今週のメインエベント ~高松宮記念~

テーマ:
さて春のGⅠシリーズ開幕!毎年のことながら、地元・GⅠの高松宮記念は1年の中でも有馬記念と同じくらい力の入るGⅠです!
ここは渾身の1本勝負で予想します!
 
高松宮記念
の本命馬はプレミアムボックスです!
 
まずは前走からの斤量増減に注目
      (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増    3%- 6%- 7% /  29円- 30円
同斤量    7%-15%-22% /  64円-116円
斤量減    5%-13%-27% /  35円- 66円

別定から定量、またはハンデ戦から定量戦となるこのレース。ここで斤量増となる馬はやはり苦戦を強いられている様子。
ひとまず斤量増の組はここで脱落。

さらに斤量減・同斤量組に限った前走からのレース間隔に注目
      (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内   7%-15%-21% /  59円- 82円
中4~8週    9%- 9%-27% /  70円-171円
中9週以上   0%-21%-28% /   0円- 50円

連対率が最も高い中9週以上の組は勝ち馬が出ておらず、複勝回収値も低いところから狙い目としては疑問。
複勝回収値が高い中4~8週組は連対率9%というのが頼りない数字で、これも不安。
となると消去法で無難な数字となっている中3週以内の組が狙い目としても無難。

さらに中3週以内の斤量減・同斤量組に限った前走着順について見てみると
      (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4着以内   15%-30%-38% / 108円- 82円
5着以下    2%- 5%-10% /  26円- 83円

前走5着以下から連対したのは2頭のみ。1着馬至っては1頭のみで、これはその前年に1200mGⅠを勝っていたビリーヴでした。いずれにせよ好走率が高いのは4着以内の組。

この時点で該当馬はキンシャサノキセキ(四位)、サンカルロ(吉田豊)、プレミアムボックス(幸)。

最後は騎手データです。
「古馬混合」「オープンクラス」「芝1200m戦」(過去5年)の成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
幸     13%-13%-18% / 150円- 71円
四位     7%-12%-17% /  78円- 63円
吉田豊   0%- 0%-20% /   0円- 56円

成績面・回収値面で四位をわずかに上回った幸が一番の狙い目。わずかに上回ったとはいえ、単勝回収値だけは倍近い150円という数字で、穴馬で一発頭まで持ってくる可能性は大。

ということで本命は
プレミアムボックスとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はグランプリエンゼルです。
このレースと意外とリンクしやすいのがNHKマイルC。同じ左回り、またこのレースが最終週の荒れ馬場状態で行われることから通常のスプリント戦よりもスタミナが必要となることで、この様な減少が起きていると考えます。
過去にNHKマイルCで3着内入着した馬がこのレースに出走してきた場合の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   15%-30%-30% / 113円- 75円
 



予想評価(本命=
プレミアムボックス
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」
予想評価(馬=グランプリエンゼル
「自身度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はビービーガルダンです。
前走7着と大きく敗れた印象のあるこの馬。前走7着以下に敗れていた6歳以上馬は(0,0,1,37)。また前走3着以下に敗れていた父ダンジグ系の馬(0,0,1,12)。年齢面・血統面から大敗からの巻き返しは難しいと見ます。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~
「3月28日はカツミ~ノの誕生日やで!」




クリックお願いします!
↓↓↓
 
AD

今週のWメイエンエベント ~阪神大賞典~

テーマ:
春のGⅠシリーズ開幕直前のWメインエベント2本目!
個人的にはそんなに相性が悪くない西の長距離重賞です!


阪神大賞典
の本命馬はホクトスルタンです! 

過去10年のこのレースの連対馬のべ20頭は以下の条件のいずれかに該当していました。
①前年の菊花賞または有馬記念で3着以内
②芝2200m以上の古馬混合重賞で勝利
③前走オープンクラスの芝3000m以上のレースで3着以内
④前走芝2200m以上の重賞で1番人気かつ7着以内

また、過去10年のこのレースの消しデータとしては

①近三走以内に重賞連対経験の無い7歳以上馬(0,0,0,16) 
②前走3番人気以下の関東馬(0,0,0,12) 
③前走斤量53kg以下(0,0,0,16)  
④前走二桁人気(0,0,0,19) 

この時点での生き残りはアサクサキングス(岩田)、ホクトスルタン(武豊)、メイショウベルーガ(池添)。

最後は騎手データです。
「芝3000m以上」のレース(過去5年)の成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
岩田康 11%-11%-23% /  78円- 40円
武豊   33%-46%-66% /  66円- 97円
池添    0%- 0%-30% /   0円- 78円

長距離戦の強さでは定評がある武豊が3分の2の確率で3着以内に入るという好成績で文句なしの本命。
ということで本命はホクトスルタンとしました。


また
★馬(=推奨穴馬)はドリームフライト す。
父か母父がロベルト系の馬の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  6%-18%-31% /  46円- 75円
とくに前走オープンクラスで4着以内だった父か母父がロベルト系の馬の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  16%-33%-66% / 125円-116円


予想評価(本命=ホクトスルタン 
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ドリームフライト
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はイコピコです。
過去1年以内に古馬混合重賞で連対経験の無い、今年初戦の馬は(0,0,0,6)。これには昨年1番人気のオウケンブルースリも該当し7着と敗れています。GⅠ勝ち馬を除く、前走2.0秒以上負けていた馬は(0,0,0,8)




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメイエンエベント ~スプリングS~

テーマ:
来週からはいよいよ春のGⅠシリーズ開幕!
なのに、ここまでの予想でガツンといい当たりを飛ばしていない・・・。
一週前ギリギリでなんとか間に合わせたい、そんな今週もWメインエベントで。
まずは東の3歳重賞から!


スプリングS
の本命馬はサクラエルドールです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずこのレースの特徴として言えるのが、3歳クラシック戦線で強い父ヘイロー系の血統ですが、とくに高相性といえるのがこのレース。
そのデータとして中山3~4月開催に行われる3歳限定のオープン戦・重賞(過去10年)での父ヘイロー系の成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
スプリングS    13%-22%-29% /  49円-102円
弥生賞       10%-20%-30% /  17円- 75円
皐月賞        9%-18%-22% /  85円- 93円
アネモネS     10%-16%-28% /  45円- 76円
フラワーC      9%-15%-25% / 133円- 72円
ニュージーランドT 3%-10%-26% /  60円-141円

複勝率は若干弥生賞の数字に劣ったものの一番好成績といえるのはスプリングS。また複勝回収値も最も高いニュージランドTはクラシック戦線の重賞と一線を画すということで例外と見れば、これもスプリングSが優秀と言えます。

というわけで、今回の予想で狙いの血統としては父ヘイロー系に絞り込みたいと思います。

さて、ここで改めてこのレース全体の前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
オープン  9%-16%-20% /  45円- 53円
条件戦   1%- 7%-18% /  19円- 91円

このレース全体の回収値が低いことから、どちらの回収値もさほど高くはありません。
そこで比較したいのは勝率・連対率。この点ではやはり上となるのは前走同クラス組。

さらに前走同クラス組に限った前走人気について見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番人気以内 13%-23%-27% /  67円- 70円
6番人気以下  0%- 3%- 6% /   0円- 19円

やはり前走高いクラスで実力も支持されている馬の方が力は上。ボーダーラインは5番人気以内。

この時点で該当馬はサクラエルドール(福永)、サンディエゴシチー(浜中)。

最後は騎手データから
「3月」「芝」「3歳限定戦」(過去5年)の成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永  15%-23%-34% /  79円- 81円
浜中    6%-14%-29% / 137円-118円

成績面で上となるのは福永、回収値面で一発の魅力があるのは浜中。ひとまず本命指名としては成績が安定している福永を狙います。

ということで本命は
サクラエルドールとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はサンディエゴシチー す。
先の生き残りのも一頭を穴で狙います。なんといっても先の騎手データ、浜中の回収値の高さは魅力があります。



予想評価(本命=サクラエルドール
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=サンディエゴシチー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はソリタリーキングです。
前走ダート戦に出走し負けていた馬(0,0,1,12)。また前走OP特別以下クラスのレースに出走していた父ミスプロ系の馬(0,0,1,12)。ローテーション、血統面、それぞれに不安のあるこの馬を消します。





クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメイエンエベント ~中山牝馬S~

テーマ:

日曜は中山の牝馬重賞を予想します。
07年、09年本命馬1着と相性が良いこのレース。
今年もガツンとデカい馬券を当てたいと思います!

中山牝馬S
の本命馬はザレマです! 

まず前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同級   9%-18%-25% /  97円-123円
昇級   0%- 2%- 7% /   0円- 62円

昇級組からもここ2年で2頭の複勝圏内入着馬は出ていますが、それでも連対率の低さ、なにより勝ち馬が出ていないようでは狙えません。ここは前走同級組を狙うのが妥当。

また前走同級組に限って、前走からの斤量増減に注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増   10%-22%-27% /  75円-130円
同斤量  17%-24%-27% / 199円- 90円
斤量減    2%- 8%-22% /  40円-142円

回収値についてはどの組も高い数字になっていますが、斤量減の組に限っては連対率8%と狙いづらい数字。この組は消しとしたいと思います。


また前走同級組に限って、前走からのレース間隔に注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内  10%-26%-31% / 103円-267円
中4~8週  12%-22%-28% / 137円-102円
中9週以上   3%- 3%-17% /  16円- 72円

中9週以上開いた休養明け初戦組が苦戦しているのは明らか、また中3週以内の組と中4~8週組では、中3週以内の組のほうがわずかではありますが連対率・複勝率に安定感があり、複勝率も高いことからこちらを狙いたいと思います。

この時点で該当馬はウエスタンビーナス(江田照)、ザレマ(安藤勝)、ブラボーデイジー(松岡)。

最後は騎手データから
「牝馬限定」「オープンクラス(重賞含む)」(過去5年)の成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
安藤勝 21%-35%-48% /  85円- 87円
松岡   10%-14%-24% / 179円- 81円
江田照   2%- 5%-11% /   8円- 36円

成績では他の二人の倍以上の数字となっている安藤勝が一番の安定していて信頼感があります。
ということで本命はザレマとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はブラボーデイジー す。

先の騎手データで単勝回収値については安藤勝をも上回っていた松岡を穴で狙います。


予想評価(本命=ザレマ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ブラボーデイジー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はコロンバスサークルです。
先のデータからも相性が良くなかった前走条件戦組。中でも前走条件戦に出走し、前走と同じ騎手が騎乗となった馬は(0,0,0,18)。さらに父ノーザンダンサー系の4歳馬(0,0,0,8)と血統面でも不安があり、この馬を消します。

 


クリックお願いします!
↓↓↓

 

今週のWメイエンエベント ~中京記念~

テーマ:
振り返ってみればめっきり的中から遠ざかっているらんふらんこです。
まもなく春のGⅠシリーズ到来、それまでにしっかり調子を上げておきたい!
そんな今週もWメインエベントで。まずは地元・中京のハンデ重賞から!

中京記念
の本命馬はエアシャトゥーシュです! 

過去10年のこのレースのデータから
まずは東西厩舎別成績に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東   2%- 5%-15% /  17円- 71円
関西   7%-15%-20% / 231円-105円

このレースも他の重賞と同様に西高東低の傾向。

さらに関西馬に限って、前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1000万下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
1600万下 25%-33%-33% / 183円- 82円
OP特別    8%- 8%-15% / 473円-115円
GⅢ       3%- 9%-16% / 263円-118円
GⅡ      13%-26%-26% /  97円- 93円
GⅠ       0%-25%-25% /   0円- 52円

前走OP特別・GⅢ組の高回収値が目立ちますが、いずれも連対率が一桁台と狙いづらい数字。その点では勝率・連対率・複勝率いずれも最も高く、単勝なら高回収値も期待できる前走1600万下出走組が狙い目。

この時点で該当馬はエアシャトゥーシュ(岩田康)、シャインモーメント(石橋脩)、ドモナラズ(北村友)の3頭。

最後は騎手データです。
「中京開催」の「オープンクラス(重賞含む)」(過去5年)の成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
岩田康 21%-47%-56% / 106円-119円
石橋脩  5%- 5%- 5% / 100円- 23円
北村友  0%- 6%-18% /   0円-133円

全体的に好成績・高回収値で岩田康が文句なしの狙い目。
ということで本命は
エアシャトゥーシュとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はシャインモーメント す。
先の騎手データから、勝ち経験のある石橋脩が上位と見て、穴で狙います。



予想評価(本命=エアシャトゥーシュ 
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=シャインモーメント
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はリトルアマポーラです。
前走二桁着順のわりに(牝馬2kg減を考慮したら)事実上トップハンデとなったこの馬。前走6着以下に負けて、今回斤量56kg以上の馬は(0,0,1,8)。また牝馬自体がこのレースで(0,0,1,10)。かなり厳しい条件となっているこの馬を消します。





クリックお願いします!
↓↓↓