☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

チェルシーフラワーショーにて

日本のガーデン会社の「風花 」が

2年連続金賞という快挙成し遂げました。


ガーデニングの本場イギリスにて

日本人の作品が評価されるのは、

同じ日本人としてとても嬉しく思います。


雲庭という名前のこの作品は苔を多用し、

所々に自然な感じでシダを配しています。

石の間から生えている植物達の雰囲気も

とってもナチュラル。

わずか数日で完成したものとは思えない

仕上がりです。




※風花のホームページよりお借りしました。


風花の代表の石原さんは

3年前にチェルシーに初挑戦し、

シルバーを受賞しました。


そして昨年はゴールド獲得を目標として

見事達成!

下の写真はその時に石原さんと

記念撮影したものです。




そして1年経った今年のチェルシーでも

周囲の期待に応えた結果を出しました。


慣れない土地で様々な資材や植物を調達したり、

短期間で完成まで仕上げるには、

多くの苦労があったと思います。


おめでとうございました。



風花代表の石原さんのブログ にて、

庭が完成していく様子が写真で見れます。


またイギリスのテレビ局BBCのHPでも
チェルシーフラワーショー の情報が

豊富な写真や映像と共に楽しめます。


今年のガーデニングのヒントを

ここから得てみてはどうでしょう・・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

明日からチェルシーフラワーショーです。


これはフラワーショーと銘打っていますが、

一番の目玉は様々なガーデナーによる

ガーデンの競演です。

実物を見ると、それらがわずか数日間で

作られたとはとても信じられません。

特に様々な植物が自然な感じで植わった感じ。

これは本当に職人芸と言えます。


去年、一昨年とショーを見に行きましたが、

今年はのんびりBBCでの特集番組を

じっくり見てみようと思っています。


このショーがどんなものなのか知りたい方、

下記のHPをのぞいて見て下さい。

Live Coverage という項目では、

庭の作成風景や現地の様子が

動画で見れますよ。


Chelsea Flower Show 2007



チェルシーフラワーショーがある今週、

うちのホテルの花のデザインも

ややチェルシーモード。

普段は絶対に使わない器も使ったりして、

ガーデンの雰囲気を演出します。



今週


ちなみに先週




今週



先週




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本から人が来る度に連れて行くのがパブ。

この国にいる限りパブ抜きの生活は

ちょっと考えられません。


当然ウェディング姿のカップルにも

イギリスを満喫して頂きました。

本格的なインテリアに大満足の2人と、

それを見て大満足のカメラマンです。

いい気分でついついお酒もすすみ・・・


バーカウンターでの撮影も挙行しました!

すると周りの人が色々と声をかけてくれたり、
撮影役を買って出てくれたりしました。
日本から来た事を知ると握手を求める人も。


ほろ酔い気分で次に向かったのはこの駅、

「WESTMINSTER」。

イギリス国政の中心地です。


この様なちょっと近代的なホームを
地上に向かって行くと・・・


出口のすぐ外でビッグ・ベンがお出迎え。


1~2分歩いて橋の上から撮ったのが

こちらの写真です。

ビッグ・ベン(時計台)の左側に見えるのは

ハウス・オブ・パーラメント(国会議事堂)。




この橋からの眺めはなかなかのもので、

上の写真の花嫁さんの目にはおそらく、

テームズ河、ロンドンアイ(観覧車)、

セント・ポール寺院等が映っています。


この日は雨が降ったり止んだりの繰り返し。

あいにくの天気でしたが、それでも

予定地をほぼ回ることができました。


これを読んでおもしろそうと思った方、

ぜひやってみませんか?

ちょっと恥ずかしいかもしれません。

(最初の30分ほど)

でもすぐに慣れますし、楽しい思い出と

美しい写真は一生残りますよ。



今回のコース (前回の記事の続きです)

Abbey Road よりバスでSwiss Cottage Sta。

駅前の由緒あるパブにてランチ。

Swiss Cottage Sta よりチューブ(地下鉄)にて

Westminster Staへ。駅前のBig Benを眺めつつ

徒歩で5分ほどのWestminster Abbeyへ。

駅に戻りWestminster Bridgeにて終了。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事は前回の Wedding Bouquet

