今週のメインエベント ~宝塚記念~

テーマ:
いよいよGⅠ前半戦もファイナル!GⅠだけは絶好調のらんふらんこ予想!最後も当てて締めくくりたいと思います!
 
宝塚記念
の本命馬はアルナスラインです! 

前半のGⅠはかなりの好成績で終えることが出来そうです。好成績のポイントとしては去年とほぼ同様のデータで攻めた結果、それが今年の結果にマッチしていたのかな、と。ということで宝塚記念も去年と同様のデータで攻めます。
過去10年の宝塚記念、ただし06年は京都開催ということでその年を除く過去9回分のこのレースのデータから。
まず連対馬のべ18頭には以下のいずれかの実績がありました。
①前走GⅡ以上の重賞3番人気以内で連対
②その年の春の天皇賞で3着以内
③前年の5月以降に重賞勝ちとGⅠ連対を別の別のレースで経験しかつ前2走以内に重賞連対

該当馬は
①アルナスライン、エイシンデピュティ、カンパニー、メイショウサムソン(②、③もクリア)
②アサクサキングス

世代別に4歳馬のアルナスライン、アサクサキングス。5歳馬のメイショウサムソン。6歳馬のエイシンデピュティ。7歳馬のカンパニーが残りました。

6歳以上馬のエイシンデピュティ、カンパニー。
過去10年のこのレースで7歳以上馬の成績は(1,0,2,33)と厳しい成績。複勝圏内入着の3頭はすべて1年内にGⅠ連対経験のあった馬。GⅠでの連対経験の無い2頭は割引。

5歳馬のメイショウサムソン。
過去10年のこのレースで5歳馬の成績は(1,3,5,30)。複勝圏内入着の3頭は、前3走すべてOP特別以上クラスに出走し、4着以内。2走前、3走前と掲示板をはずしたこの馬は不安があり割引。

4歳馬のアルナスライン、アサクサキングス。
過去10年のこのレースで4歳馬の成績は(7,6,1,29)。先の5歳、6歳以上世代と比べても好成績なのは一目瞭然。単勝回収値も166円と高い数字となっています。
4歳馬の中でも前走着順に注目すると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内 30%-50%-50% /  323円-135円
3着以下  4%-13%-17% /   29円- 55円

前走連対馬の好成績・高回収値は歴然。
ということで本命はアルナスラインとしました。



また
★馬(=推奨穴馬)はエイシンデピュティです。
生き残り馬の中でも、前走金鯱賞勝ちのエイシンデピュティ。
前走金鯱賞勝ちの馬がこのレースに出走した場合の成績は(2,2,1,2)と好成績。さらに2番人気以内での勝ちに限ると(2,1,0,1)単勝回収値157円、複勝回収値140円とかなりの好成績・高回収値。
 



予想評価(本命=
アルナスライン
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=エイシンデピュティ
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はアドマイヤオーラです。

「夏は上がり馬を買え」の格言もあるように、夏シーズンに行われるこのGⅠも勢いは重要で、前走6着以下に敗れていた馬は(0,0,1,36)と馬券に絡むのは非常に難しいといったデータ。さらに、このレースは父ヘイロー系の相性が良くなく、前2走とも4着以下に敗れていた父ヘイロー系の馬は(0,0,0,7)。2つのデータに該当するアドマイヤオーラ。ここはバッサリ消し。
 



~GⅠ新シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!
私の夢は、将雅です!」
 
・・・だそうです。



クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

 
AD

今週のメインエベント ~マーメイドS~

テーマ:
やはりGⅠでないと調子が出ないのか、先週は両重賞で消し馬が来てしまいました(汗)。
先週が絶不調のどん底であったことを願いたい・・・。
そんな今週唯一の重賞マーメイドSの予想です!

マーメイドSの本命馬はブリトマルティスです!

一昨年からハンデ戦となったこのレース。ただし一昨年は京都開催、阪神のハンデ戦でのこのレースは昨年が初めて。ということこのレースの過去の傾向ではサンプル数が少ないため、阪神芝2000m馬場傾向から勝ち馬を絞り込みます。

馬場改修後の2006年12月以降の阪神開催。開幕週(1日目~2日目)に良馬場~やや重で行われた芝2000m戦は9戦。その中で2頭以上の連対馬を出している父系(小系統)×母父系(大系統)の配合は
ヴァイスリージェント系×ナスルーラ系(1,1,0,1)
ヘイロー系×ナスルーラ系(1,1,0,2)
ヘイロー系×ノーザンダンサー系(1,1,0,2)
ロベルト系×ノーザンダンサー系(1,1,0,0)

さらに前走出走場を東と西に分けると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
東開催   0%-13%-21% /    0円- 71円
西開催  13%-19%-28% /   56円-101円

西開催出走の組が好成績・高回収値。

該当馬はウインシンシア、ソリッドプラチナム、ブリトマルティス。

最後は久しぶりに騎手データ。
騎手データも阪神開催の開幕週(1日目~2日目)に良馬場~やや重で行われた芝2000m戦のデータから。
 (着度数 / 単勝回収値-複勝回収値)
武豊   (3,1,0,5)/  111円- 65円
幸    (0,0,1,4)/    0円-298円
浜中   騎乗経験なし

勝ち鞍もあり安定した成績となっているのは武豊。
ということで本命はブリトマルティスとしました



また
★馬(=推奨穴馬)はソリッドプラチナムです。
先の騎手データから、複穴を出した経験のある幸を狙います。





予想評価(本命=
ブリトマルティス
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=ソリッドプラチナム
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」


また消し馬(=キルクル)はピースオブラヴです
父ミスプロ系の馬は(0,1,0,10)。とくにミスプロ×ターントゥの系統は(0,0,0,4)。血統データからこの馬を消します。
 

クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

 
AD

今週のWメインエベント ~CBC賞~

テーマ:
Wメインエベント2本目に行きましょう!
地元中京開催最終週の重賞CBC賞です!

CBC賞の本命馬はカノヤザクラです!

このレース自体は一昨年から6月最終週開催となりデータが少ないため、まずは2005年以降の6月最終週開催(=7日目~8日目)に行われた中京芝1200m(良~やや重)戦、全13戦の血統データについて調べました。
全13戦中、2連対以上していた種牡馬は3頭

     (着度数/ 単勝回収値-複勝回収値)
サクラバクシンオー (4,1,1,6)/  403円-263円
フジキセキ      (2,0,0,2)/  260円- 87円
マイネルラヴ     (1,1,0,6)/   71円-107円

3頭ともが連対率25%以上の好成績で高回収値。

今回の出走馬の中で3頭いずれかの産駒はサクラバクシオー産駒のカノヤザクラ、フジキセキ産駒のフジサイレンス、テイエムアクション。

ここで過去2回、のべ6頭の複勝圏内入着馬の共通項を見てみると
①今回斤量54kg以上
②前走芝1600m以下のレースに出走し1.3秒以上負けていない
③6頭中5頭が前走一桁人気(連対馬4頭は全て共通)

①~③すべてに該当ずるのはカノヤザクラのみ。
ということで本命はカノヤザクラとしました


また
★馬(=推奨穴馬)はトーセンザオーです。
馬は違えど、中京最終週の芝1200m重賞と言えばこの人でしょう! 



予想評価(本命=
カノヤザクラ
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=トーセンザオー
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はスリープレスナイトです
2005年以降の6月最終週開催(=7日目~8日目)に行われた中京芝1200m(良~やや重)戦で、前走ダート戦で4番人気以内だった馬は(0,0,1,14)。ダート適正が評価されるような馬は、スピード比べの芝1200m戦は好走が難しいと見ます。 



クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

AD

今週のWメインエベント ~エプソムC~

テーマ:
安田記念も終わり、春のGⅠシリーズもクライマックスの宝塚記念まで一休み。
一休みしながらも、資金は増やしておきたい!そんな今週はWメインエベントで勝負!
まずは東の重賞から!

エプソムCの本命馬はマイネルキッツです!

6月東京最終週開催となった00年以降の過去7年のこのレースのデータから。
まずは、東西厩舎別成績に注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東   8%-14%-23% /   72円-152円
関西   3%- 7%-10% /   32円- 42円

西高東低の傾向が強い競馬界にあってこのレースは関東勢が成績・回収値面で圧倒。

さらに前走人気に注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3番人気以内  20%-37%-51% /  186円-173円
4番人気以下   0%- 0%- 4% /    0円-139円

4番人気以下の組からは連対馬なし。複勝率4%というのも非常に狙いづらい数字。
この時点で該当馬はマイネルキッツ一頭のみ。
ということで本命はマイネルキッツとしました


また
★馬(=推奨穴馬)はブライトトゥモローです。
このレースで相性の良い血統と言えば、父ヴァ イスリージェント系の馬。昨年はフレンチデピュティ産駒のワン・ツー・スリーフィニッシュ。それ以外にも01年トーヨーデヘア(父デヘア)の2着の例も あって、父ヴァイスリージェント系の馬は00年以降のこのレースで(1,2,1,0)。昨年このレース2着のこの馬。ここでの復活に期待です。



予想評価(本命=
マイネルキッツ
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ブライトトゥモロー
「自身度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はヒカルオオゾラです
穴馬とは逆に血統面で相性が良くないのが父ヘイロー系で(0,0,2,37)といった成績。また関西馬で今回昇級戦となる馬は(0,0,0,7)。昇級していきなりの通用は難しいと見ます。
 



クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング

今週のメインエベント ~安田記念~

テーマ:
ダービーで燃え尽きた感もありますが・・・それは毎年のことのような気もしますが・・・。
今週の安田記念もはりきってまいりましょう!

安田記念の本命馬はスズカフェニックスです!

短距離路線の日程・条件変更・新設重賞等でここ数年のデータも微妙な変化があるこのレース。
そこでまずは、4月から連続の前開催・今開催の東京芝1600戦(良~やや重)での血統傾向について見ていきます。
4月以降の東京芝1600戦(良~やや重)で、1勝以上かつ2頭以上の連対馬を出している父血統(小系統)×母父血統(大系統)は
①ヘイロー系×ノーザンダンサー系 1着4頭 2着1頭
②ヘイロー系×ナスルーラ系 1着2頭 2着1頭
③サドラーズウェルズ系×ノーザンダンサー系 1着1頭 2着1頭

今回の出走馬中それぞれに該当する馬は
①エアシェイディ、キストゥヘヴン、ジョリーダンス、スズカフェニックス
②(レゴラス)
③該当馬なし

該当馬からもう少し絞り込むために、高松宮記念が3月開催となった00年以降のこのレースのデータから
①今回斤量増となる牝馬(0,0,1,12)
②前走0.7秒以上負けていた(0,0,1,36)

ここまで残った馬はエアシェイディ、スズカフェニックス。

エアシェイディ、スズカフェニックスともに前走重賞1番人気、3着という成績。
過去8年のこのレースで、前走重賞で1番人気3着以内という成績だった馬は(1,1,2,6)。勝率10%、連対率20%、複勝率40%、単勝回収値201円、複勝回収値163円と好成績。
このうち前走からのレース感覚が「中9週以上(休み明け)の馬」と「中8週以内の馬」それぞれの成績は
中8週以内(1,0,2,3)
中9週以上(0,1,0,3)

さすがにGⅠで休み明けはやや不利の感。前走とのレース間隔がある程度つまっている方がやはり有利。
ということで本命はスズカフェニックスとしました


また
★馬(=推奨穴馬)はエアシェイディです。
休み明けと言えど、前走重賞で1番人気3着以内のデータは有利。また実際この組の中からでた1着馬は01年のブラックホークで当時7歳の関東馬でした。 



予想評価(本命=
スズカフェニックス
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=エアシェイディ
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はブリッシュラックです
今回は手ごわい香港馬3頭が遠征してきましたが、
前走GⅠで連対していなかった香港馬(0,0,1,7)。ブリッシュラックは消してよいのではないかと。 


~GⅠ新シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!

エアシェイディが勝ったら、また後藤が泣くかなぁ?」
 
・・・だそうです。



クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング