今週のメインエベント ~新潟記念~

テーマ:
夏休みの宿題は、最後にあわててやるタイプのらんふらんこです。
今週は、そんな夏休み宿題を追い込みかけてやるくらいの必死さで当てたい(!?)、新潟記念1本勝負です!
 
新潟記念
の本命馬はダイシングロウです! 

馬場改修された01年以降、過去7回のこのレースのデータから。
まずは斤量データに注目。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
55kg以下   4%-12%-17% /   24円- 62円
55.5kg以上 13%-16%-26% /   81円- 79円

実力を評価された55.5kg以上組の方が成績は優秀。回収値も、元々全体で単勝40円、複勝66円と低めであることを考えれば、そこそこ上がってると見ます。

さらに55.5kg以上組の中でも
①斤量57.5kg以上の馬は(0,0,2,6)
②7歳以上馬は(0,0,0,8)
あまりに重い斤量であったり、高齢馬ということになると、好走は厳しい様子。

該当馬はタマモサポート、ダイシングロウ、バトルバニヤン。
前走新潟出走のタマモサポート、バトルバニヤン。前走小倉出走のダイシングロウ。
そこで、斤量55.5kg以上の馬に限って前走出走場について見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新潟  0%- 0%- 0% /    0円-  0円
小倉 25%-25%-50% /  123円-140円

前走新潟出走の馬は9頭の例があって複勝圏内入着なし。その点小倉出走組は好成績で高回収値。

ということで本命は
ダイシングロウとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はサンレイジャスパーす。
過去7回のこのレース、父グレイソブリン系の馬の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  25%-41%-58% /  152円-204円

と、好成績で高回収値。
複勝圏内に入着した馬はすべて
①斤量55kg以下
②4歳~6歳馬

唯一の該当馬サンレイジャスパーを狙います。
父グレイソブリン系の馬からダービーレグノ(02年3着、03年1着)、ヤマニンアラバスタ(05年1着、07年3着)と同じ馬が2度馬券圏内に絡んだ例があり、リピーター率が高いというのも、この馬には好データです。



予想評価(本命=
ダイシングロウ
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=サンレイジャスパー
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」


また消し馬(=キルクル)はエリモハリアーです。
先の斤量55.5kg以上組のデータで書いた
①斤量57.5kg以上の馬は(0,0,2,6)
②7歳以上馬は(0,0,0,8)
二つのデータに該当するエリモハリアー。最も、この馬の場合は函館専門のイメージもあり消します。




クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

AD

今週のメインエベント ~札幌記念~

テーマ:
ちょうど去年の札幌記念の週に、馬インフルエンザ問題が起こったんですね。
こうして、相変わらず予想ができ、馬券が買えるのは何よりなこと。馬インフルエンザは、相変わらず発症したりしているようですが、こうして毎週競馬が楽しめるのは、去年の事件以来、競馬関係者の方が努力されているからだと思います。
そんな努力に感謝しつつ・・・。
夏、最大の重賞とも言える、GⅡ札幌記念の予想です!
 
札幌記念
の本命馬はマツリダゴッホです! 

過去10年のこのレースのデータから。
例年、「北海道シリーズで活躍してきた上がり馬vsGⅠ常連組みの休養明け初戦」の図式となりやすいこのレース。
そこで前走GⅠ出走組とそうでない組の成績を比べると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
前走GⅠ   23%-28%-42% /   63円- 62円
前走非GⅠ  4%-13%-20% /   56円- 87円

前走GⅠ組が核の違いを見せて好走しているといった結果。回収値面はやや低い感もありますが、かと言って非GⅠ組も魅力を感じるほどの高さもなく、ここでの狙い目は前走GⅠ組と判断。

今回の出走馬中、前走GⅠ出走馬はコンゴウリキシオー、マイネルチャールズ、マツリダゴッホ。
それぞれ父ヌレイエフ系、父ロベルト系、父ヘイロー系と父血統が分かれました。
そこで、過去10年のこのレースでのそれぞれの父系統の成績を見ると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー系   7%-21%-31% /   78円-168円
ロベルト系   0%-12%-25% /    0円- 45円
ヌレイエフ系  0%- 0%-33% /    0円-156円

父ヌレイエフ系の複勝率・複勝回収値は魅力がありますが、これは3頭出走し1頭(00年レガシーハンター)が3着しての数字。
その点父ヘイロー系はのべ38頭が出走してのこの数字で、勝ち馬も出ており信頼度は高いと言えます。
ということで本命はマツリダゴッホとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はコンゴウリキシオーです。

3頭中1頭の出走ながら、回収値が高かった父ヌレイエフ系。母父ヌレイエフ系の馬も含めると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヌレイエフ系 12%-12%-37% /  122円-117円

昨年のフサイチパンドラの優勝例もあり、信頼度は高まります。




予想評価(本命=
マツリダゴッホ
「自身度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=コンゴウリキシオー
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はシルクフェイマスです。
前走非GⅠ出走組の中でも、前走札幌・函館以外のコースに出走していた6歳以上馬は(0,0,1,15)。
競馬界話題の「三浦人気」にも逆らってみたいと思います。



クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

AD

今週のWメインエベント ~北九州記念~

テーマ:
小倉の1200mで二冠達成なるか!?
Wメインエベント2本目は小倉のハンデ重賞!
 
北九州短記念
の本命馬はレットバトラーです! 

