今週のメインエベント ~スプリンターズS~

テーマ:

さぁ、いよいよ秋のGⅠシーズン開幕です!

が、日ハムマジック2で忙しかったり(苦笑)。

とりあえず、早々予想UPです!


スプリンターズSの本命馬はスズカフェニックスです!


まずは所属厩舎データに注目。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東    3%- 7%-10% /  28円- 21円
関西    5%-15%-21% / 517円-151円
※外国 20%-18%-27% /  28円- 52円


外国馬の出走は無いのでこれはあくまで参考データ。
関東馬対関西馬という点では関西馬が有利。元々このレース過去6回全体の回収値が単勝316円、複勝105円と荒れ傾向にあることから考えれば関東馬からは本命サイドの馬しか馬券に絡めていないことがわかります。


また別の視点から前走出走場の中央開催orローカル開催に注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中央開催  10%-13%-24% / 745円- 98円
ローカル    4%-11%-13% /  28円-116円
海外     0%-22%-33% /   0円-104円


前走ローカル開催組の中には昨年阪神改修の代替開催として行われた中京でのセントウルS組も含まれており、これを「(競馬場としてはローカルだが)開催としては中央の代替」ということで例外として除くと
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ローカル    2%- 7%-10% /  21円-112円

とさらに数字が下がります。ということで前走ローカル出走組は消し。
また海外のレースを出走していた組は、勝ちは無くともとりあえず連下としては十分な数字。


さらに絞り込むための消しデータとして
①その年のGⅠを勝った馬を除く、前走1.0秒以上負けた馬(0,0,0,6)
②前走マイル以下の芝の重賞に出走していなかった馬(0,0,0,17)
③前2走とも6着以下(0,0,1,10)
④今回2ヶ月以上の休養明けで、前2走でGⅠ連対をしていない(0,0,1,16)
⑤今回2ヶ月以上の休養明けで、前走安田記念以外のレースで0.3秒以上負けていた馬(0,0,1,11)


これらを消して、前走中央開催(or海外出走)の関西馬はサンアディユ、スズカフェニックス。


サンアディユはともに父ヴァイスリージェント系。
今開催の中山1200m戦で父ヴァイスリージェント系の馬が出走した例は4戦。成績は(0,0,0,4)。サンプル数は少ないものの、4頭中3頭は人気よりも着順が下回っており、残り1頭は1.0秒の負けで、健闘したとは言えない結果。また前走セントウルS組は(2,1,3,15)の成績で連対率14%とそこそこの成績ですが、セントウルSを勝った組は(0,0,0,6)と過去6回全馬馬券に絡んでいないという結果。ということでこの馬は大きく割引。


スズカフェニックスは父ヘイロー系。
今開催の中山1200m戦で父ヘイロー系の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  17%-20%-31% /  79円- 87円

勝ち馬は5頭で、すべて4番人気以内というのもこの馬にはピッタリのデータ。
さらに前走安田記念の組は(2,1,0,2)と好相性。負けた2頭も含め(なので後押しできるかといったデータですが)全ての馬がその年にスプリントGⅠ勝っていました。

ということで本命はスズカフェニックスとしました。



また★馬(=推奨穴馬)コイウタです。
今開催の中山芝1200m戦で父か母父の系統がヘロド系の馬は(2,0,2,6)単勝回収値162円、複勝回収値225円と成績面、回収値面とも高い数字を出しています。とくに中でも好相性なのは父ヘイロー系×母父ヘロド系の馬で(2,0,1,0)の成績。血統データからこの馬を穴で狙います!

予想評価(本命スズカフェニックス
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬コイウタ
「自身度=中
」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はアストンマーチャンです。
前走ローカル場に出走し、「前2走とも6着以下」の消しデータにも該当。さらにこのレース過去6回の父ナスルーラ系の馬の成績も(0,0,0,14)。この馬には不利なデータが多すぎ。




~♪GⅠ特別シリーズ ハニーの気まぐれ予想♪~

またこのコーナーも復活!春に引き続き絶好調の予想をお届けしますよ~!


ハニーのスプリンターズS本命馬サンアディユです!

この馬、この夏一番お世話になったお馬さんなんです♪
もちろんこの夏一番力をつけた馬とも言えます!セントウルS勝ち馬が勝っていないのもジンクスみたいなもので、この馬なら打ち破ってくれると期待します!

ハニーの★馬(=推奨穴馬)アグネスラズベリです!
サマージョッキーシリーズでチャンピオンになってこの夏一番注目を浴びた騎手!この馬自身もサマーシリーズで大活躍!前走はイマイチだったけど、馬体回復していれば再度好走できると思います!





クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のWメインエベント ~オールカマー~

テーマ:

なんだか相変わらず30度を越す暑い日が続いてますが、いよいよ来週はGⅠ開幕!

GⅠに向けて調子が上がらないのは暑さのせい!?

今週あたり大きく当てて、GⅠに向いたい!


オールカマーの本命馬はサンツェッペリンです!


新潟開催だった02年を除く過去10年のこのレースのデータ。
過去9回中8回の勝ち馬をだし相性抜群なのは父ノーザンダンサー系の血統。
父ノーザンダンサー系の全体的な成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
   25%-28%-37% /  280円- 81円

この時点で該当馬はエリモハリアー、コスモプロデュース、サンツェッペリン。

コスモプロデュースは前走12着と大敗。前走2ケタ着順の馬はこのレース全体で(0,0,1,18)で連対例が無く大きく割引。
エリモハリアーは7歳と高齢。7歳以上馬で前走4着以下に敗れた馬は(0,0,0,11)これまた好走例は無く割引。

残るは1頭。ということで本命はサンツェッペリンとしました。


また★馬(=推奨穴馬)エリモハリアーです。
父ノーザンダンサー系に限ったデータで、前走札幌記念出走の組は(2,0,1,2)。その札幌記念で3着以下に敗れていても、二桁着順で無かった馬に限れば(1,0,1,0)と好成績。サンプル数が少ないながらも穴で狙うなら面白いデータ。

予想評価(本命サンツェッペリン
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬マエリモハリアー
「自身度=中
」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はタマモサポートです。
前走0.6秒以上負けた父ナスルーラ系の馬は(0,0,1,6)。思えば先週のセントライト記念も同じコースで3番人気の父ナスルーラ系のシグナリオが惨敗。コース相性の観点からこの馬を消し。



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

セントライト記念を終えて・・・

テーマ:

先週の競馬を終えてのらんふらんこの予想回収値は・・・


本命予想          単勝回収値175円 複勝回収値126円
馬(推奨穴馬)予想  単勝回収値214円 複勝回収値125円

消し馬(キルクル)予想  単勝回収値 21円 複勝回収値 53円

いつも間にか1ヶ月以上の間、回収値報告してませんでしたスイマセン。

まぁ、この間特別大きな的中もありませんでしたけどね(苦笑)。
ただ、相変わらず消し馬の連対は無し!かなり奇跡的な数字出してると思うんですけどね!
あとは馬券に繋がるだけですね(苦笑)。

さぁ、まもなく始まるGⅠに向けてエンジン全開!

クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~セントライト記念~

テーマ:

先週は札幌競馬場まで行って、阪神の馬券ばかり買ってました(笑)。

さぁ、今週からは腰をすえて(?)じっくり予想します!


セントライト記念の本命馬はロックドゥカンブです!


まず前走人気に注目
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
前走3番人気以内  12%-21%-30% /  264円-113円
前走4番人気以下  2%- 8%-13% /   17円- 41円

前走3番人気以内と人気していた組が好成績。

さらにその中でも相性が良くない例として
前走3着以下の馬は(0,0,1,13)
父ミスプロ系(0,0,1,5)
父ナスルーラ系(0,0,0,6)
前走も中山コース(0,0,0,6)
と連対例無しでデータとしては消し。


該当馬はサンワードブル、マイネルグラナーテ、ロックドゥカンブ

それぞれが前走1000万下クラス、500万下クラス、重賞を走ってきた馬。

前走それぞれのクラス別成績は

     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
500万下  11%-11%-18% /  402円-125円
1000万下  2%-12%-21% /   24円- 73円

重賞     11%-20%-28% /  112円- 61円


前走500万下の組が意外な人気の盲点となっているのか、数字は悪くありません。が、連対率・複勝率がやや信頼に足りません。となると連対率20%越えの前走重賞組の安定味を取りたいところ。

ということで本命はロックドゥカンブとしました。



また★馬(=推奨穴馬)マイネルグラナーテです。
こちらは前走500万下組の爆発力に賭けます。

予想評価(本命ロックドゥカンブ
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬マイネルグラナーテ
「自身度=低
」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はシグナリオです。
父ナスルーラ系の馬は過去9年全体で見ても(0,0,0,16)。3着無しの勢いは脅威ですがここは消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓

今週のWメインエベント ~セントウルS~

テーマ:

今週はWメインエベント!ということで、もう一つの日曜重賞セントウルSも行っちゃいましょう!


セントウルSの本命馬はエムエスワールドです!


9月の1200m戦となった00年以降のこのレースのデータ。ただし昨年は中京開催のため、それを除いた過去6回分のデータです。
まず消しデータとして
前走10着以下(0,0,0,12)
前走8番人気以下(0,0,0,17)
前走ダートコース(0,0,0,5)
前走から斤量3kg以上の増(0,0,0,6)


さらに前走距離に注目
距離延長 (0,1,2,4)
同距離  (6,4,3,39)
距離短縮 (0,1,1,16)


前走同距離組以外からは勝ち馬が出ておらず、連対率で見ても同距離組が19%で一番の好成績。ということで他の距離を走っていた組は消し。


ここで血統データに注目
このレースで2頭以上の連対馬を出しているのは父ヘイロー系のみ。過去6回で4勝と最も多くの勝ち馬を出しているのも父ヘイロー系。
ヘイロー系全体の成績を見ても
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  22%-27%-38% /  108円- 56円

ということで血統的には父ヘイロー系が狙い目。
該当馬はエムエスワールドのみ

ということで本命はエムエスワールドとしました。



また★馬(=推奨穴馬)ナリタシークレットです。
好走例の多い父ヘイロー系の中でも父ヘイロー×母父ニジンスキーの系統は2戦2勝の好成績。ゴールデンキャスト(この馬自身も勝ち馬)も該当しますが、7歳以上馬は過去6年で9頭出走し2着が一度あるのみ。そこで思い切って5歳馬(このレースで勝ち馬を出しているのは4歳馬4勝と5歳馬2勝のみ)のナリタシークレットを狙います。

予想評価(本命エムエスワールド
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」

予想評価(★馬ナリタシークレット
「自身度=低
」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はオレハマッテルゼです。
前走から距離短縮の組で前走6番人気以下の馬は(0,0,0,6)



クリックお願いします!
↓↓↓