輝之の自然道 ~投資編~

「心」と「お金」そして「自然」との関係を徹底的に追求することによって「やりたいことをやり続ける人生」を送ることができる、そんな真の投資家になる方法を研究しています。


テーマ:
とても大切な税金のお話です。

2012年の1月1日からFXについての税制が改正になって
店頭取引(相対取引)のFXとくりっく365の税制が一本化されて
一律20%の申告分離課税となりました。(法人口座は異なります)

国内のFX業者についてはこれで問題はないのですが
ちょっと考えなければいけないのは海外のFX業者の場合です。

難しい言葉もありますがとても大切なことなので
FX専門の会計事務所である日本FX会計さんに教えていただいた
情報をお伝えします。

.............................................................

まず最初にお伝えしておきたいのは、これは会計士さんや
税理士さんでも理解されてない方が多く、
間違った申告をされてしまって、不利益を被られてから、
弊社へご相談によく来られる部分でもあるのですが、
(プロの会計士や税理士さんにお願いしていて、
そんなことってあるの?と思われるかも知れませんが、
実は非常に多くあります。
こういうことは、学校で教わったり、
試験に出る内容ではありませんので……。)


実は税務において、国税庁の見解が必ずしも正しいとは限りません。
もちろん無視して良いものではありませんが、
それが正しいかどうかを決める権限は、国税庁にはありません。
詳しいことは今回は省きますが、それを踏まえた上で、
少し難しい話になりますけれど、今回、上記の改正内容としては、
具体的には租税特別措置法第41の14が該当条文となります。
条文では、申告分離課税の対象となる取引に関して、

「金融商品取引法第2条第22項第1号から第4号までに掲げる
取引で同項に規定する店頭デリバティブ取引に該当するものをいう」

と定めておりますので、対象となる取引については
その判断を税法ではなく、金融商品取引法に委ねられております。
その金融商品取引法(金融商品取引法第2条第22項)はというと、

「この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場
及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引をいう」

となっておりますので、同法の適用を受ける取引であれば、
国内・国外の業者によらず、今回の租税特別措置法の改正で
定められた金融商品取引法第2条第22項第1号から第4号までに掲げる
取引で同項に規定する店頭デリバティブ取引に該当し、
申告分離課税(一律20%の税率)の対象となると
考えることもできます。

ただ、金融商品取引法は日本の投資家保護等を目的としており、
同法では日本に住んでいる者に対して金融商品を販売する
業者については、国内外の業者によらず金融庁に登録することを
義務付けています。

そのため、金融庁に無登録の業者が行うFX取引については
昨年までと同じ総合課税が適用されるという考え方もあります。

今回改正された租税特別措置法が実際に運用されるのは、
平成25年3月の確定申告からとなり、国税庁も何が正しいのか
ということを、まだはっきりと理解していないと考えらるため、
あくまで対税務署といった面から考えた、弊社における
現段階での見解としましては、金融庁に登録されている
海外業者については申告分離課税(一律20%の税率)、
無登録の海外業者については、昨年までと同じ総合課税にて
申告するのが、最もリスクは少ないかと思います。

尚、何が正しいのかの司法判断については、
今後、改正された租税特別措置法にもとづいた申告が行われ、
国税庁の見解と自身の申告内容(考え方)に納得出来ない
納税者が裁判を行った場合に、そこで初めて
どのような法解釈が正しいのかという司法判断が下される
ことになるでしょう。

ちなみに、リスクを回避するために無登録の海外業者を
利用した際の所得を総合課税として申告していたが、
後々、裁判などにより無登録の海外業者についても
申告分離課税(一律20%の課税)が適用されるといった判決が
出た場合などは、申告から5年以内であれば、「更正の請求」
といって、多く納めた税金を還付してもらう手続きを
行うことが可能です。

海外証券会社を利用しておられる方は、
今後の情報に十分にご注意くださいませ。

............................................................

金融庁に登録されていない海外業者については今年から適用された
申告分離課税の20%ではなくて、昨年までと同じ総合課税で
申告をしたほうがいいということです。

たとえば、アルパリジャパンのように日本法人として金融庁にも
登録している会社の場合は20%の申告分離課税が適用されます。

以前、FXの節税について書かせていただいた時にも
ご紹介させていただきましたが、日本FX会計さんには
いつもいろいろな情報を教えていただいています。

わからないことは、その道のプロに聞くのが一番です。





















4142434445
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。