過去2年のこのレースに加え、03年~05年に「8月の小倉開催」「芝1200m」「オープンクラス」「ハンデ戦」とほぼ同条件で行われていた北九州短距離Sのデータを加えた5回分のレースデータから調べました。

まずは前走クラスに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
同クラス   2%-10%-20% /   55円- 73円
条件クラス 22%-33%-38% /  563円-192円

おもしろいくらいに前走条件クラス出走馬が好走し穴を出しています。
さらに、その前走条件クラスの馬の中で、このレースでの斤量に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
49kg以下     0%- 0%- 0% /    0円-  0円
49.5kg~53kg 20%-30%-40% /  984円-307円
53.5kg以上   33%-50%-50% /   50円- 65円

53.5kg以上の組がかなりの好走をしていますが、回収値面に魅力がありません。
その点49.5kg~53kg組は、かなりの高回収値で、成績面も勝率20%・連対率30%なら十分狙い目ありと言えます。

この組から馬券に絡んだ馬は4頭。
その4頭の共通項を見ると
①前走1400m以下
②前走7番人気以内
③4頭中3頭が乗り替わり(ちなみにその3頭ともこのレースで二桁人気)

残った馬はゼットカーク(吉田隼)、マッチメイト(川島信)、レットバトラー(幸)

最後は騎手データで。
「芝のハンデ重賞」(過去5年)のデータです。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
吉田隼  0%- 0%- 5% /    0円- 50円
川島信  0%- 0%- 4% /    0円- 29円
幸     5%-15%-28% /   32円- 99円

かなり低レベルな争いではありますが・・・。
それでも優秀な数字となっているのは幸。複勝率28%、複勝回収値99円なら狙い目としては許容範囲。
ということで本命はレットバトラーとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はゼットカークです。
先の騎手データでかろうじて複勝率、複勝回収値の高かった吉田隼を狙います。



予想評価(本命=
レットバトラー
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」
予想評価(馬=ゼットカーク
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」


また消し馬(=キルクル)はステキシンスケクンです。
過去5年、前走アイビスサマーダッシュに出走してた馬は(0,0,1,10)。昨年はサンアディユがアイブスサマーダッシュを勝って、このレースへ出走するも5番人気7着。今回の出走馬中、アイビスサマダッシュ最先着馬のこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

AD

今週のWメインエベント ~クイーンS~

テーマ:
北島康介ばりに1200と1800の二冠を目指します!
というわけで、今週はWメインエベント!しかも早めに予想UPします!
まずは札幌1800mで一冠なるか!?

クイーンS
の本命馬はレジネッタです!

古馬牝馬重賞となった00年以降過去8回のこのレースのデータから。
まずは東西厩舎別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東  2%-12%-14% /   11円- 52円
関西 12%-18%-30% /  164円- 94円

典型的な西高東低のレース傾向にあるようです。
さらに関西馬に限った東西所属別騎手と乗り替わりの関係に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東騎手へ乗替り 12%-12%-65% /  162円-176円
関西騎手へ乗替り 12%-12%-16% /  138円- 48円
関東騎手が継続    0%- 0%- 0% /    0円-  0円
関西騎手が継続  15%-30%-40% /  220円-130円

関東騎手への乗り替わりは複勝率がかなり高く魅力がありますが、実際のサンプル数は8頭。しかも勝ち馬は1頭しか出ていないということを考えると本命では狙いづらい部分があります。
そうなると安定した成績、高回収値となっている関西騎手の継続騎手が一番の狙い目となります。

ただし関西馬全体の中でも
①前走1000万下以下のクラスに出走していた馬(0,0,1,5)
②前走OP特別以下クラスで3着以下に敗れていた馬(0,0,0,4)
この二つの条件に該当する馬は消し。
残った馬はレジネッタ1頭のみ。
ということで本命はレジネッタとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はデヴェロッペです。
過去8年のこのレースで前走芝コースのレースで逃げていた馬は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  30%-46%-46% /  153円- 80円

このレース自体前残りの傾向があり逃げ馬は要注意。




予想評価(本命=
レジネッタ
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=デヴェロッペ
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はユキチャンです。

関東馬の中でも前走ダートコース出走の組は(0,0,1,5)。話題の白毛馬の古馬重賞挑戦で過剰人気もあると思われます。確かに好走したら競馬界が盛り上がるとは思いますが・・・思い切って消します。



  

クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

今週のメインエベント ~函館2歳S~

テーマ:
ガンバレ!ニッポン!
そして、らんふらんこは予想の金メダルを目指します!

函館2歳S
の本命馬はナムラミーティアです!

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別     11%-16%-22% / 103円- 61円
新馬・未勝利   6%-14%-22% /  77円- 82円

前走OP特別クラス出走の組が好成績・高回収値。
前走OP特別クラス出走馬で複勝圏内に入着した馬はすべて前走ラベンダー賞出走。
その前走ラベンダー賞組の中で前走着順に注目すると
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1着     42%-42%-42% / 464円-107円
2~3着  11%-33%-55% /  51円-162円
4着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

前走1着組が好成績で勝率・連対率はズバ抜けています。
すでに同条件勝ちで早い段階での能力の高さを証明しており、そう簡単に崩れることは無いといったデータ。
ということで本命はナムラミーティアとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はシシャモチャンです。
2回函館開催の良馬場で行われた芝1200m戦は15鞍。
そのうち最多の5勝をあげているのがサクラバクシンオーの産駒で全体の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 19%-33%-38% / 276円-114円

3頭出走のサクラバクシンオー産駒の中から、一番人気薄のシシャモチャン。名前でなめられてるみたいですが、侮れないと思います。



予想評価(本命=
ナムラミーティア
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=シシャモチャン
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はコパノマユチャンです。

先のデータでも述べたように、前走ラベンダー賞4着以下の馬は(0,0,0,17)。前走不利があったこと外国人騎手の騎乗で人気しているようですが、データ的不利は間違いなく消しとします。



 

クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング