今週のメインエベント ~ジャパンカップ~

テーマ:

らんふらんこ13番人気エーシンフォワード◎でマイルCSゲット!ってことで、秋のGⅠ戦線、異常なほどに好調気配です!勢いに乗って今週も当てて3連勝といきましょう!


ジャパンカップの本命馬はローズキングダムです!


過去10年のこのレース、02年は中山開催だったためその年を除いた過去9回のこのレースのデータから。
まず
○前走2000m以上のレースで二桁着順の馬
○前走から中9週以上のレース間隔の馬

この2例からは複勝圏内に絡んだ馬はいませんので消しとします。

さらに、ここからは日本馬、外国調教馬それぞれの複勝圏内入着条件について見ていきます。


まずは日本馬。
日本馬で複勝圏内入着したのはのべ22頭。その22頭中21頭は以下のいずれかに該当。
※唯一の例外は01年3着のナリタトップロードで、この馬は前走の京都大賞典が直線不利を受けての競争中止であったため例外とします。
※前走または前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。


①前走天皇賞(秋)を4番人気以内で4着以内。
②前走3番人気以内で2400m~2500mのGⅡ勝ち。
③前走GⅠレースに出走し2番人気以内で6着以内(入線)。
④その年の菊花賞勝ち、もしくはダービー勝ち


いずれかをクリアが条件。


さらに前走負けていた馬に限っては
⑤2走前のレースが芝1800m以上の重賞で、3番人気以内でかつ3着以内

をクリアしていることが条件


該当馬はナカヤマフェスタ、ブエナビスタ、、メイショウベルーガ、ローズキングダム。


外国馬は
①(凱旋門賞らの直行を除き)前走とのレース間隔が中21日~48日の範囲内
②連対率5割以上
③(北米GⅠ馬、香港調教馬を除き)年内2勝以上
④前走良~やや重馬場なら一桁着順
⑤過去4走以内にGⅠ勝ち経験あり
⑥4歳~5歳馬


該当馬なし。


改めてここまでの生き残りはナカヤマフェスタ(蛯名)、ブエナビスタ(スミヨン)、メイショウベルーガ(池添)、ローズキングダム(武豊)。

日本馬4頭が残りました。


最後は騎手データです。
「東京」「10~11月」の「芝の古馬混合戦」(過去3年)
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
蛯名   14%-25%-27% / 117円- 66円
スミヨン 23%-23%-23% /  79円- 37円
武豊   10%-34%-52% /  31円-113円
池添    5%-11%-11% /  34円- 20円


勝率の高さが目立つスミヨンは実際の勝利数3勝でこの数字。ただその中身が1~2番人気のもので回収値が上がらないのが本命としての魅力に欠けます。
その点含め、連対率・複勝率ナンバーワンの武豊は3着ながら9番人気でも好走例があり、複勝回収値が100円を越えている点にも魅力を感じます。

といわけで本命はローズキングダムとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はジョシュアツリーです!

外国調教馬の項で、⑥以外の5項目に該当していたこの馬。また父サドラーズウェルズ系の馬で、前走連対し今回斤量減となる馬の成績は(1,1,1,3)と好成績。外国馬の一番の狙い目と見て穴馬として狙います。




予想評価(本命=ローズキングダム

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=ジョシュアツリー

「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はペルーサです。
ダービー馬を除く3歳馬で、前2走とも敗れていた馬は(0,0,0,12)。さらに外国人騎手以外が騎乗する関東馬は(0,0,0,18)。データには関係はありませんが、やはり出遅れ癖も気になるこの馬。世界の舞台での好走は難しいとみてを消します。



~GⅠ特別シリーズ ハ
ニーのこれだけは言わせて!~
「デムーロを狙う!」



クリックお願いします!
↓↓↓



AD

今週のメインエベント ~マイルCS~

テーマ:

らんふらんこ京都へ行きます!ってことで、現地観戦を控えてるので、とっとと今週の予想に参りましょう!

今週はもちろんGⅠ一本勝負!


