今週のメインエベント ~日本ダービー~

テーマ:

さぁ、今週はいよいよ日本ダービー!

あらゆるホースマンの夢!そして、馬券を買う側とすれば是非とも当てたいレースです!

渾身の一本勝負で当てに行きます!


日本ダービーの本命馬ブレイクランアウトです!

ここ3年は同様のデータで予想して05年的中、06年・07年は絞込みで狂いが生じたものの、それほど悪くは無い予想でした。
ということで、今年も同様のデータで攻めます。
過去10年のこのレースを見ると、基本的に相性が良い血統としては大きな系統ではありますが父ターントゥの系統。7勝2着8回と連対馬の4分の3はこの系統から出ています。逆に非ターントゥの系統の馬は、それだけデータ的に厳しい条件となります。そこで、それぞれの系統に関するデータの消去法で絞り込むことにしました。

まずは父ターントゥ系
この組で消しとなるのは
①前走10着以下(0,0,0,9)
②前走GⅠ以外で3着以下(0,0,0,15)
③前走皐月賞以外のレースで3番人気以下(0,0,1,27)
④前走1.0秒以上の負け(0,0,1,15)
⑤前走距離2000m以下のOP特別以下のクラスに出走(0,0,0,10)
⑥芝のOP特別以上のクラスで勝ち鞍なし(0,0,1,21)
⑦キャリア7戦以上で芝の重賞連対経験が1回または連対経験なし(0,0,0,23)

該当馬は
アプレザンレーヴ、アンライバルド、セイウンワンダー。

次に父非ヘイルトゥリーズン系
この組の消し条件は
①前走7番人気以下(0,0,0,28)
②前走1.2秒差以上の負け(0,0,0,14)
③前走GⅡ以下クラスのレースに出走(0,0,1,36)
④前走皐月賞以外のレースで4番人気以下(0,0,0,29)
⑤前走4番人気以下で負けていた馬(0,0,1,44)
⑦芝のOP特別以上のクラスで勝ち鞍なし(0,0,1,27)

該当馬はブレイクランアウト。

改めて残ったのは
アプレザンレーヴ(内田博)、アンライバルド(岩田)、セイウンワンダー(福永)、ブレイクランアウト(藤田)。

最後は騎手データ
今回は「東京芝2400m」(過去5年)のデータから
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
内田博  12%-26%-36% /  42円- 70円
岩田    12%-20%-33% /  80円- 68円
福永     8%-16%-36% /  52円-195円
藤田    12%-29%-31% / 246円-119円

福永が勝率・連対率で若干劣るものの複勝率で見れば4人がほぼ拮抗した数字。ただ回収値を見ると単勝・複勝とも高い数字を出している藤田の好相性ぶりが目立ちます。

ということで本命はブレイクランアウトとしました 


★馬(=推奨穴馬)はトップカミングです。
迷わずこの馬を穴で狙います。堅実さをこの舞台でも発揮。


予想評価(本命ブレイクランアウト

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬トップカミング
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はリーチザクラウンです。

そもそも過去10年全体で、皐月賞で1.1秒 以上負けていた馬の成績は(0,0,0,16)と巻き返して複勝圏内に入った例はありません。ただし皐月賞3番人気以内で1.1秒以上負け→ダービー出走 の例はありません。そこで皐月賞1~2番人気で皐月賞を負けた馬がダービー出走してきた場合の成績を見ると(2,1,1,8)。複勝圏内に入った4頭の馬 の共通項は「重賞2勝以上」または「芝2000m以上のレースを2勝以上」。データ的にはロジユニヴァースは巻き返せても、リーチザクラウンは難しいと いったところ。



~GⅠ恒例 ハニーのこれだけは言わせて!

「オークスほどは堅くは無いかもしれないけど、やっぱりアンライバルドは強い?
「土日連続友道厩舎か?土日連続グラスワンダー産駒か?」



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~オークス~

テーマ:

いやー、本当に先週はやっちまいました(汗)。

ますます負のスパイラルに・・・。

今週こそ・・・。

得意の3歳戦!得意の牝馬重賞で巻き返します!


オークスの本命馬ディアジーナです!

過去10年のこのレースのデータから。
まず過去10年の連対馬20頭の前走は以下の4レースからしか出ていません。
     (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
桜花賞     (8,8,6,44)/122円-182円
フローラS    (1,2,2,26)/ 56円- 67円
スイートピーS (1,0,1,32)/ 19円- 22円


以上の3レース以外から出走の組は消しとして、さらに各前走レースごとに絞り込んでいきたいと思います。


~前走桜花賞~
出走パターンとしても、勝ち馬・連対馬でも例の多いこの組。
複勝圏内入着馬21頭の共通項は
○全ての馬が前3走以内に「重賞3着以内」または「OP特別勝ち」を経験
○全ての馬がキャリア4戦以上
○21頭中20頭が前3走以内に3番人気以内を経験(例外は00年3着のオリーブクラウン)
○前走1.0秒以上負けていた馬は「東京コースの重賞勝ち」または「1800m以上の重賞で連対」を経験
○前走二桁着順の馬は騎手乗り替わりが条件
○前走二桁人気で連対をはずしていた馬は2000m以上のレースで連対経験あり


該当馬はジェルミナル、ブエナビスタ。


~フローラS~
桜花賞の次に複勝入着例が多いのはこの組。
5頭の複勝圏内入着馬の共通項は
○前走3着内かつ前走負けても0.3秒以内
○前走の上がり3Fタイムが、最速または2番目の速さ。
○前2走以内に1着経験あり

該当馬はディアジーナ。


~スイートピーS~
複勝圏内入着馬は2頭で率から言っても目を見張るものは無いこの組。
2頭の共通項は
○前2走とも2着以内かつ8番人気以内
○前走は勝ちまたは負けても着差0.0秒差以内。
○関西馬
○父馬はノーザンダンサー系


該当馬なし。


この時点で該当馬はジェルミナル(福永)、ディアジーナ(内田博)、ブエナビスタ(安藤勝)。


最後は騎手データ。
オッズ関係なく、「4月~6月」「東京開催」「3歳限定オープンクラス」(過去3年)のデータから
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
内田博   19%-23%-33% / 411円-281円
福永      7%-23%-38% /  90円-270円
安藤勝    7%- 7%-14% /  17円- 50円


内田博の成績が勝率では3倍近い数字で優秀。また回収値はかなり魅力的な数字になっており、一発大仕事の可能性も秘めています。

ということで本命はディアジーナとしました


★馬(=推奨穴馬)はジェルミナルです。
生き残りの中でも、人気の無いもう一頭を。先のデータの中では複勝率が最も高く、複勝回収値も100円を越えるどころか200円を越えています。



予想評価(本命ディアジーナ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬ジェルミナル
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はサクラローズマリーです。

このレースまでのキャリアが4戦以内の馬で重賞連対経験またはOP特別勝ちの無い馬は(0,0,0,15)。さらに前走OP特別クラスに出走していた馬で前2走以内に3着以下に負けた経験のある馬は(0,0,0,37)。天才騎手の初GⅠはここでは無さそうで・・・。



~GⅠ恒例 ハニーのこれだけは言わせて!

「かつみーのには、逆らえへんやん
「誰がなんと言おうと、馬単流しでよろしいやん」



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のWメインエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

Wメインエベントにしたのが早くも裏目に出た感が・・・。

いや、ここで巻き返しましょう!得意の牝馬GⅠです!


ヴィクトリアマイルの本命馬カワカミプリンセスです!

まずはこのコースで相性の良い血統データとして、2007年以降4月~5月の2回東京開催の「芝1600m」で行われた全で31レースの中で、のべ20頭以上出走例がある父系統で複勝率が20%を越えている血統をピックアップすると
              (勝率-連対率-複勝率)
サドラースウェルズ系    21%-26%-31% 
リファール系          8%-17%-26% 
プリンスリーギフト系     5%- 5%-23% 
ミスタープロスペクター系  5%-14%-21% 
ヴァイスリージェント系    4%-20%-20% 
ヘイロー系          10%-14%-20% 


サドラーズウェルズ・プリンスリーギフトの2系統からは今回出走馬はありません。
そこで狙いはリファール系・ミスタープロスペクター系・ヴァイスリージェント系・ヘイロー系の4系統に絞り込みたいと思います。


さらに過去3年のこのレース、のべ9頭の複勝圏内入着馬の共通項を見てみると                     

①すべての馬が、前走8着以内
②9頭中7頭の馬が、昨年の5月以降に牡馬混合重賞で3着内入着の経験あり(例外は、牡馬混合重賞の出走経験がなかった08年1着エイジアンウインズと07年2着アサヒライジング)


ここまでの該当馬はカワカミプリンセス(横山典)、ジョリーダンス(四位)、アルコセニューラ(武士沢)。


最後は騎手データ。
オッズ関係なく、「牝馬限定重賞」(過去10年)のデータから
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
横山典   10%-25%-33% / 155円- 95円
四位      6%-14%-21% /  57円- 57円
武士沢    0%- 4%- 4% /   0円- 40円


成績面・回収値面ともに優秀なのは横山典。狙いはこの騎手以外にありません。

ということで本命はカワカミプリンセスとしました 


★馬(=推奨穴馬)はヤマニンエマイユです。
2007年1月以降の東京芝1600m戦で馬場状態がやや重~不良の状態で行われたレースは全部で29レース。
その中で(2,1,0,2)と相性が良いのがホワイトマズルの産駒。
さらに、その29レースでの田中勝の成績も
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   18%-27%-40% / 108円-114円

明日の雨で馬場が渋ることを祈りつつ、穴馬はヤマニンエマイユを狙います。



予想評価(本命カワカミプリンセス

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬ヤマニンエマイユ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はショウナンラノビアです。

過去3年のこのレースで、前走オープン特別以下のクラスに出走していた馬は(0,0,0,7)。さらに前走牡馬混合重賞以外に出走していて、今回斤量増となる馬は(0,0,0,11)。さらに前走6番人気以下で今回騎手乗り替わりとなる馬は(0,0,0,11)。勢いがあるだけでは、どうにもならないデータが揃っています。



~GⅠ恒例 ハニーのこれだけは言わせて!

「明日は馬場が渋るみたいだから、ウオッカははずしてワイド勝負だ!



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメインエベント ~京王杯スプリングC~

テーマ:
春のGⅠシリーズもいよいよ後半戦。さらに来週からは、地元・中京開催も始まります!
もういい加減波に乗って行きたい!
今週はWメインエベントで攻勢をかけます!

京王杯スプリングCの本命馬リザーブカードです!

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下   0%- 8%-10% /   0円-40円
重賞        8%-13%-20% /  81円-63円

安田記念へのステップレースとなるこのレース。前走が下のクラスからは、なかなか好走も難しいようです。狙いは前走重賞組。

さらに前走重賞組に限り、前走人気に注目。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4人気以内   14%-26%-38% /  98円-106円
5人気以下    4%- 4%- 8% /  68円- 32円

順はともかくファンからの支持は重要。ボーダーラインは4番人気以内。

さらに前走重賞組に限った東西所属厩舎別成績。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東   10%-17%-26% / 122円-81円
関西    6%-10%-15% /  41円-35円

西高東低の傾向にある昨今の競馬界において、このレースは貴重な関東馬が好走しやすいのレース。
前走重賞4番人気以内の関東馬に該当するのはタケミカヅチ、リザーブカード。

ここで改めて、このレース全体の枠番別データに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1枠    5%- 5%-11% / 101円- 65円
2枠    0%- 0%- 5% /   0円- 23円
3枠    5%-10%-15% /  11円- 34円
4枠   10%-10%-10% /  64円- 23円
5枠    0%-15%-15% /   0円- 52円
6枠    5%-10%-20% /  29円- 47円
7枠    7%-14%-22% /  70円- 51円
8枠   10%-21%-32% / 139円-123円

多少のバラつきはあるものの、大雑把な傾向として「外枠ほど良い」といった印象を受けます。そうなると1枠のタケミカヅチよりも外枠のリザーブカード。
ということで本命リザーブカードとしました。



★馬(=推奨穴馬)はタケミカヅチです。
生き残りのもう1頭タケミカヅチを狙います。


予想評価(本命リザーブカード

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬タケミカヅチ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はトウショウカレッジです。

このレース全体の7歳以上馬の成績は(0,1,4,31)。さらに前走二桁人気の7歳以上馬に限ると(0,0,0,15)。高齢馬、さらに前走時点で見限られていた馬にはこのレースで通用するのは難しい様子。




クリックお願いします!
↓↓↓

今週のメインエベント ~NHKマイルC~

テーマ:
先週は天皇賞本命馬が3着、ちょっとずつGⅠでの勝負強さが戻ってきた感もありますが・・・今週からは府中GⅠ5連戦!幸先良いスタートを切りたいと思います!

NHKマイルCの本命馬はブレイクランアウトです!

