2010年のらんふらんこ予想を振り返る

テーマ:
さて今年も1年のらんふらんこ予想結果を振り返りたいと思います。

まずはじめに参考までに2009年の結果はこんな感じでした。

本命予想          

単勝回収値 81円 複勝回収値 85円
馬(推奨穴馬)予想

単勝回収値 48円 複勝回収値 54円

消し馬(キルクル)予想 
単勝回収値119円 複勝回収値 94円

そして2010年の有馬記念を終えてのらんふらんこの予想回収値は・・・
本命予想          

単勝回収値140円 複勝回収値 90円
馬(推奨穴馬)予想  

単勝回収値 42円 複勝回収値 51円

消し馬(キルクル)予想 
単勝回収値 40円 複勝回収値 71円


   (勝率-連対率-複勝率 / 着度数/平均人気)
本命予想            15%-35%-42% /4.7
馬(推奨穴馬)予想     4%- 5%-10% /9.2
消し馬(キルクル)予想
     5%-15%-20% /5.8


去年がダメすぎた成績だっただけに、比較するとかなりいい成績になっている気がします。そんなによくないけど(苦笑)。


ただ、個人的にもかなり手ごたえがあるほどに、ラスト3か月での追い込みがすごく、10月~12月の本命予想の成績は

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
本命予想  28%-35%-50% /  519円-146円


とくにマイルCSでのエーシンフォワード本命が効果的でかなりの好成績・高回収となっていました。


逆に夏バテなのか(?)消し馬についてはそれ以前の夏場の成績が良くなく、7月~9月の消し馬(キルクル)予想成績が

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
消し馬予想  14%-42%-50% /   54円-158円


ここでの成績がもう少し抑えられたらなあ、というところでした。



とりあえず、来年も金杯からスタート!終盤の勢いそのままに好ダッシュを決めたいと思います!

また来年もよろしくお願いします!





クリックお願いします!
↓↓↓



AD

今週のメインエベント ~有馬記念~

テーマ:

いよいよ今年の中央競馬のメインエベントです!泣いても笑っても中央競馬最後のGⅠ有馬記念!どうせなら笑って終わりたい!


有馬記念の本命馬はヴィクトワールピサです!


昨年は久しぶりの有馬的中。というよりブログ予想では初で快心の予想だったかもしれません。昨年同様のデータで2年連続的中を目指します!

過去10年のこのレース。複勝圏内に入着した馬の父血統を見ると、おおまかに3つの系統に分かれます。
○ターントゥ系/着度数(9,4,9,59)
○非ターントゥ系/着度数(1,6,1,56)


それぞれの系統別に複勝圏内入着馬の共通項を見ていきます。


■ターントゥ系/着度数(9,4,9,59)
①過去1年以内に「GⅠ連対」または「中山コースの重賞連対」または、過去に「有馬記念連対」いずれかを経験
②(このレースが)休養明け5戦目以内
③前2走以内に「重賞で1番人気かつ連対」または「GⅠで5着以内かつ着差0.6秒以内」を経験
④中3週~中8週のローテーション


該当馬はブエナビスタ、ペルーサ、ヴィクトワールピサ


■非ターントゥ系/着度数(1,6,1,56)
①前3走以内に2000m以上の重賞で6番人気以内を経験
②過去1年以内に「(牝馬限定戦除く)GⅠ連対」または「中山コースの重賞2勝以上」または「中山芝2500mの重賞で3着以内」いずれかを経験
③出走機会のなかった馬を除き、過去1年以内に中山コースの重賞で3着以内を経験。
④前走海外レース出走馬を除き中2週~中3週のローテーション


該当馬はエイシンフラッシュ。


改めて該当馬はブエナビスタ、ペルーサ、ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ。


ここで今年の9月以降、芝コースに限った古馬混合オープンクラス(重賞含む)の年齢別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳  14%-27%-42% / 110円-130円
4歳    15%-22%-30% /  83円- 73円
5歳     3%-10%-15% /  53円- 50円
6歳     2%- 8%-12% /  17円- 97円
7歳以上  4%- 6%-13% / 138円- 68円


勝率では僅差で4歳馬に劣ったものの、その他連対率・複勝率・回収値含めたトータルで見れば、今年の3歳馬の上位クラスでの強さは他の世代を上回っています。


また3歳馬の中でも前走着差別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝ち       7%- 7%-46% /  18円-136円
負0.0~0.5秒差 22%-40%-48% / 148円- 91円
負0.6秒以上   10%-25%-32% / 121円-150円


0.6秒以上負けの組は人気薄での2,3着入着例で回収値が上がっていますが、その点を考慮すれば最も好成績となっている0.5秒以内負けの惜敗組が狙い目。


またさらに0.5秒以内惜敗組に限った騎手の継続or乗り替わり別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
乗替  26%-46%-53% / 194円-104円
継続  16%-33%-41% /  91円- 76円


惜敗→乗替りでの変わり身に妙味ありといった成績。
この時点で該当馬はヴィクトワールピサ一頭のみ。

といわけで本命はヴィクトワールピサとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はネヴァブションです!

