今週のメインエベント ~阪急杯~

テーマ:
さぁ、今週からは開催替わって阪神・中山開催となります!
これで流れを変えたい!馬券を当てたい!

阪急杯の本命馬はファイングレインです!


1400m戦となった過去3年のこのレースのデータから。
まず前走0.8秒以上負けていた馬は(0,0,0,19)と複勝圏内入着例が無く消し。

それらの馬を消した上で。
まずは前走騎手の継続or乗り替わりデータに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続  14%-28%-50% /  290円-150円
乗替り 14%-14%-14% /   65円- 26円

勝率だけは同じですが、その他の数字は継続騎乗が上。乗り替わりはイマイチの感じ。

また別データとして前走クラスに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
重賞      21%-26%-42% /  262円-117円
OP特別以下  0%-11%-11% /    0円- 25円

前走OP特別以下のクラスから連対したのは06年2着のコスモシンドラーのみ。複勝圏内入着例の絶対数からしても、前走重賞組が有利。

さらに別データとして東西厩舎別データに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東   12%-12%-12% /   33円- 21円
関西   15%-20%-40% /  235円-115円

こちらは最近の他の重賞と同様に西高東低の傾向。狙いは関西馬。

さらにもう一つ別データとして性別データに注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
牡馬    9%-14%-19% /  118円- 49円
牝馬    0%- 0%-25% /    0円-102円

牝馬の複勝圏内入着例は昨年のローブデコルテの3着のみ。ここは牡馬有利と見て良さそうです。
以上のデータすべてに該当した馬はビービーガルダン、ファイングレイン、ファリダット。
父ダンジグ系のビービーガルダン、父ヘイロー系のファイングレイン、父ミスプロ系のファリダット。
そこで、2006年以降3年の阪神1回開幕週芝1400m戦で、それぞれの父系統の成績を見てみると
    (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
ダンジグ系 (0,1,1,10) /    0円- 39円
ヘイロー系 (3,7,5,67) /   18円- 46円
ミスプロ系 (1,1,3,23) /   16円- 72円

サンプル数が多い分ヘイロー系は複勝圏内入着馬も多く比較が難しいですが、連対率でみるとそれぞれ8%、12%、7%と結果ヘイロー系が好走していると言えます。とくにファイングレインの父フジキセキ産駒に限れば(3,1,0,7)連対率36%、回収値は単勝137円、複勝70円とかなり優秀な成績となります。
ということで本命はファイングレインとしました。

★馬(=推奨穴馬)はヘイローフジです。
継続騎乗・前走重賞・関西馬ながら牝馬ということで割引となったこの馬ですが、先のデータ「2006年以降3年の阪神1回開幕週芝1400m戦」でキングヘイロー産駒の成績は(3,0,1,0)で複勝率100%。4頭の人気が3,2,6,9人気というのも人気の無いこの馬にとっては追い風。



予想評価(本命ファイングレイン

「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(★馬ヘイローフジ
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はジョリーダンスです。
騎手乗り替わり・関東馬・牝馬と数字的に悪いデータにばかりひっかかるこの馬。さらに「2006年以降3年の阪神1回開幕週芝1400m戦」でダンスインザダーク産駒の成績は(0,0,1,7)とさらにマイナスなデータ。鞍上で人気するならなおのこと消して妙味あり。



クリックお願いします!
↓↓↓



AD

今週のメインエベント ~フェブラリーS~

テーマ:
いよいよ今週は中央初GⅠフェブラリーS!
ここ2年は連続的中で、個人的には相性の良いこのレース。最近の馬券は絶不調ですが、ここで流れを変えたいと思います!

フェブラリーSの本命馬はフェラーリピサです!

