今週のメインエベント ~ジャパンカップ~

テーマ:

さぁ、今週は世界の強豪(?)が集うジャパンカップ。今年は本家ランフランコ様の来日がない分、自分が頑張ろうとわけのわからない気合がはいっています!


ジャパンカップの本命馬はオウケンブルースリです!


過去10年のこのレース、02年は中山開催だったためその年を除いた過去9回のこのレースのデータから。
まず
○前走2000m以上のレースで二桁着順の馬
○前走から中9週以上間隔の開いた馬
この2例からは複勝圏内に絡んだ馬はいませんので消しとします。

さらに、ここからは日本馬、外国調教馬それぞれの複勝圏内入着条件について見ていきます。


まずは日本馬。
日本馬で複勝圏内入着したのはのべ22頭。その22頭中21頭に該当する共通項。
※唯一の例外は01年3着のナリタトップロードで、この馬は前走の京都大賞典が直線不利を受けての競争中止であったため例外とします。
※前走、前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。

①前走8番人気以内で天皇賞(秋)を連対、もしくは3番人気以内で毎日王冠or京都大賞典(天皇賞の主要ステップレース)を連対。
②その年の菊花賞勝ち、もしくはダービー勝ち
③前走GⅠレースに出走し、4番人気以内で、かつ6着以内


いずれかをクリアが条件。


さらに前走負けていた馬に限っては
④2走前のレースが重賞で、3番人気以内でかつ3着以内


該当馬はウオッカ、オウケンブルースリ、ディープスカイ


外国馬は(今年も思いっきり某競馬週刊誌Gからのパクリで)
①(凱旋門賞らの直行を除き)前走とのレース間隔が中21日~48日の範囲内
②連対率5割以上
③(北米GⅠ馬、香港調教馬を除き)年内2勝以上
④前走良~やや重馬場なら一桁着順
⑤(香港調教馬を除き)前走4着以下の馬は、前4走以内にGⅠ連対経験があること


該当馬はなし。


ここまで残った馬はウオッカ、オウケンブルースリ、ディープスカイ

一頭ずつ見ていきます。
ウオッカは騎手乗り替わりでこのレースに挑みます。過去10年で日本人騎手への乗り替わった場合の成績は(0,2,2,19)と勝った例がありません。連対率8%、複勝回収値40円というのも狙いとしては妙味が無く、積極的に買うのはどうかといった数字。また過去10年父ロベルト系の馬は(0,0,1,6)。唯一の複勝圏内入着は1番人気で3着と、人気より着順が下回った03年のシンボリクリスエス。他の6頭についても人気より着順は下回っていました。騎手乗り替わりと血統面の相性の悪さからこの馬は割引。


オウケンブルースリとディープスカイは前走と同じ日本人騎手が継続して騎乗。
日本人騎手が継続騎乗した馬で、前走連対組と前走3着以下の組で成績を見比べると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
連対    21%-31%-36% /  130円- 67円
3着以下   5%- 8%-11% /   34円- 24円

前走連対組の方が成績が高いレベルで安定。やはり前走連対する程の力がないと好走するのは難しいようです。また前走連対組みは単勝回収値が高いところも魅力。

ということで本命はオウケンブルースリとしました。




また★馬(=推奨穴馬)はトーホウアランです。

前走京都大賞典に出走していた馬は、過去10年で(1,0,1,1)。サンプル数を増やすために過去20年で見れば(3,1,1,3)で京都大賞典連対馬に限れば(3,1,0,1)。勝った3頭はすべて4番人気以下で、まさに穴馬激走のローテーション。



予想評価(本命=オウケンブルースリ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=トーホウアラン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はマツリダゴッホです。
2ヶ月以上の休養明け初戦の馬は(0,0,0,8)。また前走GⅠ・毎日王冠・京都大賞典これら3レース以外のレースを出走していた日本馬は(0,0,0,10)。大方の見方どおり、ここは叩き台と見て軽視します。




~GⅠ新シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!
「ダービー馬対決に興味なし。」
「興味があるのは菊花賞馬!・・・と、オースミグラスワン。」


・・・だそうです。



秋のランキングUP強化期間中!ポチッとお願いします!
↓↓↓


AD

今週のメインエベント ~マイルCS~

テーマ:

さぁ、秋のGⅠシリーズもいよいよ後半戦!そろそろブログ予想でも一発ガツンと当てておきたいところです!

今週は気合の一本勝負です!


マイルCSの本命馬はファイングレインです!


過去10年のこのレースのデータから。
まずは血統面からみてみます。このレースで相性が良い血統として2頭以上の連対馬を出している父系統は
○ターントゥ系(6勝 2着5回)
○ノーザンダンサー系(1勝 2着5回)

いずれかの血統に限られます。他の血統の馬は相性的に不利と判断して、すべて脱落。


またこれ以外の消しデータとして
①前走から斤量増(0,0,0,35)
②前走海外のレースに出走し負けていた(0,0,0,6)


これらを消した上で、さらにそれぞれの系統別に傾向を見て生きたいと思います。


○ノーザンダンサー系 全成績(1,5,2,47)
複勝圏内に入着した8頭は全て
①前走重賞に出走
②前走0.8秒以上負けていない
③過去1年以内に芝の重賞勝ちを経験
④前2走以内に重賞で3番人気以内を経験
⑤4歳馬もしくは5歳馬


該当馬はスーパーホーネット、ローレルゲレイロ


○父ターントゥ系 全成績(6,5,2,37)
複勝圏内に入着した13頭は全て
①前走GⅠ出走なら10着以内、前走GⅡ以下クラス出走なら5着以内、さらに前走OP特別以下クラス出走なら2着以内
②5走以内に重賞2番人気以内、またはOP特別で1番人気を経験
③過去1年以内に芝の重賞勝ちを経験、また牝馬に限ってはGⅠ勝ちを経験
④年齢は3歳馬~6歳馬まで(牝馬は3歳馬~5歳馬まで)
⑤父系統をさらに細かく見ると全馬父ヘイロー系


該当馬はスズカフェニックス、ファイングレイン


それぞれの系統から2頭ずつ、計4頭が残りました。

ここから1頭ずつ見ていきます。


6歳馬のスズカフェニックス。
6歳馬のこのレース全体の成績は(2,0,1,24)。複勝圏内に入着した3頭はすべて、前2走以内に1400m~2000mの芝のレースで3着以内を経験し、やや高齢と思われるこの年齢でも衰えていないという結果を残していました。スズカフェニックスについては前2走がともに4着。堅実とも言えますが衰えている感もあり、ここは割引評価。


4歳馬のローレルゲレイロ。
4歳馬のこのレース全体の成績は(5,6,2,31)。さらにこのレースが休養明け2戦目となる馬に限ると(1,1,1,6)で、3着内に入った3頭はすべて前走から斤量減となった馬で、さらに連対した2頭は前2走以内にマイル重賞で連対を経験していました。斤量の恩恵がなく、マイル戦での好走が4走馬に遡るこの馬は割引評価。


5歳馬のスーパーホーネット、ファイングレイン。
5歳馬のこのレース全体の成績は(2,2,5,38)。さらに1年以内に重賞勝ちの経験があった馬に限ると(2,2,4,23)。さらにこの「重賞勝ち」の詳細について「GⅠ勝ちを経験」「GⅡ・GⅢまでの勝ち経験(GⅠは勝てなかった)」に分けてみてみると
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
GⅠ    20%-40%-50% /   50円-110円
GⅡ・Ⅲ   0%- 0%-14% /    0円- 73円


GⅠ勝ち経験のある馬の方が好成績・高回収値。GⅡ・GⅢまでの勝ち経験では連対例がない状況で、GⅠ勝ち経験の有無による差はかなり大きいようです。

ということで本命はファイングレインとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はサイレントプライドです。

父ノーザンダンサー系の消しデータで「④前2走以内に重賞で3番人気以内を経験」にひっかかり消えてしまいましたが、前2走ともに4番人気でボーダーラインぎりぎりのところにいた馬とも言えます。
また過去10年「前走・前々走オープンクラスで連勝、前走は重賞勝ち」の馬の成績は(2,1,0,3)。さらに「2走のうちいずれかは4番人気以内で重賞勝ち」の馬に限ると(2,1,0,1)。唯一の着外は牝馬のデアリングハート(06年13着)。牡馬に限れば(2,1,0,0)で連対率100%。
このデータに該当しながら人気が上がらないサイレントプライド。かなり狙い目と思います。



