今週のメインエベント ~フローラS~

テーマ:
Ⅰシリーズの中休みですが、ここをきっちり当てて後半戦に向かいたいものです。
今週は、渾身の1本勝負!

フローラSの本命馬はリュシオルです!

桜花賞とのレース間隔が中1週となった00年以降の過去9回のデータから。
まずは前走着差に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝ち           4%-10%-18% /  63円- 77円
負~0.5秒差以内 15%-23%-28% / 191円- 95円
負0.6秒以上     1%- 6%-11% / 275円-119円

0.6秒以上負けの組は高い回収値となっていますが、これは03年14番人気1着のシンコールビーがかなり数字を引っ張っている感があり、実際この組からの勝ち馬はこの1頭。成績面からは買いづらいところ。となると、好成績でかつ高回収値の0.5秒差以内負けの組が狙い目ということになります。

さらに前走0.5秒差以内負けの組に限って、前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同クラス  25%-30%-30% / 266円- 96円
条件クラス 5%-16%-27% / 118円- 98円

さすがに前走条件クラスで負けてるというのでは太刀打ちできません。
ここは前走同クラスの組が狙い目。

この時点で残った馬はディアジーナ(内田博)、リュシオル(横山典)、ワイドサファイア(岩田康)。

最後は騎手データ。
オッズ関係なく、「東京開催の芝コース」「3歳限定戦」(過去3年)のデータから
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
内田博   11%-21%-30% / 140円- 84円
横山典   14%-23%-35% / 129円- 85円
岩田康    7%-15%-22% /  49円- 59円

内田博と横山典が好成績。ハナ差で横山典が上といった感じ。
ということで本命リュシオルとしました。


★馬(=推奨穴馬)はベイビーローズです。
血統面のデータから。このレースで相性が良いのが父サドラーズウェルズの系統で
 (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
 (1,1,1,3) / 461円-261円
3着内入着の3頭が10,4,5番人気と低評価だったため高回収値になっているのも魅力。
さらに騎手乗替りの父サドラーズウェルズ系に限れば(1,1,1,0)で複勝率100%。



予想評価(本命リュシオル

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬ベイビーローズ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はミクロコスモスです。

前走1.0秒以上負けていた父ヘイロー系の馬は(0,0,0,14)。前走負けすぎのこの馬の巻き返しはないと見ます。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:
いきなりですが、ようやくGⅠの馬券を当てることができました!
ブログで予想してない、中山グランドジャンプですが(苦笑)。
とりあえず勢いに乗ったことは確か。この勢いで土日GⅠ制覇だ!

皐月賞の本命馬はアンライバルドです!

昨年は本命指名馬・一昨年は穴馬指名馬が一着的中と相性の良いレース。
昨年ほぼ同様のデータで攻めたいと思います。

まず相性の良い血統として、過去10年のこのレースで連対馬を出している父系統は
○ターントゥ(1着8頭 2着7頭)
○ノーザンダンサー(1着2頭 2着3頭)

系統いずれかの血統からしか出ていません。
ということで、この2系統に絞って見ていくことにします

父ノーザンダンサー(1着2頭 2着3頭)
この父系統の連対馬5頭の共通項として
前3走内に
①前2走以内に1800m以上の重賞勝ちを経験
②前3走内に先の重賞勝ち以外に重賞3着以内or芝2000m戦で連対
③前走4番人気以内
④前走と同じ騎手が騎乗

該当馬なし。

連対例の多い父ターントゥの系統はヘイロー系(1着6頭 2着6頭)とロベルト系(1着2頭 2着1頭)にわけて見ていくことにしました。

○父ヘイロー系(1着6頭 2着6頭)
過去10年で半数以上の12頭の連対馬を出しているこの系統。12頭の連対馬の共通項は
①連対馬12頭中11頭が過去に「重賞1番人気」or「1番人気を2度以上」いずれかを経験
②連対馬12頭全てが、前走4着以内かつ負けても0.4秒以内
③連対馬12頭全てが、初勝利はデビュー3戦以内
④連対馬12頭全てが前走から中3週~中5週のローテーション

以上4つが条件。
該当馬はアンライバルド、ロジユニヴァース。

○父ロベルト系(1着2頭 2着1頭)
この系統は前走の成績はこだわらず以下のような条件が連対馬3頭の共通項。
①前3走以内に芝1800m以上勝ちor芝1800m以上重賞連対を経験→距離関係なく重賞連対 セイウンワンダー
②前3走すべて3番人気以内を経験
③デビュー戦2着以内、初勝利は2戦以内

