今週のメイエンエベント ~オールカマー~

テーマ:
今週終わるといよいよGⅠシリーズ開幕、というのに名古屋はまだ暑い!
そんな熱い予想を今週も1本勝負でお送りします!

オールカマーの本命馬シンゲンです!

過去10年中、新潟開催だった02年を除く過去9回のこのレースのデータ。
まず血統データとして、このレースで勝ち馬を出している父系統はノーザンダンサー系、ヘイロー系、マッチェム系の3系統。
それぞれの成績を見てみると
     (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー系 (6,1,4,21) / 265円- 85円
ターントゥ系      (2,5,4,35) /   8円- 51円
マッチェム系      (1,0,0,2) / 266円- 50円

マッチェム系はサンプル数が少なく、また今回の出走馬に該当馬がいません。
ターントゥ系は出走馬数が多くて、3着内入着馬がノーザンダンサー系と同数ですから率が悪いといえます。また回収値にも魅力がありません。
その点、好成績・高回収値となっているのが父ノーザンダンサー系。なにより9年で6頭の勝ち馬が出ているという相性の良さ。

またこのレース全体の消しデータとして
○前走二桁着順(0,0,1,20)
○半年以上の休養明け初戦(0,0,0,6)

この時点で父ノーザンダンサー系の馬で残ったのはシンゲンのみ。
ということで本命はシンゲンとしました


また
★馬(=推奨穴馬)はマンハッタンスカイです。
父か母父がセントサイモン系の馬は
     (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
セントサイモン系 (2,2,0,4) / 115円-106円


連対率5割の好相性。先の「前走二桁着順(0,0,1,20)」のデータからハイアーゲームは狙いすぎの感があり、こちらの馬を狙います。



予想評価(本命シンゲン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬マンハッタンスカイ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はマツリダゴッホです。
前走6着以下の6歳以上馬(0,0,2,29)。前走に続き上位人気のこの馬ですが、前走の惨敗からしてすでにピークが過ぎてしまっているのではと疑ってみますが・・・。


 


クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメイエンエベント ~ローズS~

テーマ:
連休でもないのにシルバーウィーク満喫予定のらんふらんこです!
今週はちょっと早めに予想UPします!

ローズSの本命馬チャームポットです!

馬場改修に伴い距離変更されたことは無視しながらも、中京開催だった07年のデータを除く過去10年中過去9回のデータから。
まず前走出走場に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
札幌  16%-33%-44% /   97円-172円
函館   0%- 0%- 0% /    0円-  0円
福島   0%- 0%- 0% /    0円-  0円
新潟   0%- 0%-10% /    0円- 15円
東京  6%-25%-25% /   65円- 60円
中山   0%- 0%- 0% /    0円-  0円
中京  0%- 0%-16% /    0円- 53円
京都   0%- 0%- 0% /    0円-  0円
阪神 10%-10%-10% /   16円- 10円
小倉   7%- 7%-15% /   70円- 52円
地方   0%- 0%-16% /    0円- 58円

成績面・回収値面とも頭一つ抜けた数字となっているのは前走札幌コース出走組。
例年メンバーレベルの高い札幌組、また使われている強みもあって好成績につながっているようです。

さらに前走札幌コース組に限って前走着順に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内  25%-33%-50% /  145円-183円
4着以下   0%-33%-33% /    0円-150円

高いレベルに出走することはもちろん好成績をあげていれば尚良し。

さらに前走札幌コース組に限って前走人気を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4人気以内  25%-33%-50% /  145円-187円
5人気以下   0%-33%-33% /    0円-141円

こちらもある程度の実力を支持されていることが好走の条件。

ここまで該当したのはチャームポット、ミクロコスモス。
ただし父か母父がミスタープロスペクター系の馬は芝1800m戦で行われた過去2回で(0,0,0,9)と相性が良くありません。ということでミクロコスモスは大幅割引。生き残りはチャームポットのみ。
ということで本命はチャームポットとしました



また★馬(=推奨穴馬)はメモリーパフィアです。
忙しいので多くは語らず・・・。



予想評価(本命チャームポット

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬メモリーパフィア
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はラヴェリータです。
先にもあげたように、父系・母父系ともに相性の悪いミスタープロスペクター系のこの馬。さらに前走ダート戦出走の馬は(0,0,1,13)。2つのデータからこの馬を消します。


 


クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~京成杯オータムH~

テーマ:
さあ!今週から開催も替わり、秋競馬・トライアルシーズンの始まりです!
先手必勝と行きたいと思います!
相性の良いこのレースで一本勝負!

