☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

今日は月曜なのでホテルでの仕事。

ここで働き始めた当初は金曜の勤務でしたが、

週で一番忙しい月曜日に移ってもう半年以上。

自分に固定された仕事がだいぶ増えました。


ロビーやその横にある部屋のテーブルの花、

ロビーの各コーナーにある花、レジ横の花、

グランドピアノ脇の花、ブティックの花、

ヘアーサロンの花、これらが昼過ぎまでに

終わらせる様に言われています。


テーブルの花は小さな物ですが、

30以上の数があります。

なので、作って配達となると、

けっこう時間がかかります。


それと午前中にロビーの中央にある

巨大なアレンジの交換を数人でやります。

一応僕は貴重な男手なので、

(といってもここには僕を含めて3人もいます)

作るのは別の人が担当していますが、

交換の作業時にはお呼びがかかります。


そして写真食堂で数日分の栄養を摂取し、

午後の作業に突入です。

その日によって大きなアレンジを作ったり、

ブーケだったりと様々。

今日は久しぶりにシェフポットもやりました。


シェフポット


これはパーティー用の花。

ウェイターがおつまみとこの花をのせた

トレイを持って、ラウンドします。


そうそう、そう言えばおもしろい花が

入荷していました。


ラナンキュラス


僕はこれまでこの花を見た事がありません。

この緑色をしたちょっと珍しい花、

その名前は今日のタイトルの通りです。




AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

うちの花屋が入っている建物には、

いくつかのカフェやティー・ハウスがある。


昨日はティーハウスの花を同僚と作った。

作ったと言っても、短く切った花と葉を

器に入れていくだけ。


でもこの器がなかなか個性的かつ、

店の雰囲気にピッタリとマッチ。


tea house


これがその器達。

セラミックのポットの上に

プリント柄の布が接着されている。


ここにこうして花や葉が足され


tea house


こういう場所に飾られる。


tea house


観光客や奥様方がまだいない、

開店前の静かなひととき。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月に花のエキシビジョンでアイビーを

数鉢買ってきたのをきっかけに、

植物に簡単な装飾を施してみました。


アイビー


窓辺のアイビー。

これは黒のビニールでできた簡易鉢

(って言うんでしょうか?)の周囲に

両面テープを貼り、サイザル麻で

包み込みました。


同様の方法で胡蝶蘭にも。


胡蝶蘭


これは花が終わって捨てられる運命だったのを

ホテルからもらってきて育てているもの。

現在新しい花芽が2箇所から出てきています。


このアイビーと胡蝶蘭、共に鉢を完全に

サイザルで覆ってしまうのがポイントです。

とってもナチュラルで優しい雰囲気が出ます。


その他にも僕の部屋では・・・

ミルクブッシュをサイザルに包んでから

ガラスの器に入れたり、※

サボテンにはサイザルをグランドカバーとして

使用しています。


違う種類の植物達ですが、同じ色のサイザルで

装飾したことで、統一感が得られます。


この方法、とっても簡単でとっても効果的。

お部屋に小さな鉢植えがある方、

ぜひぜひお試し下さいませ。


※ミルクブッシュの写真がなかったので、

 今度昼間に写真をとったら掲載します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝お店に出勤すると、

とてもきれいなブーケが飾ってありました。


bouquet


このお店、置いている花の種類は至って普通。

普段はインターフローラ からのオーダーが

過半数を占めるからなのです。

例えば百合と小菊とカーネーション・・・

といった具合で、面白味にやや欠けます。


でも契約しているレストラン用のアレンジや、

店頭用のブーケはなかなかのもの。

自分ではとても思いつかないデザインや

花材の組み合わせが新鮮です。


今日のもとっても素敵でした。

高い材料を使っている訳では無いのに、

とてもお洒落なブーケに見えます。

とても気に入ったので再登場!

bouquet


写真だと立体感に欠けて見えるのが

惜しいところです。




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の雑誌にも頻繁に登場する

人気品種のミミエデン。

フランスで作られたスプレーバラです。


午後のコンディショニングの最中に

折れている箇所を見つけました。

捨ててしまってはもったいないので、

簡単にアレンジしてみました。


ガラスの器に水を入れてから、

セロテープで2本ラインを引きます。

そしてすきまに花を差込みます。

デザインの一部としての役割もあるので、

セロテープをきれいに貼るのがポイント。


ミミエデン


作業台の隅に置いていたので、

通行していく人の注目を集めました。

これらは後ほど一本ずつ

小さな子供やお客さんにプレゼント。

とっても喜ばれましたよ。


小さくても人の心を捉えてしまうなんて

花の力は偉大だ・・・。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日だった今日、朝から 花がよく売れました。

今朝は3人でスタートしたのですが、途中しばらく

スウェーデン人のマリアが別の会場の応援※に

行っていたので、イギリス人のアナと動きっ放し。

一日があっという間に過ぎ去っていきました。


今日も色々なブーケを頼まれて作りましたが、

忙し過ぎて写真が撮れませんでした。

代わりにここ数日のブーケを何点か紹介します。

日本と比べていかがでしょうか?


bouquet


bouquet2


bouquet3


bouquet4


バラはもちろんなのですが、

ラナンキュラスやアネモネが人気!

