草 引 き に 剪 定

テーマ:

春先から、草引きのたびに

背中を痛め・疲れ、これが七十歳を超えたことを意味するのかと

だんだん、不自由になっていく吾身を、

思い知ることが多くなりました。


周りを見れば、皆さん同じなのか

庭の選定を、庭師さんに依頼する家庭が増えている。

盆前にお願いしたら、盆前は無理だと言われ

いつでも良いからと、見積もりをお願いしました。


早朝に目が覚めると、少しずつ草引きをして

何とか凌いでいますが

伸び放題の木々がうっとおしくて・・・


涼しくなったら、植木鉢やプランターも最小限に処分しましょ

春先には、勢いで苗を植えつけたり

挿し芽をしたりしましたが、毎日の水遣りも大変で

鉢植えの紫陽花も、暑さのせいで沢山枯れてしまいました。

今年の挿し芽も、随分成長して

枯れる心配はしてなかったのですが・・・


自分の仕事を少なくしていく必要も感じています。




AD

リ ハ ビ リ

テーマ:

あまり不自由を感じることなく、動く事が災いしてか

リハビリの事は、頭から遠のいておりました。


着付けの生徒さんのお母様が

私と同じ様に、一過性の脳梗塞で

右手が不自由になったけれど

今は後遺症も、まったく無く過ごされていると聞き

自分の右手の不自由は、リハビリ次第で元に戻る事を知る。


諦めたらいけないのだ。

これから不自由に向って、進む人生なのだから

治せる事は、治さなくては・・・


リハビリには、毎日文字を書くことをされたとか

私の文字も、姉に以前と同じでは無いと言われた。


文字に、滑らかさが無い。

他人の着付けの帯結びも、手に力が入らない。

自分の着付けも、以前のように15分や20分では着る事が出来なくなっている。


こうして、書き連ねれば

治っているのではなく、諦めているのがわかる。

治った方が、良いに決まっている。

気長にリハビリする事を、やってみよう。

AD

駅 前 教 室

テーマ:




お盆前の駅前教室では


浴衣に結ぶ

文庫(左)と

貝の口(下)

解けるのが心配で

夏の帯び締めをしています。


背中のシワが

少々気になります。




浴衣の帯結びだけでなく、羽織下の帯でも宜しいかと・・・



そう言えば、随分前のことですが

八十歳を過ぎていそうな

老婦人が、日帰りツアー旅行に

半幅帯を結んで

参加されておられました。


四月でしたが、単衣の着物に貝の口をキリリと締めて・・・

どんな場所にも、日本人は着物を着こなせますね。

AD

迎 え 火 ・ ・ ・

テーマ:

十三日の陽が落ちてから、玄関先で迎え火を焚きました。

ご近所さんでは、迎え火を焚くのを見かけません。

宗教の流派によって、違うようです。


故人が帰ってくるのに、道に迷わないように迎え火を焚くのだと

聞きました。

最近は、スーパーにオガラを売っているので

火も付き安く、便利になっています。


仏壇には、主人のための一汁三菜のお膳が準備してあります。

まるで、おまま事のようですが・・・

その前には、迎え団子・お砂糖菓子・夏野菜・キュウリのお馬さん・おナスの牛さん・主人の好物・・・・などを準備しておきます。


その他に、手を合わせに来てくれる縁者の人達が

お供え物をしていくのです。

仏壇を持つ家にとっては、夏の一大イベントですね。

お盆の間、留守は出来ず。

仏間は、綺麗にして置かなければなりません。


※ キュウリのお馬さん : 馬に乗って、速く来てください。

   なすの牛さん : 牛に乗って、ゆっくりあの世に帰ってください。

※ 最近は、藁で作った牛と馬を売っています。

   しっぽのトウモロコシが入手し難くなっていますし

   しなびて来るので、しなびた牛では不憫ですし、不安なので

   我家も今年から、 作り物を購入しました。

お 土 産 ・・・

テーマ:

