見せびらかすことなく善を行うことには大きな価値があります。与える手を隠すことはさらに価値のあることです。それは確実な道徳的優位性の証ですが、と言うのも、世間の人々がそうするよりも、より高いところから来る物に対して目を向けるということは、今生から自分を切り離し、来生に身をおくことが必要となります。一言で言うならば、人類の上に身を置き、人間の証言によって得られる満足を棄て、神に認められるのを待つことです。神にではなく、人々に認められることを好む者は、神にではなく、これらのことの方を信じているということであり、未来における生活によりも、現世により価値を置いているということになります。もしそうでないと言うのであれば、自分の言っていることを信じていないことになります。与えた物を受け取った者が、その恩恵を声を大にして言い振らしてくれることが期待できなければ人に与えない人がどれだけいることでしょうか。公の場では多くを与えながらも、隠れた場所では、小銭一枚さえも与えない人がどれだけいるでしょうか。だからこそ、イエスは言ったのです。「人に見せびらかすように善を行った者は、すでにその償いを受けているのです。」誠に、善行によって自分自身の栄光を地上に求める者は、既に自分に対してその支払いを行っているのです。神にはその者に対しもはや何も負うものがありません。その者には唯一その自尊心への罰が残されているのです。右手が行うことを左手に知られてはなりません、と言う言葉は謙虚な善行の特徴を見事に示しています。しかし、真の謙虚さが存在するとすれば、偽りの謙虚さ、見せかけの謙虚さも存在します。与える手を隠しながらも、そのほんの一端だけが見えるようにしておき、周りを見回し、それを隠すのを誰かが見てくれているかどうか気にかける人がいます。これは恥べきキリストの金言のものまねです。自尊心の強い善行者が人間の間でさえもその価値を下げられてしまうのであれば、神の前でもそうではないでしょうか。これらの人々も地上に置いて既にその償いを受けているのです。人々に見られることにより、彼等は満足しているのです。彼等が受け取ることができるのはそれが全てなのです。では、善行の恩恵を受ける者にその重さを受益者に負わせ、恩恵を受けていることを認識していることの証を示すことを強要し、その置かれた立場を意識させ、恩恵を与えるためにどれだけの犠牲が図られているのか、その値段の高さを自慢する人々は、どのような償いを受けることができるでしょうか。おお、こうした者からは、その自尊心に対する最初の罰として、その者の名を人々に祝福され口にしてもらう機会さえも奪われ、地上における償いを受けることはできません。虚栄心のために乾かされた涙は、天に昇っていくのではなく、苦しむ者の心に再び落ち、その心を痛めることになります。そうして行われた善からもたらされる益はなにもなく、そのことをその者は嘆くことになりますが、嘆き悲しまれた恩恵とは偽りの価値のない貨幣でしかありません。見せびらかすことなく行われた善行には二重の価値があります。受益者の敏感さを守るのであれば、受益者は人間としての威厳を保ち、その自己愛が不快を感じることなく受益者は恩恵を受けることができ、そうであるならば、その善行は、物質的な慈善であるばかりでなく、道徳的な慈善でもあります。と言うのも、ある仕事による営利を受け取ることと、施し物を受け取るのは大いに違っているからです。一方、仕事を施し物の形に変えることは、その方法によっては、恩恵を受ける者を侮辱することであり、他人を侮辱するとき、そこには常に自尊心と悪意が存在します。真なる慈善とはそれとは反対に、善行を隠したり、気を悪くさせる可能性のある最も小さなことさえも防ぐ上で細やかに気を使い、工夫を凝らさなければなりません。なぜなら、どんな小さな道徳的な不和でさえも必要性からくる問題を大きくすることになるからです。自尊心の強い者の慈善は受益者を圧迫しますが、真なる慈善は温和で優しい言葉を見つけ、それによって受益者を善行を働く者の前に気楽にさせます。本当の寛大さは崇高で、善行者はその立場を反対にし、善を働く相手の前に自分が受益者であるのだと感じる方法を知っています。これが、「右手が行うことを左手に知られてはなりません」ということの意味なのです。

スピリティズムによる福音」第13章、3より抜粋
現在見れなくなっています。必要な方はPDFを送りますので、テーマ「お問い合わせ先」にあるアドレスまでメッセージを送りください(^-^)

今日のレッスン

長いですが、とても読み応えのある章です。
感想は、ごもっとも!と何度読んでも思います。
日頃の行いは神様がちゃんと見てくれています。
確かに頑張ったりしていると誰かに労ってもらいたい、知ってほしいと思うことがあるけれど、
そういう時は神様や守護霊に話しかけてみるのもいいかもしれません。
"私、頑張ったよね。良い事したよね。"
これがいいかどうかわかりませんが、でも人に自分の行いを伝える(自慢する)より、心の中で処理し続ける事で虚栄心を我慢する練習になりますよね。
まだまだ私も未熟者です。
AD

コメント(1)