競馬総合メディア「月刊×週刊」UMAJIN-ウマジンブログ

「馬と人」をつなぐUMAJIN(ウマジン)は「月刊雑誌」と「週刊メールマガジン」の2スタイルでお届けする競馬メディア。人馬のドラマ、レースの感動、週末のレース推理…あなたの競馬ライフを完全サポートします!

↓↓↓応援クリックをよろしくお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ


テーマ:

読者の皆さま、こんばんは。「週刊UMAJIN・ゴールド」編集部です。
 

本日は、今春のGIシリーズ開幕戦・高松宮記念にて馬連2150円的中。ドバイワールドカップでも、昨夜、「イチオシ大予想TV 馬キュン!」の番組上にて代表・岡井が馬単450円を大本線的中と







視聴者、読者の皆さまとGIレースで大いに喜びを分かち合える結果となりましたね!

 

メルマガ「週刊UMAJIN・ゴールド」をはじめ、馬キュンを参考に的中馬券を手にされた皆さま、誠におめでとうございました!!
 

それにしましてもドバイワールドカップデー、昨日の深夜は盛り上がりました。UAEダービーでは、優勝まであと少し、アタマ差2着と大奮闘したエピカリス。ゴールまで100mを切ったあたりではマッチレースの様相でしたが、常に半馬身ほど前に出ていただけに本当に惜しかったですね。

 

ドバイターフでは、日本馬のヴィブロスが優勝という快挙! 小柄な牝馬が海外遠征というだけでも大変なことですが、当日は降雨による特殊な馬場状態というタフな条件でしたし、本当に想像を超えた素晴らしい馬です。それに、マジックマンことモレイラ騎手の手綱捌きには本当に痺れました。道中から直線の入り口に差しかかっても後方のインで脚を溜め、直線半ばから狭い馬群を縫ってジワジワと外へ出し、残りわずかのところから猛スパートをかけての差し切り勝ち。普通ならドン詰まる危険性もあったポジションであり、あんな芸当はなかなかお目にかかれません。世界の名手の手腕を存分に見せつけてくれました。

 

そしてメインのドバイワールドカップでは、1番人気に応えて米国の雄・アロゲートが大楽勝。前残り傾向にある馬場での出遅れ。致命的な不利に思われましたが、直線だけで他馬をゴボウ抜きですから格が違いましたね。まるで漫画の主人公とでもいうような内容でした()。さすがは、ダート競馬の本場であるアメリカの真のチャンピオンホース。今後もまだまだ活躍してくれるでしょうし、引き続き注目しましょう。

 

同じレースでは、日本馬のアウォーディーが5着、ゴドルフィンマイルではカフジテイクも5着に健闘。いずれにしても、日本馬の遠征がなければここまで盛り上がらなかったと思われます。優勝した関係者の皆さまをはじめ、挑戦されたすべての日本馬の関係者の方々には声を大にしてお礼をしなければなりません。

 

つい昨夜の興奮を思い出し、ドバイの話が長くなってしまいました…(苦笑)。ここからは今後の的中へ向けて、本日行われた高松宮記念もしっかり振り返りましょう!

 

まずは優勝したセイウンコウセイ。最後の直線で少しフラつくところはありましたが、それだけ余裕があったようにも映りましたし、パワーも兼備した馬だけに雨馬場も向いた印象。しかし、初重賞制覇がGIレース、しかもあれだけ楽勝するのですから相当力を付けていますね。まだ伸びしろがありそうで、今後のスプリント戦でももちろん注目の存在です。

 

2着のレッツゴードンキは、いつも通り折り合い重視で内の経済コースを後方から進み、直線はグングン伸びて雨馬場もこなしての好走ですが、各馬が荒れ馬場を嫌ったことによりインがポッカリ空いたのはラッキーでした。今日ぐらい折り合えるのなら、今後は距離が延びるGIでも期待が持てそうですね。

 

3着のレッドファルクスは、鞍上のデムーロが3コーナー過ぎから早々に手を動かすシーンが見られ、雨馬場を気にしていたように映りましたが、直線では渋太く伸びての好走。香港遠征帰りのぶっつけ本番ながらキッチリ仕上げた厩舎サイドの手腕も素晴らしかったですが、やはり今後もスプリント路線では上位の存在になりそうです。

 

一方、3番人気ながら10着に敗れたメラグラーナは、後方から進んで直線では外目に出しましたが、さらにその後方の外から差してきたトーキングドラム(6)やナックビーナス(8)より脚色は劣っていました。雨馬場の影響があったにせよ、まだGIクラスで好走するには経験、地力強化が必要かもしれません。

 

4番人気で15着と大敗を喫したシュウジは、先手を取り、いつものようにやや暴走気味の走り。トビが大きい馬だけに本来、雨馬場も向かないのでしょうが、前走時もこのブログで触れた通り、1200m戦でも行きたがるあの気難しさは今後も大きな課題となりそうです。

 

さて、ここからは毎度お馴染み、代表・岡井のコメントをご覧ください。


 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 

おし! 昨夜のドバイに続き、高松宮記念も的中じゃーーっ!!!





 

GIシリーズのスタートを的中で決めるのは気持ちがいいのう♪ 上記馬券の他にも、馬キュンの番組通りで馬連21.5倍に押さえの2000円を購入し、今春GⅠシリーズは12万1500円の合計払戻金から景気良くスタートしたわい! 俺のツイッターやブログへお礼のコメントを戴けた皆さま有難う! 他の勝負だった中山10レースは雨馬場がたたり不的中となってしまったが、その借りは次週のGⅠレースである大阪杯を筆頭にビシっと巻き返したるで~!今夜は関係者と祝い酒じゃ!!


 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
 

と、さすがに舌好調でしたね()。なぜか大レースが始まるこの時期になると毎回調子を上げてくるのが岡井。次週のGIにも期待しましょう。

 

その次週は、新設GI・大阪杯です。古馬長距離路線の大将格でありキタサンブラックを筆頭に、サトノクラウン、マカヒキ、アンビシャス、ヤマカツエースなど豪華メンバーが揃ったわけですが、関係者A友情報元からは、

「現時点で我々は人気を集めるであろうキタサンブラックを本命視していない。それは同馬の中間の緩い調整を見るに、この後控える天皇賞と宝塚記念へ狙いを定めた内容にも映るからだ。それに本質的には距離2000mも忙しいし、中山や阪神など直線の急坂コースで毎度見せる終いの甘さも懸念材料の一つ。現に昨年の大阪杯ではアンビシャスに敗れている。ゆえに中心には、今日の高松宮記念を勝ったセイウンコウセイ同様、ここへ来て急激に力を付け、GIに格上げされた2000m戦でこそメイチ勝負と言える1頭になるだろう」


と、波乱も匂わす意味深な報告が届けられております。果たして、この情報がチームUMAJIN2週連続となる的中へと直結するのか?! 来週末の「週刊UMAJIN・ゴールド」の最終決断に大いにご注目ください!

 

 

★「週刊UMAJIN・ゴールド」詳細ページ★

 

→→→【PC版】はコチラ←←←

→→→【MB版】はコチラ←←←

 

【メルマガ購読は以下へ空メール送信】

→→→【お申込み】はコチラ←←←

 

【※重要※ドコモご利用のお客様へ】

→→→【メルマガ受信設定】はコチラ←←←

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。