以上3つが条件。
該当馬はリクエストソング。

改めてここまで残った馬は、アンライバルド、リクエストソング、ロジユニヴァース。
父ターントゥ系の馬3頭が残りました。

そこで父ターントゥ系の馬に限った所属厩舎&騎乗騎手所属別成績。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東厩舎・関東騎手  0%-11%-16% /   0円- 37円
関東厩舎・関西騎手  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
関西厩舎・関東騎手  5%- 5%-11% /  96円- 45円
関西厩舎・関西騎手  9%-18%-25% /  53円- 85円

外国人騎手が活躍しているレースのため若干の数字の悪さはありますが、その中でも安定した成績と言えるのが関西厩舎に関西騎手が騎乗した場合の成績。複勝回収値も控除率も考慮したらなかなかの数字。
いうことで本命アンライバルドとしました。


★馬(=推奨穴馬)はリクエストソングです。
生き残り3頭から一番の人気薄のこの馬を狙います。
ちなみに過去10年できさらぎ賞連対馬が出走してきた場合の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
13%-26%-33% / 120円-111円
好成績で高回収値。
また父タートゥ系×母父グレイソブリン系という配合の馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
18%-27%-36% / 312円-173円

この2年の勝ち馬はどちらもこの配合馬。
穴の魅力は十分あります。


予想評価(本命アンライバルド

「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬リクエストソング
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」





また消し馬(=キルクル)はフィフスペトルです。
当初の血統データの絞込みで残らなかったように、父ミスタープロスペクター系の馬は(0,0,1,18)。さらに距離1600m以上の勝ち経験のない馬は(0,0,0,15)。血統の壁、距離の壁がデータ的には大きく立ちふさがるこの馬を消します。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて! 
「牡馬クラシックは3強と言われているけど、スキはあるかも・・・。」
「弥生賞負けたけど、中山2000mの京成杯勝ちのアーリーロブストを狙ってます!」




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~桜花賞~

テーマ:
阪神競馬場の桜は何もしなくても桜花賞間際に満開になるらしい。これホント。
そんな桜満開の中、今年も行われる桜花賞!得意の牝馬重賞で一本勝負です!

桜花賞の本命馬はジェルミナルです!

06年の阪神コース馬場改修後3回目の桜花賞。
そこでまず、新装阪神コースの血統面から見た馬場傾向を探りつつ、そこから過去桜花賞データに照らし合わせて予想していきたいと思います。

まず、これまでに行われた3月~4月開催の「阪神Bコース・芝1600m(外回り)」が行われたのは一昨年から今年あわせて計14戦。
その中で1勝以上かつ2頭以上の複勝圏内入着馬を出している父系統は
ヘイロー系(7,7,7,65)
プリンスリーギフト系(2,0,0,10)
ニジンスキー系(1,1,1,8)
ヴァイスリージェント系(1,1,0,9)
サドラーズウェルズ系(1,0,1,6)

父系統がヴァイスリージェント系、サドラーズウェルズ系の馬は今回の出走馬にはいません。
そこで、このコースに好相性の血統として父ヘイロー系、父プリンスリーギフト、ニジンスキー系の馬に絞りこみたいと思います。

次に過去10年の桜花賞データから消しとなる条件を見ていきたいと思います。
○前走2番人気以下で7着以上負けていた馬(0,0,0,36)
○(地方所属馬・元地方所属馬を除き)このレースまでのキャリアが2戦以下または9戦以上消化(0,0,0,24)
○芝1200m戦に出走(0,0,0,9)
○前走8番人気以下で今回騎手乗り替り(0,0,0,14) 
○芝未勝利馬(0,0,1,17) 

この時点で残った馬はジェルミナル(福永)、ダノンベルベール(後藤)、ブエナビスタ(安藤勝)、ヴィーヴァヴォドカ(村田)

最後は騎手データ。
オッズ関係なく07年(阪神馬場改修後)以降3月~4月開催の「阪神Bコース・芝1600m(外回り)」戦のデータから
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永  14%-25%-39% / 118円-137円
安藤勝 10%-21%-36% /  36円- 46円
後藤   0%- 0%-25% /   0円-107円
村田   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

