今週のメインエベント ~天皇賞・秋~

テーマ:

今週は天皇賞・秋。ある意味、らんふらんこが1年で1番当てたいGⅠかもしれません。

なぜなら・・・馬券購入以来、15戦15敗!一度も当たったことがありません!(苦笑)

もうそろそろ当たるころやろー、と思っておりますが・・・果たして!?


天皇賞・秋の本命馬はアーネストリーです!


15戦15敗と個人的に超難関なこのレースだけに、あえて難しく考えずに予想したいと思います。
まずは前走クラス別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
GⅢ     0%- 0%-15% /   0円-127円
GⅡ     5%-10%-16% /  98円- 55円
GⅠ      9%-23%-28% /  26円-114円


前走GⅢ以下のクラスからは連対例が出ていないことから、前走GⅢ以下クラスの組は消しとします。

また前走GⅠ・Ⅱ組に限って、前走人気に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内 9%-17%-24% /  61円- 67円
6人気以下 2%- 7%- 9% / 176円- 66円


前走6番人気以下の組は唯一の勝ち馬へヴンリーロマンス(05年・14番人気)が回収値の数字をあげているものの成績自体は奮いません。その点で、やはり狙いは前走5番人気以内の組。


また前走GⅠ・Ⅱ組に限って、前走着順に注目すると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内 9%-19%-27% / 141円- 95円
6着以下 0%- 0%- 0% /   0円-  0円


6着以下の馬から複勝圏内入着例がないことから、ここは断然前走5着以内が狙い目。


さらに、改めてこのレース全体の成績に戻って年齢別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳    0%-10%-30% /   0円-142円 
4歳   14%-21%-26% /  81円- 87円 
5歳    4%-15%-23% / 180円- 93円 
6歳以上  2%- 2%- 3% /  22円- 18円 


昨年は8歳馬のカンパニーが勝ったものの、やはりそれでも数字は伸びない6歳以上馬は消し。
また3歳馬もそもそものサンプル数が少ないことや、04年ダンスインザムードの13番人気・2着で回収値の高さが目立つものの1着例はなくこちらも狙いづらい数字。
となると狙いは4歳~5歳馬。


この時点で生き残ったのはアーネストリー、スマイルジャック、ブエナビスタ。
それぞれの前走距離は2000m、1800m、2200。
ここで改めて前走GⅠ・GⅡ組に限った前走距離別成績に注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長   5%- 7%-12% /  38円- 42円 
同距離    9%-27%-36% / 689円-250円 
距離短縮   6%-15%-20% /  19円- 51円 

同距離組の数字が断トツ抜けた成績。狙いはこの組。

ということで本命はアーネストリーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はスマイルジャックです。
3頭8のの生き残り馬の中で、もっとも人気のなさそうなこの馬を穴で。




予想評価(本命=アーネストリー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=スマイルジャック

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はキャプテントゥーレです。

先のデータにもあったように、前走GⅢ以下のクラスに出走していた馬は(0,0,2,14)と連対例がありません。また府中の芝2000m戦の外枠不利は有名なところ。このレースでも8枠に入った父ヘイロー系は(0,0,0,7)。また8枠に入った5歳以上馬は(0,0,0,9)と大外枠も影響しそうで、この馬を消します。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「今のはやりは下剋上!」
「哲三&晶三コンビが気になる!」



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~菊花賞~

テーマ:

今週は牡馬クラシック最後の1冠菊花賞!

昨年は本命馬が3着、一昨年はブログ予想はともかく三連複的中と相性の良いレース。

今年もきっちり当てて、そろそろ秋のGⅠ戦線エンジンをかけます!


菊花賞の本命馬はトウカイメロディです!


10月開催となった過去9年のこのレースのデータから。


昨年同様、前走クラス別に調べました。

○前走条件クラス
前走条件クラスの馬が複勝圏内に入った例は3度。その共通項は
①前走芝1800m以上の1000万下条件以上クラスで3着以内
②休養明け3戦以内
③その年の1月以降、複勝率50%以上
④その年の1月以降、芝2000m以上のレースで5着以内の経験あり


該当馬はコスモラピュタ、トレイルブレイザー、ビートフラッグ、


○前走重賞含む
前走重賞クラスの馬はからは24頭が複勝圏内に入着。24頭中23頭までの共通項は
①ダービー出走馬は「ダービー3着以内」もしくは「2000m以上のOP特別以上クラス勝ち」もしくは「2400m以上の重賞3着以内」いずれかを経験
②ダービーを5着以下に負けていた馬に限って、前走神戸新聞杯orセントライト記念に出走した馬は前走5着以内
③ダービー不出走馬は「2000m以上のレース勝ち」を経験し、さらに「前走2000m以上のオープンクラスで7番人気以内かつ7着以内」を経験
④ダービー不出走馬は「重賞3着内」もしくは「1800m以上のレースを3勝以上し、うち1勝は古馬混合戦」を経験
⑤関東馬は前走4着以内
⑥前走距離2000m以上のレースに出走
⑦前4走内に2000m以上のGⅠ3着内、もしくは2000m以上のレース勝ちを経験
⑧前走3歳限定戦の場合、前走7番人気以内かつ前走7着以内
※共通項に当てはまらないのは昨年15番人気2着のフローテーション。さすがに人気薄すぎて例外としました。


トウカイメロディ、クォークスター、ヒルノダムール、ビッグウィーク、ローズキングダム


生き残りが多いこともあってさらに別データも見てみます。

まずこのレース全体の前走距離別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2000m以下   6%-11%-18% / 137円- 87円
2100~2300m 2%- 8%-11% /  38円- 37円
2400m以上   7%-15%-20% / 146円-138円


僅差ながらもっとも高い数字となったのは、やはり前走2400m以上のレースを走っていた組。前走距離が長いほうが有利というのは当たり前のように見える割に、回収値が高いことは魅力。


またこのレース全体の騎手の乗替りor継続騎乗の比較成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同騎手    7%-13%-20% / 120円- 95円
乗替り    3%- 8%-11% / 100円- 68円


GⅠで乗り替わりより、やはり継続騎乗の方が有利といったデータ。


これで残ったのはトウカイメロディ(吉田隼)、ビッグウィーク(川田)、ローズキングダム(武豊)。


最後は騎手データです。
「芝2600m以上」(過去5年)の成績です。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

吉田隼  17%-32%-35% / 115円- 82円
武豊   13%-26%-40% /  34円- 63円
川田    13%-20%-26% /  46円- 56円


一番勝率の複勝率の高い武豊は、すべてが人気馬で回収値が上がらず配当面の妙味に欠けます。
その点、連対率でイメージ的にも長距離戦得意と思える武豊を上回った吉田隼は、人気薄での複勝圏内入着例もあり、配当面の魅力もあります。例をあげるまでもなく昨年フォゲッタブルでの2着は記憶に新しいところ。

ということで本命はトウカイメロディとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はビートブラックです。
生き残り8頭からこの
馬を穴で。




予想評価(本命=トウカイメロディ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ビートブラック

「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はアロマカフェです。

スタート直後にコーナーのあるこのレースは8枠不利。とくに8枠に入った関東馬は(0,0,0,7)。また前走セントライト記念に出走し、芝2200m以上のレースで連対経験のなかった馬は(0,0,0,15)。ローテーション、距離面でも不安のあるこの馬を消しとします。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「菊花賞は血統で買え!」
「でもスペシャルウィークは買う!」



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~秋華賞~

テーマ:

季ようやく秋めいてきたかと思えば、急に暑い日になったり、未だ季節がつかみ切れていません。

そして競馬も同じく・・・。

今週はビシッと当てて、一気に流れに乗りたい!そんな今週はGⅠ一本勝負です!


秋華賞の本命馬はエーシンリターンズです!