過去10年のこのレースで、8番人気以下で複勝圏内に入着したのはのべ9頭。
その9頭の傾向を見てみると

①全馬中7週以内のローテーション
中山コース初出走だった04年3着のシルクフェイマスを除き、9頭中8頭が
③前年の12月以降にに中山開催の古馬混合重賞で3着以内を2度経験
また中山コースを2走以下しか経験のなかった先のシルクフェイマスと02年2着タップダンスシチーを除く9頭中7頭が
③中山コースで3回以上の連対経験あり


この条件に該当し、今回8番人気以下となりそうなのはネヴァブションのみ。



予想評価(本命=ヴィクトワールピサ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=ネヴァブション

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はペルーサです。
キャリア10戦以下で前走5着以下に敗れていた馬は(0,0,0,7)。また2200m以上のGⅠで3着以内を経験していない3歳馬は(0,0,0,11)。イメージよりキャリア不足の感のあるこの馬を消します。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「オグリキャップは4枠8番だったから穴はメイショウベルーガ!」



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~朝日杯FS~

テーマ:

先週はようやくはずれることができて一般人に戻ることができたらんふらんこです(笑)。

と冗談を言っているうちに、今年の中央競馬もあと2週です!来週の有馬記念に向けて、あらためてエンジンをかけなおしましょう!今週もGⅠ一本勝負です!


朝日杯FSの本命馬はリフトザウイングスです!


過去10年のこのレースの連対馬20頭について調べました。
まず全20頭が過去2走内に
①前走もしくは前々走で「1着」もしくは「2走とも重賞連対」を経験
②前走もしくは前々走で3番人気以内を経験し、前走もしくは前々走で7番人気以下の経験はなし
③2ヶ月以上の休養明け初戦となる馬は、1600m以上の重賞で勝ち経験あり
④このレースまでの出走キャリアが2戦~8戦


この4つの条件をクリアしていました。


さらに20頭中19頭までが、過去2走内に
⑤重賞4着以内
⑥1800m以上のOP特別クラス勝ち

いずれかを経験。
(該当しないのは00年1着の前走未勝利戦勝ちメジロベイリー。10年遡る古いデータとなります。)


該当馬はアドマイヤサガス、サダムパテック、ブラウンワイルド、リアルインパクト、リフトザウイングス。


ここでこのレース全体の枠番別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1枠  15%-21%-36% / 103円- 91円 
2枠  15%-21%-26% / 276円-113円 
3枠   5%-10%-15% / 106円- 52円 
4枠  10%-20%-30% /  38円- 52円
5枠   0%-10%-10% /   0円- 24円 
6枠   5%-15%-20% /  16円- 29円
7枠   0%- 0%-10% /   0円- 44円 
8枠   0%- 5%- 5% /   0円-  6円


5枠から外枠の馬は成績とガックリと落ちているのがわかります。
となると狙い目は4枠から内の馬。


さらにこのレース全体の前走距離別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  3%- 9%-12% /  73円- 46円 
同距離   2%- 8%-20% /  15円- 53円 
距離短縮 13%-22%-29% /  95円- 58円


距離短縮組の好成績・高回収値は明らか。

生き残り5頭のうちで4枠より内枠・距離短縮に該当するのはリフトザウイングス一頭のみ。

というわけで本命はリフトザウイングスとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はシゲルソウサイです!
このレースで相性が良いのが父ノーザンダンサー系の血統で全体の成績が
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  12%-25%-28% /  81円- 91円 

さらに前走1番人気1着の馬に限れば
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  40%-60%-28% / 290円-136円 


唯一の該当馬のこの馬を穴で狙います。



予想評価(本命リフトザウイングス

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=シゲルソウサイ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はグランプリボスです。
過去10年のこのレースで前走6番人気以下の馬は(0,0,0,34)。また父か母父がプリンスリーギフト系の馬は(0,0,0,12)。前走重賞勝ちを評価されているこの馬ですが、前走時点の評価さらに血統面に不安があり消しとします。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「朝日杯FSは内枠有利!」



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~阪神JF~

テーマ:

先週のブログ予想。本命はハズレましたが、穴馬3着で三連複的中!見事ジャパン・オータム・インターナショナル(って銘打たれてたことも忘れてたけど)を完全制覇することができました!

というわけで、一気に5連勝なるか!?今週もひきつづきGⅠ一本勝負です!


阪神JFの本命馬はリトルダーリンです! 