馬場改修以降、このコースを得意としているのが福永。成績面の数字の高さは安藤勝と同等ながら、回収値面でも高い数字となっていることから、多少の人気薄でも好成績を残していることがわかります。
ということで本命ジェルミナルとしました。


★馬(=推奨穴馬)はショウナンカッサイです。
前年の阪神ジュベナイルフィリーズで2~4着に惜敗した馬がこのレースに出てきた場合の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  14%-23%-28% / 301円-142円
穴予想としては魅力的な高回収値で、成績もまあまあ狙える感じ。もちろん狙いは完全に人気落ちしてるショウナンカッサイ。


予想評価(本命ジェルミナル

「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬ショウナンカッサイ
「自身度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はレッドディザイアです。

先の消しデータ内にもあったキャリア2選以下の馬は(0,0,0,4)。さらにレース間隔が中8週以上開き、阪神芝コースで3着内経験の無かった馬は(0,0,0,7)。経験不足が致命傷になりそうで、この馬を消します。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!
「ブエナビスタの1強ムード。やっぱり堅そうだなー。」
「前走チューリップ賞組か前走フィリーズレビュー組か・・・。どっちもどっちかな~。」




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~産経大阪杯~

テーマ:
めっきり暖かくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
新年度初の予想、心機一転ガンガン当てていきますよ!
今週は渾身の一本勝負!

産経大阪杯の本命馬はアドマイヤフジです!

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦    0%-16%-16% /   0円- 26円
OP特別   8%- 8%-16% /  20円- 44円
重賞     9%-18%-27% / 112円- 73円

条件戦組は(0,1,0,5)でのこの数字のため、16%の連対率もあまり信頼できるものではありません。
いずれにせよ、成績面・回収値面いずれも前走重賞組が優秀。

さらに前走重賞組に限って、このレースへの臨戦過程別の成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
休養明け初戦※ 10%-21%-35% /  20円- 81円
明け2~3戦目   10%-10%-21% /  56円- 40円
明け4~5戦目    0%-13%-20% /   0円- 32円
6戦目以上     12%-20%-24% / 334円-113円

休養明け初戦組もなかなかの好成績ですが、この組の好走馬はほとんどがGⅠクラスの実績馬。その点、勝率・連対率がほぼ同じにもかかわらず回収値が断然高い数字となっているのが、6戦目以上の組。この後にGⅠを控える「ここがたたき台」の馬よりも、使い詰めでここを勝って少し休養したいと考えるような「ここがメイチ」の馬のほうに妙味があると考えます。

さらに前走重賞・休養明け6戦以上の組に限って、前走着順に注目すると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5着以内  21%-28%-28% / 597円-131円
6着以下   0%- 9%-18% /   0円- 90円

さすがに前走好走できていないようだと巻き返しは難しいようです。ボーダーラインは5着以内まで。
該当馬はアドマイヤフジ(川田)、ドリームジャーニー(池添)。

最後は騎手データ。
オッズ関係なく過去1年の阪神芝2000m戦のデータから
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
川田  35%-41%-52% / 341円-124円
池添   9%- 9%-36% /  15円- 88円

この一年でこのコースで非常に乗れている川田は、かなり魅力的な存在。
ということで本命アドマイヤフジとしました。


★馬(=推奨穴馬)はマストビートゥルーです。
2007年以降、4月開催の阪神芝2000m戦での父か母父がノーザンテースト系の馬の成績は
    (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
    (2,1,4,8) / 41円-111円
複勝率46%で複勝回収値は100円越え。穴としての魅力は十分。


予想評価(本命アドマイヤフジ

「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬マストビートゥルー
「自身度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はマツリダゴッホです。

前走海外レースを除き、前走5着以下の関東馬は(0,0,0,5)。調整不足の不安もあるこの馬を消します。





クリックお願いします!
↓↓↓

3月競馬を終えて・・・

テーマ:

3月の競馬が終了。ここまでの予想回収値の発表です。

本命予想  

単勝回収値 72円 複勝回収値 51円
馬(推奨穴馬)予想  

単勝回収値  0円 複勝回収値 65円

消し馬(キルクル)予想 
単勝回収値116円 複勝回収値 48円


中山牝馬Sの本命的中で「波乗れる!」・・・と思ったんですが、そこからがダメでしたね(汗)。


ただ消し馬は、うまいこと消しきってるんで、4月こそ波に乗って行きたいですね!




クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング