先週 フローラS ◎モズカッチャン 単勝3720円 的中!

2012年〜2016年まで「最終結論◎」5年連続プラス収支継続中!
2016年「お知らせ競馬サイト」プラス収支達成!

NEW !
テーマ:

2017年4月29日(土)

青葉賞(G)東京競馬場 芝2400

 

2着までに日本ダービーの優先出走権が与えられる青葉賞。本番と同じコースで行われるこのトライアルレースは注目しておかなければなりません。過去にこのレースで勝ち、本番ダービーで好走した馬もいます。今年の牡馬は小粒な印象と言われていますが、そこに新戦力として名乗りを上げる馬はいるのでしょうか。なかなか予想しにくいためオッズも大混戦が予想され、さらに過去のデータを見ても荒れるレースであることは間違いないと思われます。夢の舞台への切符をかけたこのレースは白熱した戦いが見られることでしょう。この一戦から最高峰の舞台へ向かう馬は一体どの馬なんでしょうか!?

 

お知らせ(無料)競馬サイト
先週 フローラS(G2)
◎モズカッチャン 単勝3720円 的中!

⇒ 予想はメールアドレスのみで見れます
(最速で確実に見たい方は ⇒ LINE@

(友達追加でOKです)

 

!!注意事項!!
ドメイン指定をされてる方は
『tap-ex.jp』の受信設定を
お願いします。 

 

<東京競馬場芝2400mの特徴>

 

東京競馬場はJRAの中でも一番広いコースとなっています。そして、左回りのコースです。約530mの長い直線が特徴で、コース途中には高低差2mの急坂もあり、差し・追込みが有利なコースとなっています。4コーナー正面スタンド前からのスタートとなるため、スタート地点は平坦になっており、1度ゴールを通過し、コースを1周します。長距離戦ですが以前ほどスローペースになることはなく、平均ペースで流れることもあるので、そのペースで最後の末脚勝負や瞬発力を発揮できるように脚を温存できるスタミナも必要になってきます。ダービーやオークス、ジャパンカップなど日本有数のビッグレースが開催されるだけあって非常にタフなコースと言えるでしょう。クラスが上がるとさらに差し・追込みがよく決まります。1コーナーにスムーズに入るためにやや内枠が有利で、特に2枠の成績が勝率も複勝率も高くなっています(勝率14.3%、複勝率30.7%)種牡馬成績では最後の直線が長く、末脚勝負になることが多いのでディープインパクト産駒が中心となっています。ディープインパクト産駒が好成績で、複勝率は36.5%となっています。勝率としてはハービンジャー産駒が好成績で、ゼンノロブロイ産駒は複勝率が高くなっているところがポイントです。騎手別成績では戸崎騎手がハイアベレージで[14-11-6-31]連対率40%超えとなっています。また騎乗回数は少ないですが、池添騎手は3勝中2勝がG1でありG1の池添騎手には注意が必要です。友道康夫厩舎は複勝率が50%と高くなっています。コースとしてのクセは少ないが、前走も同コースに出走した馬の好走率が高くなっています。

 

・堅く決りやすいコース

・やや内枠有利

・差し・追込みがよく決まる

・ディープ産駒の成績がダントツで良い

・戸崎騎手がハイアベレージ

・友道厩舎の成績がよい

・前走も同コースで出走した馬が好走

 

<青葉賞のチェックポイント>

 

① 1番人気はまぁまぁ堅実ですが、相手は伏兵の台頭も多い

1番人気[5-1-1-3]ですが、以下は似たり寄ったりな成績。2番人気[1-1-1-7]、3番人気[1-0-1-8]、4番人気[0-2-2-6]…と続きます。単勝オッズで成績優秀なのは単勝2.0~2.9倍の馬[3-1-1-0]5.0~5.9倍の馬[2-2-1-7]10.0~14.9倍の馬[1-2-4-7]となっています。穴馬は来ていますが、単勝100倍以上の穴馬は来ていません[0-0-0-47]所属データとしては関西馬がやや優勢[6-4-8-68]ですが、当日7番人気以下の関西馬は苦戦傾向です[0-1-0-47]なんといってもディープインパクト産駒の成績がダントツです。青葉賞実績ではディープインパクト産駒は好走傾向[2-2-3-9]

 

・1番人気の馬

(現時点では予想オッズ)

『🐴アドミラブル(1.9倍)

 

・単勝2.0~2.9倍の馬、5.0~5.9倍の馬

 10.0~14.9倍の馬

(現段階では予想オッズ)

『🐴イブキ(10.2倍・5番人気)

『🐴ベストアプローチ(12.2倍・6番人気)

 

・関東馬

『イブキ』

『キンングズラッシュ』

『サーレンブラント』

『ショワドゥロワ』

『マイネルスフェーン』

 

・関西馬かつ予想オッズ10番人気以上

『アドマイヤウイナー(8番人気)』

『アドミラブル(1番人気)』

『タガノアシュラ(9番人気)』

『ダノンキングダム(7番人気)』

『🐴トリコロールブルー(2番人気)

『ベストアプローチ(6番人気)』

『🐴ポポカテペトル(3番人気)

 

・ディープインパクト産駒

『🐴アドミラブル

『🐴ポポカテペトル

『🐴サーレンブラント

 

② 先行・差し馬が有利

スローペース~平均ペースで流れることが多く、最後の直線が長いので長く足を使えるかがポイントになってきます。そのため瞬発力と持続力が必要になります。4コーナーで大外をブン回しても届かず体力を消耗してしまうので、ロスを抑えて上手く脚をためて最後の直線で外に出して末脚を活かす位置取りが良いと考えられています。キレのある差し馬が好走傾向ですが、まだ開幕2週目であることもあり青葉賞では追込み馬がそれほど決まっていないという結果になっています[2-0-1-43]先行馬と差し馬が有利先行[2-4-1-26]、差し[5-5-8-68]距離適性より上がりのスピードが重要となってきます。枠順傾向では、真ん中~内枠が良くなっています。7枠・8枠は苦戦傾向にあります。特に逃げ・先行馬が外枠に入るとロスが大きくなっています。

 

・差し馬

『アドミラブル(前め)』

『サーレンブラント(中団)』

『ダイシンクイント(後方)』

『ダノンキングダム(前め~中団)』

『トリコロールブルー(前め)』

『ベストアプローチ(前め~中団)』

『マイネルスフェーン(中団~後方)』

 

・先行馬

『アグネスウイン』

『アドマイヤウイナー』

『イブキ(逃げるかも?)』

『ショワドゥロワ』

『ポポカテペトル』

 

・枠

(現時点では該当馬なし)

 

③ 前走で上位人気であった馬が好走

過去10年の優勝馬10頭中8頭は前走で1番人気か2番人気でした。複勝率も1番人気は40%超え2番人気も約30%という高い数字を残しています。前走で上位人気だった馬はしっかりとチェックしておく必要がありそうです。前走重賞・OP特別であった馬は人気サイドが中心で、当日8番人気以下の馬は[0-0-0-34]と好走歴がありません。さらに前走10着以下、10番人気以下は共に好走歴がないので割引き。前走が重賞・OP特別の馬は前走2番人気以内であれば[5-1-3-3]と信頼できる数字となっています。前走が500万下・未勝利である馬は[0-1-1-36]と苦戦傾向。さらに過去4走を見ると2勝以上している馬に好走歴があり、1勝馬は苦戦傾向にあります。さらに昨年までの過去4年の優勝馬4頭は前走で「2200m以上の500万下特別」に出走し、かつ3着以内の馬でした。この結果は今年も続くのでしょうか、注目してみましょう。また、近走で中距離走に出走経験がある馬が優勢で、過去3走で芝2000m以上のレースへ出走経験のある馬の好走が目立ちます前走が2000m以上である馬は複勝率が高いです。2000m以上のレースに「3レース以上出走」や「2レース以上出走」は複勝率が20%を超え、「3レース以上出走」の馬については複勝率約30%と高い数字を残しています。

レース間隔は3週以内の馬と10週以上の馬は割引き。

 

・前走1~2番人気

『🐴アドミラブル1番人気(アザレア賞)

『🐴アドマイヤウイナー2番人気(500万下)

『🐴ダノンキングダム2番人気(500万下)

 

・前走重賞・OP特別に出走し、かつ上位人気であった馬

『🐴トリコロールブルー(スプリングS・3番人気)

『🐴マイネルスフェーン(京成杯・3番人気)

 

・前走10着以下、10番人気以下

『キングズラッシュ15着・18番人気』

『スズカロング10着・7番人気』

『ダイシンクイント13着・6番人気』

 

・前走が重賞、OP特別に出走し

 かつ2番人気以内

 該当馬なし

 

・過去4走で2勝以上している馬

『🐴アドミラブル

『🐴イブキ

『🐴キングズラッシュ

『🐴ダノンキングダム

『🐴トリコロールブルー

『🐴ポポカテペトル

 

・前走2200m以上の500万下特別に

 出走し、かつ3着以内の馬

『🐴アドマイヤウイナー1着

『🐴アドミラブル1着

『🐴イブキ1着

『🐴ダノンキングダム1着

『🐴ポポカテペトル1着

 

・過去3走で芝2000m以上の

 レースへ出走経験のある馬

 ほとんどが該当

 

該当しない馬

『アグネスウイン』

『ダイシンクイント』

 

・過去2000m以上のレースに

 3レース以上出走した馬

『アドマイヤウイナー』

『キングズラッシュ』

『サーレンブラント』

『ショワドゥロワ』

『タガノアシュラ』

『ダノンキングダム』

『トリコロールブルー』

『ポポカテペトル』

『マイネルスフェーン』

『ベストアプローチ』

 

・過去2000m以上のレースに

 2レース以上出走した馬

『イブキ』

『スズカロング』

 

・間隔が3週以下もしくは

 10週以上の馬

『アグネスウイン』

『キングズラッシュ』

『ショワドゥロワ』

『スズカロング』

『マイネルスフェーン』

 

以上のことをふまえて

気合入れて予想していきましょう!

 

お知らせ(無料)競馬サイト
先週 フローラS(G2)
◎モズカッチャン 単勝3720円 的中!

⇒ 予想はメールアドレスのみで見れます
(最速で確実に見たい方は ⇒ LINE@

(友達追加でOKです)

 

!!注意事項!!
ドメイン指定をされてる方は
『tap-ex.jp』の受信設定を
お願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)