私らしく

テーマ:



ドセタキセル+サイラムザ③

投与後13日目


少し副作用が落ち着いて笑顔が戻ってきました


味覚障害は変わらず


昨日はホットケーキを食べてみたいと言ってくれたので『うん!わかった』と。


たぶん私の目はおねがいこんな感じだったと思う


一口食べて…


『ごめん…味がしない……』


すごく申し訳なさそうに旦那さんが言った


食べられない


だけど食べてほしいオーラは出さない様に



『いいのいいのー私が食べるから


いらないホットケーキを口いっぱい頬張った



それしか私にはできなかった



副作用だから仕方ない

そう自分に言い聞かせても

ひと回り小さくなった肩幅に

肋骨がわかるほど細くなった身体に

どうしても焦りが出てしまう


術後は少し体重が増えてズボンがキツイとニコニコ言ってた

今はベルトをしないとずれ落ちてしまう


時折襲う寒気と微熱

少しずつ変わっていく旦那さんの体


心がついていかない



昨日、同じく支える立場の方のブログをたまたま読んだ


なんだか病気のこと面白おかしく書いていた
(私の心がやさぐれてるのかもしれません)


きっと彼女は強いのかもしれないけれど


私は


そうはなれないです


やっぱり苦しかったら笑えないです


私はとても弱いから


でも


泣きたい時はそばにいて一緒に泣いてあげたい


苦しい時にちゃんと苦しいって言える存在でありたい


旦那さんの心が壊れない様に


1人で泣くことのない様に


何もできないけれど


心はいつも旦那さんに寄り添っていたい


そう思います


自分を見失わない様に


私らしく旦那さんのそばに居たいと思います






いつも読んで下さりありがとうございます









にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
にほんブログ村