茨城空港

テーマ:
茨城県に住みながら、県内に空港を造っていること、今年になって初めて知りました。誰が提案して誰が認可したのか? 全くの無駄としか思えません。
恐らく、県北地域の活性化と公共事業の推進が目的と思います。確かに最近の茨城県、県南の発展に比べ県北はイマイチの状態。まあ、東京からの距離が違うので、仕方のないところですが・・・。でも、県北には豊かな自然がいっぱいあります。お金を使って造ろうとしても、とても造ることのできない素晴らしい自然が。それだけで良いのではないでしょうか? 県北地域の活性化は空港でなくても!と思います。
茨城空港。首都圏3番目の空港。まず県南の人達は利用しないでしょう。成田と羽田がそこそこの距離にありますから。利用者は、水戸市、日立市近辺の人達が中心になるでしょう。福島空港と近過ぎない? 日に何便出て、どこに行ける? 黒字経営できる? 安全性は大丈夫? 近隣地域の騒音は問題ない? どう考えても前途多難と思います。
AD

JIN-仁-(第1話)

テーマ:
もう1週間前のことになりますが、JIN-仁-(第1話)を見ました。かなりドラマに引き込まれました。猿の惑星、バックトゥーザフューチャー、時を駆ける少女等々、タイムスリップを扱ったストーリーは面白いですねー。BGMも凄みが有って良かったです。
やや臭い語りや演技、ちゃちなセットやCGも有りましたが、それはそれ、テレビドラマと言うことで問題ないと思います。
私は、原作(マンガ)を全く知りません。色々謎めいた部分も散りばめられており、今後の展開が楽しみです。
AD

2016年オリンピック開催地

テーマ:
YAHOO!ニュースによると、2016年オリンピックの開催地が決まる前、ある韓国人ブロガーが「2016年のオリンピックは、ブラジルのリオデジャネイロで開催されることを強く望む。ブラジルを除く3都市はすでに五輪開催の経験があり、オリンピックが本当に世界の祭典であるなら、その機会は地球上のすべての国に均等に与えられるべき。」と記し、南米初となるブラジルのオリンピック招致が望ましいとの見方を示していたようです。正にその通り。今回の結果には、私も大賛成です。
実は、今回のオリンピック招致合戦、私はそれ程興味がなく、東京、シカゴ以外どこの都市が立候補しているのか?知りませんでした。2016年のオリンピックに日本が立候補すること自体、何を考えているのか!馬鹿なことを!と思っていました。その最大の理由は、北京オリンピック(東アジア開催のオリンピック)の8年後であること。それと、日本でのオリンピック開催の目的や必要性(世界に対して説明できるもの)が分かりませんでした。
更に、その韓国人ブロガーは「オリンピックは単純なスポーツ行事ではなく一つの国を変えることができる。韓国も1988年のオリンピックを機に、韓国の製品が安物のイメージから脱出し始めた。」とし、「ぜひブラジルで開催され、その国の人々、特に子供たちに夢と希望を与えることをお祈りする。」と書き綴ったようです。これは、、、現状それが事実なのかもしれないが、前半部分(一つの国を変えることができる。安物のイメージから脱出できる。)をオリンピック招致の目的にするのは間違っていると思います。オリンピックは、あくまでも「スポーツの最大ではあるが1つのイベント」、そう捕らえるべきでしょう。政治や経済を持ち込むのは、どうかと思います。オリンピックの招致合戦に国の最高責任者が出て行くなんて、、、何を考えているのか??? 今回、非常に驚きました。
AD

咲-Saki-第1部-完-

テーマ:

ついに終わってしまいました。全国大会への期待を持たせる形で・・・。
全国大会の決勝戦で清澄高校と対戦すると思われる3校。西東京代表、白糸台高校。鹿児島県代表、穎水?(えいすい)女子高校。それと、お子様のいる名前の分からない高校。決勝戦は、雀力勝負ではなく超能力勝負になりそうですねー。(笑) それらの高校の中で、穎水女子高校の制服、素晴らしいです。卒業式だけ羽織袴姿の女子大生をよく見掛けますが、制服が和装、そんな高校があっても良いと思います。全国大会の映像の中でちょっと気になったのは、咲と和が仲違いの状態になったと思われる部分。何が原因か?、気になりました。
以下は、9月23日にアップした謎に対する独り善がりの解答です。
(1) 咲の父母の職業:2人ともプロ雀士
(2) 咲の父母の別居の理由:所属するリーグが異なった。
(3) 咲の姉との不仲の理由:照が咲の雀力に嫉妬した。
(4) 清澄高校その他は何県にあるのか?:長野県
(5) 上埜久が竹井久に変わった理由:母親の再婚
(6) 風越女子の久保コーチが携帯電話に執着するようになった理由:

ハギヨシに恋をした。
(7) 風越女子の福路美穂子の右目が青い理由:

外人の血が混じっている。