今週のメインエベント ~ジャパンカップ~

テーマ:
さて、今週は世界の強豪馬と日本実力馬の激突ジャパンカップ!
らんふらんこは現地観戦!ということで予想は早めにあげておきます!
予想も渾身の一本勝負!


ジャパンカップ
の本命馬はコンデュイットです!

過去10年のこのレース、02年は中山開催だったためその年を除いた過去9回のこのレースのデータから。
まず
○前走2000m以上のレースで二桁着順の馬
○前走から中9週以上間隔の開いた馬
この2例からは複勝圏内に絡んだ馬はいませんので消しとします。

さらに、ここからは日本馬、外国調教馬それぞれの複勝圏内入着条件について見ていきます。


まずは日本馬。
日本馬で複勝圏内入着したのはのべ22頭。その22頭中21頭に該当する共通項。
※唯一の例外は01年3着のナリタトップロードで、この馬は前走の京都大賞典が直線不利を受けての競争中止であったため例外とします。
※前走、前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。

①前走天皇賞(秋)を4番人気以内で4着以内。
②前走3番人気以内で2400m~2500mのGⅡ勝ち。
③前走GⅠレースに出走し2番人気以内で6着以内。
④その年の菊花賞勝ち、もしくはダービー勝ち

いずれかをクリアが条件。

さらに前走負けていた馬に限っては
⑤2走前のレースが芝2000m以上の重賞で、3番人気以内でかつ3着以内

該当馬はオウケンブルースリ、リーチザクラウン、レッドディザイア



外国馬は
①(凱旋門賞らの直行を除き)前走とのレース間隔が中21日~48日の範囲内
②連対率5割以上
③(北米GⅠ馬、香港調教馬を除き)年内2勝以上
④前走良~やや重馬場なら一桁着順
⑤(香港調教馬を除き)前走4着以下の馬は、前4走以内にGⅠ連対経験があること


該当馬はコンデュイット、ジャストアズウェル。


改めて生き残りはオウケンブルースリ、リーチザクラウン、レッドディザイア、コンデュイット、ジャストアズウェル。

3歳馬が2頭、4歳馬が2頭、6歳馬が1頭といった顔ぶれ。

ここで、このレース全体の年齢別成績見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳    2%-14%-17% /  12円- 40円 
4歳   15%-20%-32% / 152円- 76円 
5歳     2%- 5%-13% /  29円- 28円 
6歳以上 2%- 5%-10% /  34円- 47円 

4歳馬の成績・回収値が頭一つ抜け出した感があり、狙いは4歳馬の2頭オウケンブルースリ(父グレイソブリン系×母父ヴァイスリージェント系)、コンデュイット(父ネヴァーベンド系×母父サドラーズウェルズ系)。

過去10年の「11月」「東京芝2400m戦」の父か母父がネヴァーベンド系の馬と父か母父がグレイソブリン系の馬を比較してみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ネヴァーベンド系 10%-10%-30% / 176円-103円 
グレイソブリン系  9%-18%-18% /  68円- 43円 

連対率は低いものの、複勝率の高さ、なによりも回収値の高さから魅力があるのはネヴァーベンド系。
ブリーダースカップターフの連対経験馬は過去10年のこのレースでは(0,0,0,2)。ただし過去15年まで見れば(2,0,0,3)の成績で勝った2頭はいずれもマイケル・スタウト厩舎の96年シングスピールと97年ピルサドスキー。師のジャパンカップ適正を見抜く眼力にも期待が持てます。
ということで本命はコンデュイットとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はマイネルキッツです。
過去9回の東京開催のジャパンカップでは外国馬ワンツーの例はないため、本命が外国馬なら穴馬は日本馬から。
日本馬に限り、その年に古馬混合GⅠ勝ち経験があり、今回休養明け2戦目となる4歳以上牡馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   33%-33%-66% / 203円- 95円 

日本馬の中で、今年に入ってGⅠ勝ち経験があるのはウオッカとマイネルキッツのみ。その割りに人気薄となっているマイネルキッツを穴馬で狙います。



予想評価(本命=
コンデュイット
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=マイネルキッツ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はウオッカです。
日本馬の中で、
前3走以内に2200m以上の重賞勝ち経験の無い父ロベルト系の馬は(0,0,1,6)。また日本馬の中で、前走3着以下に敗れ今回騎手乗り替わりとなる5歳以上馬(0,0,0,12)。血統面、ローテーションからこの馬を消し馬ます。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!
「ユーイチ、将雅のいないジャパンカップなんて(泣)」
「また逃げ馬が勝つか!?リーチザクラウンから。」




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のトリプルメインエベント ~マイルCS~

テーマ:
さて、トリプルメインエベントの日曜の重賞はGⅠ・マイルチャンピオンシップ!
今年のGⅠは波乱傾向。今週も荒れると予想します!

マイルCS
の本命馬はザレマです! 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは血統面からみてみます。このレースで相性が良い血統として2頭以上の連対馬を出している父系統は
○ターントゥ系(6勝 2着5回)
○ノーザンダンサー系(1勝 2着5回)

いずれかの血統に限られます。他の血統の馬は相性的に不利と判断して、すべて脱落。

またこれ以外の消しデータとして
①前走から斤量増(0,0,0,35)
②前走海外のレースに出走していた(0,0,0,7)

これらを消した上で、さらにそれぞれの系統別に傾向を見て生きたいと思います。


○父ノーザンダンサー系 全成績(1,5,2,45)
複勝圏内に入着した9頭は全て
①前走重賞に出走
②前走0.8秒以上負けていない
③前年11月以降に芝の重賞勝ちを経験
④前2走以内に重賞で3番人気以内を経験
⑤4歳馬もしくは5歳馬

該当馬はスズカコーズウェイ


○父ターントゥ系 全成績(6,5,2,37)
複勝圏内に入着した13頭は全て
①前走重賞に出走。前走GⅠ出走なら10着以内、前走GⅡ・GⅢクラス出走なら5着以内。
②前4走以内に重賞2番人気以内、またはOP特別で1番人気を経験
③過去1年以内に芝の重賞勝ちを経験
④父系統をさらに細かく見ると全馬父ヘイロー系
⑤年齢は3歳馬~6歳馬まで(牝馬は3歳馬~5歳馬まで)

該当馬はザレマ

改めて該当馬はスズカコーズウェイ(後藤)、ザレマ(内田博)。

最後は騎手データです。
今年10月以降の京都開催「芝コース」に限った成績から
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
内田博  40%-60%-60% / 170円-108円 
後藤     0%- 0%-10% /   0円- 22円 

今開催の京都コース攻略のコツをつかんでいると言えるのは、成績面・回収値面で上回った内田博。
ということで本命はザレマとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はファイングレインです。
先の騎手データ今年10月以降の京都開催「芝コース」に限った成績で、騎乗騎手の中で一番高い回収値となっているのが幸。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
幸    8%-18%-24% / 190円-158円 

この秋の京都開催で一番の穴男の一発に期待。





予想評価(本命=
ザレマ
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=ファイングレイン
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はカンパニーです。
父グレイソブリン系の馬は(0,0,1,15)。また7歳以上馬は(0,0,0,18)。
実は前年も同様のデータで2年連続消したこの馬。
確かに昨年・一昨年とはこのレースまでのステップ・成績に違いがありますが、過去10年で前走・前々走連勝でこのレースに出走してきた馬の成績は(1,1,0,9)で回収値は単勝20円・複勝32円と、その勢いの割りに成績・回収値ともにイマイチな数字。まして連対した2頭は前走4番人気以内だったことから、前走5番人気のこの馬は人気のわりに激走してしまった感もあります。いずれにせよ配当面で期待薄な感もあるこの馬、先にあげたような血統的・年齢的不安もあり消します。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて! 
「GⅠ馬3頭の争い!カンパニー・キャプテントゥーレ、あと一頭は・・・?」

  


クリックお願いします!
↓↓↓
AD
今週のトリプルメインエベント2本目!
次は得意の2歳重賞です!
 
東京スポーツ杯2歳S
の本命馬はサンディエゴシチーです! 

過去10年のこのレース、中山開催だった02年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは消しデータとして
○前走5着以下(0,0,1,15)
○前走ダート戦に出走(0,0,0,5)

それらを消したうえで前走クラス別成績
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同クラス 12%-31%-50% / 112円-110円 
条件戦   7%-11%-14% /  97円- 44円 

GⅠ前哨戦のこのレース。かなりのレベルの高さを要求されます。
ここでは前走同クラス組が上。

さらに前走同クラス組の詳細を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別  7%-25%-46% / 112円-110円 
重賞   50%-75%-75% / 362円-130円 

これまたクラスが上の前走重賞組が高い数字。

また前走同クラス組のキャリア別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2戦未満  0%-18%-36% /   0円- 51円 
3~4戦 30%-38%-61% / 276円-156円 
5戦以上  0%-37%-50% /   0円-118円 

2戦未満ではキャリアが浅すぎ、5戦以上の消化は使われすぎ。3~4戦がベストと言えます。

前走重賞・キャリア3~4戦で該当するのはサンディエゴシチーのみ。

ということで本命はサンディエゴシチーとしました。


また
★馬(=推奨穴馬)はヤングアットハートです。
母父サンデーサイレンスの血統は(3,1,1,1)の成績。昨年は違ったものの、05年~07年の勝ち馬はすべて母父サンデーサイレンス。該当馬2頭のうち、人気薄のこの馬を穴馬指名します。



予想評価(本命=
サンディエゴシチー
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ヤングアットハート
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はレッドバリオスです。
過去9回で(0,1,2,10)と相性が良くないのが父ロベルト系の血統。とくに前走条件戦に出走していた父ロベルト系の馬は(0,0,1,5)。前走同コース勝ちが評価されて人気のこの馬ですが、血統的に不利と見て消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のトリプルメインエベント ~福島記念~

テーマ:
今週は3重賞すべての予想で勝負!トリプルメインエベントです!
調子が良いわけではありません、ただ年末に向けてブログ予想の成績をあげるためです(笑)。
まずは土曜の1本目、福島記念から!
 