京成杯オータムHの本命馬メイショウトッパーです!

02年は新潟開催ということで、その年を除いた過去9回のデータから調べました。

また血統データに目をやると過去9回で10連対と半数以上の連対馬を出しているのが父ノーザンダンサー系。
その全体の成績が
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  11%-29%-41% /  185円-163円

そのノーザンダンサー系に限って斤量別データを見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
55kg以上   7%-28%-42% /  105円-112円
54.5kg以下  16%-33%-44% /  267円-221円

「ハンデ戦は背負わされてる馬から」には当てはまらず。むしろ狙いはハンデが恵まれた54.5kg以下の馬。

その斤量54.5kg以下の馬の牡牝の内訳を見ると
   (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
牡馬    (3,3,1,5) / 401円-271円
牝馬   (0,0,1,5) /   0円-120円

牝馬=別定なら斤量2kg減と考えれば、実質「ハンデが恵まれている」と言えるのは牡馬。

ここまでの該当馬はメイショウトッパーのみ。
ということで本命はメイショウトッパーとしました



また★馬(=推奨穴馬)はサイレントプライドです。
血統関係なく、斤量57kg以上背負わされた馬の中で、前走一桁人気の6歳以上馬に限ると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 14%-42%-57% /  210円-192円

惨敗続きのこの馬ですが復活に期待!



予想評価(本命メイショウトッパー

「自信度=高」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬サイレントプライド
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はマイネルスケルツィです。

前走13番人気で激走したこの馬。過去9回、前走二桁人気で負けていた6歳以上馬(0,0,0,16)と好走例がありません。また血統面でも父ロベルト系の馬は(0,0,1,5)と相性が良いとは言えません。二走続けての好走は難しいと見て消します。

 


クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~小倉2歳S~

テーマ:
いよいよ夏競馬も最終週。
最後を派手に飾って、秋競馬へ挑みます!
一本勝負!

小倉2歳Sの本命馬タガノジョーカーです!

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着順に注目    
  (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内   (10,10,8,100) / 171円- 81円
3着以下      (0,0,3,16) /   0円- 88円

新馬・未勝利馬勝ち上がりの馬の出走が多いとはいえ、前走OPクラスで負けていた馬でも、連対をはずしていたとなるとすでに決着済みの感があって消し。

さらには枠番別データに注目
     (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
1枠   (1,1,3,8) /   33円-127円
2枠  (0,0,0,16) /   0円-  0円
3枠  (1,1,0,15) /  44円- 32円
4枠   (0,0,0,19) /   0円-  0円
5枠  (1,0,2,17) / 327円- 73円
6枠  (2,4,1,13) /  83円- 76円
7枠  (2,1,3,14) /  32円-112円
8枠  (3,3,2,14) / 544円-210円

内馬場がひどく荒れる小倉最終週。好走馬が出ているのは外枠。とくに6枠より外になる急に複勝圏内入着率が高くなります。

次にその6枠より外の馬で好走している脚質について調べてみました。
6枠より外の枠に限った前走4角での位置取りについて。

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収)
2番手以内   7%-25%-32% /   29円- 91円
3番手以下  18%-22%-36% /  597円-216円

前走3番手以下の馬が圧倒的な数字。とくに01年15番人気1着タムロチェリーや同じく01年11番人気3着ソウルフルシチーの活躍もありかなりの高回収値となっています。

この2つのデータから、このレースの狙いは「外差し」。
6枠より外で、前走3番手以下の位置取り、そして前走連対していた馬はタガノジョーカー1頭のみ。
ということで本命はタガノジョーカーとしました



また★馬(=推奨穴馬)はフェブスカイです。
惜しくも(?)5枠ながら前走は4角3番手に控えてのレースだったこの馬。
また過去10年のこのレース、5枠から外の枠に入った父ミスプロ系の馬の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収)
  18%-31%-50% / 132円-170円


これまた穴としての魅力十分。2つに該当するこの馬を穴で狙います。

(本命馬より人気しちゃってますが・・・)



予想評価(本命タガノジョーカー

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬フェブスカイ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はメイショウヘミングです。
先の枠番データから内枠は不利ながら、最短コースを走れる1枠に限っては例外で、2枠~4枠がとくに不利といった感じ。過去10年2枠~4枠に入った馬に限って見ると
○父か母父がミスタープロスペクター系(0,0,0,17)
○前走1着であっても2着馬との着差0.2秒以内の馬(0,0,0,20)。

二つのデータに該当するメイショウヘミングを消します。
 


クリックお願いします!
↓↓↓