今週のメインエベント ~高松宮記念~

テーマ:
さぁ!今週は一年でもっとも気合が入るといっていい、地元・中京のGⅠ高松宮記念!
昨年は馬券大的中で感動のフィナーレでしたが、今年は!?
本命はもちろんこの馬です!

高松宮記念の本命馬はファイングレインです!

このレースが3月開催となった00年以降の過去9年のこのレースのデータから。
まず、過去9年の連対馬のべ18頭のこのレースに向けてのローテーションを大まかにわけると以下のようになります。
①中9週以上の休養明け 着度数(0,2,1,15)
②中8週以内・前走「芝1600m以下の重賞」に出走 着度数(8,6,8,97)
③中8週以内・前走「芝1600m以下」以外の重賞に出走 (1,1,0,22)

②には以前はOP特別だったオーシャンSも、現在は重賞に格上げされているためデータに含みました。
そのことも加味すると前走OP特別以下クラスに出走していた馬は(0,0,0,11)といった数字になり、GⅠのこのクラスでは格下のクラスからは通用せず消しということになります。

また③の条件に該当する馬は、今回の出走馬にはいません。
ということで、さらに①②について、細かく見ていきます。


①中9週以上の休養明け 着度数(0,2,1,15)
この組から連対した2頭06年ラインクラフト、04年デュランダル。(さらに3着だった00年アグネスワールドを含めても)いずれの馬にも共通することとして
①過去1年内に「芝1600m以下のGⅠレースで2度以上連対」を経験

今回人気が予想されるスリープレスナイトもGⅠ連対経験は1度。名だたる名短距離馬をもってしても2着が精一杯だったことを考えると、この馬を含む休養明け初戦の馬は割引。

②中8週以内・前走「芝1600m以下の重賞」に出走 着度数(8,6,8,97)
この組からの連対例をさらにレース別に細かくわけると
○シルクロードS 着度数(2,0,3,16)
○オーシャンS 着度数(1,0,1,41)
○阪急杯 着度数(5,6,3,39)
それぞれのレース別にみていきたいと思います。

○シルクロードS 着度数(2,0,3,16)
このレースからの連対馬は2頭。2頭の共通項は
①前走3番人気以内で1着
②前走・前々走連勝

該当馬はなし

○オーシャンS 着度数(1,0,1,41)
このレースからの連対馬は1頭。オープン特別当時の02年ショウナンカンプのみ。重賞となって以降は(0,0,1,21)と連対例はないことになり、その時点ですでに割引と考えられます。ショウナンカンプの例を見ても、この馬はオーシャンSを1番人気で勝利。1番人気で大敗したキンシャサノキセキ、勝利するも3番人気だったアーバニティ、いずれも強く推すことはできません。

ということで該当馬なし。

○阪急杯 着度数(5,6,3,39)
もっとも連対馬を多く出しているのがこのレースからのステップ。
のべ11頭の連対馬の共通項は
①前走7番人気以内
②(GⅠ馬を除き)前走0.7秒以上負けていない
③前走3着以下に敗れていた馬は、過去1年以内に芝1600m以下のオープンクラス勝ちを経験

該当馬はビービーガルダン、ファイングレイン、ローレルゲレイロ

前走阪急杯組の3頭が残りました。1頭ずつ細かくみていきます。
父ダンジグ系のビービーガルダン。過去9年のこのレースで父ダンジグ系の馬の成績は(0,0,2,14)連対例はなく割引。

父リファール系のローレルゲレイロ。過去9年のこのレースで父リファール系の馬の成績は(1,0,0,3)。唯一の勝ち馬キングヘイローは過去に芝1200mのGⅠクラスで3着内の経験がありました。逆に芝1200mのGⅠクラスで3着内の経験がない馬は(0,0,0,3)。これには昨年4着のこの馬自身も含まれます。「4着」というのが微妙なところではありますが本命には推しにくい感があり割引評価。

