『産まれた理由』メイキング

劇団ワンツーワークスの11月公演『産まれた理由』の公式ブログです。
テーマは「子どもを産むということ」。
ドキュメンタリーシアターの製作過程(取材での出来事や稽古状況)をほぼリアルタイムでお届けしていきます!

『産まれた理由』は、11月14日に千秋楽を迎えました。

当ブログは、公演の終了に伴い、更新を終了致します。

応援いただきありがとうございました。


今後の劇団公演情報は、

ワンツーワークスHP(http://www.onetwo-works.jp/

にて、ご確認下さい。

よろしくお願い致します。




【公演終了】 ドキュメンタリーシアター 『産まれた理由』

         2012年11月8日(木)→14日(水)

         赤坂RED/THEATER  



子どもを産むことの「喜び」と「難しさ」。
二つの視点から、延べ約70人にも及ぶ人々にインタビュー取材を敢行。
子どもを授かったばかりの夫婦、産まない選択をした夫婦、
不妊治療経験者、子どもの「胎内記憶」を聞いた親たち、
産婦人科医、助産師、精子ドナー、少子化対策に頭を悩ます人たち……。
その多彩にして膨大な証言から、いったい何が浮かび上がってくるのか?
今、この国で「子どもを産むということ」を見つめ直す、ノンフィクション演劇。



スマイルくん「子どもを産むこと」を通して見えてくるもの


日本は今、「少子高齢化社会」への道をひた走っています。

2010年の日本の合計特殊出生率は、わずか「1.39」。

2005年に「1.26」という過去最低を記録した後、

若干の回復傾向が見られるとはいえ、

先進国の中で比較してみても今なお相当に低いレベルにあります。

政府は2003年以降、「少子化対策担当特命大臣」のポストを設け、

国を挙げての対策に乗り出しているにもかかわらず

歯止めがかかったと言える状況には至っていません。


 なぜ、日本人は子どもを産まなくなったのでしょう?


「子育てしにくい国」という声も聞かれる中で、

子どもを産むに当たって今の我が国にはどんな障壁があるのか。

「出産」は今、現代人にとってどう捉えられているのか。

もしかしたらそこには時代の流れや社会の在り方が

深く関わっているのかもしれません。

 

一方で、子どもを持った親たちの中には、不思議な経験を持つ人がいます。

「お母さんが世界で一番かわいそうな顔をしてたから」

「ママがやさしそうでいいなぁ~と思ったから来たんだよ」

「僕が来てあげないと寂しそうだなと思ったんだ」──。

2、3歳までの幼児は突然、自分の「産まれた理由」を

口にすることがあるといいます。

にわかには信じがたいことですが、

こうした子どもの「胎内記憶」を聞いたことのある親は驚くほどたくさんいます。

「子どもが親を選んでくる」ことを示すと言われる「胎内記憶」が

以前より子どもを産まなくなった我が国の人々に指し示すものは

いったい何なのか。

「産むことの喜び」と「産むことの難しさ」。

本作品はこの二つの視点から、

環境の異なるさまざまな母親・父親、産婦人科医、学者、

さまざまな関係団体、子どもを持たない夫婦などにインタビュー取材を行い、

その証言の中から、「子どもを産むということ」を通して見えてくる

「日本の社会の在り方」「親と子の関係」などを浮き彫りにする現代演劇です。


スマイルくん数々の証言に基づく「ドキュメンタリー・シアター」


本作は実際に50人を超える方々に、

演出家や俳優自らが幅広くインタビュー取材を行い、

そこで得られた証言を再構成して戯曲化していく

「ドキュメンタリー・シアター」と呼ばれる手法で作品をつくりあげます。

ドキュメンタリー・シアターは日本ではまだまだ馴染みがありませんが、

欧米では既に演劇の確固たるジャンルの一つとして定着し、

さまざまな社会問題や事故・事件などを題材に、

「社会に意見する演劇」として常に観客の関心を集めています。

本作『産まれた理由』では、

「出産」にまつわる事柄について多方面からの声を集めるにあたり、

さまざまな方に直接会ってインタビュー取材を行いました。







テーマ:

劇場日記/ 山下夕佳


本番幕開き直後はこんな感じだす。楽屋の一番はしっこの上の方にある小さなモニターを全員で見守ります。

「わ~洋ちゃん、すべった~」とか言いながらね。


(2012年11月14日)


『産まれた理由』メイキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

本番日記/関谷美香子

関谷でござる。

本番に入って、あっ!という間に9ステージが過ぎ去りました。
無事に……だったり無事ではなかったり……の1週間だったけども、ともかくもあと1回ですわ。

毎日毎回、見てくださった方々から色んなご感想頂いてます。
取材に協力していただいた皆さまも、足を運んで下さってます。
嬉しいです。

個人的には今作は、何故かものすごく緊張するので毎回吐きそーになりながら出てってます。ワハハ。
この緊張はどっからくるのか、全部終わったら謎がとけるかな。……とけないかな(笑)。

ラスト1回、心込めてやりたいと思います!ワッショイ!ワッショイ!

新生児ベッド、がある風景。
ずいぶん馴染みましたな。産まれた赤ちゃんはいないけど、私達の中に産まれた様々なものがここにいるやもしれませぬ。

(2012年11月13日)


『産まれた理由』メイキング-rps20121114_104058_867.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

稽古日記/日暮一成


稽古と本番、両者の違いは客席が有るか無いか、
特に今回のドキュメンタリーシアターは語りかける芝居なので…

とにかくお客様の存在はデカい!と思った公演だった。
お客様の反応一つ一つに心が動く!そして揺れる!

今までやって来たものは何だったんだ!そして自分の中で創って来たものが一瞬にして崩れる!

でもそれがすごく楽しい!
改めて「演劇はライブ」ということが身にしみた初日公演!

でも台詞を思いっきり間違えるのは思いっきりよくないぞ日暮!

ではまた!

日暮一成

(2012年11月8日)


『産まれた理由』メイキング

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

劇場日記/山下夕佳


昨日劇場入りして、セットも出来上がり、本日は場当たりの日です。
その前に…ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、万全を期す為に…お稽古してます。

舞台の壁一枚隔てた裏が、そのまま楽屋です。
入念な打ち合わせ?をするラストシーンの二人。
かたや、余裕の笑顔?マーボーこと真理っぺこと西海真理さま♪


(2012年11月6日)


『産まれた理由』メイキング


『産まれた理由』メイキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

稽古日記/関谷美香子

関谷でござる。
劇場に入りましたよ。

精鋭助っ人の皆さまに支えられ(ありがたいです!ホントにありがとうございました)、スタッフの皆さまの暖かいご協力により、無事に素早く仕込みが進んでゆきました。

俳優も死ぬ気で頑張るのみですな。

っつっても、まだ危険がいっぱい、どころの騒ぎじゃありません。

お客さまが入って、どんな初日が開くことか……。

己のやるべきことを、やらねば。

シャッターチャンス満載の本日でしたが、一枚も撮る余裕がなかったので、明日以降にご期待下さいませ(笑)。
ワタクシ個人はこんな感じ……プラス縦線倍増、ですっ。フンガッ。

(2012年11月5日)


『産まれた理由』メイキング-rps20121105_234951_711.jpg

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。