2%- 4%-18% / 104円- 61円
距離短縮  6%-15%-15% / 145円- 52円


こちらも単勝回収値を無視すると、数字が上回っているのは距離短縮組。


さらに距離短縮組に限った前走着順別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内 20%-33%-41% / 261円-122円
4着以下  0%- 4%- 8% /   0円- 73円


前走4着以下の組からこのレース3着内の巻き返し例は2頭のみ。好成績の距離延長組でも負けすぎでは巻き返しは難しい様子。この時点で該当馬はセイクリムズンのみ。
ということで本命は
セイクリムズンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はワールドワイドです。

このレースで相性が良いのが父ミスタープロスペクター系の馬。
中でも父ミスプロ系で前走3着以内の馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  12%-20%-28% / 283円-106円


該当馬の中からこの馬を穴で。



予想評価(本命セイクリムズン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ワールドワイド
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はスターボードです。
過去10年のこのレースで中9週以上の休養明け初戦で前走から騎手乗り替わりとなる馬は(0,0,1,8)。キャリア10戦以下の関東馬は(0,0,0,6)。どちらもサンプル数は少ないですが、合わせ技一本でこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~平安S~

テーマ:

年明け早々、今度はぎっくり腰になりました、らんふらんこです(苦笑)。

ぎっくり腰なので家で安静にして、予想もおとなしく一本勝負です。


平安Sの本命馬はピースキーパーです!


過去過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  9%-18%-27% / 131円- 92円
重賞   5%-10%-17% /  70円- 51円


前走重賞組よりも好走しているのが前走条件戦組。ちなみに前走条件戦出走組の馬は01年ハギノハイグレイドを除いてすべて前走勝ちの馬。

また前走条件戦出走馬に限って、前走距離別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
同距離  11%-22%-33% / 161円-112円
距離短縮  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

距離延長は1頭、距離短縮は2頭とサンプル数は少ないもののデータ的には前走同距離組に好走馬が集中しているといった数字。

この時点で該当馬はピースキーパー1頭のみ。

ということで本命はピースキーパーとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はバトードールです。

このレースで相性が良いのが母父サンデーサイレンスの馬。
とくに母父サンデーサイレンスの中でも4~5歳の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  14%-42%-42% /  97円-121円


本命馬より人気しているかもですが、この馬を穴馬ということで。




予想評価(本命ピースキーパー

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=バトードール
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はタガノクリスエスです。
過去10年のこのレースで距離延長となる馬は(0,0,1,24)。また前走OP特別以下クラスで6番人気以下だった馬は(0,0,1,25)。2つの条件に該当するこの馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のWメインエベント ~日経新春杯~

テーマ:

年明け早々ガンガン攻めますよ!Wメインエベントもう一本は西のハンデ重賞!
ひと波乱期待してます!


日経新春杯の本命馬はビートブラックです!


過去過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走出走クラスに注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同クラス  6%-13%-18% /  70円- 78円
条件戦  12%-22%-38% / 103円-117円


GⅡ戦の割にはハンデ戦ということもあってか、前走条件クラス出走組でも通用しやすいといった数字。


さらに前走条件戦出走組に限った、このレースでの斤量別成績。
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
54kg以上  26%-46%-46% / 213円-106円
53.5kg以下  0%- 0%-31% /   0円-126円


条件戦あがりとはいえその実力を認められてある程度背負わされてる馬の方が有利。ここでの狙い目は斤量54kg以上の馬。

この時点で該当馬はビートブラック一頭のみ。

ということで本命はビートブラックとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はオートドラゴンです。

ハンデ戦のイメージ通り、このレースで穴をあけやすいのが軽ハンデ馬で斤量54kg以下の馬。
とくに休養明け初戦の馬を除き前走2000~2500mのレースで一桁人気だった馬で、その成績は
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
54kg以下  12%-25%-37% / 193円-142円


軽ハンデにしては好成績・高回収値。唯一の該当馬オートドラゴンを穴で狙います。




予想評価(本命ビートブラック

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=オートドラゴン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はヒルノダムールです。
キャリア10戦以下の馬で前走0.1秒以上負けていた馬は(0,0,1,6)。また父か母父がニジンスキー系で、今回前走より距離延長となる馬は(0,0,1,9)。血統面だけでなく、古馬重賞にも関わらずキャリアの浅さが気になるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓


AD

今週のWメインエベント ~京成杯~

テーマ:

2011年スタート間もないですが、すでに下降線に入ってきた気もします(苦笑)。

でも、ここはあえてのWメインエベントでもう一度調子を取り戻します!まずは東の3歳重賞から!


京成杯の本命馬はスマートロビンです!


過去10年のこのレース中、02年は東京開催のためそれを除く過去9回のデータから。
まずは東西の厩舎別成績に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東   5%-10%-17% /  18円- 61円
関西   13%-27%-38% /  75円- 90円


成績面・回収値面ともに関西馬が優勢。


また前走距離別成績に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同距離   12%-21%-30% /  66円- 65円
距離延長    3%-10%-17% /   6円- 75円


この時期の3歳(または2歳)限定戦では2000mより長い距離のレースは組まれないため、前走「同距離」と「距離延長」との比較となります。その結果としては、すでに前走で同距離の2000mを経験している馬のほうが好走例は多いといえます。


さらに前走同距離組に限った前走クラス別成績
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬・未勝利 12%-18%-18% / 103円- 45円
500万下  22%-22%-55% /  86円- 86円
オープン    9%-22%-29% /  41円- 70円


前走同距離でオープンクラス組からは前走好走馬の出走が少ないためあまり高い数字とはなっていません。また新馬・未勝利組では即重賞通用とはならないようです。残った前走500万下組がここでの狙い目となります。

この時点で該当馬はスマートロビンのみ。

ということで本命はスマートロビンとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はユウセンです。

去10年のこのレースで父か母父がリファール系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   0%-27%-45% /   0円-150円


1着馬は出ていないものの、連対率・複勝率そして回収値は魅力的な数字。



予想評価(本命スマートロビン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ユウセン
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はジャービスです。
前走新馬・未勝利戦組は前走同距離でも苦戦気味。まして前走新馬・未勝利戦に出走していた馬で、今回距離延長となる馬となると(0,0,1,19)。また前走重賞以外に出走していた父か母父がダンジグ系の馬は(0,0,0,6)。キャリアと血統面からこの馬を消します。





クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメインエベント ~フェアリーS~

テーマ:

2011年開幕ほぼ連日開催の最終日。でもまだまだ重賞予想は続きます!

最終日の今日3歳牝馬重賞・フェアリーSです!


フェアリーSの本命馬はピュアオパールです!


一昨年から1月開催・距離1600mに変更されたこのレース。
ここは06年~08年まで同じ牝馬限定・芝1600mのオープン戦として行われた菜の花賞のデータも含めて過去4年分のデータで見ていきます。


まずは前走クラス別成績に注目
    (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬・未勝利(1,4,1,24)/ 224円- 60円
500万下 (1,0,1,15)/ 312円- 63円
OP特別   (0,0,2,7)/   0円-128円
GⅡ・Ⅲ   (0,1,0,6)/   0円- 18円
GⅠ     (3,0,1,4)/ 195円- 82円


新馬・未勝利組も500万下組も単勝回収値が高くなっていますが、どちらも人気薄馬の1勝のみで跳ね上がった数字。それならばそれ以外の3頭の勝ち馬を出している前走GⅠ組が狙い目。

該当馬はダンスファンタジア(クラストゥス)、ピュアオパール(蛯名)


最後は騎手データです
「中山」「1月開催」「3歳限定戦」(過去5年)の騎手データ
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
蛯名    12%-28%-36% / 168円- 99円
クラストゥス 6%- 9%-18% /  23円- 55円


成績面・回収血面とも上回ったのは蛯名。狙いはこちらで。

ということで本命はピュアオパールとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はマイネイディールです。
このレースで相性が良いのが父ヘイロー系。とくに中4週以内のローテーションで前走1着の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 14%-42%-57% / 960円-204円


好成績もさることながらかなりの高回収値となっています。
穴は唯一の該当馬のこの馬。



予想評価(本命ピュアオパール

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=マイネイディール
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアドマイヤセプターです。
前走芝のOP特別以下のクラスで0.6秒以上負けていた馬は(0,0,1,13)。またサンプル数は少ないながら父ミスタープロスペクター系の馬は(0,0,0,5)。血統先行で人気しそうなこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