昨年当たっているから同様のデータで・・・といパターンでことごとくコケている気もしますが(苦笑)。それでも打ち続ければ、いつか当たり出ると信じて、このレースも昨年同様のデータで。

まずは前走距離について
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離短縮   9%-16%-24% /  91円- 61円
同距離    6%-12%-16% / 129円-141円
距離延長   0%- 2%- 8% /   0円- 44円

過去10年で勝ち馬は距離短縮組から5頭。同距離組から5頭。07年の大波乱決着の際、1着馬(ピンクカメオ・17番人気)と3着馬(ムラマサノヨートー・18番人気)を出した前走同距離組が回収値面では高くなっていますが、距離短縮組の成績の良さも魅力があり甲乙付けがたいところ。
一方、距離延長組は成績・回収値ともに目立ったところは無し。唯一連対ザカリヤ(99年2着)は東京芝1400m戦で行われていた頃の前走ニュージランドT組。以上のデータから距離延長組みはバッサリ消し。
残った同距離組・距離延長組はそれぞれの組別に見ていきます。

○同距離組
まず前走同距離組の消しデータ
①前走条件クラスに出走していた馬(0,0,0,5)
②前走4着以下に敗れた関西馬(0,0,1,18)
③前走GⅠ以外で8番人気以下(0,0,1,21)
④前走二桁着順で前走と同じ騎手が騎乗(0,0,1,8)
⑤関西所属騎手が継続騎乗する前走負けていた馬(0,0,0,13)
⑥ここまでのレースキャリアが3戦以下または8戦以上だった馬(0,0,1,25)

また連対馬の10頭はすべて、「マイル戦勝ち」または「マイル重賞2着」の経験がありました。
残った馬はサンカルロ。

○距離短縮組
前走距離短縮組の消しデータとして
①前走二桁人気(0,0,0,17)
②前走9着以下(0,0,0,21)
③前走OP特別以下クラス(0,0,1,9)
④芝の重賞勝ち馬を除く、前走関西エリアまたは地方の競馬場に出走していた馬(0,0,0,5)
⑤前走3着以下に敗れていた関東馬(0,0,0,14)
⑥ここまでのレースキャリアが4戦以下または10戦以上だった馬(0,0,0,8)

残った馬はブレイクランアウト。

それぞれの組から1頭ずつが残りました。
父ロベルト系のサンカルロと父ミスタープロスペクター系(以下ミスプロ系)のブレイクランアウト。血統面を含めつつ細かく見ていきます。

父ロベルト系のサンカルロ。父ロベルト系の馬のこのレース全体の成績は(0,0,1,13)。唯一の3着馬は02年1番人気3着のタニノギムレットで、「人気を裏切って負けた」イメージもあり「3着」という結果ほど評価のできるものではありません。ということで割引評価。

父ミスプロ系のブレイクランアウト。父ミスプロ系の馬のこのレース全体の成績は(3,2,3,40)。複勝圏内入着馬の4分の1以上はこの系統から出ていることになります。とくに前走重賞1着だった父ミスプロ系の馬の成績は(2,1,0,3)と好成績。前走との間隔は開きましたが、その前走は共同通信杯で1着。共同通信杯1着馬がこのレースに出走してきた例としては00年1着のイーグルカフェの例があり、しかもこの馬も父ミスプロ系だったことから相性の良さで十分カバーできると判断します。
ということで本命ブレイクランアウトとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はティアップゴールドです。
血統面でこのレース相性が良いのが父ヴァイスリージェント系の馬。全体の成績が
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
22%-55%-55% / 857円-452円

また関西馬に限り前走ニュージランドTで5番人気以内で7着以内に負けていた惜敗組は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
12%-12%-37% / 108円-146円

いずれも回収値が高く、穴馬としての魅力十分。2つのデータに該当するこの馬を穴で狙います。



予想評価(本命ブレイクランアウト

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬ティアップゴールド
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はワンカラットです。
先の前走同距離組消しデータ⑤関西所属騎手が継続騎乗する前走負けていた馬(0,0,0,13)に該当したこの馬。さらに、1600m以上の距離で「1着」または「重賞連対」の経験が無い馬は(0,0,3,58)。牝馬の好走例が多いこのレースですが、好走した牝馬はいずれも1600m以上の距離で好走例があったことからも、この馬は距離面の不安があり消します。




~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて! 
「東京のマイルは・・・わからん。」
「1600・ラインの勝負服ということでユーイチから。」


クリックお願いします!
↓↓↓