昨年は本命が惜しい4着とそれほど間違っていない予想と思える結果でした。今年も同様の予想で。
過去10年のこのレースのデータから。
3歳クラシックGⅠの中でターントゥ系の成績が最も思わしくないレースがこの秋華賞。過去10年の血統データで見てみると
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ターントゥ系   4%-10%-15% /  11円- 48円
非ターントゥ系 7%-12%-18% /  84円-135円


成績面では僅差となりつつありますが、それでも回収値を含めれば魅力があるのは非ターントゥ系の組。狙いはこの系統。


さらに非ターントゥ系の中で、前走クラスに注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   7%- 7%- 7% / 208円- 74円
OP特別  0%- 0%-11% /   0円- 27円
重賞   10%-18%-24% / 85円-198円


前走条件戦組の数字はずべて00年1着ティコティコタックのみの数字。
その点で、断然優秀なのは前走同クラス組。


また非ターントゥ系の中で、前走着順に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内  11%-17%-26% /  87円- 72円
4着以下   2%- 5%- 8% /  80円-212円

前走4着以下の組からは前走二桁着順とかなり狙いづらいところから激走した馬の入着例ばかりで、複勝率も7%では狙いづらい数字。
その点では成績が安定している3着以内組が狙い目。


この時点で該当馬はアプリコットフィズ(武豊)、エーシンリターンズ(福永)、ワイルドラズベリー(池添)


最後は騎手データです。
「10月」「京都芝コース」の「牝馬限定戦」(過去5年)
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永   7%-29%-33% /  18円- 72円
武豊  11%-17%-23% /  27円- 57円
池添   4%- 9%-14% /  65円- 40円


回収値は全体的にあまり高くない中、なんとか妥協できる数字なっているのが福永。また成績も一番上位なのが福永。

ということで本命はエーシンリターンズとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はレディアルバローザです。
荒れ傾向にあるこのレース。直近ではブラックエンブレムが勝った08年の秋華賞は記憶に新しいころ。
そのブラックエンブレム含め、父ミスタープロスペクター系の馬で、前走4角3番手以内の馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  10%-30%-40% / 299円-204円


内枠も幸いしそうなこの馬を穴で。




予想評価(本命=エーシンリターンズ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=レディアルバローザ

「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はディアアレトゥーサです。
先の前走クラス別成績にもあったように、前走OP特別の好走例は少なく、前走紫苑Sに出走していた馬は(0,0,2,33)。中山2000m開催となったここ3年に限ると(0,0,0,9)といった成績。、またGⅠ連対経験馬を除く、父ヘイロー系の関東馬は(0,0,1,19)と相性が良くなく、ローテーション・血統面と不安のころるこの馬を消します。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「三冠阻止!」
「そしてハニーさんのメインレースはダイワスカーレットメモリアルです!」



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~京都大賞典~

テーマ:

風邪はイマイチなおりません。馬券の風も未だ逆風。

そんな今週はGⅠ中休みということで、ここは一本勝負で軽くシングルヒットを狙います!


京都大賞典の本命馬はプロヴィナージュで!


過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%-16%-33% /  0円- 90円
OP特別  0%- 0%-23% /  0円- 41円
重賞   12%-23%-30% / 59円- 73円

過去10年の勝ち馬は前走重賞組からしか出ていません。その他の成績からしても狙いは前走重賞組。


さらに前走出走場に注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東主場   0%- 8%-20% /  0円- 97円
関西主場  18%-31%-37% / 90円- 63円
ローカル   0%- 4%-22% /  0円- 57円


こちらははすべて前走関西主場組からしか勝ち馬が出ていません。その他連対率等見ても、前走関西場組が断然優位と言える成績で狙いはこの組。
また前走関西主場組の中でも前走8着以下に敗れていた馬は(0,0,0,18)と複勝圏内入着例がないためこの組は消し。

この時点で残ったのはプロヴィナージュ(佐藤哲)、ベストメンバー(四位)。


最後は騎手データです。
「9~10月」「古馬混合」「オープンクラス(重賞含む)」(過去5年)の成績を比べると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収)
佐藤哲 15%-27%-36% / 108円-125円
四位   0%- 6%-21% /   0円- 63円

思いのほか成績のふるわない四位に対し、思いのほか好成績の佐藤哲。断然狙いは佐藤哲。


ということで本命はプロヴィナージュとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はドリームフライトです。
開幕週のこのレースは、前残り決着になりがち。
前走重賞で4角2番手以内で走っていた馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収)
  17%-35%-41% /  76円-138円



