Goods
DVDは
act#001『桜舞う夜、君想ふ』DVD
¥2000



act#002『RONIN-GUY』
DVD
2枚組 ¥2000


act#002特製手拭い
¥800


LHA『弁天推参』DVD
¥2000



act#003『Born To Shine』DVD
¥2000



浮雲屋 info
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

S★J info
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, December 24, 2015

前略石松様

テーマ:STAR★JACKS
前略石松様

終演してから早くも四日
元気にしてますか?


貴方に憧れ
貴方に近付きたくて
貴方になりたくて

芝居を創っていたら…
気付けば
三度も
貴方の役をやらせてもらってました

ありがとうございました

心から
心から


きっと今まで
日本で「森の石松」を演じた方々は
何百何千といる事でしょう
その誰もが

貴方の明るさに
馬鹿さ加減に
純情さに惹かれ
貴方を演じた事と思います

俺にとっての貴方は

男であり
師であり
人生です

また必ず逢えると信じて…


ドヰタイジ

{29FD7501-1F9A-4185-B41D-5047DF81B2B3:01}

{EE86CE9F-27AA-4F3F-B3E2-25B06A5A5011:01}

〈Photo by Miyo Urushihara〉

AD
いいね!(12)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Wed, June 24, 2015

『夏の魔球'15』閉幕

テーマ:芝居
佐藤太一郎企画その12『夏の魔球'15』がスタンディングオベーションの中、幕が降りて早くも3日。

改めまして、ご来場ありがとうございました。

舞台翌日には人生初の高校での授業があり、その準備と仮眠を取る為、打ち上げを中座した事が心残りでなりませんっ(T_T)

それ程、熱にまみれた素敵なカンパニーでした。RGAの次の舞台がこのカンパニーで本当に良かった。

何より太一郎さんの真摯な姿は、これからの目標です。

そして、大塚演出に初出演!!
これも、今後の演劇人生に活かしていきます!!

あんな熱血と、恋と、親子愛の詰まった作品、俺もいつか書ける様に、人生を全うしようと思います。

大塚さんは言いました。

「この作品に出てくる『野球』というものは、そのまま『演劇』に置き換えられる。だから、演劇が好きだという想いをぶつけてください。」

演劇が好き。

50歳を前にした、ベテラン演出家でも、演劇が好きだと言えるのか。

何だかほんわかした。

演劇に対してギラついてた自分の取組み方を思い返すきっかけになった。

別にギラつくのがダメじゃないし、ほんわかがダメじゃない。

純粋な気持ち、大事にしよう。

そう思えた。

ありがとうございました、『夏の魔球』
ありがとうございました、大塚さん
ありがとうございました、太一郎さん

俺はまた一つ階段を上れた気がする。

{9CE9AC3E-855C-4366-9EE9-6D70040D5BFB:01}

{7F2535C1-17E3-42CE-A1F2-0C2E4C016C91:01}

{CAE39DC4-381D-4F87-9B14-6D43EFA15016:01}


AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, May 19, 2015

『Born To Shine〜Reborn〜』終戦

テーマ:STAR★JACKS
3ヶ月半に渡る熱く長き戦いが終わりました。
{B8207AD1-2B8B-4995-82E2-2AB696EE0D4C:01}

{97E03E33-99A2-460C-BC61-BE79E2C674C5:01}


この戦いを勝ちとするか負けとするかは別の話として、勝ち負けよりも我々の戦いを1200名を越すお客様に見守られた事が何よりも嬉しかったです。

心より感謝致します。

本当にありがとうございました。

俺が彰義隊の存在を知ったのは7年前です。それもガラケーしか無かった頃の携帯ゲームで。確か、これは初演の時にパンフレットのご挨拶でも書かせてもらったかと思います。
携帯ゲームなどほとんどしなかった自分がたまたま暇つぶしにとダウンロードしたゲームが、まさかこんな物語になるとは夢にも思いませんでした。

もちろんこの作品は創作でした。
勝海舟、渋沢成一郎、天野八郎、甘利徳太郎、原田左之助、徳川慶喜、大村益次郎以外は空想上の人物です。
脚本を書く上で沢山の嘘(史実ではない事)をつきました。
だけど、登場人物にだけは嘘をつかせたくなかった。生の言葉を話してもらいたかった。
結果、舞台上には確かに三番隊の面々が存在しました。江戸の人々が存在しました。紛れもなく本物でした。
俺の創り出したキャラクターが、俺のつたない言葉を使って存在してくれた。もし、今作品をご覧になって、彰義隊に興味を持たれた方がいらっしゃいましたらそれは作家として大変な名誉です。

