幸せと現実

テーマ:
一昨日は旦那さん以前勤めていた会社の後輩に会いに行ってきました

病気がわかってからいつもLINEをくれたり飲みに誘ってくれたり気にかけてくれてた後輩君

立ち話だけど色々話してきたみたいで

後輩君『毎日仕事行って帰って来て飯食って、休みの日は子供の面倒とか買い物とか、とにかく平凡な毎日っす』

平凡

平凡

私はその頃に戻りたいって思った

だけど

旦那さん

『俺さ〜今めっちゃ人生楽しいよ〜

そう後輩君に言ったみたい

夜に旦那さんと話したけど

『病気になって健康な人よりは体も心も苦しんでる。だけど健康な人よりも何倍も幸せを感じてる。たぶんこれはなった人じゃないとわからないと思うなぁ』って。

『aikaといっぱい一緒に居れるもん

そう言ってくれた

幸せなのかな、旦那さん。

心から笑ってるのかな。

生と死を見つめて旦那さんには何が見えてるんだろう。

今日はお仕事だったけど副作用の手の痺れとふらつきが残ってて軽作業にかえてもらったと。

『やりたい仕事ができない。俺会社にとってお荷物だ。ちくしょぅ…出来ない自分が腹ただしい』って。

落ち込んでた。

『まだ休み明けだからさ、ゆっくり行こうよ』

そんなことしか言えなかった。

幸せと現実

旦那さんは幸せかな…

幸せだといいな…


旦那さんの心からの笑顔が見られるのなら

私はなんだってするんだ

負けてたまるか

負けてたまるか






にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
にほんブログ村
AD