父ヘイロー系のファイングレイン。過去9年のこのレースで父ヘイロー系の馬の成績は(5,4,2,28)。着度数ではわかりにくいですが連対率23%、複勝率28%となかなかの成績で回収値も単勝109円、複勝123円と高回収値。さらに過去に芝1200mのGⅠクラスで3着内入着の経験がある馬に限ると(2,1,1,3)で複勝率は57%と軸馬としては信頼の高い数字(複勝回収値は132円)。勝率28%なら頭まで狙うのに十分な数字。
ということで本命ファイングレインとしました。


★馬(=推奨穴馬)はアポロドルチェです。
今開催の中京芝1200m戦(馬場状態「良~やや重」に限る)全9鞍で、父か母父マッチェム系の馬の成績は(2,0,0,4)回収値も単勝663円、複勝145円。父マッチェム系からは04年の勝ち馬サニングデールが出ており、過去のこのレースとの相性も良さそうです。


予想評価(本命ファイングレイン

「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(★馬アポロドルチェ
「自身度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はファリダットです。
GⅠ馬を除き阪急杯で0.7秒以上負けていた馬は(0,0,0,6)。またGⅠ勝ちの無い、距離短縮となる父ミスプロ系の馬は(0,0,0,5)。母ビリーヴとの母子制覇は気になるところですが、思い切って消します。


~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!
「例年は外枠が有利だけど、今年は内枠有利らしいでー」
「追い込み馬有利な展開にならないかなー」




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメインエベント ~阪神大賞典~

テーマ:

Wメインエベント2本目は堅く収まる傾向にある阪神大賞典。
穴党としては、ちょっと苦手な傾向もありますが・・・。


阪神大賞典の本命馬はオウケンブルースリです!


過去10年のこのレースの連対馬のべ20頭は以下の2つの条件のいずれかに該当していました。
①前年の菊花賞または有馬記念で3着以内
②芝2200m以上の重賞勝ちを経験
③前走オープンクラスの芝3000m以上のレースで3着以内


また、過去10年のこのレースの消しデータとしては


①近三走以内に重賞連対経験の無い7歳以上馬(0,0,0,13) 
②前走3番人気以下の関東馬(0,0,0,11) 
③前走斤量53kg以下(0,0,1,14)  
④前走二桁人気(0,0,0,15) 


この時点で残った馬はアサクサキングス、オウケンブルースリ、ナムラクレセント。


休養明け初戦となるオウケンブルースリ、休養明け2走目となるナムラクレセント、昨年から使われ続け休養明け5戦目となるアサクサキングス。
過去10年のこのレース全体で、それぞれの臨戦過程別の成績は
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
休養明け初戦※  15%-42%-57% /  36円- 67円
2戦目         7%-21%-21% /  53円- 70円
5戦目以上 10%-13%-24% /  90円- 47円
※半年以内の休養明けに限る


元々が堅く収まる傾向にある重賞のため、どの組も回収値はあまり上がりません。となると、注目は成績面。その点では休養明け初戦の組が断トツと言えます。さらにこの組を前走GⅠ出走の馬に限ると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
休養明け初戦※  22%-55%-77% /  27円- 88円

安定感はさらに増します。
ということで本命はオウケンブルースリとしました。


★馬(=推奨穴馬)はニホンピロレガーロです。

その年の万葉S勝ち馬が、その勝った時と同じ騎手でこのレースに出走してきた場合の成績は(1,2,0,3)。連対率50%。また複勝圏内からはずれた馬3頭もすべて5着以内と掲示板ははずしていません。



予想評価(本命オウケンブルースリ
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(★馬ニホンピロレガーロ
「自身度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はテイエムプリキュアです。

先の消しデータ③④に該当したこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のWメインエベント ~スプリングS~

テーマ:

先週の予想、自信はあった方なんですが・・・。まぁ、中山牝馬Sは単勝が当たったので、ひとまず及第点といったところでしょうか。

今週こそ、ガツンと当てて、来週のGⅠに挑まねば・・・ってことで2本予想すれば、どちらか当たるでしょうってことで(苦笑)。


スプリングSの本命馬はイグゼキュティヴです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラスに注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬・未勝利  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
500万下    2%- 6%-20% /  20円- 94円
OP特別     0%- 9%- 9% /   0円- 46円
重賞      12%-21%-25% /  90円- 66円

GⅠのステップとなるこのレース、前走クラスもある程度上のクラスで勝負していないと通用しないようです。狙いは成績が断トツの前走重賞組。


また別データとして前走人気に注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番人気以内  7%-14%-22% /  43円- 76円
5番人気以下  2%- 8%-11% /  61円- 39円


人気のほうもある程度支持される実力がないと勝負になりません。ボーダーラインは5番人気まで。


さらに前走重賞・5番人気以内に限って所属厩舎別成績を見てみると。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東  15%-30%-30% / 126円-112円
関西  19%-25%-32% /  80円- 57円

一般的な実力は西高東低の傾向にある中、このレースに限っては関東馬が健闘しています。


ここまでの該当馬はイグゼキュティヴ、フィフスペトル。


父ノーザンダンサー系のイグゼキュティヴ。父ミスタープロスペクター系(ミスプロ系)のフィフスペトル。
前走重賞・5番人気以内に限って、それぞれの父系統別にこのレース全体の成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー系  9%-27%-27% / 131円-109円
ミスプロ系        0%- 0%-20% /   0円- 40円


好成績・高回収値となっているのは父ノーザンダンサー系。父ミスプロ系に至っては連対例すらありません。

ということで本命はイグゼキュティヴとしました。



★馬(=推奨穴馬)はセイクリムズンです。

過去10年のこのレースで父ヘイロー系×母父ナスルーラ系の馬の成績は
(着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
(2,0,1,3)/ 200円-100円


まぁ、無理は承知で・・・。


予想評価(本命イグゼキュティヴ
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(★馬セイクリムズン
「自身度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はサンカルロです。
前走1400m以下のレースに出走していた関東馬(0,0,1,9)。過去10年の勝ち馬は前走1600~1800mのレースから出ています。ある程度の距離適正も問われるレース、距離延長・折り合いにも難のあるこの馬を消します。





クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のWメインエベント ~フィリーズレビュー~

テーマ:

得意の牝馬重賞でもう一本狙います!


フィリーズレビューの本命馬はチャームポットです!


まずは前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同級    9%-16%-25% /  99円- 68円
昇級   3%- 9%-12% /  29円- 60円


連対率が10%を割り回収値も低い昇級組は狙いにくいところ。狙いは同級組となります。

さらに同級組の中でも、前走人気に注目すると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番人気以内  10%-20%-34% / 130円- 95円
6番人気以下   6%- 6%- 6% /  38円- 14円


ある程度の実力がファンに支持されてなければ、ここでの通用は難しい様子。


さらに前走同級・5番人気以内の馬に限って、前走距離に注目
    (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  (0,1,0,9) /   0円- 31円
同距離    (0,1,0,3) /   0円- 47円
距離短縮  (6,4,8,26)/ 171円-114円


連対例が1度しかない距離延長・同距離組に比べれば、明らかに魅力があるのは距離短縮組。

ここまでの該当馬はアイアムカミノマゴ、チャームポット、パールシャドウ、ミクロコスモス、ラヴェリータ、ワンカラット

前走コースが京都芝1600m(外回り)がアイアムカミノマゴ、チャームポット。東京芝1600mがパールシャドウ、ミクロコスモス。東京ダート1600mがラヴェリータ。阪神芝1600m(外回り)がワンカラット。
このレース全体のそれぞれの前走コースからの成績は
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
京都芝1600・外 12%-24%-40% / 224円-123円
東京芝1600     4%- 9%-18% / 74円- 44円
阪神芝1600・外 25%-25%-25% / 27円- 27円
全てのダート戦  0%- 6%- 8% /  0円- 60円

(東京ダート1600mからのステップ例が無いために代用)