マイルCSの本命馬はエーシンフォワードです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは血統面からみてみます。このレースで2頭以上の連対馬を出している父系統は
○ターントゥ系(6勝 2着5回)
○ノーザンダンサー系(1勝 2着5回)


いずれかの血統に限られます。この2系統を相性の良い血統として狙い、他はすべて脱落とします。

その上で、さらにそれぞれの系統別に傾向を見て生きたいと思います。


○父ノーザンダンサー系 全成績(1,5,1,44)
複勝圏内に入着した9頭は全て
①前走重賞に出走
②前走0.8秒以上負けていない
③前年11月以降に芝の重賞勝ちを経験
④前2走以内に重賞で3番人気以内を経験
⑤4歳馬もしくは5歳馬


該当馬はエーシンフォワード


○父ターントゥ系 全成績(6,5,3,59)
複勝圏内に入着した14頭は全て
①前走重賞に出走。前走GⅠ出走なら着差1.1秒以内、前走GⅡ・GⅢクラス出走なら着差0.5秒以内。
②前走5番人気以内または前走6番人気以下の馬は前4走以内に重賞2番人気以内を経験。
③その年に入って芝の重賞連対を経験
④年齢は3歳馬~6歳馬まで(牝馬は3歳馬~5歳馬まで)


該当馬はダノンヨーヨー、テイエムオーロラ


改めて該当馬はエーシンフォワード、ダノンヨーヨー、テイエムオーロラ。
それぞれ、中2週、中3週、中4週のステップ。
そこで前走それぞれのステップで出走した馬のこのレースでの成績を比べてみると
    (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
中2週  (5,4,7,62) /  97円-115円
中3週  (1,2,0,48) /  46円- 31円
中4週  (1,0,1,8) / 106円- 50円


成績が際立っているのは中2週組と中4週組。実際の連対率で見ると11%、10%と差はないものの回収値(とくに複勝回収値)の高さは中2週組が際立っています。

といわけで本命はエーシンフォワードとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はマイネルファルケです!

前年連対していた馬が出走してきた場合の成績は(3,2,0,7)。
このコースの適正以上に、入れ替わりの激しいマイル戦線で2年続けてGⅠの舞台に立てることがその馬のレベルの高さを証明していると見ます。
昨年2着のこの馬を穴で。



予想評価(本命=エーシンフォワード

「自信度=高」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=マイネルファルケ

「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はサプレザです。
昨年3着のこの馬。当たり前のことですが今年は年齢をひとつ加えた5歳馬となっての挑戦。外国人騎手が騎乗する5歳以上馬は(0,0,0,9)。また父ミスプロ系の5歳以上馬は(0,0,1,9)。年齢面に加えて鞍上・血統と不安のあるこの馬を消します。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「新生活で忙しいので予想はせずにユーイチ・将雅で!」



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:

らんふらんこ引越ししました!

心機一転送る第一弾予想はGⅠ・エリザベス女王杯!

ここで秋のGⅠ初勝利を決めて、引っ越し資金を稼ぎまず!


エリザベス女王杯の本命馬はメイショウベルーガです!


過去10年のこのレース、のべ20頭の連対馬について、まず前走レース別に見ていこうと思います。
過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて4つのパターンに分類されます。①府中牝馬S②秋華賞③海外のレース④(国内)牡馬混合重賞。
以上のレースに出走して無い馬はすべて消しとして、順番に見ていきます。


■前走府中牝馬S組(どちらかをクリアが条件)
①その前走5番人気以内で連対。
②前走4番人気以内で3着以内かつ昨年のこのレースに出走し連対。


該当馬なし。


■前走秋華賞組(どちらかをクリアが条件)
①秋華賞勝ち
②前走で負けていた馬は、「前走6番人気以内かつ0.3秒以内の負け」かつ「前々走2000m以上の重賞で3番人気以内かつ0.8秒以内」


該当馬はアニメイトバイオ、アパパネ。


■前走海外レース組
①前走重賞で連対していた日本調教馬


該当馬なし。


■前走古馬混合重賞(どちらかをクリアが条件)
①前走1番人気で0.7秒以上負けていない
②前走の人気・結果は関係なく、過去1年以内に「牡馬混合GⅠで3着以内」または「牡馬混合のオープンクラス・芝2200m以上のレースで1着」または「GⅠ勝ち」


該当馬はメイショウベルーガ。


改めて該当馬はアニメイトバイオ、アパパネ、メイショウベルーガ。
全馬、前走重賞で連対していた馬が生き残りました。
そこで前走重賞で連対していた馬に限った父馬の系統別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー系 14%-42%-42% /  17円- 95円
ヘイロー系      12%-31%-37% /  34円- 51円
その他系統      0%- 0%-11% /   0円- 31円


前走重賞で連対していた馬全体の元々の複勝回収値が55円であることを考えれば父ノーザンダンサー系の95円はなかなか高い回収値であるといえます。その他の成績面も高く狙い目はこの系統。生き残り馬の中で父ノーザンダンサー系に該当するのはメイショウベルーガのみ。

ということで本命はメイショウベルーガとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はレジネッタです!

前走札幌コースからの転戦組は(1,1,0,3)。回収値は単勝128円、複勝92円。前走札幌組のうち人気のない方を穴で。





予想評価(本命=メイショウベルーガ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=レジネッタ

「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はサンテミリオンです。

2005年以降、JRAのあらゆるGⅠレースで前走16着以下だった馬は(0,0,3,40)と連対例はありません。また前走牝馬限定戦で3番人気以下だった関東馬の成績は(0,0,1,18)。オークス本命のこの馬を今回はあえての消しとします。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「今は忙しいので、たまには鉄板予想!」



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

GⅠの中休みのWメインエベント2本目は東京のハンデ重賞!

先週とはうってかわって当てに行く予想で。


アルゼンチン共和国杯の本命馬はトーセンジョーダンです!


15過去10年中、中山開催だった02年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走からの斤量増減別データに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増  20%-40%-50% / 292円-156円
同斤量   0%- 0%- 9% /   0円- 22円
斤量減   6%-13%-18% /  54円- 83円

ハンデ戦は斤量重い方から。このレースでは斤量増の組の好走が目立ちます。

このデータだけで該当馬はトーセンジョーダンのみ。

この馬については他にも父か母父がノーザンテースト系で前走5着以内の馬成績が
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  22%-33%-44% / 130円-143円

と、血統面でもかなり強力なデータがあり、かなりの狙い目。

ということで本命はトーセンジョーダンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はスリーオリオンです。
オペラハウス産駒の成績は(2,0,1,0)。単純ながら3例がそれぞれ違う馬で、すべて7番人気以下というのはそれだけで文句なしのデータ。




予想評価(本命=トーセンジョーダン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(スリーオリオン

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はエアジパングです。
高齢馬不振のこのレース。7歳以上馬は(0,0,1,26)。また斤量増の馬を除く、前走2桁着順の馬は(0,0,0,22)。前走大敗も気になるこの馬を消しとします。。




クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメインエベント ~ファンタジーS~

テーマ:

今週はGⅠの中休み。とはいえ3重賞と休んでいる暇もありません!

ここはGⅠでも本調子を欠く日々が続いているので、ここからの巻き返しのスタートとするべくWメインエベントで勝負!まずは土曜の2歳重賞から!

ファンタジーSの本命馬はファーマークリームです!


15戦一昨年は13番人気イナズマアマリリスを本命的中した相性の良いレース。あえて一昨年同様のデータで攻めます。

過去10年のこのレースのデータから。
まずは今回は消しデータから
○前走0.7秒以上負けていた馬(0,0,0,20)
○前走7着以下(0,0,0,20)
○前走未勝利戦で2番人気以下(0,0,0,7)
○前走ダートコースに出走(0,0,1,8)
○前走東京以外の関東場に出走(0,0,2,12)


これらを消した上で、前走出走距離に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  13%-20%-30% / 327円-143円
同距離   10%-20%-28% /  36円- 49円
距離短縮  11%-44%-44% / 248円-155円

散々消しデータで成績・回収値をあげたにもかかわらず、このデータで回収値の上がらない同距離組は魅力がなさすぎ。まずはこのデータからはこの組を消します。

さらに東西厩舎別&騎手乗り替わりデータを見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東・継続   0%-25%-25% /   0円- 37円
関東・乗替   0%-25%-25% /   0円- 60円
関西・継続  10%-20%-31% /  29円- 68円
関西・乗替  15%-25%-31% / 330円-141円

成績面だけでなく回収値面からも、このレースの波乱を作っているのが関西の騎手乗り替わり組であることがわかります。

この時点で該当馬はファーマークリームのみ。

ということで本命はファーマークリームとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はエクメーネです。
データもないままにこの馬を穴で。




予想評価(本命=ファーマークリーム

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(エクメーネ

「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はサクラベルです。

前走OP特別勝ちながら人気は3番人気といまいちだったこの馬。前走OP特別以下クラスに出走して3番人気以下だった父ヘイロー系の馬は(0,0,1,15)。さらに今回距離短縮で、前走重賞以外で3番人気以下の馬は(0,0,0,4)。2歳馬で評価の低かったことが気になるこの馬を消しとします。





クリックお願いします!
↓↓↓