過去10年のこのレース、03年は中山開催だったためそれを除く過去9回のフェブラリーSデータから。
まずは消しデータとして
①前走芝コースで負けていた馬(0,0,0,15)
②前走OP特別以下のクラスに出走(0,0,0,8)
③父ナスルーラ系の馬(0,0,0,13)
④前走10着以下(0,0,1,24)

4項目に該当した馬は消し。
さらにこれらを消した上で前走着順に注目
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1着~2着 15%-26%-39% /   66円- 91円
3着~5着  3%-13%-20% /   23円- 66円
6着以下   0%- 6%- 6% /    0円- 12円

前走で連対と好走していた馬がこのレースでも好走。回収値はやや低めですが、元々レース全体の回収値が単勝27円、複勝49円と低いことを考えれば、そこそこの高さと言えます。ダート馬ナンバーワン決定戦となるこのレース。すでに前走でライバルとある程度の決着をつけている馬、格を示している馬でなければ好走は難しいようです。

さらに、その前走連対馬に限り、前走出走場に注目。
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東  23%-29%-47% /   96円-104円
関西   7%-14%-28% /   42円- 82円
地方   7%-28%-35% /    33円- 78円

連対率・複勝率では前走地方場出走組もなかなかの数字となっていますが、勝率・回収値も含めると前走関東場出走組が優秀。
ここまでの該当馬はフェラーリピサ、ヒシカツリーダー。
ともに関西馬。ジョッキーはそれぞれ関西所属の岩田、関東所属の木幡がそれぞれ前走に引き続いて騎乗。
そこでこのレース全体の関西馬に限って、関西・関東それぞれの騎手が継続騎乗した場合の成績は
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東   0%- 8%-16% /    0円- 63円
関西  15%-25%-30% /   45円- 82円

関西所属騎手の方が成績・回収値ともに高い数字。
関西馬には関西騎手が乗るほうが自然といった感じ。
ということで本命はフェラーリピサとしました。


★馬(=推奨穴馬)はヒシカツリーダーです。
該当馬のもう一頭を狙います。
ちなみに過去9回のこのレース。父ニジンスキー系の馬の成績は
(着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
 (1,2,0,3)/ 78円-130円
実際にはブルーコンコルド、メイセイオペラ2頭のみの成績ですが、複勝圏内にはずれた3例も5着以内と掲示板圏内入着は100%。またメイセイオペラがこのレースを勝ったのは、ヒシカツリーダーと同じ5歳時でした。



予想評価(本命フェラーリピサ

「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(★馬ヒシカツリーダー
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はカジノドライヴです。
先の消しデータで②前走OP特別以下のクラスに出走(0,0,0,8)③父ナスルーラ系の馬(0,0,0,13)、と二つの例に該当したこの馬。実際には過去9回では前走条件クラスからの出走はありませんでしたが、OP特別からのステップで歯が立たなかったことを考えると、それ以下のクラスならなおさらのことと考えるのが妥当として、消しとしました。また参考までに、データとして含まなかった03年の中山開催では前走条件戦(カジノドライヴと同じアレキサンドライトS)勝ちのディーエスサンダーが12着と大きく負けています。


~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて! 
「今年初GⅠ、ダイワスカーレットはでないけどアンカツに勝って欲しいかな~」
「あとはとりあえずユーイチ、将雅で!」




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~きさらぎ賞~

テーマ:

来週にはGⅠが控えているのに、まったく馬券の調子が上がりません(汗)

今週はおとなしく一本勝負にしておきます。もう当たるよ・・・ってか当てたい。。。


きさらぎ賞の本命馬はリクエストソングです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは消しデータとして
①前走0.6秒以上負けていた馬(0,0,2,37)
②前走条件クラスで4着以下(0,0,0,12)
③前走GⅠ以外のダート戦に出走(0,0,0,16)
④前走までのキャリア9戦以上(0,0,0,10)


4項目に該当する馬は消し。

さらに前走人気に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3番人気以内  22%-42%-57% /  158円-113円
4番人気以下    4%-12%-20% /   36円- 54円


やはりある程度の人気=評価がないと重賞クラスでは通用しません。

また別データとして、前走出走場に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関西主場    16%-31%-45% /  97円- 91円
関西ローカル  11%-22%-22% /  41円- 32円
関東主場     7%-30%-46% /  52円- 87円


頭ひとつ抜けた感じで有利なのは、今回と同じ京都コースも含まれる前走関西主場出走組。
この時点で該当馬はリーチザクラウン、リクエストソング。

前走阪神2000m戦2着のリーチザクラウン、前走京都2000m戦1着のリクエストソング。
そこで、前走2着以内馬に限った、前走出走コース別成績は
     (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
京都2000m  (3,2,2,3)/  96円-139円
阪神2000m  (0,0,0,3)/   0円-  0円


連対率50%、複勝率70%と好成績の前走京都2000m組に対し、複勝圏内入着例の無い前走阪神2000m組。前走阪神2000m組の中には1番人気、3番人気の馬も敗れており不安があります。

ということで、本命リクエストソングとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はハイローラーです。

前走中山2000m戦で5着以内の馬は(1,0,1,2)。複勝率50%。




予想評価(本命リクエストソング

「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬ハイローラー
「自身度=高
」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はダノンカモンです。

先の消しデータ①前走0.6秒以上負けていた馬(0,0,2,37)に引っかかったこの馬を消します。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のWメインエベント ~共同通信杯~

テーマ:

すでにWメインエベントを後悔している、らんふらんこです(涙)。

日曜、得意の3歳限定重賞で取り返す!


共同通信杯の本命馬はトーセンジョーダンです!


過去10年のこのレースのうち、03年は中山開催のためこの年を除く過去9回分のデータから。
まずは消しデータとして
①前走0.8秒以上負けていた馬(0,0,0,18)
②前走ローカル場または地方交流戦に出走していた馬(0,0,0,10)


この二つに該当する馬は消し。
そのうえで前走クラスに注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同クラス  15%-31%-43% /  111円-140円
昇級     5%-11%-22% /    76円-103円


昨年は1着馬・3着馬が昇級馬でしたが、それでも例年通りなら格上の前走同クラス馬の方が好成績・高回収値。
この時点で該当馬はシェーンヴァルト、ダイワプリベール、トーセンジョーダン、トップカミング、ブレイクランアウト。


さらに別データとして前走距離に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長   7%-18%-32% /    24円- 72円
同距離    14%-21%-35% /  388円-233円
距離短縮  17%-30%-34% /    51円-154円


なんといっても同距離組の回収値はかなり魅力がありますが、先の該当馬中、前走同距離組はいません。
そうなると好成績で複勝回収値が154円と高い距離短縮組が今回の狙い目。

ということで、本命トーセンジョーダンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はカノンコードです。

過去10年のこのレースで母父サンデーサイレンスの馬は(2,2,1,2)。単勝回収値60円、複勝回収値262円。




予想評価(本命トーセンジョーダン

「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬カノンコード
「自身度=低
」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はマッハヴェロシティです。

前走0.8秒以上負けていた馬は(0,0,0,18)。レースレベルが高いといわれているラジオNIKKEI賞出走組ですが、0.9秒の着差は負けすぎと見て消します。




クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメインエベント ~小倉大賞典~

テーマ:

馬券は不調ながらあえてのWメインエベント。

まずは土曜のローカル重賞で流れを変えたいと思います!


小倉大賞典の本命馬はトーセンジョーダンです!


過去10年のこのレースのうち、99年は中京開催のためこの年を除く過去9回分のデータから。
まずは消しデータとして
①2ヶ月以上の休養明け(0,0,1,20)
②前走左回りコース(0,0,1,17)
③前走ダートコース(0,0,0,8)


この3つに該当する馬は消し。

そのうえで前走騎手に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
乗替り   7%-14%-21% /  165円- 74円
同騎手  11%-22%-30% /  195円- 80円


今回も乗り替わりで有力騎手が多く騎乗しますが、付け焼刃のように乗り替わりで用意された騎手よりも、前走から継続して騎乗した馬の方が好結果が出ています。


さらにこの前走同騎手組の中でも、前走1.3秒以上負けていた馬は(0,0,1,6)


この時点で該当馬はフィールドベアー、レッツゴーキリシマ。

6歳馬のフィールドベアー、4歳馬のレッツゴーキリシマ。それぞれの年齢別成績を見てみると
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳    3%-13%-16% /    19円- 33円
6歳  10%-15%-28% /  245円- 96円

他の年齢含めてみても、このレース一番好走しているのが6歳馬。

ということで、本命フィールドベアーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はレッツゴーキリシマです。

生き残りのもう一頭を狙います。いろんな意味で。




予想評価(本命フィールドベアー

「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬レッツゴーキリシマ
「自身度=高
」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はサンライズマックスです。

①2ヶ月以上の休養明け(0,0,1,20)②前走左回りコース(0,0,1,17)。二つの消しデータに該当するサンライズマックスを消します。





クリックお願いします!
↓↓↓