☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

久し振りの更新です。


今日はブライダルブーケの制作をしました。

ワイヤーを多用したモダンなスタイルです。


ブライダルブーケ


先生の実演をじっくりと見て、


ブライダルブーケ2


ワイヤーのフレームを作っていきます。


その後にワイヤリングをしたグロリオサや

シンビジューム・アスパラガスを固定し、

装飾用に数種類のワイヤーを巻きつけて

無事に完成!


ブライダルブーケ3


金・黄・赤のコンピネーションがとてもきれいでした。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 ホテルで働いていた今日の午後4時過ぎ、

パーティー会場の花の準備をしていました。


party1


暖炉の上には白バラと胡蝶蘭のアレンジメント。

横から見るとこんな感じです。


party2


2つあるバラの束のうち1つは水の中に斜めに、

もう1つは花瓶の上に置いてあります。


そしてこの一番下の胡蝶蘭のアレンジは

テーブルセンターと同じデザイン。

マネージャーから“unusual(普通とちょっと違う)に!”

というリクエストを受けて考えました。


party3


実はこれ、蜘蛛をイメージしてみました。笑



この広間は内装が素晴らしく、

花を飾っているのがとても楽しいです。


party4

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

色々な花屋を見たり働いている中で、

この店のブーケのスタイルが僕は好きです。

1つのブーケを作る時に葉を何種類も使ったり、

花だけでなく実物も組み合わせたり。

華やかでありながら優しいブーケです。


ブーケ



ブーケ2


ブーケ3


ブーケ4


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

この時期には欠かせないのが

リージェンツパーク のローズガーデン。

(正式名称 Queen Mary's Gardens)

ロンドン市内にあるので、バスやチューブで

気軽に行くことができる公園です。


regent\u0027s park


このゴージャスな鉄の門をくぐって中に入ると、

円形のバラの広場が左前方に見えてきます。

そのまま足を進めていくと、全身がバラの香りに

包まれていることに気付きます。

regent\u0027s park2


全体的には7分咲き位の印象でしたが、

もう既に満開に近い品種もいくつかありました。


regent\u0027s park4


その1つがこの黄色のバラ、Mary Cave。

大輪のスプレー咲きなので、とても目を引きます。


regent\u0027s park5


ここを訪れたのは夕方の7時半過ぎですが、

イギリスはサマータイム中なのでこの明るさ!

今の時期は9時半でもまだ明るさが残っています。


regent\u0027s park3


写真後方がバラの広場。

池沿いの歩道にも様々なバラが咲いています。


regent\u0027s park6


そして6月はデルフィ二ウムの季節。

この公園でも人の背丈以上に育った花が

あちこちで誇らしげに咲いていました。


園内を一周して最後の締めはまたもやバラの広場。

regent\u0027s park7


regent\u0027s park8


バラの香りに負けずにスイートな二人。

この様な素敵な光景もあちこちで見られます。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

最後はメインのガーデンです。

雨が降っていてじっくり見ていないのですが、

今回は気に入った所が2つありました。


まずはこちらから。


白樺(かな?)の白い幹肌と

花の青がとっても涼しげです。


chelsea20


chelsea21


そしてこちらはかなりモダンな感じ。


chelsea25



chelsea22


chelsea26


リビングがそのまま外に出てきた感じが

とっても素敵です。

それに壁のデザインもとってもクール!



そしてこれは全く好みではないのですが


chelsea23



ベンチの右の方をよーく見て下さい。

このアイデアには参りました。


chelsea24


いつかやろっと!



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

日数が経ちましたが引き続きチェルシーの話題。

今回はフラワーアレンジ編です。


これは椅子の装飾。

chelsea17

様々なテクスチャー(質感)の組み合わせと

スチールグラスによる無数の曲線が

この作品にリズムをもたらしています。



これはビクトリア女王の誕生日をテーマにした

ブース装飾の一部から。

chelsea18

このように数種類の材料を用いて

曲線や直線を表現するアレンジ方法は

ヨーロッパでは現在とてもポピュラー。


ドイツやベルギー等の本や雑誌でも

よくこういった作品が載っています。



そして今回はジェーンパッカーの

(本人ではなくショップの)

デモンストレーションがありました。

実演していたのは彼女のスクールで

ヘッド講師を務めるヘレンさん。


chelsea19


2人の協力を得ながら1時間で10作品ほどが

みるみるうちに仕上がっていきました。


chelsea20


これはフルーツをのせた皿の周囲を

花で装飾した夏向けのアレンジ。

アジサイやパッションフラワー・アイビー等。


chelsea21


ハンドタイドブーケ。

上の写真の様にこのお店のブーケでは、

同じ花材をグルーピングして使うことが

一般的です。

ヘレンさん曰く、

“強いインパクトを作り出す為”だそうです。



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい先ほど、今年度の一番の山場の試験を終えました。


3時間のオール記述式。


このところ頭の中の8割ほどは試験でいっぱいだったので、

今はとにかく脱力状態。


college


後ほど友達とパブに行って慰労会をしてきます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。