今週のメインエベント ~函館記念~

テーマ:
 今週の重賞は函館名物・荒れるハンデ重賞の函館記念です!

函館記念
の本命馬はピサノパテックです!

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走からの斤量増減に注目
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2kg以上増      0%- 0%- 0% /   0円-  0円
0.5kg~1.5kg増   0%-13%-20% /   0円- 38円
増減なし       14%-21%-25% /  81円- 63円
0.5kg~1.5kg減   11%-17%-22% / 287円-132円
2kg以上減      3%- 9%-18% /  88円-101円

成績が一番良いのは増減無しの組ですが回収値がイマイチ。その点で狙い目は「0.5kg~1.5kg減」の組。あまりにハンデが恵まれた組は単に実力不足、ややハンデをもらった組が一番の狙い目といった感。
この時点で該当馬はコーナーストーン、ピサノパテック。

4歳馬のコーナーストーン、6歳馬のピサノパテック。それそれの年齢の馬のこのレースでの成績を比べると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳馬   7%-11%-23% /  75円- 68円
6歳馬   6%-12%-15% / 146円-116円  

ほぼ同様の成績で、回収値が高い6歳馬が魅力。
ということで本命はピサノパテックとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はコーナーストーンです。
単純に絞込みで残ったもう1頭を狙います。
ちなみに過去10年このレース全体の「前走巴賞で6着~9着の惜敗組」の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   10%-26%-26% /  309円-186円

そこそこの確率で穴馬を出しているのがこの組。


予想評価(本命=
ピサノパテック
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=コーナーストーン
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はエリモハリアーです。

過去10年勝ち馬が出ていない「前走から斤量増」の組。中でも7歳以上馬は(0,0,0,5)。該当するエリモハリアー。4連覇の道は険しいと見ます。


 

クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

AD
今週からは函館・新潟・小倉開催となって夏競馬本番です!
そして、新潟開幕週のメインは新潟自慢の直線1000m重賞、アイビスサマーダッシュ!
 
アイビスサマーダッシュ
の本命馬はカノヤザクラです!


直線芝1000mコースが出来た01年以降、7月新潟開催の開幕週に行われた(良~やや重)芝1000m戦は15鞍。
うち半分以上の8鞍の勝ち星をあげているのが父ナスルーラの系統で、その成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   14%-22%-33% /   98円- 87円

と、なかなかの好成績。

この時点で該当馬はオートセレブ、カノヤザクラ、ナカヤマパラダイス、ハナイチリン、マルブツイースター。

ただし
①前走芝1200m以下のレースで11着以下の馬(0,0,0,5)
②2ヶ月以上の休み明けの馬を除き、前走1300m以下のレースで二桁人気(0,0,0,9)
この二つに該当する馬は消し

残った馬はカノヤザクラ(小牧太)、マルブツイースター(中舘)。

最後は騎手データで。
過去5年の新潟芝1000m(オッズ関係なし)のデータ。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
小牧太  14%-42%-57% /   97円-191円
中館   10%-27%-38% /   46円- 68円

実際の機乗数は7鞍ながら好成績・高回収値となったのは小牧太。7鞍でも半分以上の確率で3着内を確保していること、また新潟コースで中館人気しそうなら、あえて嫌って妙味があるとも考えます。
ということで本命はカノヤザクラとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はステキシンスケクンです。
7月新潟開催の開幕週に行われた(良~やや重)芝1000m戦の15鞍で、前走芝コース、前走ダートコースを比べると

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
芝    6%-12%-18% /   89円- 57円
ダート  3%-10%-16% /   18円-253円

成績はほぼ同じながら、前走ダートコースの組が連下で穴を出していることがわかります。
唯一の該当馬ステキシンスケクンを穴で狙います。



予想評価(本命=
カノヤザクラ
「自身度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ステキシンスケクン
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はタマモホットプレイです。

7月新潟開催の開幕週に行われた(良~やや重)芝1000m戦の15鞍で、相性が良くない血統が父ヘイロー系で(0,0,2,19)といった成績。



 

クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

AD

今週のメインエベント ~七夕賞~

テーマ:
夏競馬第2ラウンドは荒れるハンデ戦七夕賞で勝負!
 
七夕賞
の本命馬はカネトシツヨシオーです!

過去10年のこのレース。00年は東京開催ということで、その年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、前走からの斤量増減に注目。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量減    5%-11%-17% /   34円- 58円
同斤量   8%-16%-24% /   72円-178円
斤量増   28%-42%-57% /  228円-117円

成績面で断トツの好成績となったのが斤量増の組。ただし、実際にはこの斤量増の組に該当するのは過去9回では7頭しかいません。それでも回収値も単勝・複勝とも100円越えと、説得力のある数字が出ていますので、今回はこの組を狙います。

斤量増となった7頭中馬券に絡んだ馬の共通項を見てみると
①連対した3頭がすべて関西馬
②複勝圏内入着の4頭中3頭が前走芝コースで着差0.6秒以内(該当しない1頭は前走ダートコース)

①②に該当すのはカネトシツヨシオーのみ。

ということで本命はカネトシツヨシオーとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はダブルティンパニーです。
このレースと相性が良いのが前走エプソムC出走組で
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   13%-27%-40% /   76円-123円

といった成績。
中でもエプソムCで掲示板をはずした関西馬は(1,1,1,3)複勝率50%で単勝回収値145円、複勝回収値196円
とこのレースで巻き返しの激走をしています。外差有利の傾向もこの馬に好条件と見て穴で狙います。



予想評価(本命=
カネトシツヨシオー
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ダブルティンパニー
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はキャプテンベガです。

前走が条件戦で、このレースで54kg以上の斤量を背負わされた馬は(0,0,1,5)。05年、福島巧者のグラスボンバーがその相性の良さで3着に来たのが最高で、04年には1番人気に推されたメジロマントルが5着と敗れています。さすがに昇級戦初戦で斤量が見込まれた感があるこの馬を消します。



 

クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

AD

6月競馬+1週を終えて・・・

テーマ:
さて6月+7月第一週までの競馬を終えてのらんふらんこ予想の回収値は・・・


本命予想          単勝回収値168円 複勝回収値 86円
馬(推奨穴馬)予想  単勝回収値 30円 複勝回収値112円

消し馬(キルクル)予想  単勝回収値132円 複勝回収値143円


本命予想が好調すぎたここまでですが、ようやく馬が勝ちました(エイシンデピュティ@宝塚記念)。
まぁ、そんなに穴馬ではなかったので、思いっきり回収値が上がったわけではないですが・・・それに本命馬が来てるなら、それで良しって感じもありますので(笑)。

ただ、いかんせん消し馬がヒドイ(苦笑)。ヒカルオオゾラ、スリープレスナイト、ピースオブラヴと消し馬が走ること走ること(汗)。とりあえず一ヶ月は消し馬が来なかったって月を作るところから始めないと・・・。ということで夏競馬がんばりまーす。




クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

今週のメインエベント ~函館SS~

テーマ:
春競馬締めくくりの宝塚記念は推奨穴馬的中で馬券的にもキレイに締めくくることができました!
(6月競馬の振り返り記事がまだでしたので、また来週にでも。)
さて、今週からは本格的夏競馬突入!暑い夏に鍛えてパワーアップして、秋競馬に突入できるようにがんばります!今週は、夏はやっぱり北海道ってことで!函館メインを予想します!
 
函館スプリントS
の本命馬はタイセイアトムです! 

今開催の函館芝1200m戦全11戦の中で1勝以上3頭以上の連対馬を出している父系統は
ミスタープロスペクター系(4,1,0,23)
プリンスリーギフト系(3,2,5,9)
ヘイロー系(1,2,2,41)

ただ、父ヘイロー系については率に直して成績を見ると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   2%- 6%-10% /  19円- 25円
連対率が一桁%では狙いづらいところで、この系統は狙いからはずしたいと思います。
ということでここでの狙いは父ミスタープロスペクター系、父プリンスリーギフト系に絞られます。

さらにこのレースが6日目開催となって以降の過去6年のこのレースのデータから。
年齢別成績を見てみます。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳   10%-20%-40% /   91円-182円
4歳   7%-14%-21% /   31円- 45円
5歳   20%-20%-26% /  544円-125円
6歳以上 2%-11%-15% /   14円- 68円

3歳馬、5歳馬が好成績・高回収値。狙いの2系統には3歳馬がいませんので狙いは5歳馬となります。
父ミスタープロスペクター系、父プリンスリーギフト系の5歳馬となると該当馬はタイセイアトムのみ。

ということで本命は
タイセイアトムとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はプレミアムボックスです。
前走高松宮記念に出走していた馬は(1,1,1,5)単勝回収値55円、複勝回収値142円。中でも前走0.2秒~0.7秒負けの惜敗組に限ると(1,1,1,3)複勝率50%となって単勝回収値73円、複勝回収値190円と高回収値。 



予想評価(本命=
タイセイアトム
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=プレミアムボックス
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はスピニングノアールです。

先のデータで成績の良くなかった6歳以上馬。中でも前走1200m戦に出走していた7歳以上馬に限ると(0,0,1,11)。夏のこの時期に高齢馬でスプリント戦を続けて走るのは辛いといったデータ。これに該当するスピニングノアールを消します。



 

クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング