BOSS (Season:2) 第2話

テーマ:

第2話最大の見せ場は、仲間のところへ生還できたときの木元の笑顔。放送では、その木元の顔のアップに比較的長い時間を割いた。色々な思いが込められた笑顔。思わずゾクッと。

天才戸田恵梨香の渾身の演技を見ることができた。

AD

SPEC

テーマ:
10月8日(金)からスタートしたテレビドラマ「SPEC」(~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~)。その第1話を見ました。お目当ては、主演の戸田恵梨香。刑事もののドラマはそれ程好きではありませんが、まずまずの感触が得られました。
戸田扮する当麻紗綾(とうまさや)は、以前に放送された「BOSS」の木元真実をパワーアップした感じのキャラ。型に囚われず、異色の才を放つ。その演技が自然ぽくて、旬の女優戸田の面目躍如。
シュレディンガー方程式やジグソーパズル、はたまた鼻くそほじりが登場し、当麻紗綾に対し頗る親近感を感じました。(笑) 今後、当麻が監禁されるような場面が登場するのかなぁ?
AD

「GM~踊れドクター」終了

テーマ:
昨日(9月19日)、テレビドラマ「GM~踊れドクター」の最終回が放送され、爽やかな余韻を残して終了しました。ストーリーやシナリオが私好み(多くの人にも好かれると思いますが・・・)で、私がこれまでに見たテレビドラマの中では3本の指に入るものとなりました。レギュラー及びゲストの役者さん達の名演技。BGMも効果的で良かったです。
好きな回は、第1回、第2回、第7回、第10回(最終回)。第1回と第10回は別格として、第2回と第7回は患者さんが若い女性の回です。(^^;
「GM~踊れドクター」HPのファンメッセージを見たら、続編を求む声が多く寄せられていました。確かにこのようなドラマをもっと見たいと思いますが、一般的には作り手のモチベーション低下やネタ切れ(マンネリ化)があって、初編を上回る続編を作ることは容易(たやす)くありません。ですので、続編無しでもいいかと・・・。
番組の最後に報じられた「GM~踊れドクター」DVD-BOXプレゼント。全編DVD化してありますが、早速はがきを書いて出しました。去年の年賀はがきを使用しましたが・・・。(笑)
AD

GM~踊れドクター

テーマ:

幾つか見た今クールのドラマの中では「GM~踊れドクター」が最高。「ショムニ」を彷彿させる設定と展開。主人公(後藤英雄)の大活躍が痛快。

「ハンマーセッション」も痛快感があり今後も続けて視聴するつもりだが、騙して生徒を更生させる展開には無理があり、感動がイマイチ乏しい。

JIN-仁-(第1話)

テーマ:
もう1週間前のことになりますが、JIN-仁-(第1話)を見ました。かなりドラマに引き込まれました。猿の惑星、バックトゥーザフューチャー、時を駆ける少女等々、タイムスリップを扱ったストーリーは面白いですねー。BGMも凄みが有って良かったです。
やや臭い語りや演技、ちゃちなセットやCGも有りましたが、それはそれ、テレビドラマと言うことで問題ないと思います。
私は、原作(マンガ)を全く知りません。色々謎めいた部分も散りばめられており、今後の展開が楽しみです。

最近購入した音楽CD

テーマ:

先日、音楽CD4セットを購入しました。CD4枚ではなく4セットと記したのは、そのうちの1セットがCD2枚、DVD1枚のセットだったから。


馬打竜王的空間-CDジャケット


左上は、"YouTube"でおなじみのBianca Ryan(オーディション番組「America's Got Talent」シーズン1の優勝者)のデビューCD。メジャーな曲が多く、歌唱力もあり、聴いていて飽きないCDです。
右上は、夏川りみの最新アルバム。別に夏川りみのファンということはないのですが、たまたまラジオで「ウンジュの原点(ふるさと)」という曲を聞き、買ってしまいました。全体的には、まったりとした気分になれるCDです。尚、「ウンジュ」とは、「あなたさま」という意味の沖縄言葉だそうです。
下の2つは、TVアニメ「咲-Saki-」のオープニングテーマとエンディングテーマ。ヲタクの買い物と言えるかも。(笑)

BOSS第8話(CASE08)

テーマ:
小西真奈美の無表情の演技にゾクゾクッと。
警察に捕まっても、ほとんど感情を表に出さない殺人犯。ゴルゴ13のデューク・東郷のよう。小西が演じた西山菜々美の表の顔はお喋りなホステスさん。彼女は、全く対照的な人物を見事に演じていました。
感情が移入された熱演に感動することはしばしばありますが、場合によっては、無表情の演技にも甚(いた)く感動するものなのですねー。

最近見ているテレビ番組

テーマ:
最近、続けて見ているテレビ番組は、
咲-Saki-(アニメ):テレビ東京,毎週月曜日2:00~
BOSS(ドラマ):フジテレビ,毎週木曜日22:00~
~egoist~(ドラマ):フジテレビ,毎週月~金曜日14:00~(本日最終回)
の3つです。
咲-Saki-は、原作(マンガ)を越える出来映え。原作では分からなかった情景や雰囲気を掴み取ることができます。オープニングテーマ「Glossy:MMM」とエンディングテーマ「熱烈歓迎わんだーらんど」も、なかなかのものと思います。
BOSSは、刑事事件の設定や謎解きはイマイチですが、役者さん達の演技や言葉のやり取りが素晴らしく、見終わった後に気分が良くなるドラマです。第6話(CASE06)のゲスト出演者は志田未来。天海祐希とは、テレビドラマ「女王の教室」で生徒と先生の関係でした。
~egoist~は、宮地真緒が出演していたので見ていました。毎回、凄過ぎる展開にびっくり! 役者さん達の頑張り、ヒシヒシ。香里役の宮地、らしさが出ていて良かった。

歌のおにいさん(ACT・Final)

テーマ:
8話で終わっちゃいましたねー。1クールのドラマとしては短過ぎるような・・・?
でも、笑い有り、涙有り、まったりしたところ有りで、中身は濃かったと思います。それと、好みの(感じの良い)女優さんが多かった。(笑) 今後の活躍、期待していまーす。黒柳徹子、櫻井翔の出演は、微笑ましい限り。
このドラマのテーマは、
・世の中、一寸先は闇。
・諦めず頑張り通せば、壁を越えられる。新しい道が開ける。
・子供に夢を与えることは、夢の有る未来を作ることと同じ。
・若い人達には、今を変えていく力が有る。
だったかな? 1度見ただけの記憶によるものなので、多少違っているかも。
何はともあれ、まんずまんず後味の良いドラマでした。

歌のおにいさん(ACT・5)

テーマ:

大野智の演技、またまた上手いと感じました。矢野親子の喧嘩の場面、2人の表情がリアルで良かった。美月うららは、これまでにない弱さを見せましたが、どちらにしても非常に魅力的な女性ですね。黒柳徹子登場の場面は、理由なしに笑えました。

ようやく歌のおねえさん、ゆかいな仲間たち、マカロンキッズが1つにまとまって来た感じ。。。斉藤守(丸山隆平)を除いて・・・。