誉めることの大切さ

テーマ:
みなさん感謝しています。

ついてる遠藤忠夫です。





これから暖かく気持ちの良い日が続きますが、外出する際は、こまめな水分補給を忘れないようにしてくださいね(*^-^*)

 
今回は「誉める事の大切さ」と題して話をさせていただきます。

よろしくお願いします。


みなさんは、こんなことを考えたことありますか?

 
それは「もし、ひとりさんが学校の先生だったらどんなに授業が楽しかったか?」ということです。

 
私は「学校は叱られるところ、殴られるところ」と思って学校に行っていましたから、授業が楽しいと思ったことは一度もありませんでした。(笑)

 
そんなある日、習字の時間に先生に褒めてもらえると思って持って行った字が「汚い」と叱られ、それ以来、字を書く事が嫌いになったことを覚えています。


そんな学校嫌いな私が、ひとりさんと出逢い成功しました。

 
それは、ひとりさんが商人一年生の自分を誉めて伸ばしてくれたお陰です。

 

ひとりさんはよく

 

「人を伸ばすには、やって見せ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ」と言う言葉があるように、人は誉めてあげないと伸びないよと教わりました。

 
事実、私はひとりさんから怒られた事は一度もありません。

 
また、ひとりさんが人を怒っている姿を見たこともありません。

 
人は誉められることでリラックスでき、能力を発揮できることが最近の研究で科学的に証明されたそうですが、ひとりさんは発表前からわかっていました。

 

学校でも世の中でも全て同じです。

 

例外はありません。

 

人を伸ばすには誉めることがとても大切です。



私が教習所の指導員をしている時は生徒に対して真剣に向き合うあまり、誉める努力を怠っていたかもしれません。と言うよりも誉める指導をしていませんでした。

 

ひとりさんと出会い誉める事の大切さを肌で感じ、千葉の教習所から東京の教習所へ移動した時に誉める努力をしました。

 

その結果、教習所内でも一、二を争う人気者の指導員になれました。

 

今、三重県に誉めちぎる教習所があり、大変に話題になっているそうです。

 

その教習所の指導はとにかく誉める。

 

教習中エンストをした時も「見事なタイミングのエンストですね(笑)」。 

 

タイヤが縁石に乗り上げた時も「素晴らしい乗り上げ方ですね(笑)」と、とにかく誉めて、誉めて、誉めまくる。

 

人は叱られると恐怖が先に来て何もできなくなるそうです。

 

その反対に誉めると翌日には出来なかった事が出来るようになっている事が多いそうです。みなさんも人を見たらまず、その人の良いところ探し、そして誉める所から入りましょうね。

 

 

人間関係を良くする潤滑剤、それは人を誉めることです。

 

誉められて気分を悪くする人は誰一人としていません。

 

そして、

 

いの一番に誉めてあげてほしい人、それはあなた自身です(笑)。

 

 

最後まで読んで下さいまして心より感謝しています。

面白い動画を作ったので
是非ご覧ください




 今日のにゃんこ

キッチンの換気扇の上で寛ぐウコンともずく


面白い看板発見
先日、ひとりさんお薦めの大衆演劇を大阪OS劇場へ行き見てきましたが、誰が書いたかわかりませんがこんな落書き&看板を発見


こちらは一見パチンコ屋さんかな?と思いましたが地元で大繁盛のスーパーマーケットでした。






生成発展塾
塾生さんの嬉しい声

遠藤隊の素敵な仲間
AD