☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

チェルシーフラワーショーの会場内では、

屋外の展示と屋内の展示に分かれています。


chelsea10


屋外では基本的に様々なテーマ毎のガーデン。

屋内ではガーデンのコーナーがあったり、

ランやデルフィ二ウム・バラの展示コーナー、

そしてフラワーアレンジメントも見られます。


そして今回のチェルシーで大きなニュースと言えば、

日本の会社が出展したガーデンでゴールドを

受賞したことです。

長崎県が本拠地の会社 風花

chelsea7


社長の石原さんと記念撮影をしました。

この会社は2年前にもチェルシーに出展して

シルバーを獲得。

その時から、いずれゴールドを!

と言い続けてきた末での今回の快挙です。

chelsea6


この小さな写真では良さが伝わりにくいですが、

石の並べ方や苔・草の植え方など、

細かい所に日本らしさを感じる作品でした。


また盆栽ブースに友人Yの知り合いがいると聞き、

訪ねて行きました。


chelsea11


この下の部分は彼の施工です。


chelsea12

昔はこういうものを当たり前だと思っていましたが、

日本を離れてみるとその良さを実感できます。


chelsea13

色の感覚や物の配置の仕方、材料の選び方等

庭造りや花のアレンジメントにおいて

日本と海外(といっても色々ありますが)では

本当に大きな違いがあると思います。


chelsea14


そしてこれはどちらが正解ということもなく、

それぞれの文化に基づいた解釈の違いによるものです。


chelsea16

花に関して、僕は日本の活け方も海外の活け方にも

興味を持っています。

それぞれの良い所を取り入れて、ぜひ自分らしさを

徐々に確立していきたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ロンドンの初夏の一大イベント、

チェルシーフラワーショー。


今年は友達と一緒に最終日に行きました。


最寄り駅スローン・スクウェアの周囲には

フラワーショーを意識したディスプレーが多数があり、

会場に向かう人の気分を盛り上げています。


chelsea


この店は壁面が全て芝生になっています。

そして中の正面にはベンチやいくつかの鉢植え。


別の店には花でできた靴。

chelsea2


このような展示を見ながら15分ほど歩いていくと

会場に到着します。


入り口からそのまま正面に進むと並木道。

両脇にはガーデングッズ、植物画、花の種等

様々な店が軒を連ねています。

chelsea3


僕はこの並木道を見る度に

東京の表参道を思い出します。


このフラワーショーは基本的に庭がメインで、

大きさやテーマが部門毎に異なっています。

chelsea4


chelsea5


それにしても関心してしまうのがこの自然な感じ。

これらがわずか数日でできたとは思えません。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

この頃、課題と試験勉強に追われて必死な状態が続いています。

ようやく一つ課題から開放されました。


今日の午後はひまわりを使ったアレンジメント。

材料はひまわり5本、ベアグラスとスチールグラスが

それぞれ一束ずつ、そしてカラーオアシス、器です。


先生からの指示は花をトピアリー状に束ねること、

それ以外は全て各自自由なデザインです。


sunflower



今日は空間を生かした緊張感の漂うアレンジを

目指して作りました。


クラスメートの作品も2つほど。

同じ材料でありながらこのデザインの違い。

毎時間みんなのものを見るのが楽しみです。


sunflower2



sunflower3


sunflower4


ひまわり達の舞。


今週はチェルシーフラワーショーが開幕しました。

僕は友人と土曜に行きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日うちの生徒がコンペに参加したそうで、

その作品がロビーに飾ってありました。


college


とってもきれいなこのアレンジ、入賞です。



キャンパス内では今あちこちで花が咲いています。

college2


college3


藤の花やバラも少しずつ開き始めました。

6月の上旬にはラベンダーも咲くと思います。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

一月ほど前に訪れたWindsor Great Park では

水仙に覆いつくされた谷を見ることが出来ました。


そして今回もここは期待を裏切りませんでした。


石楠花や鈴蘭の群生、そしてこんな植物の横を

ずっと歩いて行くと・・・


Windsor


満開のつつじが広がっていました。


Windsor 1




Windsor 2


小さな子供を連れた家族連れも多く、

自分達がこうなるのはいったいいつか?

