うまうま団・団長 blog

バイクトライアルチーム・うまうま団




< 団長の隠れ家 >
http://dancho.umaumadan.com

トライアルのハンドル選びはとても困る。
形状寸法の情報が少なすぎる。



よくある情報。
●幅
●up スィープ
●back スィープ
この三つ。



例えば、同じ寸法のハンドルでも、
1.クランプ部分からエンド部分まで曲げが少なくカチ上がってる物。
2.クランプ部分から肩で大きく曲げてあり、エンドに向かって水平に伸びてる物。

握り部分の水平さ・カチ上がりが全く別物になる。
しかし、上記の三つの寸法情報だけなら同じ物で表示出来てしまう。





昔オートバイのモトクロスをやっていた時、こんな寸法の表示が当たり前だった。
$うまうま団・団長 blog

CとFの寸法はとても大事な情報ではないだろうか。
カチ上げが好きなのか、upライズだけど握りが水平が好きなのか、全く好みが分かれるところだと思う。






そんな訳で、自転車トライアルでは、実物触るか、カタログ寸法・画像で判断するかになる訳だが、僕の好みは余り万人ウケしないので後者が殆ど。

後はそのブランドの作りたがる形状ってのもあるからブランドの癖に興味を持ってみるのもありかも。







先日換えたTRIAL TECHのSL(カーボン)、セッティング出ました。
上・前に出すためのステムが無かったので、最近乗り方を変えたのでそれに合わせ前倒し方向で調整。
うまうま団・団長 blog

乗り味は、カチっとしてて好印象。
mistの時の様なブヨッ、ブヨッ、としたシナリは感じません。
カーボンとしての折れる?不安感から開放された剛性感。

最新の技術なのか、カーボン特有の織り目が無くフラットブラックがドライ感ある風合いがなんか好きです。





寸法としては、upスィープ・backスィープ、共に10°なので、一般的に多いものに比べ手前に引きが強いので、前倒しにセットする方向なので、握り位置が前に出ることになります。

同社アルミのバーに比べ、肩に角度があるので、upスィープ方向の曲げは多少薄く、backスィープは同等の曲がり具合なので前倒ししたい人にはいいのかも?













サーチ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

団長はるたけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。