再演にあたり、大幅な脚本改訂に入りました。
もう一度彰義隊を調べました。
天野には息子が居て、本当に甘利徳太郎として彰義隊に参加していた事がわかりました。
五稜郭でも戦った事を知りました。
つねという妻が居る事がわかりました。
原田左之助にはまさという妻が居た事がわかりました。
この作品を生まれ変わらせる為に、調べ直して出て来た全ての人物を登場させようと思いました。

6年前には存在しなかった新たなキャラクター甘利徳太郎は、若き日に父親を亡くした俺の父への憧れそのものでした。
越えられない父への憧れを徳太郎には求めました。

同じく新たなキャラクター、広之進の最後の決断は、妻と子供を持った俺の心情そのものでした。
今の俺が一番怖いのは「死」です。
今年37歳なので、46歳で他界した父の年齢までカウントダウンが始まったと勝手に不安になってます。基本的にはポジティブな性格だと思いますが、その点に関してだけはネガティブ思考になってしまうのが謎ですが、本当に死にたくないんです。
だから例え罵声を浴びせられても、家族と共に生きる道を選びたい。そんな男が居てもいいだろうと広之進を生みました。そして広之進を演じた二人の役者はそんな期待に応えてくれました。

個性的な役者ばかりが揃った中、みんなが舞台の上で存在してくれたからこそのあの作品でした。

心からありがとう。

そして俺の脳内劇場以上の空間、音と明かりを入れてくれた青野氏、須川氏、加藤氏にも頭が上がりません。

ありがとうございました。

4月の半ば過ぎに39度に近い高熱が続く日がありました。インフルエンザか風邪だろうと病院に行きました。薬が効かず熱は下がりませんでした。血液検査をしました。肝臓の数値に異常が見つかり、更に精密検査をしましたが、劇場入りをしたせいで結果を聞きに行けないまま不安な生活をしていました。
正に生きた心地のしない日々でした。
変な心配をさせたくなくて浜口にしかこの事を話しませんでした。
打ち上げで少し酒を飲むまで約ひと月、酒を抜きました。
昨日、片付けの後病院に行き結果を聞きました。

ガンではなかった!!

やっと安心出来ました。
俺の戦いも終わりました。
妻と乾杯をしました。

生きるってすげー。
日々の生活が当たり前じゃないんだって。
広之進の言葉を借りるなら「昨日とはまるで世界が違って見える」そんな気分です。

時代劇という人の生き死にを扱うジャンルの作品を創る我々だからこそ、これからも粗末に扱わない様に気をつけながら作品創りに邁進して行こうと思います。
次の作品が最高傑作となる様に…。

最後になりますが、脚本資料用に何冊かの本を読んだ中に「合葬」という彰義隊を題材にした漫画があります。その漫画が映画化され、今夏ロードショーされるのだそうです。それに今回の朱の陣の主演・銭山伊織が出演しています。
よろしければそちらもご覧下さいませ٩(。•ω•。)و
{3538DC91-E072-49B3-881E-E46B58BC835F:01}


AD
いいね!(13)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Wed, March 11, 2015

ウズウズしてる

テーマ:Jolly Roger
毎日毎日、やることに追われてる。

チラシ製作、DMデザイン、ポスターデザインetc.

俺だけが一人飛び抜けて何かをやってるわけじゃないのはわかってるけど、みんな同じ24時間なのは知ってるんだけど、俺が今一番やりたいことまで手が回らんのだよ(T_T)

それは。

脚本の手直し!!

せっかく本を読み合わせてくれたのに…手直しまで時間かかってごめんなさい。

だけどようやく手を付けられ始めました。

現在三分の一まで改訂。

今関係各所の方々、しばらくお待ちください!!

書けなくてウズウズしてた分、一回の集中力が高い気がする。

何にでも善し悪しがありますな。

{ACA4E9EB-ECBD-40DD-A9A5-7F0816D3A5AF:01}

{B9ED97CB-61A7-47DB-A97A-FAC476E6B85D:01}



いいね!(8)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Fri, December 19, 2014

笑いの殿堂

テーマ:Jolly Roger
本日、佐藤太一郎企画その10『冷静と情熱と男と女のあいだ』の本番。
贅沢なキャストでの太一郎版新喜劇。

場所は、笑いの殿堂…なんばグランド花月‼︎

毎週土曜日、ランドセル背負いながら走って帰って観てた、あの吉本新喜劇の舞台で、実際に自分が立たせてもらえるなんて。

太一郎さんのおかげです。

ありがとうございます(*^^*)

なんばグランド花月の名に恥じない様、太一郎さんの顔に泥を塗らない様、そして、楽しみにしてくださるお客様の期待を裏切らない様、精いっぱいつとめます‼︎

{B9749E03-D2DB-4768-8B53-5F8590039CD7:01}

お楽しみに(^^)

さぁ、劇場に入るまでの間に、髪の毛染めに行こう^ ^
ししし(✿˘艸˘✿)

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。