悪を善によって報いる

一、「あなた達の隣人を愛し、あなた達の敵を憎しみなさい。」と言うのを学んだます。ことがあるでしょう。しかし、わたしはあなた達に申し上げ「あなた達の敵を愛しなさい。あなた達を憎む者に善を行い、あなた達を迫害し、中傷する者達のために祈りなさい。そうすることによって、あなた達は、善人の上にも、悪人の上にも太陽を昇らせ、正なる者にも、不正なる者にも雨を降らす天におられるあなた達の父の子となることができるのです。なぜなら、あなた達を愛してくれる者達だけを愛するのであれば、いったい何を報酬として受けることができるでしょうか。税の取り立て人もそのようにしているではありませんか。あなた達の兄弟だけに挨拶をするのであれば、他人に比べ何を多く行っていると言うことになるでしょうか。異教徒達も同じ事をしているではありませんか。(マタイ:第五章、四十三―四十七)「あなた達の正義が書記官やファリサイ派の人達正義よりも豊富でないのであれば、天の国に入ることはできません。」(マタイ:第五章、二十)

二、「悪い人生を送っている人達でさえ愛してくれる人を愛することができるのですから、もし、あなた達があなた達を愛してくれる人だけしか愛さないのであれば、あなた達にはどんな功労があることになるのでしょうか。悪い人生を送っている人達でさえ同じ事ができるというのに、もしあなた達があなた達に善を行ってくれる人だけにしか善を行わないのであれば、あなた達にはどんな功労があることになるのでしょうか。悪い人生を送っている人達でさえお互いに貸し借りしあい、同じ便宜を受けているのに、もし、あなた達が同じ頼みを聞いてくれる相手にしか貸さないのであれば、あなた達にはどんな功労がことになるのでしょうか。しかし、あなた達はあなた達の敵を愛し、全ての人に対して善を行い、そのことによって何も期待することなく貸せば、あなたの受ける報酬は大変大きなものとなり、恩知らずな者にも、悪人にも良くしてくれる神の子にあなた達はなることができるでしょう。ですから、あなた達の神が慈悲に満ち溢れているように、あなた達も慈悲に満ち溢れるようになりなさい。(ルカ、第Ⅵ、三十二〜三十六)


今日のレッスン

輪廻転生の有難いシステム
過去の記憶を全て消してくれた事!(^_^)

身体という乗り物は毎回変わりますが、魂は永遠に同じだと考えると
もし過去生に沢山の人を苦しめていた立場だった、殺人を犯した、歴史に名が残る程の悪人だったとします。
その記憶があったまま生まれ変わっていたらどうですか?
はっきりとした罪の意識を感じながらやり直せる自信はありますか?

私はありません。
穴があったら入りたいです💦

だから過去生にどんな事をしたのかわからないのは幸せな事なんですよ(^-^)

どんな人だったのかなー
何をしでかしてしまったんだろう
私が今苦しんでいるのは過去生のせい?

と思っていつも過去を追いかけている方…
こんな考え方もあります↓

私の場合ですが、誰かのヒーリングなど受けません。
ヒプノセラピーに興味を持った時期もありましたが、結局はこの世は魂のレベルを上げる為の修行の世界なので
生まれた時点で過去の借金があるとするなら
死ぬ瞬間まで善を意識して生活をしていけば見えない借金を返していけるのかなと思っています。

借金がいつのまにか貯金に変わったのなら
次の生まれ変わりはきっと素晴らしい人生になるに違いないでしょう。
今まで苦しんできた事柄から解放されて次はルンルンな生活ができるかもしれません。

セッションを受けて過去を思い出したから癒された。
なーんて簡単な事で罪は消えませんからね。

生まれ変わるって凄く貴重な奇跡なのですが

神様にもしも
「私は前回の人生で子どもを殺めてしまいました。本当はあんな事するつもりはなかったんです。とても愛していたから。だからもう一度私にチャンスをください!最後の瞬間まで愛しきると誓います!」

そう、
愛する事をもしもテーマにして生まれ変わる許可を神様からもらったのなら、それを成し遂げるまできっと癒されないでしょう。

心の底からやりたい事を設定して生まれてきているはずです。
やりたいけどできない。
なりたいけどなれない。

目標にした事は大抵難しい事。
簡単にできるなら目標にしないですよね。

だから頑張って下さい!!