そろそろ穴をあけても良さそうなこの人。





予想評価(本命=プロヴィナージュ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ドリームフライト

「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はフォゲッタブルです。
GⅠ前哨戦となるこのレースは前走成績だけでも高いレベルが必要で、前走二桁着順の馬は(0,0,0,20)。また、前走6番人気以下で今回騎手乗り替わりとなる父ヘイロー系の馬は(0,0,2,8)。2つに該当するこの馬。前走GⅠと言えども負けすぎの感があります。





クリックお願いします!
↓↓↓

今週のメインエベント ~スプリンターズS~

テーマ:

季節の変わり目、皆さんお元気でしょうか?らんふらんこは風邪をひきましたよ(笑)。
そんな風もふっ飛ばすくらいに秋のGⅠ開幕戦を豪快に当てたいと思います!

今週はもちろんそんな秋のGⅠ第一戦を一本勝負です!


スプリンターズSの本命馬はヘッドライナーで!


過去10年中、新潟開催だった02年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走コース別成績に注目
  (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
阪神芝1200m  (3,2,5,33) / 649円- 99円
東京芝1600m   (2,0,1,3) / 168円-106円
小倉芝1200m   (2,0,1,2) / 160円-808円
中京芝1200m   (1,2,0,9) /  35円- 80円
新潟芝1200m   (1,1,0,9) /  77円- 45円
札幌芝1200m  (0,2,1,18) /   0円- 26円
海外芝1200m   (0,2,1,5) /   0円-117円
その他       (0,0,0,33) /   0円-  0円


東京芝1600m組、小倉芝1200m組の好成績も目立ちますが、注目したいのは阪神1200m組からのべ27頭中、1/3以上の10頭が複勝圏内に入着していること。前走阪神芝1200mというのは、ほぼ全頭前走セントウルS組。06年はこのレースの開催が中京芝1200m戦だったことも考えれば約半数の馬がこのレースからのステップ。また回収値も高い数字となっており、まずは前走このレースの組を中心に据えるのが妥当と考えます。


さらに前走阪神1200m戦出走組に限った前走着差別成績
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝ち      0%-12%-12% /   0円- 21円
負0.0~0.5秒 12%-18%-43% /1660円-210円
負0.6~0.9秒  0%- 0%- 8% /   0円- 25円
負1.0秒以上  14%-14%-14% / 197円- 61円


好成績・高回収値といえるのは前走0.0~0.5秒負けの惜敗組。01年16番人気1着のダイタクヤマトが数字を引っ張っているとはいえ、他にも03年当時穴人気だった5番人気1着のデュランダル、昨年8番人気3着のカノヤザクラと穴馬激走のデータもあり、かなり魅力的な狙い目。


また前走阪神1200m戦出走組に限った年齢別成績
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳    0%- 0%- 0% /   0円-  0円
4歳   11%-11%-22% /  90円- 37円
5歳   6%-20%-33% /  92円- 99円
6歳   12%-12%-25% /3218円-290円
7歳以上  0%- 0%- 0% /   0円- 13円


これまた01年1着ダイタクヤマトが数字をひっぱているとはいえ、それを差し引いても好成績といえるのが5歳・6歳の世代。

ここまで該当するのはヘッドライナー1頭のみ。


ということで本命はヘッドライナーとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はプレミアムボックスです。
父か母父がセントサイモン系の馬の中で、前走と同じ騎手が騎乗した場合の成績は
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦 16%-33%-50% / 135円-121円
 


この秋も穴はこのパターンで。



予想評価(本命=ヘッドライナー

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=プレミアムボックス

「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はビービーガルダンです。
前走札幌芝1200m戦に出走して0.3秒以上負けていた馬は(0,0,0,10)。またGⅠ馬を除き、前走負けていた父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,1,18)。昨年も消し馬に指名して2着に来られていますが、前走に昨年ほどの勢いを感じない今年、もう一度消しとします。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「サマースプリントシリーズのチャンピオンは勝ったことがないので、2着まで!」




クリックお願いします!
↓↓↓