☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

僕の勤務しているホテル近くの花屋は、

小さいながらもセンスはなかなか。


最近店頭でこんなものを発見しました。




まるで小さなケーキの様なアレンジです。




AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



背の高いガラスの器を使ったアレンジです。

通常この手の器には水を入れて花や葉を

活けこんでいくのですが、オアシスを使うと

上の写真のようにもできます。





シンビジュームの花は一つずつ切り分けて、

プラスチックチューブに挿し込んであります。

そのままでは長さが足りないので、

付け加えた枝が足代わりです。




製作途中の一コマ。

花瓶のトップの部分に、プラスチックの

器に入ったオアシスを配しています。





花瓶の中には雲竜柳の枝を入れて、

水を注いであります。

それによって単なるトラディショナルな

アレンジメントとの差別化が図れます。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

クリスマスまでもう一ヶ月を切り、

ロンドンの街中も至る所でクリスマスモード。

今日はそんな町の風景を紹介します。



これはボンドストリート駅付近。

この周辺には数多くのブランドショップ、

アクセサリーショップが軒を連ねています。





ロンドン最大のデパート、セルフリッジ。

ロンドンのデパートというとハロッズが有名ですが、

ここも負けず劣らず多くの人で賑わっています。


この二つを日本のデパートに例えると、


ハロッズ・・・三越

セルフリッジ・・・伊勢丹


という感じです。


この写真を撮った時はイルミネーション点灯の為、

オックスフォードストリートが通行止めでした。

普段はダブルデッカー(二階建てバス)の渋滞がすごいです。




これは中級クラスのスーパーである

マークス アンド スペンサー。

ここは自社製品の食品しか置いていないので

個人的にはあまり利用しないお店。

でもここのスイーツはけっこう美味しいのがあります。




そしてリージェントストリート。

この通り沿いには巨大なおもちゃ屋があり、

特にこの時期は小さな子供連れでいっぱいです。


みなさんの町のイルミネーションは始まりましたか?

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:


このアレンジはホテルのスポーツクラブ用に作りました。

上からぶら下がっている様に見えるこれらの実は、

ワイヤーでつながっています。

これを2本作り、ハスの実に絡めました。


オランダ人の同僚に「これ何?」と聞いたところ、

「きゅうりの仲間だ」との返事。

確かに切ってみるとまさに匂いはきゅうり。

外見が全く違うだけにびっくりです。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、花市場に毎週通っている事を書きました。

今日はその続き。


大体1時間ちょっとかけて花や葉その他の素材を選び、

それらを持ってバスに乗り込みます。

バスが込んでいると乗車拒否をされるので、

特に雨の日には泣きそうになります。


ここでは6つの器を使ったアレンジを作るのですが、

お昼のの開店までに仕上げないといけないので、

けっこう忙しいです。


今週は金網やサイザル麻、銀色に着色された枝に

緑色のアンスリウムを使いました。

写真ではわかりにくいですが、

実物は枝の銀が光ってとてもきれいでした。



今までには例えばこんなものを作りました。





そして毎月装飾を加えた蘭の寄せ植えも

頼まれています。

今月はモスを使ってちょっとナチュラルな感じ・・・。



マーケット



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうしてもコメントの画面が表示されないので、

一時的にこちらでお返事を書かせて頂きます。

(システムエラー発生だとか・・・)


コメントしていただいた方、ありがとうございました。

そしてこれを読んで頂いている方、ありがとうございます。



涼子 form素敵ウェディングさんへ


そうですね。

無理やり早起きして朝からきれいな花をたくさん目にすれば、

きっと爽やかないい一日が送れますよ。

夕方、いや昼になって疲れたらパブで一休みすればいいですし・・・。


あけこさんへ


花市場はとっても楽しいです。。

花屋ではなかなかみられない種類の花があったり、

とにかく発見がたくさんあります。

1時間、2時間は簡単に経っちゃいますよ。


milkeeさんへ


僕がいけこみをしている場所は、花を飾る場所と

花器の数だけ決まっています。

はっきりとしたテーマはありませんが、

個人的にはモダンなデザインを

多目取り入れようとしています。

現段階では色々なデザインを試しながら、

お客さんの反応をみて、

評判のよいものは似たようなデザインを

復活させたりすることを考えています。


アガベさんへ

広い空間を歩き回って花を色々と見ることができるので、

ここの花市場は本当にいい勉強になります。

よく日本で秋色あじさいと言われているような色合いの

あじさいはとっても種類が豊富。

たまにどきっとするような色が見つかります。


ukflowerより

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週一回、レストランの活け込みをしています。


その時に早起きして向かうのが花市場。


ロンドンの場合、テームズ川の南側に

New Covent Garden Market

という大きな市場があります。


マーケット


大きさは高校の体育館の4~6倍位。

その広い空間の中に、切花や鉢物、

各種資材やガーデングッズを扱う業者が

30以上も並んでいます。


ここは卸売り市場なので、

ばらで切り花を買うことができません。

基本は10本とか20本の束売りですが、

値段はもちろん卸売価格。

鉢物(蘭とか)はばらでも買えるので、

個人的にはけっこうおすすめです。


マーケット


ここでは3時頃からオープンし、10時位には

大半のお店が閉まります。


花好きな方、ロンドンに来る機会があれば

ぜひ足を運んでみて下さい。

早起きする価値はありますよ。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。