テーマ:

みなさま、こんにちわ。


めちゃくちゃ寒いですが、今日は仕事が終わったら、ジェラートを食べて帰ろうと思います。


さっそく、今日の探検業務~♪



郡浦(こうのうら)の黒砂糖!!!


宇城市三角町の郡浦という地域の伝統的なものです。


宇城彩館のブログ


こちら見本になっております。

宇城彩館のブログ

郡浦(こうのうら)の黒砂糖は、宇土半島南岸の太陽の光と潮風で育った


サトウキビから絞った純度100パーセントの黒砂糖です。鉄分やミネラルがたっぷり!!


ちょっと、郡浦(こうのうら)の黒砂糖について、ご説明させていただいます。


三角町郡浦の黒砂糖は、文政9年(1926年)に高橋伊佐衛門という人によって持ち込まれた


古い歴史を持っています。昭和36年ごろまで農家の経済を支えてきましたが、外国から安い砂糖が


輸入されたり、みかんが本格的に栽培されたり(三角町は、みかんで有名なところです。)


次第に畑はみかん園に姿を変えて行き、今では、三角の黒砂糖が永い歴史を持ち、すばらしい味だということを


知っている人が、少なくなってきているのでは。。。


実際、私も知ったのは去年のこと。


三角町では後世に残すために、体験や学校の授業で行われているとのこと。とっても素敵ですね~♪


昔は、12月ともなると農家の角家々の砂糖小屋から甘い香りの湯気が立ち上り、子供たちは窯の焚口で暖を


とり、サトウキビの穂先に黒砂糖を絡めた「棒巻き」を舐めながら、過ごす冬の楽しい風物詩のひとつだったそう。


ご存知の方は、是非懐かしい味をご賞味ください。


また、ご存じでない方、本物の濃い、純度100パーセントの黒砂糖、ご賞味くださいませ。


☆★☆大人気余談コーナー2012☆★☆


本日、生産者の川村さんと店内を見ていると、お茶コーナーに乾燥しいたけが置いてあり、


「こぎゃんとこに椎茸のきとったい」と言われ、あらあらと私。。。


乾物コーナーに戻しに行こうとしたら、「あれっ?」


てゆーか、これサルノコシカケだし!!!


1人でゲラゲラ笑ってるのも、ちょっと不気味だと思われたら悲しいので、さきほどの川村さんを呼び、


これサルノコシカケだったばい!!っと言うと、まぁ、普通に「あらそぎゃんね」とさら~っと。


えーーーーーーー、もっとめっちゃウケルと思ったのに、えーーーーーー!!


以上

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宇城彩館探検隊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。