続きです。


ハネムーンでロンドンを訪れたお二人の

とっておきのグッドアイデア・・・


それはなんとロンドンの有名な場所で

正装姿での記念撮影。



ukflowerはフローリスト兼カメラマン兼

ガイドとして楽しい一日を過ごしました。

ロンドンでこんなことをする人は

他には絶対いないはず。笑



今回の撮影ツアーのスタートは

ケンジントンパレスの前から。


背後に控える豪華な門と宮殿は、

晴れの舞台として最高の演出です。



今回の移動は敢えてタクシーを使わずに

バスとチューブ。

街中を歩くと多くの人の注目を集め、

同行者の僕もちょっとしたセレブ気分。



チューブのホームでも撮影しました。

この場違いな雰囲気が面白く感じ、

恥ずかしがる2人にお願いしての一枚。



ビートルズがレコードを録音していた

アビーロードのスタジオ前にて。

このスタジオの門や塀は、世界中から来た

ビートルズファンの落書きで溢れています。




ここでは下のような写真を撮ろうとして、

何度も横断歩道を渡りました。



http://www.cnn.com のページより




今回のコース


Kensington Palace から徒歩にて

Bayswater sta. へ。ここから

Circle Line とJubilee Line を乗り継ぎ

高級住宅地のSt. John's Wood Sta. へ。

ここから5~6分ほど歩いていくと

目的地のAbbey Roadに到着。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

アパレル関係勤務の素敵なカップルに

ウェディングブーケを作りました。


お2人のハネムーンはロンドン・パリ。

そもそも昨年帰国した時に縁があり、

ロンドン在住の僕が花を準備することに・・・。


黄色と緑を使って可憐にというのが

今回のお2人のリクエストでした。


市場で見た瞬間にこれだと思った

淡い黄色の芍薬をメインにし、サブは

この色に合わせて薄い黄色のバラと

クリームがかったスプレーバラの2種。

可憐というイメージに合わせて、

ジャスミンをブーケの周囲に配しました。

ワイヤーでフレームを作ったので、

そこにジャスミンのつるが絡む感じです。




今回は依頼主のアイデアにより、

大変おもしろい経験をしました。

もしかしたら今後結婚される方の

参考になるかもしれません。

次回の記事をご期待下さい・・・。



花材 花

    Yellow Peony (品種名不明)

    Yellow Rose   Vanilla Sky

Spray Rose   White Majolika

    緑

    Jasmin

Hebe    



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロビーに飾られたフラワーアレンジです。


水をこの背の高い花器に満たしてから

着色用の液体を垂らしてよく混ぜます。

そして上部にオアシスを使ったアレンジを

載せると完成です。




この着色用の液体は他にも種類があり、

その場の雰囲気に応じて使い分けます。


ガラスの透明感溢れるこのアレンジは

特にこれからの季節にぴったりです。


自宅だったらワイングラスを使って、

花を1,2本活けるのもよさそうです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ガーデニングの本場イギリスは、

これからの季節に本領を発揮する。


それはあたかも長かった冬の鬱憤を

一気に晴らすかの様。


少し前に芽吹いた木々の柔らかい緑が

徐々に濃くなっていくこの時期、

多くの人の目に留まるのが満開の藤。



つるを縦横無尽に伸ばし、



持てる力を振り絞って咲く藤の花。


この迫力に今はただ圧倒される。






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


翌日の午前中、友人Yと一緒に

キャンパス内を散歩して回りました。

Writtle Collegeの敷地は広いので、

歩いていると様々な発見があります。



キャンパスの一角ではブルーベルが満開。

ヒヤシンスの仲間であるこの花、

イングリッシュよりもスパニッシュの方が

優勢とは園芸を勉強しているYの弁。

花の世界でもラテン系は元気です。



学生食堂に続く並木道の両サイドには

テーマの異なるガーデンが4つあります。
これからの季節はたくさんの学生が

ここで読書やランチを楽しみます。

時にはここでBBQやパーティーなんかも。



日本の庭園と比べて大きく異なるのは、

イングリッシュガーデンは見るだけでなく、

外の空気を楽しむ場、太陽を楽しむ場、

人との交流を楽しむ場として役割が

とても大きい点。


気温徐々にが上がってくるこの時期、

天気が良いと人は皆一斉に外に出てきます。

それはまるで冬の間の鬱憤を晴らすかのよう。

そしてその重要な役割を果たしているのが、

まさに庭や公園なのです。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。