民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、新党結成を視野に入れているとされる自民党の舛添要一前厚生労働相について「政局に何も関係ない。ただテレビに写るためにやっているだけのことだ」と指摘した。「タレントから大臣になっておいて、政権がなくなったから今度は(党を)出るなんて言ったんでは、尊敬しない」とも強調した。都内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…(産経新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記-民主(時事通信)
老人保健に関する先駆的事業を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
街頭犯罪の発生件数で大阪がワースト1を暫定返上(産経新聞)
AD