福島記念
の本命馬はアルコセニョーラです! 

過去10年のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、前走からの斤量増減に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2kg以上増  0%- 0%- 0% /   0円-  0円 
~1.5kg増 12%-12%-25% /  68円- 80円 
増減無し   7%-10%-20% /  56円- 85円 
~1.5kg減  7%-25%-28% / 106円-122円 
2~2.5kg減 5%-10%-10% /  53円- 43円 
3kg以上減  3%- 9%-15% /  38円-125円 

連対率・複勝率で見れば好成績と言えるのは「~1.5kg減」組。回収値の高さも単勝・複勝とも100円越えで魅力があります。

またこのレース全体の前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同クラス  7%-13%-20% /  63円-109円 
条件戦   4%-12%-16% /  49円- 54円 

ハンデ重賞ということで前走条件戦出走馬でも好走可能なイメージがありますが、意外にも好成績と鳴っているのは前走同クラス組。

さらに前走同クラス組に限った年齢別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳    8%- 8%- 8% /  63円- 25円 
4歳    7%-15%-15% / 100円- 66円 
5歳   10%-20%-30% /  73円-163円 
6歳    2%-11%-19% /  13円-121円 
7歳以上 7%- 7%-14% /  95円- 71円 

頭一つ抜けた成績となっているのが5歳勢。複勝回収値も163円と高く、狙い目はこの組。

斤量~1.5kg減・前走同クラス・5歳馬、すべてに該当するのはアルコセニョーラ1頭のみ。
ということで本命はアルコセニョーラとしました。


また
★馬(=推奨穴馬)はニルヴァーナです。
父か母父がヌレイエフ系となる馬は
(着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
 (2,1,1,4) / 220円-202円
 

複勝率は50%という高さ。もちろん回収値も文句なし。該当馬はニルヴァーナ1頭のみ。



予想評価(本命=
アルコセニョーラ
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ニルヴァーナ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はトーセンキャプテンです。
前走6着以下敗れ、今回57kg以上の斤量を背負った馬は(0,0,1,16)。また血統面でも
父グレイソブリン系の馬は(0,0,1,11)。前走大敗・重い斤量・血統と不安要素の多いこの馬を消します。 




クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメイエンエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:
さて、Wメインエベント日曜の重賞はGⅠ・エリザベス女王杯。
毎年、予想自体は惜しいところまで詰めながら、最後の取捨で間違ったほうを選んでしまうこのレース。
今年こそ当てたい!

エリザベス女王杯
の本命馬はブロードストリートです! 

過去10年のこのレース、のべ20頭の連対馬について、まず前走レース別に見ていこうと思います。
過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて4つのパターンに分類されます。①府中牝馬S②秋華賞③海外のレース④(国内)牡馬混合重賞。
以上のレースに出走して無い馬はすべて消しとして、順番に見ていきます。

■前走府中牝馬S組(どちらかをクリアが条件)
①その前走5番人気以内でかつ0.4秒以上負けていない
②前走5番人気以内で、前々走「芝2000m以上の重賞勝ち」。

該当馬なし


■前走秋華賞組(どちらかをクリアが条件)
①秋華賞勝ち
②前走で負けていた馬は、「前走4番人気以内かつ0.3秒以内の負け」かつ「前々走2000m以上の重賞で3番人気以内かつ0.8秒以内」

該当馬はブエナビスタ、ブロードストリート。


■前走海外レース組
①前走重賞連対

該当馬はシャラナヤ。


■前走古馬混合重賞(どちらかをクリアが条件)
①前走1番人気で0.7秒以上負けていない
②前走の人気・結果は関係なく、過去1年以内に「牡馬混合GⅠで3着以内」もしくは「GⅠ勝ち」

該当馬なし


改めて該当馬はシャラナヤ(ルメール)、ブエナビスタ(安藤勝)、ブロードストリート(藤田)

最後は騎手データです。
過去5年の「芝2000~2400m」「オープンクラス(重賞含む)」の成績から
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
安藤勝  12%-26%-35% /  43円- 61円 
藤田    14%-26%-32% / 108円- 97円 
ルメール 11%-22%-25% /  90円- 52円

成績面ではほぼ同等の成績ながら、回収値面を見ると藤田の高い数字が目立ちます。
ということで本命はブロードストリートとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はシャラナヤです。
いちおう生き残りの残り2頭の人気ない方から。
前走海外GⅠ出走馬全体の成績は(1,0,1,6)。3着内入着の2頭は前走GⅠ2着の成績。シャラナヤは過去に例のない前走GⅠ1着からのステップ。前走2着馬が好走できたなら、単純比較で前走1着馬にはさらなる期待ができます。



予想評価(本命=
ブロードストリート
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=シャラナヤ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はカワカミプリンセスです。
前走府中牝馬Sで6着以下に負けていた馬は(0,0,1,22)。また6歳以上馬は(0,0,1,8)。
年齢的限界を感じるこの馬を消します。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて! 
「エリザベス女王杯はリピーター率の高いレース!だからリピーターを狙え!」

  


クリックお願いします!
↓↓↓