まずはじめに、今回は極めてしんどい作業でした。
{B1B4F591-B513-472C-A848-CE315A07227D}
これはサウンドハウス一択。
{7A6AC260-4335-4F88-8164-13ECACC2E4BE}
1986年製
{A7F0E17C-E075-44D6-B9FF-A266B6934672}

{6C7A720E-6C43-484C-94F9-8F2F217F344F}
穴開けちゃいます。
{507B91E0-61D7-4A90-865E-0050D0CE4C6F}
ここも穴開けちゃいます。
{339EF576-B664-4356-A953-1257D1BB266F}

{2CC05C96-9A44-461B-9985-2F13CDC697E3}

{48D36E66-9BB9-4575-9CBB-361C8EC87ADA}
ジャックが貫通しましたので、ユニットを固定します。
{2FB62B52-1E27-4978-B1BE-2FF29E9BC131}
これはブリッジ下に這わすマイクです。
振動を拾うやつかな。
{B050CF1C-F813-4C34-8C15-257DC7520CCE}

{D5F8B04A-95C2-4380-9BFB-72633130A188}
ボリュームをつけて完成。
{B779DDEC-F489-4C15-BC20-21AF7EA73DB0}
作業時間4時間の大工事でした。
{50B6424A-B008-43EA-9AE4-314C251A0B9E}
一件落着。

AD