改装されて以降の阪神芝1600m外回り戦からこのレースで連対したのは07年1着のアストンマーチャンのみで、その成績だけが数字に出ているところから勝率・連対率の高さはあまり評価できません。となると、断然魅力があるのは京都芝1600m(外回り)からのステップ組。

残ったのはアイアムカミノマゴ(福永)、チャームポット(和田)


最後は騎手データ。
今回はオッズ関係なく「3歳限定」の「芝」の「オープンクラス」(過去10年)
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永   11%-21%-28% /  55円- 71円
和田    7%-22%-22% / 506円-138円


和田の勝率・複勝率は福永に比べ若干劣っていますが、差はわずか。その成績面のわずかな差に比べて、回収値面では断然和田の数字が高くなっており、こちらに魅力を感じます。実際和田は9度の連対例がある中で7度は5番人気以下でのもの、今回騎乗のチャームポットも人気もあまりなさそうなので、その点でもデータが合致します。

ということで本命はチャームポットとしました。



★馬(=推奨穴馬)はショウナンカッサイです。

データ関係なし!




予想評価(本命チャームポット
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(★馬ショウナンカッサイ
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はスイリンカです。
昇級戦の距離短縮(0,0,1,8)
昇級戦の6人気以下(0,0,0,12)
今回昇級となる馬の中でも二つのデータに該当するこの馬を消します。





クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメインエベント ~中山牝馬S~

テーマ:

先週ブログとは関係の無いところでメインレースの馬連を当てて、ようやく調子が上向いてきた!・・・と勘違いをしているらんふらんこです(笑)。
勘違いしたまま、本当に調子が上向くことを祈って、今週は久しぶりのWメインエベントです。


中山牝馬Sの本命馬はキストゥヘヴンです!


まず前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同級  10%-19%-28% / 114円-124円
昇級   0%- 2%- 4% /   0円- 39円

昇級組は昨年12番人気のマイネカンナが連対したにもかかわらずこの成績ですから、現状の狙い目は同級組と見て良いでしょう。


さらに前走同級組に限って、前走からの斤量増減に注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増    8%-25%-30% /  61円-139円
同斤量  17%-25%-28% / 206円- 93円
斤量減    5%- 8%-25% / 104円-134円


回収値についてはどの組も高い数字になっていますが、斤量減の組に限っては連対率8%と狙いづらい数字。この組は消しとしたいと思います。


加えて前走同級組から今回斤量減組を除いて、前走距離に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 18%-31%-34% / 187円-110円
同距離    9%-18%-27% / 140円-102円
距離短縮  4%-19%-23% /  21円-140円


勝率・連対率で倍近い差が出ている距離延長組が狙い目。


さらに前走同級組から今回斤量減組を除いて、前走騎手に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
乗替り   13%-28%-31% / 180円-166円
同騎手  11%-19%-26% /  43円- 50円


ここは成績面・回収値面どちらを見ても乗替り組が高い数字で魅力があります。


ここまでの該当馬はカレイジャスミン、キストゥヘヴン、ヤマニンエマイユ。

ここで改めてこのレース全体の、このレースでの斤量データを見ると
        (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
55kg以下    5%-10%-16% /  60円- 88円
55.5kg以上 12%-24%-36% / 159円-110円


斤量はある程度背負わされるくらいの実力馬が優位の様子。
ということで本命はキストゥヘヴンとしました。



★馬(=推奨穴馬)はヤマニンエマイユです。

過去10年父か母父がグレイソブリン系の馬は
        (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
グレイソブリン  11%-16%-33% /  85円-209円


先の該当馬3頭の中からこの馬を穴馬で狙います。



予想評価(本命キストゥヘヴン
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(★馬ヤマニンエマイユ
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はリビアーモです。
前走OP特別以下クラスのハンデ戦に出走し52kg以下の斤量を背負っていた馬は(0,0,0,6)。前走OP特別以下のクラスで6番人気以下だった馬は(0,0,1,8)。前走出走クラスが下のクラスで低評価だった馬は消しと判断してよさそうです。





クリックお願いします!
↓↓↓