もしあなたが祭壇の前で供え物を捧げようとした時、そこで自分の兄弟があなたに対して反感を抱いていることを思い出したのであれば、あなたの供え物を祭壇の前に置き、まずあなたの兄弟と仲直りをしに行き、その後で供え物を捧げに来なさい。(マタイ、第五章:二十三―二十四) 

「まずあなたの兄弟と仲直りをしに行き、その後で供え物を捧げに来なさい。」と言うことにより、イエスは神にとって最も喜ばれる犠牲とは一人一人の悪い感情であるということを教えたのです。神に赦しを求める前に他人を赦すことが必要であり、兄弟に対し何だかの悪を働いているのであれば、それを改めることが必要なのです。そうすることによってのみ供え物は喜ばれることになります。なぜなら、その供え物はいかなる悪い考えにも汚されていない純粋な心から送られたことになるからです。ユダヤ人には物質的な供え物を捧げる習慣があり、イエスは人々の習慣に自分の言葉を一致させる必要があったため、この教訓を具現化したのです。キリスト教徒は供え物を精神化するため、物質的な供え物を捧げたりはしませんが、キリスト教徒に対しこの教訓が何の力も持たないわけではありません。魂を神に捧げるときには、清らかな形で捧げなければならないのです。神の宮に入るなら、あらゆる憎しみや反感、兄弟に対する悪い考えをも宮の外にやらなければなりません。そうすることによってのみその者の祈りは永遠の神の足元に届くことができるのです。もし神に喜ばれたいのであれば、「祭壇の前に置き、まずあなたの兄弟と仲直りをしに行きなさい。」と言う言葉をイエスは教えてくれるのです。

スピリティズムによる福音」第10章、7〜8より抜粋
現在見れなくなっています。必要な方はPDFを送りますので、テーマ「お問い合わせ先」にあるアドレスまでメッセージを送りください(^-^)


今日のレッスン

神様が私達に望むことは互いを許し合い愛し合うこと。
だとしたら誰かを恨んだり怒っていたり妬んでいる状態で祈ろうとする私達の心って
「あの人より先に。あの人より有利に。あの人より私を。」という感情が、言葉や態度に実際に出していなくても伝わってしまいます。
祈る瞬間だけを見られている訳ではありません。
和解する事は難しいことですが、難しいからこそ良い課題とも思えます。
AD