ブーケの花材で悩んでいるお客さんに

提案すると、たいていのってきます。



※大きなウェディングショーがあり、うちのボスが

会場全ての花を担当していました。




いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレンタインデーの当日は

想像以上に長くて忙しい一日でした。

結局昼食をとる時間すらなく、

配達と接客に追われ続けました。

でもそのおかげで美味でした。

閉店後のシャンパン。


シャンパン


この店では、特別な日の最後に

こうした一時を過ごします。

僕はこれで3回目。

前回はクリスマスイブの夜でした。



翌日は夕方まで家でぼーっとしてました。

一緒に住んでいるデービットが買ったバラが

弱ってきていたので、切り戻しついでに

簡単にアレンジしてみました。

材料はミニバラ、ベアグラスとフェザー。

このフェザーは12月のウェディングブーケ

使った時の残りです。


アレンジ


ジャムの空き瓶に水を入れ、

口元にフェザーの輪を置きます。

あとは適当な長さに切ったバラと

ベアグラスを付け足して完成。


即席の割にはなかなかじゃん!

この後しばらく自己満足に浸ってました。笑


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はホテルの日。

午前中はいつも通りロビー周辺や

フィットネスクラブ、ブティックの花を

交換して過ぎていきました。


hotel

ブティックに活けた花。

百合に細工を加えた葉蘭を添えました。



午後に待っていたのがバラのラッピング。

180本のバラをチューブに入れ、

セロファンに包んでリボンをかけました。

とげを削ぐ作業から全て一人でやったので、

トータルで3時間位かかりました。


hotel2


これらは全てお客様用ではなく

うちのホテルの女性スタッフ用。

明日みんなに配られます。

こういう配慮が行き届いている組織は

強いと思います。


夕方にはバレンタイン用のブーケの注文を

いくつかこなしました。

今日の大物は長い茎の赤バラ24本のブーケ。

ユーカリやルスカス等の葉を使って、

直径1メートル程に仕上げました。

これでお値段は260ポンド(約52000円)。

今まで作ったブーケの最高額は120ポンド。

大幅に記録更新です。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレンタインデー。

女性がチョコを贈るのが日本流ですが、

男女がお互いにプレゼントを贈るのが

ヨーロッパ流です。


花屋にもブーケの注文が

電話やネットで次々に入ってきます。

働いていて実感するのが花の値動き。

2月14日が近づくにつれて

花の値段がぐんぐん上がっていきます。

うちの店では通常赤バラが一本で

3~3,5ポンド(約600~700円)ですが、

今日からは7.5ポンド(約1500円)。

これはマーケットでの仕入れ価格の

高騰によるものです。


red rose


赤バラの代表選手‘グランプリ’



今日は昼食で新規開拓をしました。

その名もwagamama。


wagamama


日本人の間で美味しくないと言う評判の

チェーン店なのですが、なぜか

外国人に場所を聞かれる事がしばしば。


日本食屋ですが、メニューが
yasai itameru という風にちょっと

変なものもあれば、読めない物も。


wagamama2


今日注文したのはmoyashi soba。

具はもやしとマッシュルーム!、厚揚げ!、

そしてズッキーニ!。

スープはまあまあでしたが、

麺があまりに少なすぎでした。


ちなみに、もやしそば下さいと言ったら

ウェイトレスに通じませんでした。

日本風の発音では駄目なようです。笑


wagamama3


オーナーが日本人でないこのお店、

味には疑問が残りますが、

インテリアには清潔感を感じます。

これが外国人を呼び寄せるひけつでしょう。


(それ以外には考えられません。)


こっちにはお洒落な日本食屋が少ないので、

できればきっとはやると思います。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は有名フローリストの店での勤務。

8ヶ月ぶり位にメインショップに

出勤しました。


ここはロンドンのとある駅から歩いて

7~8分ほどの所に位置します。

僕はたいてい通りを一本ずらして、

マーケットを眺めながら通ってました。


バレンタイン5


まだ朝の9時前なので閑散としてますが、

昼には人ごみで通るのが大変です。

どうみてもがらくたばかりの店もあれば、

フランスのチーズ屋、果物屋、洋服屋等

様々な店があるので楽しいです。

なによりこの活気はタマリマセン。


バレンタイン6


ロンドンにはこの様な路上のマーケットが

あちこちに存在するんですよ。



さて、メインテーマの花。

バレンタイン用の花のオーダーの為に、

マーケットから大量の花・葉が届きました。

これを10人ほどでコンディショニング※を

行っていきます。


バレンタイン7


店内の一角。

この他にもたくさんあり、

また明日も大量に花が来ます。

僕を含めて4人が支店の方から応援に

来ていて、昼食後に戻りました。


今日はそれほど忙しくなかったので、

みんなで店頭用のブーケを大量に作りました。

それぞれ選ぶ花の組み合わせが違うので、

どれを見ても気付く事が多いです。


バレンタイン8


明日から3日間、忙しくなります。

おやすみなさい。



※花や葉に対する下処理の事。

  例えばバラの場合、とげをそぐ、

  余分な葉を落とす、茎を切り戻す、

  といった作業を行います。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。