福岡市博多区のマンション一室で20日、同室に住む女児(3)の変死体が見つかっていたことが22日、福岡県警への取材で分かった。女児の全身にあざがあることから、県警博多署が死亡の経緯について詳しく調べている。
 同署によると、20日午後9時半ごろ、同区博多駅前のマンション一室で、女児がぐったりしていると、同じマンションの住民が119番した。女児は病院に運ばれたが、死亡が確認された。
 女児と同居の男性(21)が、マンションの住民に「女児が呼吸していない」と駆け込んできたため、住民が部屋を訪れて発見した。 

【関連ニュース】
高齢夫婦、自宅で変死=妻は寝たきり、経緯捜査
窃盗容疑の男、池で水死=重文「観音坐像」盗難事件
「口が達者」人気者=スナックが接点
孤独死、昨年は62人=阪神大震災の復興住宅
変死体の薬物検査を強化=全警察署に遠心分離機

予防接種法改正に向け1次提言まとめる―予防接種部会(医療介護CBニュース)
「小沢氏から2度入党要請」田村参院議員(読売新聞)
自販機荒らし現行犯、雪の足跡で弟も捕まる(読売新聞)
原爆症東京訴訟、唯一敗訴した男性の上告棄却(読売新聞)
【決断の日本史】(19)862年 黒石寺「蘇民祭」(産経新聞)
AD