私も見えない借金、あるのかないのかわかりませんが
とりあえず頑張っています(^_^)



クリックお願いします!
AD
{F24D94DB-A2E4-452C-BAC1-A2F17138FF59}

あけましておめでとうございます。
本年もすべての人たちや魂たちが正しい幸せな道を歩めますように。
誰もが毎日温かい食事を食べる事ができて、安心して毎晩眠れますように。
みなさんの幸せをお祈り申し上げます。


さて、久しぶりの投稿になります。

今日は一つ紹介させてください。
私が通うクリスチャンスピリティズムテンプルではHora de Mariaといって、みんなで同じ時間にお祈りする習慣があります。

以外、詳細です。


✨🙏🏻Hora de Maria(マリア様の時間)🙏🏻✨

霊界では、毎日18時に私たちの為にお祈りが行われております。

ぜひ私たちも、地球と地球上の人たちが愛と平和の祝福を得る時間となるように、周りにいる家族やお友達、知り合いの為にお祈りしましょう。

どこにいても大丈夫です。仕事中や食事中、手を止められなかったらそっと心の中だけで…
2分間だけ、毎日心を合わせてください。

そして決まった形式のお祈りである必要はありません。
目の前にいる人が幸せになる為の、ポジティブな言葉を心を込めて天に届けてください。

ブラジルはNossa Senhora Aparecidaノッサセニョーラアパレシーダ、日本は天照大神様がそれぞれ守護しています。

霊界の神様たちが祈り合わせる時間に、私たちも身近なあの人や、知らない誰かの為に、ぜひ一緒に祈り合わせましょう。




クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう



スピリティズムの勉強会はこちら
AD
祈りの条件 

一、また、祈る時、偽善者達のように祈ってはいけません。彼らは、人に見られたくて教会や通りの四つ角に立って祈るのが好きだからです。まことに、あなたがたに申し上げます。彼等は既に自分の報いを受け取っています。しかし、あなた達は、祈る時には自分の寝室に入りなさい。そして、戸を締め、隠れて、あなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で行われていることを見ておられるあなたの父は、あなたに報いてくれます。また、祈るとき、異国人のように多く唱えてはなりません。彼らは多く唱えれば聞かれると思っているのです。だから、彼等のようになろうとしてはいけません。あなたがたの父なる神は、あなた方がお願いをする先に、あなた方に必要なものを知っておられるからです。(マタイ第六章:五―八)


今日のレッスン

一人で祈る時、この章の教え通り私は人前で祈ったりしません。
神社に行った時なども周りの人と同じくらいに合わせ、長く祈ったりもしません。

でも大勢で何かの目的の為に皆んなで祈る習慣はあります。
そして幼い息子にも祈る習慣を持ってもらいたいと、息子の前では声を出して祈るようにしています。

そんな時に気づかされた事…
「神様、今日も無事に一日を過ごせました。
私の大切な息子の事も守ってくださって感謝致します。明日も息子と家族のみんなが元気に幸せな一日を送れますように。世界中で苦しんでいる人悲しんでいる人怒っている人が元気を取り戻して幸せになりますように。皆んなを悪い感情やエネルギーから守ってください。
そして今日は○○にイライラしてしまい、小さな私にまたなってしまいました。ごめんなさい。優しい私になりたいです。どうか悪い部分がなくなりますように。頑張りますので見守っていてください。よろしくお願い致します。アーメン」

とこのように願いとその時の反省点を思ったまま話すように祈るのですが、横で聞いている息子が嬉しそうにニコニコしているのです。

普段面と向かって本人に
大好きだよ〜!大切だよ!と伝えてはいますが、
でも宙を見ながら誰かに話しかけるように自分の事を言われているのが嬉しいらしく

そしていつもプンプン怒っているお母さんが実は言い過ぎたとか、優しくなりたいんだと反省してる姿…

そうだよね!この祈り方は本当に心を込めて本心でやっているから伝わるはずだよね!と
祈りって大切な人に伝わるラブレターのようなものでもあるのだなーと思ったのでした。

私の場合まだまだ修行が足りないからか、
言葉が決まっている暗記したお祈りをする時、
口は祈っているけど頭は他ごとを考えてしまう時があります。

なので私は自分の言葉でやるのが、私には合っているんです(^_^)



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう!


