三感王

テーマ:
みなさん感謝しています。

 

いつでも、どこでも、どんな時でも上気元、絶好調のただおです。

 

今回は「三冠王」と題して話をさせていただきます。

 

よろしくお願いします。

 

皆さんは三冠王という言葉を聞いたときに何を浮かべますか?

 

また誰を思い浮かべますか?

 

私が直ぐに思い浮かぶのはプロ野球で大活躍をした王貞治さんや落合博満さんです。

 

そもそも三冠王とは何かを知らない人が数多くいると思いますので簡単に説明をしますね。

 

プロ野球選手全体の中で一番多くのホームランを打った人が「ホームラン王」、

 

一番多くの点数を取った人が「打点王」、

 

一番多くのヒットを打った人が「打率王」と言い、

 

この3つを一人の人が取った時に「三冠王」と言います。

 

これは非常に取れる確率が低く今までに七人しか達成をしていません。

 

そこで私が新しく三冠王改め三感王を作りたいと思います。

 

一、関心(感心)     

 

二、感動      

 

三、感謝

 

で、このタイトルは一にありますように「関心(感心)」を寄せていただき、行動した人、全ての人がとれるタイトルです。

 

人生で成功者と言われている人は自分が興味を持っていることに関心をよせます。

 

ひとりさんもそうです。

 

漁師の人に釣りの話を聞いたり、会津芦ノ牧温泉では能面作りの人に出逢い、風呂場で長い時間、話を聞いていました。

 

その後、能面作りの人は、怖い奥さんが迎えに来て帰って行った話は有名ですよね。

 

何をするにも、まずは関心を持つことからですね。

 

そして ニ「感動」です。

 

みなさんは今までの人生の中で何度、感動する場面に出逢いましたか?

 

感動とは心が動くと書きますが、いつ心が動きましたか?

 

私は三十年前に、ひとりさんと出会いその時から、毎回毎回ひとりさんの話に感動しました。

 

それは何故か?話を聞くたびに私の心が軽くなって行ったからです。

 

自分ではどうにもならない問題が起きた時も

 

「その問題は時が解決するよ。だから、その時を楽しく待つことだよ」と教わったこと等々、感動の連続でした。

 

そして三「感謝」です。

 

感謝という言葉は「この世で一番波動が高い言葉」ということはご存じだと思います。 

 

 

テレビの優勝インタビューで必ず出てくる言葉が「感謝」です。

 

この言葉は人が無意識の中で自然と出てくる言葉です。

 

そしてこの感謝という言葉を、関心を持ってテレビの前で聞いた人は感動します。

 

世の中で成功したいのなら、人と上手くお付き合いをしたいのなら、関心をもって人に接し、人に感動を与え、自ら感動する。

 

その為に愛のある言葉を目の前の人に話をすることが大切です。

 

感謝とは言葉を相手に向けて発すること。

 

すると相手に伝わり心が動きます。

 

是非この機会にあなたにもとれる三感王を目指してみてくださいね。

 

最後まで読んで下さいまして心より感謝しています。


生成発展塾
IN福井県 楽しい食事会




今日のにゃんこ

手乗りにゃんこ(こむぎ)
今は片手には乗りません。











生成発展塾
塾生さんの嬉しい声

遠藤隊の素敵な仲間

AD

リブログ(1)