予想評価(本命=ファイングレイン

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=サイレントプライド
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はカンパニーです。
昨年もほぼ同様の理由で消したこの馬。父グレイソブリン系の馬は(0,0,2,14)と連対例なし。さらに7歳以上馬全体の成績は(0,0,0,17)。高齢馬で血統面の相性も良くないこの馬を消します。




~GⅠ新シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!
「ユーイチは重賞になるとダメだな~。」
「アドマイヤスバルは何故出るんだ!?にほふなぁ~。」


・・・だそうです。



秋のランキングUP強化期間中!ポチッとお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:

先週は13番人気のイナズマアマリリスを本命に推して、見事的中といきなり絶好調の波が押し寄せてきた感のあるらんふらんこです!

今週も自分では得意と思ってる牝馬重賞(笑)。GⅠ・エリザベス女王杯1本勝負です!


エリザベス女王杯の本命馬はベッラレイアです!


毎年絞込みまではそれほど間違っていなく、最後の最後で本命馬の選択を違えてはずしているこのレース。今年は最後の選択で間違えないように・・・。というわけで、まずは昨年とほぼ同様の絞込みデータで見ていきます。

過去10年のこのレース、のべ20頭の連対馬について、まず前走レース別に見ていこうと思います。
過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて4つのパターンに分類されます。①府中牝馬S②秋華賞③海外のレース④(国内)牡馬混合重賞。
以上のレースに出走して無い馬はすべて消しとして、順番に見ていきます。


○前走府中牝馬S組(どちらかをクリアが条件)
①その前走5番人気以内でかつ0.4秒以上負けていない
②前走5番人気以内で、前々走「芝2000m以上の重賞勝ち」。

該当馬はカワカミプリンセス、ベッラレイア


○前走秋華賞組(どちらかをクリアが条件)
①秋華賞勝ち
②前走で負けていた馬は、「4番人気以内で、かつ0.3秒以内の負け」かつ「前々走2000m以上の重賞で3着以内」

該当馬なし


○前走海外レース組
①前走連対

該当馬なし


○前走古馬混合重賞(どちらかをクリアが条件)
①前走1番人気で0.7秒以上負けていない
②前走の人気・結果は関係なく、過去1年以内に「牡馬混合GⅠで3着以内」もしくは「GⅠ勝ち」

該当馬なし


というわけで結局残った馬は前走府中牝馬S組のカワカミプリンセス、ベッラレイアの2頭のみ。

4歳馬のベッラレイア、5歳馬のカワカミプリンセス。
そこで、それぞれの年齢別の前走府中牝馬S組の成績は
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳    3%-16%-30% /   15円- 73円
5歳    0%- 4%-12% /    0円- 50円

勝ち馬も出しており、成績に安定感があるのは4歳馬で、5歳馬は連対率4%では狙いづらい数字。ということで本命はベッラレイアとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はマイネレーツェルです。

過去10年全体の回収値が単勝38円複勝52円と堅くおさまりやすいこのレース。
過去10年で5番人気以下の馬が3着内に入着した例も9回。うち日本馬に限った8回の例の共通項を見てみると
①前2走とも重賞に出走し、その2走内に3着以内を経験
②前2走とも7番人気以内
③8頭中7頭がGⅠ勝ち1年以内にGⅠ連対または重賞勝ちの経験


さらに別データとして、過去10年のこのレースで父ターントゥ系×母父ナスルーラ系の配合となる馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
11%-23%-41% /   40円-103円

好成績で回収値も複勝については100円を越えています。
全てのデータに合うのはマイネレーツェルのみ。この馬を穴で狙います。




予想評価(本命=ベッラレイア

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=マイネレーツェル
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はポルトフィーノです。
休養明け2戦目となる3歳馬の成績は(0,0,0,13)。この中には06年1着入線のカワカミプリンセスの例も含まれますが、カワカミプリンセスの場合GⅠ馬であったことを考えると、重賞実績が無いポルトフィーノはあきらかに実績不足。さらに前走OP特別以下のクラスに出走していた馬は(0,0,0,21)。二つのデータからこの馬を消します。



~GⅠ新シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!
「カワカミプリンセスには勝たせてあげたいな~。」
「でもムードインディゴ2着続き、そろそろ勝つかな!?」


・・・だそうです。



秋のランキングUP強化期間中!ポチッとお願いします!
↓↓↓


AD

今週のWメインエベント ~ファンタジーS~

テーマ:
W重賞は2本目は得意の牝馬重賞!