という様な話をみんなでひとしきりした後、

帰路に着きました。


おまけ

これは友達に教えてもらった木。

ハンカチーフの木と言うそうです。

Windsor 3


花を近くで見てちょっと納得。


Windsor 4


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の秋から花留学の個人相談を

開始しました。


花留学.net の ネットカウンセリング


自分でもたまたま思いついた試みなのですが、

何人かの人と関わりを持ってきました。

そして昨日そのうちの一人の方と

初めてお会いして色々な話をしました。


彼女は長期の花留学の前に短期でロンドンに来ていて、

私立のフラワースクールで短期講座を受講中です。

自分とのメールによるカウンセリングを通じて

彼女が興味を持って実際にイギリスに来たという事、

これは僕にとってとても大きな喜びです。

ぜひともいい思い出をたくさん作って帰国して欲しいです。


パブでビールやサイダー(りんごのお酒)を飲みながら

色々な話をし、その後は軽く観光を一緒にしました。


トラファルガー

トラファルガー広場とナショナルギャラリー


ビックベン

ビックベン この鐘はいい音がします


ロンドンアイ

テームズ河とロンドンアイ(観覧車)


花を触るのが楽しくてしょうがないと言う彼女、

昔の自分を見ているような気になりました。

僕もまだ学生の身、もっともっと頑張らないと。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数日、とっても気持ちのいい天気が続いています。

日中は雲がなく真っ青な空。

木陰に入るとひんやりと心地良い空気を感じます。


こういう日は誰もが薄着(人によっては上半身裸)で、

屋外で過ごす時間を楽しみます。


僕も今日のランチはクラスメートとガーデンで食べました。


少し離れたところでは一人の学生が読書。


early summer


芝生の上で食事中の僕等の横では、

年配の女性が庭の手入れをしていました。


early summer2


イギリスに来てすぐの頃、なんで彼等はいつも

天気の話ばっかりするのだろうと思っていましたが、

気が付くと自分もすっかりその一員になっています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は店に5人もいたのですが、午後から2人が

雑誌の撮影用の作品作りにかかりっきりに。


その為、昼食後から閉店までは目の回るような

忙しさが続きました。


閉店の作業を終えて地下の作業場に降りると、

2人が依然として作業中。


この中から好きな葉と花を選んで、

そこのvase(ヴァース:花瓶)に活けておいて、

と言われて作ったのがこの作品です。


vase arrangement


ニューサイランの葉は、最初は垂直に活けたのですが、

ドラセナの葉と近くなって窮屈に見えるので、

若干左に傾けました。


vase arrangement2



花に隠れて分かり難いですが、ドラセナは半分の葉を

折り曲げて立体的な形を作っています。


最後に足したスネークグラスはなかなか効果的でした。

この作品の中で一番のポイントです。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

うちのホテルのロビーで花を置く場所は、

4箇所のラジエーター(ヒーター)の上と

ソファーセット後ろのサイドテーブル、

そして階段脇の壁にあるニーシュ(隙間)。


どれもが関連したデザインで作られます。


Hotel


小さく見えるかもしれませんが、手前の葉は

40センチ近い大きさがあります。


Hotel2



これはホテル内のブティックの花。


Hotel3


なかなかいいのが出来たと思ったのですが、

一箇所詰めの甘さが出てしまいました。

残念・・・。


写真で見て気が付くことってけっこうあります。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

rococo


何、この古くさいデザイン?



そう感じた人もいると思います。


これは過去の時代のデザインを勉強する

クラスで作った、Rococo時代※風のアレンジ。

一つ一つの花が重ならず、どれも存在感を

醸し出す様にと言われて作りました。


教える先生の発言も普段と大違い。

“デザインの原理や要素は今日は忘れなさい。

 これは全く別物だから。”


花を色々な位置に配置していく過程が、

あたかもパズルのようで楽しめました。


※Rococo(1715-1774)

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。