☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

文筆家で漢方スタイリストの吉田揚子さんが

表参道ヒルズのカフェ kurukku3 と

コラボしたイベントである

Yin Yang Night 月と太陽が出会う夜

に行ってきました。



☆ UK花留学 ☆ 

吉田さんの漢方トークを聞きながら、

漢方の考え方に基づく食べ物メニューやドリンクで

美味しくお腹いっぱいに。


普段サワーを飲むことは無いのですが、

黒酢やナツメエキス等をブレンドしたという

オリジナルサワーは特に絶品でした。


僕は途中から飲みと食べに専念してしまい、

写真をとることを完全に失念。

この場の雰囲気は吉田さんのブログで感じて下さい。


http://ameblo.jp/hikidashino-oku/day-20100831.html


フォトグラファーやギャラリー経営の方などとの

いい出会いがありました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

wool, cube wool ! の由佳ちゃん、知恵ちゃんの


afternoon tea のHP上の人気企画である

コラボデートにお友達のototsumugiさん 登場。

というわけで結果的に僕も登場。


wool の2人が様々な人と物作りのデートをするという

この企画、僕ものぞいてみましたが多種多様で

楽しめますよ。。。

世の中は様々な才能を持った方で溢れています。

コラボデートのページはこちら


http://www.afternoon-tea.net/essay/wool/new/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同じ花仲間が作品を出したというので、

池袋の東武百貨店に行ってきました。


色々な生け花の流派の作品が並んでいましたが、

彼の作品は本当に素敵でした。



☆ UK花留学 ☆ 


そよ風がそこに吹いているようです。



’10 彩花展  8月26日(木)-31日(火)

 東武百貨店池袋店10階催事場

 東京都華道茶道連盟主催

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


☆ UK花留学 ☆ 


今はまだ暑い夏の真っ最中ですが、

自然界では着々と秋に向かって進んでいます。


やがて鮮やかなオレンジ色になるカラスウリも

今はまだこんなに青々しい状態。


この時期ならではの色味です。


苔を敷いた上にちょこんとのせて、

一体化するよう短めのつるを添えました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


☆ UK花留学 ☆ 

Jamie Aston

☆ UK花留学 ☆ 

pemizett flowers



前回書いた通り、職場決めの勝負は夏です。


日本からイギリスに花で留学する人の場合、

一般的には春から夏にかけて渡英します。

そして短期の英語コースを取りながら

秋からの本コースに備える人が多いです。


ですので、夏に職場探しで動くには

日本にいる時の情報収集が欠かせません。

ベストフラワーアレンジメントや花時間、

そして海外のフローリストを紹介する本等が

参考になると思います。


世界のフローリスト巡り -World Florists- (エクスナレッジムック world .../著者不明
¥1,995
Amazon.co.jp

あとはネット。

例えばGoogleで london florist というキーワードで

検索すると色々と出てきますので、

それぞれのHPを見てみます。


自分の感覚に合うフローリストをいくつか見つけたら、

あとはCV(履歴書)とCover Letter (カバーレター)の作成。


どちらもネットを検索すれば雛形が見つかります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロンドンの町歩きの楽しみは、パブと街並み。

様々な建物を見ているだけでも楽しくなります。



今回は大英博物館の付近から。



☆ UK花留学 ☆ 

大英博物館と、


☆ UK花留学 ☆ 


正面向かいの建物。



☆ UK花留学 ☆ 


そして付近のパブ。

こういう光景は至る所で目にします。

僕にとっていかにもイギリスという一コマ。



大英博物館はミイラとロゼッタストーンで有名ですが、

このような方もいらっしゃるのです。


☆ UK花留学 ☆ 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

花留学を考えている人にとって今回の情報は

シンプルですがとても大事です・・・。


イギリスではカレッジのコース開始が9月中旬以降。

ですので、それまでに自分が興味有る花屋を訪れて

働くようにして下さい。


コース開始前の仕事ゲットが鉄則です。


コースが始まってしばらくすると、

チューター(先生)が「ワークエクスペリエンス(就労経験)先の

花屋を各自で探しなさい」と授業の中で言い始めます。


が、この時に動いたのでは遅いのです。


なぜならこの時期一斉に学生が花屋を訪れ始めるので、

競争率が高まるのです。

まして人気のある花屋ならなおさらです。


イギリスなので学生もイギリス人が中心。

となると、日本人留学生は言葉の面で圧倒的に不利なのです。


花業界が忙しくなっていく秋冬の時期、花屋側としては

当然ながら言葉が通じる学生を選ぶからです。


そこで今回の作戦なのです。


前年度のコース終了が7月。

それにともなって花屋で働いていた学生が店を離れるのも

この時期になります。

そこを狙うのです!!!


僕はこうしてロンドンの人気フローリストである

Paula Pryke (ポーラ・プライク) の所で職を得ました。



☆ UK花留学 ☆ 

ポーラとエンジェルのスタジオにて 



彼女のもとで7月始めに働き始めたのですが、

10月、11月になると大勢の学生が履歴書片手に

店を訪れるようになりました。

でも店側としては人手は足りているのでみな断ります。

断られた日本人の中には、僕よりも英語力や花の経験が

ある人も当然いたと思います。


でもタイミングが命なのです。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ノッティングヒルゲートの駅から徒歩5分程に位置する

超おすすめの人気パブがここ。





☆ UK花留学 ☆ 

THE CHURCHILL ARMS



高級なアンティークショップが建ち並ぶ

ケンジントン・チャーチ・ストリート沿いにあります。

旅行などでノッティングヒルやケンジントンパレスを

訪れる方にはぜひ行ってもらいたいパブです。


ここが人気の秘密は、建物全体に広がる花と

タイ料理。

実はここ、店の奥にタイレストランが隠れているのです。

天井から無数の観葉植物が下がっていたり、

大きな観葉植物があちこちにあったりと、

ちょっとしたジャングルの雰囲気です。

このエリアはスタッフが皆タイ人で味もGOOD!

店の手前部分は典型的なパブなので、

このギャップがとっても不思議な感じです。


ロンドン最後の1年間はここから徒歩2分の場所に

住んでいたので、本当によく足を運びました。

食事時は混んで席が無くなるので、

早めの時間帯に行くか、事前の予約がベター。

(名前を書いてパブコーナーで飲むながら待つのも有りです。)




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。