ファンタジーS
の本命馬はイナズマアマリリスです!

過去10年のこのレースのデータから。
まずこのレースの消しデータとして
○前走4着以下(0,0,1,31)
○前走未勝利戦に出走(0,0,1,13)
○前走地方コースに出走(0,0,0,8)
○前走東京以外の関東場に出走(0,0,2,13)

これらを消した上で、前走出走距離に注目
      (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  16%-24%-36% / 128円- 98円
同距離    13%-28%-35% /  74円- 88円
距離短縮   0%-20%-40% /   0円- 74円

距離延長組と同距離組は成績面では互角といえますが、回収値面では距離延長組に魅力があります。
ここでの狙いは距離延長組。

さらに先の消しデータを除いた場合の、前走騎手の継続or乗り替わりについて見ると
      (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同騎手  13%-26%-37% /  49円- 90円
乗替り   13%-26%-33% / 143円- 81円

こちらも成績面は互角、しかしながら回収値面では乗り替わりの組に魅力があります。
狙いは乗り替わり。

ということで消しデータをクリアした、「距離延長」「乗り替わり」の馬はイナズマアマリリス(池添)、プレザントブリーズ(和田)。

最後は騎手データで。
「11月~12月」「2歳限定」「OP特別以上クラス」(過去5年)のデータです。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添   14%-19%-23% /  113円- 47円
和田    10%-10%-15% /   70円- 54円

成績面・回収値面で上回ったのは池添。
ということで本命はイナズマアマリリスとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はプレザントブリーズです。
ベタに生き残りのもう1頭を狙います。



予想評価(本命=
イナズマアマリリス
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=プレザントブリーズ
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はシルクナデシコです。
のデータにもあった前走4着以下の馬(0,0,1,31)。前走で負けすぎた馬は、すでに重賞クラスの2歳戦ではふるいにかけられた感があり消し。



秋のランキングUP強化期間中!ポチッとお願いします!

↓↓↓

今週はGⅠ中休み。そんな休みの週にこそ、がっちり当てて残りのGⅠシリーズに弾みをつけたい!
そんな今週はWメインエベント!まずは東から!


アルゼンチン共和国杯
の本命馬はジャガーメイルです! 

過去10年のこのレース、02年は中山開催のためこの年を除いた過去9回のこのレースのデータから。
まずこのレースでの斤量面に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
55kg以下     3%-10%-16% /   24円- 71円
55.5kg以上   14%-19%-26% /  219円-100円

55.5kg以上の斤量を背負っていた馬が成績面・回収値面ともに優秀。他のレースでもデータとして述べているように、ハンデ戦は斤量重い方が有利といったデータ。

さらにこのレース全体のの消しデータとして
①前走GⅠ以外に出走していた、2ヶ月以上休養明け初戦の馬(0,0,0,10)
②前走中山コースに出走(0,0,3,21)
③前走3着以下に敗れていた、父ヘイロー系の馬(0,0,1,23)
④前走55kg以下の斤量で、2000m以下のレースに出走していた馬(0,0,1,10)
⑤前走京都大賞典に出走し、5番人気以下で5着以下(0,0,0,13)

55.5kg以上の斤量を背負っている組から残った馬はジャガーメイル、トウカイトリック。
4歳馬のジャガーメイル、6歳馬のトウカイトリック。このレースでのそれぞれの年齢の馬の成績は
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳   10%-14%-25% /   57円- 75円
6歳   2%- 5%-10% /   54円- 37円

4歳馬の方が成績に安定感があり、狙いはこちら。
ということで本命はジェガーメイルとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はトウカイトリックです。
もちろん狙いのもう一頭は、生き残りのもう一頭から。




予想評価(本命=
ジャガーメイル
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=トウカイトリック
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」


また消し馬(=キルクル)はネヴァブションです。
先の消しデータ中
①前走GⅠ以外に出走していた、2ヶ月以上休養明け初戦の馬
②前走中山コースに出走
③前走3着以下に敗れていた、父ヘイロー系の馬

3項目ともに引っかかるこの馬。完全なる危険な人気馬と言えるでしょう。




秋のランキングUP強化期間中!ポチッとお願いします!

 ↓↓↓