十三日の朝、二週間ぶりに息子が、出張から帰宅しました。



中国の高級茶と

姉達と母への扇子の

お土産は、みんなを

喜ばせてくれました。




缶入りのお茶は、10回もお湯を注げると言うのです。

最初のお茶は捨て、二番目から飲むのだそうです。

姉達にも一缶ずつと扇子を・・・

何度も行く中国、お土産もだんだん高級品になっていきます。


帰宅する娘達には、お供え物の中から

少しずつおまかりして、持ち帰ってもらいます。

たくさん残されても、私が肥えてしまいますから・・・

賑やかな食卓

テーマ:

娘達の家族が、11日に寄ると言うので

仏壇前の飾りを、少しはやめて

その日の午前中には、綺麗に済ませました。


仏壇へのお供えをして、家族みんなで

手を合わせてくれます。

夕食は、仏壇前で座敷テーブルにご馳走を並べて

賑やかに食事をし、何時までも歓談が絶えません。

大勢寄ってくれて、主人も喜んでくれている事でしょう。


13日に一家族は、旦那さんの実家に向いましたが

その間、琵琶湖に泳ぎに行ったり

庭でスイカ割したり、賑やかなことでした。

最後には、目隠し外して目がけますが

大き過ぎて割れません。



真っ赤な甘いスイカでした。


少し暇な時間が出来たので

気になる座布団のカバーを手作りしています。

表は暖色系、裏は寒色系です。

両面を使い分けて、一年中使用です。


この年齢になると、夏もお座布団が欲しい

リビングルームには、籐の敷物を敷いていますので

座布団敷いて、正座してアイロン掛けしたり・・・と

言う訳で、夏でもお座布団が必要なのです。


ミシンで縫った後に、飾り躾だけを手縫いで

チクチクしています。

肩こりしますが、癒されるのね。





スナップをつけて、出来上がり。

墓 参 り

テーマ:

月命日に、お盆のお墓参りを兼ねて行って来ました。

どなたか、お参りしてくれたのか

花入れの花は無く、綺麗に掃除された様子が見えた。


もう一度綺麗に拭き上げて、コウヤマキを生け

手を合わせました。

お線香が燃え尽きるまで、座して出張中の息子の無事を祈る。


お盆には、娘たちの家族も集まるようで

賑やかに成ります。

夏風邪? 夏バテ?

テーマ:

先月末から昨日(8/3)まで、体調が悪くて・・・

全身に痛みがあり、一日の夜に咽喉が赤く腫れているのに

気が付いて、風邪薬を飲み少し落ち着いた感じです。

今日やっと、日常に戻れました。

夜の冷房やドライのせいでしょうか、それしか考えられません。


29度の設定なので、点いたり止まったりの状態で

点けなければ、熱くて眠れないし・・・

疲れが溜まっていたのかも知れませんが

何だか、歳ですかねぇ~。


普通、咽喉か痛くなり・熱が出て・熱の為に節々が痛くなる。

これだと、夏風邪引いたとすぐ気が付くのですが

今回は、背中の全面が痛くなり・熱があったのか無かったのか・

それから、咽喉が痛くなって・・・

風邪と気が付くのに遅れて、手当てが遅くなってしまいました。


背中が傷むので、ごろごろベットで居眠りばかり

昼も夜もうつらうつらと、ほんとによく眠りました。



濃茶の練り加減

テーマ:



私は濃茶が頂けません。

目が冴えて眠れないのです。


薄茶を二服頂いております。



濃茶の練り加減、私が点てる時は皆さんより、少し緩めです。

そう、茶筅の穂先に、お茶が少しつく位でしょうか・・・

ねっとりしていては、飲み辛いのと茶碗にたくさん残るから

お客様に“あぁ勿体無い”と、思わせてはいけないと思っています。

茶碗に残らないように、最後まで飲み終えていただきたい。


穂先にねっとり残っていると、それだけで私の嗜好は

停止してしまいます。

人それぞれで、濃いのがお好きな人も居られましょうが

最後の吸い取りが、お茶碗から落ちてこないのは

あきらかに、濃すぎる様に思います。


独りよがりの解釈ですが、

綺麗に飲み終えることが、お点前する人への客人の礼儀なら

飲みやすいお茶を点てる事が、おもてなしだと思うのです。


お湯の量が少なすぎるか、お茶の量が多すぎるか

濃茶の稽古を始めてから、随分になります。

やっとこの頃、『落ちてこない~』の言葉を聞かなくなりました。