スピリティズムの勉強会はこちら

AD
あなた自身を助けなさい。そうすれば天があなたを助けてくれます

一、求めなさい。そうすれば与えられるでしょう。探しなさい。そうすれば見出すことができるでしょう。扉をたたきなさい。そうすればあなた達のために開くでしょう。求めれば受け取り、探せば見出し、扉をたたけば開くでしょう。あなた達のうちでパンを求める息子に石を与えるのは誰でしょうか。―あるいは、魚を求めるのにへびを与えるのは誰でしょうか。―あなた達のように悪くとも、自分の子供には善い物を与えることを知っているのであれば、なおさら、天にいるあなた達の父は、求める者には本当の善き物を与えるのではないでしょうか。(マタイ第七章、七―十一)

二、地上の視点から見ると、求めなさい、そうすれば与えられるでしょう、ということばは、自分自身を助ければ、天があなたを助けてくれます、という言葉と同じ意味を持っています。これは労働の法の原則であり、また進歩とは知性の力を活動させる労働の賜であるために、結果的に進歩の法の原則であると言えます。人類の幼少期には、人間は食物を集めたり、悪天候から身を守ったり、敵から身を守るためだけに知性を使っていました。しかし神は動物に与えるよりも多くを人間に与えました。それは、向上しようとする絶え間ない欲求で、その欲求は人間を自分の置かれた立場の向上の手段を調査することを強いることになり、結果的に人間に発見や発明、自分たちに何が不足しているのかということを与えてくれる科学の完成をもたらすことになります。調査によって、知性は高まり、道徳は浄化します。肉体の需要は霊の需要をもたらします。こうして人は野蛮人から文明人へと変化していくのです。しかし、その大半においては、人生の間に一人一人が個人的に実現する進歩は非常に小さいか、殆どとらえることのできないものです。では、魂が既に存在し、再び存在することなしに、人類はどれほどの進歩をとげることができるでしょうか。もし魂が毎日去って行き再び戻って来ないのだとしたら、人類は絶え間なく原始的な要素による再興を繰り返し、全てを学ぶために全てをやり直さねばならなくなってしまいます。一回毎の誕生において全ての知的な作業を再開しなければならないのですから、その場合には、地球の初期のころに比べ、今日の人間が進歩していると考える根拠は存在しなくなります。反対に、既に成し遂げた進歩とともに戻り、その都度より多くの何かを獲得すれば、魂は徐々に野蛮から物質的へそして道徳的文明へと変遷していくことになります。


今日のレッスン

体、心、自分自身を大切に扱う
そうすると
目に見えない自分の魂も大切に扱っているということになります。
苦しい時は素直に苦しいと助けを求めましょうね。



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう



スピリティズムの勉強会はこちら
祈ること : 思考の伝達

九、祈るということは神や霊の加護を求めることです。祈りによって、私たちは、私たちを指導してくれている者と精神的に関係を結ぶことができます。祈ることの目的には、願い、感謝、または賛美があります。私たち自身の為にも、また、他人の為にも祈ることができます。生きている者の為にも、また、死んだ者の為にも祈ることができます。神への祈りは、神意に基づき行動する善霊達に伝わります。善霊に伝わった祈りは、神にも伝わります。神以外の者に向かって祈るとき、神以外の者は単なる仲介者としての役割を果たします。なぜなら、何事も神の意志なしには生じないからです。


今日のレッスン
祈りが習慣じゃない人はどのように祈れば良いのかわからないですよね。
でも心配ありません。自分の言葉で、自分が信じている神様に向かって話しかければ大丈夫です。
各宗教に決まったお祈りの言葉がありますが、信者じゃなければ参考にする程度で^_^
祈る場所もその場で、もしくは心が落ち着く場所へ移動して。
心からの祈りこそどこにいても届きやすいと私は信じています。



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう


スピリティズムの勉強会はこちら