☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

今の職場で働き始めてからほぼ3ヶ月になります。


うちの会社は都内の外資系ホテルに複数入っており、

館内の活けこみや、宴席・ウェディングの会場装飾、

そしてケータリング(出張の会場装飾)を行っています。


昨日は別のホテルの方へ応援に行っていたのですが、

とにかくここでは仕事の量に圧倒されます。


僕は応援スタッフということで終電帰りになりましたが、

その他のスタッフはまだまだ働き続けていました。


というのも、今日の結婚式の数は15。


一般的に1つの式があると・・・


ブーケ、ブートニア、両親への花束、フラワーシャワー、

メインテーブルのアレンジ、ゲストテーブルのアレンジ、ウェルカムボード等

本当にたくさんの花の制作が必要になります。


それが15倍となると、その忙しさが想像できると思います。


ロンドンのホテルにいた時には、

結婚式は1日1件が普通でしたので、

時間との戦いという事も皆無といってもいいほどでした。


ホテルのスタッフもテーブルセッティングをする時に、

鼻歌を歌いながらのんびりムードだったりして、

そういう中で僕も花のセッティングも行っていました。


どんでん(一つの披露宴が終わると同時に大勢のスタッフが会場になだれ込み、

一気に片付けた後に、すぐその後に控えている披露宴の準備をする。)なんて、

絶対に有り得ません。


向こうにいる元の同僚に話したらきっと絶句すると思います。笑


これも文化の差かな・・・。







AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

しばらく使っていなかった i pod のスイッチを入れたら、

フランス語の会話が流れてきた。




去年の6月にとあるフランス人に出会い、憧れ、

彼と一緒に働きたくて始めたフランス語。

ロンドンではダブルデッカーに乗りながら、

公園で散歩をしながら、デパートの社食で食べながら、

必死になって聞いていました。


ドイツのフラワースクールで出会った彼は、

センスもテクニックも抜群でした。

それ以来僕の頭の中ではフランス行きが最優先。

彼とコミュニケーションをとる為に仏語を始め、

彼に認められたくてコンペの作品作りに没頭しました。


9月に彼がいる南仏を訪問した際に、

一緒に働かないかと言われ、

ますますフランス語漬けになっていった10月。


あれから早くも1年が経過しました。





AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。