昨阪神馬場改修後の過去4年のこのレースのデータから。
まずは前走着順に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~2着  8%-17%-25% /  52円- 61円 
3着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


前走3着以下の馬は(0,0,0,25)と複勝圏内入着例なし。狙いは前走連対組。


さらに前走距離に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  0%- 4%-12% /   0円- 26円 
同距離   8%-17%-21% /  29円- 57円 
距離短縮 25%-25%-25% / 221円- 58円


距離延長組は勝ち馬が出ていないばかりでなく連対率も4%と狙いづらいところ。
距離延長組はサンプル数8頭での成績といえども2頭の勝ち馬を出しているのは侮れず、同距離組は逆に勝率・連対率は平凡なものの過去2年の勝ち馬はこの馬から出ており軽視はできません。
ということでこのデータから同距離・距離延長組を残して距離延長組は消しとします。


さらに前走クラス別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同クラス  0%- 5%-11% /   0円- 25円 
昇級戦  10%-16%-21% /  66円- 54円

ここで面白いのは前走同クラス組の方が苦戦している点。前走レベルの高いレースで疲弊しきってしまうのか、勢いのある昇級組から過去4年すべての勝ち馬が出ています。というわけで狙いは前走から昇級戦となる馬。


さらに絞り込むためにもう一つ。前走人気に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3番人気以内 10%-18%-26% /  64円- 61円 
4番人気以下  0%- 2%- 5% /   0円- 16円


勝ち馬はすべて前走3番人気以内。ここでは前走4番人気以下の馬は消し。

この時点で生き残ったのはダンスファンタジア、リトルダーリン。


父ファルブラヴのダンスファンタジア、父ディープインパクトのリトルダーリン。
そこで今年の阪神開催芝コースでの2歳戦に限ったそれぞれの産駒別成績を見てみると
         (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
ディープインパクト (2,2,3,3) / 45円- 83円 
ファルブラヴ    (0,0,0,3) /  0円-  0円 


今年の2歳戦で断然の強さをみせているディープインパクト産駒が阪神コースでも優秀な成績。複勝率70%なら軸馬として文句なし。

ということで本命はリトルダーリンとしました。


また
★馬(=推奨穴馬)はマイネイサベルです。

か母父がグレイソブリン系の馬は(1,2,1,4)。複勝率50%で回収値も単勝82円・複勝133円と複穴としての魅力は十分。また前走2番人気以内の馬に限れば(1,1,1,2)。単勝回収値132円、複勝回収値192円とさらに好成績・高回収値。



予想評価(本命リトルダーリン

自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=マイネイサベル
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はマルモセーラです。
前走4番人気以下で前走と同じ騎手で出走となった馬は(0,0,1,17)。またキャリア4戦以上消化していた父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,1,9)。どちらも連対例はなく、どちらにも該当するこの馬を消しとします。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~ 
「今年も抽選馬!」



クリックお願いします!
↓↓↓

今週のメインエベント ~ジャパンカップダート~

テーマ:

年の瀬差し迫ってきて波がやってきたらんふらんこ!おそらく自身初となる秋のGⅠ4連勝なるか!?

今週もGⅠ一本勝負です!


ジャパンカップダートの本命馬はキングスエンブレムです!


まず今回の出走馬に外国馬はいませんので、日本馬に限った出たについて見ていきます。


昨年から阪神ダート1800m戦となったこのレース。最初に過去10年のこのレースのデータから、条件変更に関係ないであろうデータとしてGⅠへのステップとしての勢いを見るべく前走着順に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3着  10%-18%-30% /  84円-102円 
4~5着   0%-13%-13% /   0円- 75円 
6~9着   4%- 8%- 8% /  39円- 48円 
10着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円 


まず前走6着以下の馬からのべ42頭の出走例で2頭の連対例しかなく、その率からしても狙いづらいところ。
また前走4~5着馬も、そこそこの連対率は認めても勝ち馬が出ていないのは大きくマイナス。
ということでここでの狙い目は成績・回収値も文句なしの前走1~3着馬。


この時点で該当馬がアドマイヤスバル、キングスエンブレム、グロリアスノア、トランセンド。


ここで阪神開催となった過去2年、のべ6頭の複勝圏内入着馬の共通項を見てみると
①前走6番人気以内かつ着差0.6秒以内
②GⅠ馬を除き、今年に入って重賞勝ち経験あり
③前4走以内にGⅠ3着以内を経験
④3歳~6歳馬


すべてに該当するのはキングスエンブレムのみ。

というわけで本命はキングスエンブレムとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はアドマイヤスバルです!

生き残り馬の中で④のみ該当しなかったこの馬。阪神開催となった過去2年、のべ6頭の複勝圏内入着馬中3歳馬を除く4頭はGⅠ3着内を2度以上経験しており、その条件に合致するのはこの馬のみ。




予想評価(本命キングスエンブレム

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=アドマイヤスバル

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はシルクメビウスです。
過去10年で前走1.0秒以上負けていた5歳以下の馬は(0,0,0,14)。また前走1.0秒以上負けていて今回騎手が継続騎乗となった馬は(0,0,0,20)。前走大敗が気になるこの馬を消しとします。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「大好きなスカーレット一族のワン・ツー!」



クリックお願いします!
↓↓↓