エビ後たなご後エビ

テーマ:

タイリクバラタナゴも乗っ込みを終えてしまい、一週間ほど前の昼過ぎにいつものポイントへ行くも、二時間で1ペアという貧果。

 

早朝ならマシかなと思って、6時に始めてみた。エサは黄身ねり。

 

ところが、アタリはあるが、なんだか鈍的で、浮いたり沈んだり引きずられたり。

 

やがて犯人を確保できた。

 

 

スジエビ。その後もタイバラはアタらないので、エビ釣りに切り替え、黄身ねりのまま、じっくり待ってエサを口に持って行った頃を見計らい、ゆっくり引き上げ、水面近くでキックバックという、テナガエビのやり方で掛かったが、中には上げ始める頃には掛かっていて、タイバラよりもいい引きを堪能させてくれるものもいた。

 

 

8匹ほど釣れたが、スジエビとはいえ、なかなか楽しめた。

 

エビ釣りにすっかり夢中になってしまったが、ではあれだけいたタイバラはいるのか、それともどこかへ季節移動してしまったのだろうか。

 

エビもいいが、たなごがいるのならやはりこちらの方が優先順位が高い。

 

そこで、今まで当たらずに置いた、岸のすぐ先30センチほどに入れてみた。ここはコンクリではないにもかかわらず、岸からすぐに深いので、四尺仕掛けのままタナも変えずに移動させた。

 

すると、「ツン」。

 

エビの多いところの魚は赤みが強いね

 

思わず、「いたー」と言っていた。もう二枚貝の近くにいる必要はないので、障害物周りに戻ったってことかな?

 

そこで、最近手に入れた、量販たなご竿の中では一番短いものの一つの、ダイワひなた二尺四寸 (73センチ) を筆おろしすることにした。

 

 

たなごころ軟調と比べて、かなり硬く感じられる。その分水中のウキを水面まで引き上げるのはやりやすく、またフナなどが掛かっても安心だ。短尺なので硬くても引き味をなくすほどではない。また、長い尺は振ったことはないが、どなたかがおっしゃっていたように、流れの強いところでの脈釣りでは使いやすそうだ。

 

ここでは計10尾ほどタイバラをポツポツ上げた。エサは黄身ねりよりもマルキューのタナゴグルテンの方がよかった。が、やがてまたスジエビが集まりだし、上層にさえもいるようになったので、11時ごろに納竿とした。

 

 

 

AD