山梨県警南アルプス署は9日、南アルプスの北岳(3193メートル)南側斜面で男性の遺体を収容した。北岳では昨年末、それぞれ単独で入山した兵庫県の男性(36)と横浜市の男性(41)の2人が行方不明になっており、同署は遺体の身元確認を急いでいる。

 同署によると、男性は標高約3000メートル付近で倒れていた。フード付きのオレンジ色の上着に緑色のズボンを着用。黒色の登山靴には滑り止めのアイゼンが付いており、ピッケルも持っていた。リュックサックなどの所持品は見つかっていない。同県警の依頼で捜索にあたった静岡県警のヘリが8日、南側斜面に倒れている男性を確認していた。【中西啓介】

【関連ニュース】
山岳遭難:2番目に多い28人 年末年始
遭難:収容の遺体 福岡の男性と確認…福島・安達太良山
遭難:南ア・聖岳の遺体は静岡の会社員
遭難:南ア・聖岳で男性遺体を収容
滑落:滝見物に出掛け2人死傷 奈良・下北山

税理士の仕事はプライドが大事!
もうすぐ1年システムエンジニア奮闘記
焼き肉定食
草食系男子の逆襲
真実の泉
AD