☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

この一週間はダブルヘッダーをやっています。

8時半から6時位まで花屋Aで、そして6時半から

9時までが花屋Bです。


花屋Aでは主にインターフローラという

日本の花キューピットみたいな仕事がメイン。

ネットで注文がどんどん入ってくるので、

ものすごく忙しいです。

花の組み合わせはイマイチと感じることも

ありますが、練習には最高の場。

マネージャーから早く、早くとせかされながら、

作業を続けています。

今日はブーケを20個近く作ったと思います。


その後、このような景色を見ながら花屋Bへ。


夜景


花屋Bは置いてある花や葉の種類がとっても豊富。

レディーメードのブーケも自由に作れるし、

何より接客をしながらのブーケ作りが楽しいです。


夜の時間帯というのも、忙し過ぎず暇過ぎず

丁度いい感じです。

7時まではスタッフも4,5人いて、その後

2人になります。

昨夜一緒に働いたのはドイツ人、

今夜はスウェーデン人とでした。



リース







AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

古きものを大切にする国イギリス。

たまにびっくりするような物を目にします。



それを見つけたのは先週の月曜日。

ホテルの仕事が終わり、友達と

駅に向かって歩いている時でした。



それは静かに大型トラックの荷台から下ろされ、

多くのフラッシュを浴びながら、

着々と装飾を施されていきました。


それを引く馬も飾り立てられ、

ラフな格好をしていた人達も

スマートな装いに。


やがてそれは多くの人が見守る中、

うちのホテルの入り口へと向かっていきました。



馬車


馬車2




p.s. 今日の夕方、ウェディングの写真を見ながら

   オランダ人と話していた時のこと。


彼 : スパニッシュモスを使ったんだ。

UK: ううん、エアープランツだよ。

彼 : これって、チランジアでしょ?

    この英名はスパニッシュモスだよ。

UK: ・・・・・・・。


雑誌でしか見た事がなかった僕は、

このエアープパンツとスパニッシュモスは

別物だと思っていました。

無知って恥ずかしい・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚式の夜、イヴニングパーティーがありました。

大勢の人から祝福を受けていた花嫁さん、

赤い着物での登場です。

お姉さんとの2ショット!


wedding16


左:作者 右:花嫁のお母さん

wedding17


昼間に披露宴会場を飾ったアレンジも

再度登場。

ヤドリギの入ったバースには、シンプルながら

いつまでも見飽きない雰囲気がありました。


wedding18


wedding19



そして花嫁さんからお礼のメールと共に

下の写真が届きました。


wedding15


天気に恵まれたこの日は最高の結婚式日和。

Mさん、本当におめでとうございました。

お幸せに!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウェディングブーケと並んで力を入れたのが、

新郎・新婦が座るトップテーブルのアレンジ。

イギリスでは彼等の横に、兄弟や親友等が

座ったりするので、机がとても横長になります。


今回はセンターに二つの大きなアレンジと、

その脇に小さなアレンジを作りました。

そしてキャンドルやガラスボールの入った器を

点々と置き、白い枝で全体をつなぎました。


wedding11


wedding10

トップテーブルアレンジメント

(サイザル、スキミア、ルーカデンドロンの実、

 セネシオ、バラ‘アベランチェ’’Fグリーン’

 ‘アキト’、ラナンキュラス、アイビー、

 エアープランツ、人口雪)


まずオアシスを白のサイザルで軽く覆います。

そしてスキミアとセネシオをまだら状に挿します。

全部を葉で覆わないのが今回のポイント!


次にルーカデンドロンやバラ、スキミアの実等の

白っぽいものを。

この時点でも全ての部分が花や葉で

覆われていない状態です。

そしてその上からアイビーを這わせ、最後に

エアープランツをかぶせます。


こうすることで、近くで見ても

奥行きを感じることができます。

仕上げにベルギーで買った人口雪をふりかけました。


wedding14



wedding13


そしてテーブルの中心にはこのようなものを

置きました。

人口雪を4~5センチ入れたバースに、

ガラスに入ったキャンドルを置きます。

そしてその周囲にはヤドリギ。


最初に打ち合わせをした時に、

‘ヤドリギがあったらいいなぁ’と

新婦さんが言ってたのです。

普通はぶら下げて使う※のですが、

今回は主役のお2人の正面に置きました。


※ヤドリギの下では男女がキスをしても

 いいことになっています。

 なんてロマンチックな習慣・・・。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月10日(土) 10:10

グリニッジの会場に到着しました。

場所は駅にも近く、天文台のちょうど

ふもとのいい場所にあります。


さっそく持ってきたアレンジを置きながら、

最後の仕上げを行っていきます。


まずはブーケから。

ステムをリボンで巻き上げ、花の上に

エアープランツを這わせて完成!

wedding8


テーブルにはこんなアレンジを置きました。


wedding17


テーブルセンター。

(バラ‘アキト’、アルストロメリア、

 リシアンサス‘ピッコロ’、ラナンキュラス、

 ユーカリ、スキミア、エアープランツ)


透明なバースにシルバーの不燃紙を

入れて、そこに花と葉を生けていきます。


バースの周囲にはキャンドルと

ガラスの玉を入れた小さなボールを3つずつ、

円を描くように配置しました。



そしてトップテーブル。


wedding9


眠くなったので、アップの写真は次回載せます。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月9日(金) 23:00。

夕飯の洗い物を終えて、

ブライダルブーケとアレンジにとりかかりました。


ブライダルブーケに関するリクエストは、

‘白くてかわいくて、においのいいもの’。

ワイヤーと細い小枝から出来ているフレームを使い、

丸いブーケにしました。


翌朝撮った写真。まだエアープランツは

使っていない状態です。


wedding4


ウェディングブーケ

(ローズ ‘アベランチェ’‘Fホワイト’‘アキト’、

ラナンキュラス、スキミア、フェザー、エアープランツ)


アベランチェは大輪の白バラで、やや

薄く黄緑がかった色をしています。

鼻を近づけると、ほんのり甘い香りがします。

テーマカラーが白と決まったときから、

絶対に使おうと思っていた花材の一つです。


Fホワイトもアベランチェによく似た色合い。

花によって色の濃淡がありますが、

全体的にアベランチェよりも緑が強いです。



今回必要なのはマントルピース

(暖炉の上に置くもの)と、

トップテーブル、そしてテーブルセンター5つ。

トップテーブルにはオアシスを使い、

テーブルセンターはバースアレンジにしました。


バースアレンジはよくホテルで作っているので、

あっという間に完成です。

1つに付き3分もあれば十分です。


それと対照的に、トップテーブルには

たっぷりと時間をかけました。



wedding5


12月10日(土) 6:00 ほぼ完成の状態。

起き続けようか考えたのですが、

急に眠気に襲われ1時間ほど仮眠。


起きるといよいよ本番が待っています。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間の土曜日、ウェディングの花を

無事に終えることが出来ました。

花を勉強し始めてから初めて個人で

頼まれた大仕事でした。


今回のクライアントのMさんは

長年花に関連した仕事をしていた方。

本人曰く‘花は素人’。

でも様々な作品を見ていて目は肥えています。

そんな彼女に満足してもらいたいと思って、

デザインを考え続けたこの1ヵ月半でした。


テーマカラーは白です。


学校の授業でホールセラーに行った時や

旅行先のベルギーで材料を少しずつ買い集め、

前日にニュー・コヴェントガーデンマーケットと、

勤務先の花屋に来ているオランダのトラックで

最終的に花をそろえました。

今の時期は花がとても売れるために、

マーケットでも普段よりも早く品物がなくなります。

その為、いい状態のものを見つけるのに

マーケット中を何度も歩き回りました。


wedding1


今回手伝ってくれたクラスメートのMと

マーケットの外にて。

12月9日(金) 9:30


この後バケツを借りたり追加の花を買う為に、

勤務先の花屋へ。

この日はオランダからのトラックが普段よりも

遅く到着したので、結局家に戻ったのは1時半過ぎ。

軽い昼食の後でコサージュ類の制作開始です。


フェザーと花の相性はとてもいいので、

僕はよくこの組み合わせを使います。

普通に花と葉だけのものよりも華やかになります。


wedding2


ボタンホール

(バラ ‘アキト’、セネシオ、フェザー)


wedding3


左 ブートニア

(バラ ‘アキト’、スキミア、フェザー)


中・右 コサージュ

(バラ ‘アキト’、スキミア、フェザー)


コサージュに使われている白い実も

スキミアです。

花屋では中々実を見かけることはありませんが、

ガーデンではこの時期見られます。

これらは数が多く、デザインを色々試しながら

作っていったので、全部の完成が18:30頃。

ラッピングも台紙を含めて手作りでやりました。


僕がこれらをラッピングしている頃、

友人Mが親に送る花束を作っていました。

不覚にも写真を撮り忘れました・・・。

花束

(バラ ‘Fホワイト’、リシアンサス ‘ピッコロ’、

アルストロメリア、ユーカリ)


その後夕飯を作って食べ、22:00過ぎにMは

家に帰っていきました。

彼女をバス停に送りがてら、僕はタクシーを

予約しにいきました。

 

明日の朝9時20分にタクシーが来ます。








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

学校のバスツアーでベルギーに行ってきました。

金曜日の早朝にカレッジを出発して、

ユーロトンネルの列車に乗ったのが9時半頃。


ユーロトンネルってどんなものか分かりますか?

このトンネルは道路がなくて、線路のみなんです。

だからバスや車はみな、巨大な貨物列車に収納されて

海峡をくぐることになります。。



この日は花関係の資材の卸売り市場に立ち寄ってから、

宿泊地のゲントに向かいました。


このゲントという町は至る所に古い建物が残っており、

運河や路面電車がまたいい雰囲気を出しています。

以前ベルギー関係のサイトをチェックしていたら、

ベルギー人が最も好む町のベスト1がここでした。

納得です。


ゲント


ゲント2




コンペの写真を載せようと思ったのですが、

唯一とったものがぶれてました・・・。

代わりに、帰宅してから花を入れ替えてとったものを

載せます。


コンペ


今回のテーマはビーチウェディング。

ココ椰子の皮とサテンとワイヤーでフレームを作り、

ヘリコニアを中心に、カラーで放射線を描き、

その周囲にグロリオサを配しました。


カラー(マンゴー)、ヘリコニア(ゴールデンオパール)、

グロリオサ、スチールグラス、ハイペリカム、


帰宅時点ではグロリオサが完全に弱っていたので、

直前に使うのをやめたローズ(レオニダス)を少し入れて

写真を撮りました。

(まさかここで使うことになるとは)


今週も課題提出と週末のウェディングの準備で

ばたばたです。


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、ご無沙汰です。

コメントをくれた方、ありがとうございます。


前回ブログを更新して以来、本当に時間に追われていました。

コンペは・・・自分らしい作品には仕上がりました。

ただ、会場に到着するバスが遅れてしまったため、

うちのカレッジから参加した生徒は全員評価の対象外。

部屋の中に入ることが許されなかったので、

ディスプレイも自分達ですることができず、

係員に作品を渡すだけになってしまいました。

僕も砂や貝殻・布を装飾用に持っていったのですが、

全て使えず・・・。

次回写真はアップします。


それでは明日からベルギーに行ってきます。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。